👇は、つくね芋の棚である。
日の当たる場所に植えたので、葉がたくさん着いていて、緑が濃い色に育っている。

IMG_20230925_112122_copy_1512x2016


日陰に植えた物は、葉が枯れたり黄色くなっているものが多い。
こちらは、害虫の被害も無く葉が綺麗に育っている。
IMG_20230925_112128_copy_1512x2016


👇は、紫ダイジョの棚である。
こちらは朝のうちは若干日陰になる場所であるが、葉の勢いが凄い。
紫ダイジョは、九州や沖縄などの暖かい所の自然薯なので、ものすごい生命力を感じる。
IMG_20230925_112200_copy_1512x2016



ムカゴの大きさも半端ない。
👇は、7㎝にもなっている。
IMG_20230925_112253_copy_1512x2016


1本の蔓に、大きなムカゴが何個も生る。
まるでジャガイモの大きさである。
IMG_20230925_112320_copy_1512x2016


IMG_20230925_112417_copy_1512x2016


棚の中を覗いてみたら、上の方から蔓が降りてそこにムカゴが着いていた。
IMG_20230925_112516_copy_1512x2016


宇宙芋という自然薯のムカゴがあるが、それと似ている。
宇宙芋は、土中の芋はそんなに大きくないが、紫ダイジョは、重いもので数十キロになるものもあるようだ。
ダイジョを青森県で育てて1株から7㎏の芋を育てた人がいた。➡記事参考
IMG_20230925_112637_copy_1512x2016


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村