👇は、第3菜園のスイカの空中栽培の棚である。
この場所は、西側の山と隣は杉林に囲まれているので、台風が来ても暴風被害は少ない。
IMG_20240708_20384


👇は、まる八スペシャル紅小玉である。形が変わるだけでなく、大きさまで変わる。
しかしながら、紅小玉のシャキシャキ感と甘さは継続している。
IMG_20240708_18522


蔓は、内側からキュウリネットに這わせていて、スイカは棚の内部にぶら下がるように仕立てている。
さらに、5㎏用のネット袋の中に入れ、ハンモックのようにぶら下げている。
空中栽培なので、ハクビシンは届かないし、カラスは怖がって近づかない。
IMG_20240708_18968


👇は、皮が黒いシュガーベイビーである。
すごく甘いという感じではなく、優しくすっきりとした自然な甘さであるようだ。
固定種で、種はYUKIさんの所から来ている。
IMG_20240708_20896

IMG_20240708_19879


👇は、嘉宝西瓜である。
皮は薄く、果肉は橙黄色で甘み強く、風味がある品種だそうだ。
今年初めて作っている。固定種で、こちらも種は、YUKIさんの所から来ている。
IMG_20240708_19399


👇は、着果が確認できて、順調に大きくなっているものである。
IMG_20240708_17263


👇は、模様から見て嘉宝西瓜のようである。
IMG_20240708_16934


👇は、楕円形のまる八スペシャル紅小玉だろう。
IMG_20240708_16612



👇は、棚の内部の画像である。
現在の所、着果していそうなスイカの数は10個ぐらいである。
IMG_20240708_21415


👇は、第1菜園のマクワウリである。1株だけ作ってある。
IMG_20240708_4557


👇は、黄色くなってきたマクワウリの画像である。収穫時期は、受粉から約35日目ぐらいと言う事である。果実から甘い香りがしてきたら収穫する。
IMG_20240708_44530

収穫の1つの目安として、収穫期になるとマクワウリの付け根の葉が茶色く枯れてくるようだ。👇の画像のマクワウリは、収穫期にあるようだ。また、収穫後に常温で5日間ほど追熟すると、糖度が増して下に木柔らかくなるようである。マクワウリは、メロンの様な甘さではなく、ほんのりと甘い感じのウリである。
IMG_20240708_44253


反対側には、たくさんのマクワウリが着果して生っている。
今年は、まだ葉が青々として健康的に育っている。珍しく順調に育っているようだ。
IMG_20240708_43235


👇は、漬け瓜の葉の様子である。
IMG_20240708_42850

👇は、1本だけ大きくなったハグラウリである。千葉、茨城の一部で作付けられているようだ。
果肉は白ウリの中でも一番柔らかいと言われているようである。
「ハグラウリ」の名の由来は、歯がぐらぐらした人も食べることができるくらいやわらかいことからついた名前だという節もあるようだ。
IMG_20240708_42364


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