のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: ハウス内の温床と貯蔵穴

2、3日前までは、25℃を超える夏日のような天気から、一気に冬に戻ったようである。
朝に、畑に行ったらうっすらと雪化粧されていた。
昼頃には、みぞれから雨に変わった。
20240223_073222

👇は、第1菜園から周りの様子を撮った画像である。うっすらと雪が積もっている。
20240223_073304


👇は、温床の全景である。このような寒い日は、温床の世話が主な仕事となる。
 20240222_083044_copy_1512x2016


👇は、Aブロックである。
ジャガイモの浴光催芽を行っている。
手前のタッパの中では、紫ダイジョの雁首を越冬させている。
20240222_083052_copy_1512x2016


👇は、Bブロックである。無花果の挿し木とパイナップルの越冬をさせている。
また、手前のタッパでは、ミニキュウリをポットで発芽させている。
20240222_083104_copy_1512x2016



👇は、Çブロックである。
ここではトマト、ナス、ピーマン、シシトウ、唐辛子類の育苗を行っている。
ナス科は、種の蒔く時期を2週間ほど早く蒔きすぎてしまったので、出来るだけゆっくりと生長させている。
そのため、温床の内部温度を20℃~30℃ぐらいの低温で育苗している。
20240222_083113_copy_1512x2016


👇は、Ⅾブロックである。
ここでは紅はるか、シルクスウィートの芽出しを行っている。
こちらの内部温度は、70℃ぐらいになっている。
温床に板を敷いて、その上にトレイを乗せてある。
土の温度が、20℃~30℃ぐらいになるように調整している。
20240222_083121_copy_1512x2016


👇は、Eブロックである。
ここでは、長崎こがねの浴光催芽を行っている。温床は、休眠状態にしてある。
20240222_083128_copy_1512x2016




👇は、ブドウハウス前のミニ菜園に植えてあるブルーベリーである。
20240222_083240_copy_1512x2016



👇は、手を伸ばしても収穫できないくらい大きく育ってしまったので、1年前に芯止めしたものである。
それまで、剪定をしないで伸び放題にしてしまったことが、良くなかったようである。
20240222_083253_copy_1512x2016


👇は、花芽が着いてきたので、その様子を撮ったものである。
3本の木がある中で、画像の1本は植えた時から、適度に剪定をしてきたので、何とか普通に実が生っている感じである。
真ん中の一番古い木は、3,4年前から剪定をしてきたので、今年ぐらいから花の数が多くなることを期待している。
20240222_083404_copy_1512x2016




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村


👇は、温床で温めて、苗作りのために芽出しをしている画像である。
品種は、紅はるかで10本植え付けてある。
トレーの土の中の温度は、20℃~30℃ぐらいに調整している。
20240218_091006_copy_2268x3024


👇は、芽が出た画像である。
20240218_091052_copy_2268x3024



👇も、2本からそれぞれ2,3芽が出ている画像である。
2月3日に、温床に設置して16日目の発芽である。
2




👇は、畑でトウガラシの越冬を行っている画像である。
唐辛子の品種はハバネロ、島唐辛子、トリガー、黄金唐辛子等の激辛唐辛子である。
枝をカットして日当たりの良い場所に置いた。根はしっかりと生きている感じである。
20240218_090440_copy_2268x3024



👇は、ミニハウスで栽培している冬採りイチゴである。
20240130_141506_copy_2268x3024


👇は、ビニトンを外して、雑草を取り払うことにした。
20240218_132434_copy_2268x3024



👇は、雑草を取り払った後の画像である。
20240218_134015_copy_2268x3024



着果したイチゴは一通り収穫が終わったので、そろそろ整理して露地に移植する計画である。
まだ、花が咲いている株もあるが、この場所では、トウモロコシの栽培を行う予定である。
20240218_135718_copy_2268x3024


