👇は、カルガナスとナシナスの、浸種発根処理をしている画像である。
常温での発根処理である。2日くらい前にジベレリンを噴霧した。

20230606_082459_copy_2016x1512_1


👇は、カルガナスが発根した画像である。種が少し古くて心配なので、たくさん撒いたほうが良いとのアドバイスがあったので、たくさん蒔いたら画像のようにたくさんの芽が出た。
20230606_082437_copy_1512x2016_1



👇は、昨年度採種の種だったが、同じ日に発根した。
20230606_082514_copy_1512x2016_1



必要な苗数は3,4本で良いのだが、たくさん発根したので全部蒔いた。
20230606_084423_copy_2016x1512_1



小さな種を蒔くときは、籾殻燻炭を種の上から篩に掛けて、土の代わりにしている。
20230606_084837_copy_2016x1512_1




👇は、種採り用のそら豆である。
まだ黒くなり切って無いうちに、収穫して置いたものである。
木に長く置きすぎると虫が中に入ったり、黒ずんだりしてしまう。
20230601_101408_copy_1512x2016


1種間近く乾燥させて置いたら、完全に乾いたようなので、殻を外した。
20230606_143014_copy_1512x2016


皮を剥いて、小さい物や汚れのあるものは撥ねて、良さそうな種だけを残した。
まだ、完全には乾ききっていないので、カラカラになるまで乾燥させることにした。
品種は、3連そら豆と一寸そら豆の2品種である。
20230606_143047_copy_1512x2016



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村