👇は、実験用のミニハウスである。
現在、別の畑で改修作業をしている雨除けハウスは、同じキューリパイプを使っているが、間口の裾を240㎝の広さのビニールハウスにした。

20230206_152309_copy_1512x2016_1


こちらの元祖ミニハウスの間口の裾は、170㎝と狭い。
20230206_152254_copy_1512x2016_1


こちらは、ミニトマトのストレス栽培の実験ハウスとして使っていた。
ビニールハウスは、色々と使い道があり、1棟だけでは足りなくなってしまった。
👇は、3品種の玉ねぎの自家採種のために使っている。
20230207_110757_copy_1512x2016


👇は、今年初めて育てている超極早生の春一番である。
F1であるが、超極早生の性質は継続するのではと自家採種することにした。
20230207_110804_copy_1512x2016


👇は、篠原早生白玉ねぎである。F2の種を頂いて育てている。
20230207_110821_copy_1512x2016


👇は、昨年度収穫した篠原早生白玉ねぎを越夏させ、発芽したものを育てている。
今年、種を採る予定である。
20230207_110827_copy_1512x2016



👇は、篠原早生白玉ねぎを、自家採種用に育てているものである。
20230207_110835_copy_1512x2016



👇は、中晩生種のノンクーラーである。
昨年は半信半疑での自家採種だったので、良い種が採れなかった。
今年は、昨年の倍の量を栽培している。
20230207_110845_copy_2016x1512



今年は、かなり順調に生育している。
20230207_110858_copy_1512x2016

👇もノンクーラーの画像である。
20230207_110905_copy_1512x2016



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村