👇は、秋に二株購入した四季成りイチゴの「めちゃデカッ!いちご」である。
ようやく、初生りのイチゴが育っている。もう一株は、すでに3個ほど収穫が済んでいる。
こちらも、現在生っているイチゴを収穫したら、苗採り用の場所に移動する予定である。
20240218_135925_copy_2268x3024



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

👇は、ブドウハウスに設置してある温床の全体画像である。
苗の育苗は、今の所ナス科が主である。
苗の植え付けは、早くとも4月下旬頃のトマトが最初である。
昨年は、4月中旬に花が咲いてしまったものがあったので、仕方なく露地に植えつけた。
今年も去年と同じ時期に種を蒔いてしまった。そのため、出来るだけ低温で育苗して時間稼ぎをしている。
20240214_101547_copy_2268x3024



👇は、グランドペチカである。
貯蔵穴から取り出したら、芽当たりが全然なかったので、ジャガイモのが凍らない温度で、浴光催芽を行っている。
20240214_101559_copy_2268x3024



👇は、昨日切り返しを行ったBブロックである。
温床内部の温度は40℃に上がってきている。
これから75℃ぐらいまで温度を上がって行ったあと下がる。
1週間に1回ぐらいの割合で、温床の切り返しを行っている。
20240214_101621_copy_2268x3024


👇は、二日前に再婚温度の76℃まで上がった後、現在は53℃まで下がっている。
あと2,3日で30℃以下になったら切り返しを行う予定である。現在は、シルクスウィートと紅はるかの芽出しを行っている。
トレー内の温度は、20℃~30℃ぐらいに調整している。葉物は、猫草である。
20240214_101642_copy_2268x3024



👇は、発芽発根したトマト、ナス、ピーマン、シシトウ、唐辛子である。
早く種を蒔きすぎたので、温床の内部温度が、20.2℃と低温での育苗を行っている。
20240214_101718_copy_2268x3024


低温で育てるメリット

  • 低温では、徒長が抑制され、茎が太く丈夫になる
  • 低温では、病害虫の発生が抑制される
  • 低温では、糖度や酸度が高く、味の良いトマトになる

低温で育てるデメリット

  • 生育が遅くなる
  • 開花や結実が遅くなる
  • 果実の数が減る
  • 果実の大きさが小さくなる
20240214_101701_copy_3024x2268


👇は、ながさき黄金である。
こちらも貯蔵穴から取り出した時に、芽は全く出ていなかったので、グランドペチカ同様に、浴光催芽を行っている。
20240214_101725_copy_2268x3024


👇は、子持ち高菜である。大きな葉が寒さで凍みてしまった。
枯れてしまいそうだったのカットして、高菜漬けにして食べた。
20240214_103631_copy_2268x3024


その後に育った葉は、寒さに強く凍みないで元気に育っている。
20240214_103645_copy_2268x3024



頂点に子の塊が出来ている。
20240214_103652_copy_2268x3024



👇は別の株の頂点にできた子の塊である。
2年前に越冬できた時も、同じように頂点に子の塊が出来ていた。
20240214_103705_copy_3024x2268


👇は、一番小さい子持ち高菜の株である。
20240214_103837_copy_2268x3024


株の中心に、子の塊が育ってきているようだ。
20240214_103850_copy_2268x3024


👇は、菜花とのらぼう菜である。
20240214_104010_copy_2268x3024


食べごろの花蕾がたくさん育ってきている。
20240214_104017_copy_2268x3024


👇は、収穫した早生菜花とのらぼう菜である。
2品種は、ほとんど同じような感じである。
20240214_104212_copy_2268x3024




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村


中国製の温度コントローラーを、アマゾンで購入した。
999円であった。(
MdskGang温度コントローラー デジタルLEDサーモスタット W3002 999)である。
購入目的は、秋にサツマイモを収穫した後、冷蔵庫を使って、13℃~15℃の温度で熟成させるためである。
外付けの温度コントローラーが、安物だけど使い勝手の良いものがあると、知り合いから情報を頂いた。
日本製で良いものもあるが、11001円とやや高い。➡日本農電電子サーモ


