👇は、分げつして小さくなった篠原早生玉ねぎの種玉葱の画像である。
苗が小さくて、小さな玉にしか育たなかった物も植えてある。
種から育てている苗が2,30本ぐらいしか育ってないので、こちらの苗も一緒に植え付けて、年内収穫を狙おうと思っている。

IMG_20230916_101231_copy_1512x2016



👇は、比較的大きな玉を冷蔵庫に保管して、夏を越させた。
芽が出始まったので、涼しい場所で芽出しをしてからミニハウスに定植した。
昨年は、1個だけ夏を越せた種玉葱で、2つのネギ坊主が出た。
3球に分げつしたが、ネギ坊主が出たのは2つであった。
十分な大きさがあるので、2つか3つに分げつしてトウ立ちすれば万々歳である。
IMG_20230916_101321_copy_1512x2016


👇は、ハウス内に植えた種玉葱の、全体画像である。
IMG_20230916_101326_copy_1512x2016


根もしかり出たのを確認して、植え付けてある。
IMG_20230916_101341_copy_1512x2016



👇は、まる八さんの所からやって来たパイナップルの脇芽である。

パイナップルの育て方には、裔芽、吸芽、冠芽から育てる3つの方法があるようだ。
裔芽(えいが)とは、パイナップルの実の根元から生えている新芽。早ければ1年で収穫。
吸芽(きゅうが)とは、親株の葉の脇から生える新芽。1年~2年で収穫。
冠芽(かんが)とは、パイナップルのクラウン。早くても2年で収穫。

さて私の所に来た脇芽は、どこの部分だったのだろうか。
かなり大きな芽なので、
吸芽(きゅうが)では無いかと思っている。
IMG_20230916_101146_copy_1512x2016


現在涼しい環境で、芽を出させている。
IMG_20230916_101210_copy_1512x2016


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村