👇は、篠原早生玉ねぎの年内収穫を目指して、作型を計画したものである。
1

実際の作業日程
①播種日 篠原早生白(8月1日) 春一番F2(8月1日) 加津佐13号(9月1日)  
②定植日 
篠原早生白(9月27日) 春一番F2(9月27日) 加津佐13号(10月12日)
③肥大の始まり(玉幅3㎝)
篠原早生白(11月23日)春一番F2(12月2日) 加津佐13号(12月10日)

玉ねぎの肥大は、温度と日長が関係する。
極早生品種で、肥大が始まるのは、日長が11時間~11.5時間以上である。
日長が11時間を超えるのが、千葉県ではだいたい2月下旬頃である。
千葉県の11/23の日長の時間は、約10.1時間である。
春一番のような普通の超極早生品種では、この時期には肥大が出来ないという事だろう。
篠原早生白や加津佐13号は、日長時間が短くても肥大のスイッチが入る品種のようである。

👇の画像は、現在の篠原早生白玉葱の現状である。
1月に入って、ベトビョウに罹ってしまった。
治療剤で止まったかに見えたが、殆ど生長がストップしてしまった。
そのため、本日ビニトンを外して最終の様子を画像に残した。
今年の実験は、終了である。
20240209_103646_copy_2268x3024


👇は、昨年ミニハウスで栽培した篠原早生白玉葱が小さかったので、冷蔵庫で保存して秋に植え付けた物である。
20240209_103107_copy_2268x3024

6㎝弱でストップしてしまった。
20240209_103115_copy_2268x3024


👇は、自家採種した種を蒔いて、50本ほどの苗が出来た。
それを植え付けたものである。
20240209_103208_copy_2268x3024


一番大きく育ったものの球長は、8.2㎝であった。
全部がこの感じで育っていて、ベトビョウに罹らなければ、ほぼ成功であった。
しかしながら、1月の中旬ごろに二年続きでベトビョウに罹ってしまった。
ビニトン栽培で、日中の温度がベトビョウの好む温度になっていたのかもしれない。
20240209_103214_copy_2268x3024

グーグルBard
『ベトビョウ菌は、
15~25℃の比較的低い温度で繁殖する糸状菌です。最適な繁殖温度は20~22℃です。高温多湿の環境を好むため、梅雨時期や台風シーズンに発生しやすくなります。』


👇は、超極早生の春一番F2である。
自家採種した種を、篠原早生白と同じ日に播種して、同じ日に定植したものである。
20240209_103243_copy_2268x3024_1


5.4㎝の大きさで止まってしまった。
20240209_103254



👇は、上記玉ねぎよりも1か月遅れた9月1日に播種して、作付けした加津佐13号である。
20240209_103317_copy_2268x3024


現在、5㎝の大きさに育っている。
全部がダメになったわけではなさそうなので、引き続き観察を続ける予定である。
20240209_103349_copy_2268x3024_1



👇のように、葉がまだしっかりしているのもいくつかみられる。
20240209_103401_copy_2268x3024


👇は、健全そうな株の玉長を測った物である。5㎝の大きさに育っている。
20240209_103437_copy_2268x3024



👇は、今年の篠原早生白と加津佐13号での玉ねぎの年内栽培の作型である。

2

3


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村