👇は、温度コントローラーと別売のコードコネクタ382円である。
取り付けと配線を書いたものである。
20240212_115220_copy_2268x3024


👇は、D2で購入したコードコネクタと丸形圧着端子である。
20240212_113858_copy_2268x3024


👇は、秘密基地の小屋の中の冷蔵庫に下のほうからセンサーを中に入れて、実験をしたものである。
夏から秋に使うわけなので、冷蔵庫内の温度が15℃を超えたら、電源をオンにして冷やし、13℃になったら電源を切って温度を上げる設定である。
昨年は、8月に冷蔵庫を使ってイチゴの間欠冷蔵処理を行ったが、温度調整ができずにうまく行かなかった。
今年は、サツマイモの熟成に挑戦してみようと思っている。
20240212_133956_copy_2268x3024


👇は、13℃で、冷蔵庫の電源が切れた状態である。
20240212_133549




👇は、15℃以上では電源が入る状態である。
13.1℃までは、電源が入っていて冷蔵庫は冷やされる。
20240212_133438_copy_2268x3024


1
1

本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村


👇は、ブドウハウス内に深さ150㎝に掘った貯蔵穴である。
縦穴だけでなく、底の位置に、南、西、北に高さ40㎝、奥行き30㎝の横穴を掘ってある。
縦穴だけでは、どうしても空気の移動で、外気温に左右されてしまう。
横穴は、芋類を貯蔵した後、合板で蓋をしてしまうことで、高い温度を維持させた
20240203_103557_copy_2268x3024




👇は、貯蔵した時の横穴の画像である。
横穴は、縦穴から遮断して空気の移動を遮断して、温度を保った。
現在の内部温度は、12℃~14℃であった。
IMG_20231104_104029_DRO_copy_2016x1512


👇は、横穴から籾殻を掻き出して、シルクスウィートを取り出した画像である。
横穴には、今回掘り出さなかった大生姜、紫ダイジョのムカゴ、丸形つくね芋が保管してある。
20240203_103302_copy_2268x3024



👇は、貯蔵穴の縦穴から取り出したジャガイモ、サトイモ類である。
縦穴は、空気の移動が若干あるので、貯蔵した底の温度は10℃~12℃ぐらいであった。
20240203_104643_copy_2268x3024


👇は、発酵箱に入れて保管した紫ダイジョ、丸形つくね芋、まる八芋である。
蓋を発泡板にしたら、取り出すときに体重を掛けたので、割れてしまった。
それで、段ボールの蓋に替えた。
20240203_104443_copy_3024x2268



👇は、底の横穴から掘り出した、紅はるかとシルクスウィートである。
11月頃に、温度が20℃前後あったので、殆どの芋に芽が出ていた。
芽出しの手間が省けた感じである。
20240203_110436_copy_2268x3024



👇は、昨日切り返しを行った、Dブロックである。
内部温度は、まだ30℃である。明日には50℃以上には上がってしまうだろう。
苗床は、トレーに籾殻燻炭を敷いて、水を含ませ90%以上の湿度で、芽出しを行う。
トレー内温度は、20℃~30℃ぐらいに保って、発芽・発根を促していく。
1




👇は、HAL_Kさんの作型を真似して、作付けしたキャベツである。

春キャベツ「春波」種播き10/11  ➡定植11/27 ➡収穫4/8~4/18
  ➡HAL_Kさん作型 ブログへ2/20

20240203_153109_copy_2268x3024


10月11日と21日に分けて苗作りをしたが、途中で10月21日の物が追いついてしまった。
北側が杉林となっていて、北風を完全に防いでいるので、陽だまりのような環境になっている。
そのためか、12月から1月に掛けて、どんどん生長している感じである。
20240203_153053_copy_2268x3024


中心の葉が立ち上がって、結球に移行しているようにも見える。
20240203_153134_copy_2268x3024


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 



↑このページのトップヘ