👇は、篠原早生白玉ねぎF2、春一番F2、加津佐13号の実験栽培を行っている畝である。
実験の狙いは以下のとおりである。
●篠原早生白玉ねぎの千葉県での年内収穫を狙う。
●春一番F2の冬の肥大の仕方を知る。
●加津佐13号の千葉県での年内収穫の可能性を探る。
20231202_135933_copy_2016x1512


👇は、篠原早生白F2の生育状況を撮った画像である。
20231202_135127_copy_2016x1512


👇は、玉の直径を計測した画像である。現在5㎝に育っている。
11月23日に測ったときは4.2㎝であった。9日で0.8㎝膨らんだことになる。
収穫サイズをⅬサイズ(7㎝~8㎝)として、12月31日までに収穫できれば、今回の作型で目標達成となる。
10日で約0.8㎝として、後30日だと2.4㎝で7.4㎝の収穫サイズになる。
が、果たしてどうか。
20231202_135050_copy_2016x1512


👇は、今年収穫した小さな玉ねぎを、セット球にして植え付けたものである。
最初は、来年度の自家採種用に育てていたので、苗作りが少し遅れた。
20231202_135153_copy_2016x1512


👇は、超極早生の春一番F2である。玉の直径は、約3.5㎝と小さい。
上記の篠原早生白と同じ日の8月1日に播種して、同じ日に植え付けてある。
篠原早生白F2との違いは、肥大条件が違うようである。
玉ねぎの肥大条件は、日長の長さが大きく関係しているようである。
晩生種に近づく品種ごとに、日長が長くなっていく。
20231202_135320_copy_2016x1512


👇は、加津佐13号の生育状況の画像である。
こちらは、1か月遅れの9月1日に播種してある。
20231202_135440_copy_2016x1512


👇は、ここに来て成長速度が速まっている感じである。
20231202_135641_copy_2016x1512




👇は、一番太い加津佐13号である。
もうじき肥大が始まりそうな感じである。
この品種を、上記の篠原早生白と一緒の8月1日に播種していれば、今頃は直径5㎝の玉となっていたかもしれない。
つまり、同じような肥大条件を持っている品種のように思われる。
20231202_135528_copy_2016x1512

以下は、市川種苗店からの転載文である。➡市川種苗店
『加津佐13号などの超極早生種は普通の早生種と比べ「別の野菜」であると考えたほうが良いほど性格が異なっていることが分かってまいりました。
当店にて加津佐13号もしくは姉妹品種のスーパーアップをご予約頂きました場合はブログやホームページでは公開できない、「早蒔きの限界、播種期と収穫時期の関係性、温度・光・肥料と肥大の関係性、実際に取り組まれたうえでの成果など、皆様のご参考になるような写真やデータ」を今まで以上に提供して参りたいと考えております。
普通の早生・極早生種や貯蔵系玉葱が価格低迷する中、加津佐13号やスーパーアップは著しい低温伸長性のゆえに12月〜2月どりとして非常に期待できる品種だと自負しております。
美味しい新玉葱の早出し栽培をお考えの皆様にはぜひ当店をご利用くださいませ。
ブリーダーや品種の育成者とも情報交換しながら最新の栽培方法を考えていきたいと存じます。』

本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