👇は、温床から出して、ブドウハウス内で常温栽培を行っているトマト苗である。
トマトの植え付けは、4月下旬以降になるのであと1か月以上ある。
出来るだけ日光と風に当ててゆっくりと育てようと思っている。

20230325_110410_copy_2016x1512


👇は、実験ミニハウスで水ストレス栽培を計画している中玉トマトである。
フルティカとダイソーのミディアムルビーである。
こちらは、4月の中旬からでも定植可能である。
20230325_100907_copy_1512x2016


大きく育ってしまったミニトマトのトスカーナバイオレット。
20230325_101217_copy_1512x2016


大玉トマトのホーム桃太郎とミニトマトのピンキーである。
20230325_101321_copy_1512x2016


👇は、アロイトマトである。
20230325_101605_copy_1512x2016


👇はミニトマトのピッコラカナリア、ピンキーF2、カプリエメラルドである。
20230325_101955_copy_2016x1512


👇はミニトマトのゼブラアマゾン、アンジェレ、乙女の涙、ピッコラルージュ、プチぷよである。
20230325_101822_copy_2016x1512


👇は、まる八大玉と姫甘泉である。
20230325_102707_copy_2016x1512


👇は、まる八紅小玉F4である。
本葉が4枚以上になったら定植する予定である。
20230325_102720_copy_1512x2016



👇は、ジャンボピーマンのとんがりパワーである。
友人の分も作ってある。
20230325_102651_copy_1512x2016








👇は、固定種の万願寺、紫唐辛子、バナナペッパーである。
20230325_102744_copy_1512x2016


👇は、唐辛子とナスである。
唐辛子は、鷹の爪と日光唐辛子以外は観賞用に鉢栽培する予定である。
ナスはカルガナスと翡翠茄子である。
20230325_102827_copy_2016x1512


👇は、アップルゴーヤ、ゴーヤ、百日草、ヘチマである。
すべて浸種して発根させてから植え付けた。
20230325_102856_copy_2016x1512


👇は、低温で芽出しをしている蒟蒻、生姜、つくね芋である。
20230325_105540_copy_2016x1512



👇は生姜である。まだ芽は動いていない。
野菜残渣槽から出した時には、2株だけ芽当たりがあった。
昨年は、芽当たりが無いまま4月に植え付けたところ、ほとんどが腐ってしまった。
今年は、5月の連休あたりに植え付ける予定である。
20230325_105546_copy_2016x1512



👇は、つくね芋である。
小さく切って皮を下にして芽出ししたところ、白い根がたくさん伸びだしている。
20230325_105554_copy_1512x2016


👇は、こんにゃく芋である。
芽がゆっくりと伸びている。
芽の周りの凹みに水が溜まらないように、斜めにして埋め込んでいる。
20230325_105603_copy_1512x2016



👇は、タッパにキッチンペーパーを入れ水を含ませ、浸種して発根させている。
カボチャ3品種、ハグラウリ、マクワウリ、オクラ、トウモロコシである。
20230325_102905_copy_2016x1512



👇は、タケノコ芋である。温床で越冬させて置いたら芽が出てしまったので、そのままポットに入れて定植時期まで育てている。
20230325_105613_copy_1512x2016


👇は、サトイモの芽出しをしている画像である。
20230325_105628_copy_1512x2016


👇は、まる八セレベスである。
20230325_105655_copy_1512x2016


👇は、土垂の親芋である。
毎年土垂は、種芋は親芋を使っている。
20230325_105744_copy_1512x2016



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村