👇は、子持ち高菜である。今年は8株植えてある。
IMG_20231011_103642_copy_1512x2016


昨年は、第3畑で作ったが秋になると半日陰になってしまって、上手く育たなかった。
なので今年は、日当たりの良い第1菜園で作ることにした。
IMG_20231011_103703_copy_1512x2016


👇は、のらぼう菜3株とHAL_K早生菜花3株である。
IMG_20231011_103730_copy_1512x2016



👇は、HAL_Kさんの所から来た早生菜花である。
私の所の、のらぼう菜と形は全く同じである。
違いは、HAL_Kさんの菜花は若干黄色が強い。
➡3月3日のHAL_Kさんの早生菜花の収穫記事
IMG_20231011_103746_copy_1512x2016


👇は、私の育てているのらぼう菜。
種は、島根県のYUKIさんの所から来ている。
IMG_20231011_103757_copy_1512x2016


👇は、HAL_Kさんの所から来た晩生の菜花である。6株作っている。
早生と晩生を同時に播種しても、収穫時期が違うという事である。
➡4月29日に晩生菜花が収穫されている記事(HAL_Kさん)

IMG_20231011_103813_copy_1512x2016


👇は、HAL_Kさんの晩生菜花の拡大画像である。
色は、私ののらぼう菜よりも緑が濃い。
IMG_20231011_103832_copy_1512x2016


のらぼう菜は
アブラナ科である。アブラナ科の野菜は、自家不和合性といって自分の花粉では種が実らない性質がある。なので、すぐに他のアブラナ科と交配してしまう。
しかしながら、のらぼう菜はこの性質が無く、自家受粉する特殊なアブラナ科である。
そのため交雑しにくく、自家採種が容易である。のらぼう菜は、セイヨウアブラナ科、かなり昔に日本に持ち込まれたようで、栽培の歴史は長いようだ。花茎を食べる菜花(芯摘み菜/茎立ち菜/かき菜)の仲間である。

 
本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村