のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 踏み込み式温床

ユンボさんが自家採種した『どかなり千成F2』である。ユンボさんとこではF3に実がなっている。ミニの形、房成りの形質が親とそっくりである。
『ユンボ房なりミニきゅうり』と呼ぼう。
20220424_103705_copy_2268x3024




同じような物に、ラリーノがある。雄花が咲かないので子孫を残せない。4年位前に、地這いきゅうりと交配させてミディアムの物を育てたが、次の年に、ミディアムのきゅうりの種が販売された。
面白い物は、こぞって交配されオリジナルのものが作られる。種の世界も競争が激しい。
20220424_103710_copy_2268x3024

プランター栽培にして、ミニビニールハウスで育てる予定である。こちらのブドウハウスは、やがて、光が射さなくなる。
20220424_103714_copy_2268x3024

1苗余ったので取りあえず、3本植えた。
20220424_103721_copy_2268x3024

👇は、徒長気味のトマト苗である。週末にには畑に移植予定である。
20220424_103732_copy_3024x2268


同じトマト苗であるが、こちらの2ケースは友人の分である。アロイ20株、中玉とミニで20株である。
20220424_103744_copy_2268x3024


👇は、furautuさんからの、アップルゴーヤである。4月8日に種を蒔いて、発芽したものだ。4粒ずつ3回目で、初めて3芽発芽した。温度、湿度がうまく条件に当てはまったのだろう。かなり発芽し難い種だった。
20220424_103925_copy_2268x3024

👇は、普通のゴーヤである。此方は、2回目の発芽のものである。こちらは、比較的に発芽し易い。
20220424_103938_copy_2268x3024


👇は、上手く行ったトマトの接ぎ木苗。既に、ミニハウスに移植してある。今年は失敗が多く、成功率は3割ぐらいだった。
20220424_104116_copy_3024x2268

👇は、現在養生中のナスの接ぎ木苗。うまく行ってそうなのは、8株中6株である。
1640418934757

カボチャ苗
20220424_104213_copy_2268x3024


カルガナス
20220424_104238_copy_2268x3024


トンガリパワー ピーマンである。
20220424_104310_copy_2268x3024


千両二号
20220424_104326_copy_2268x3024


トウガラシ まだポット分けしていない。
20220424_104334_copy_2268x3024


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村    
 

※温床の様子を毎日画像として残している。


温床の全体画像
4月21日  内部温度 A℃半  B℃半   C℃  D℃

4月20日  内部温度 A℃半  B℃半   C℃  D℃

20220419_082811_copy_3024x2268



4月19日  内部温度 A54℃半  B33℃半   C33℃  D40℃
20220419_082811_copy_3024x2268


20220419_082819_copy_2268x3024


20220419_082823_copy_2268x3024

20220419_082827_copy_2268x3024


20220419_082831_copy_2268x3024



4月18日  内部温度 A72℃半  B41℃半   C42℃  D41℃
20220418_075017_copy_3024x2268

20220418_074946_copy_2268x3024
20220418_074956_copy_2268x3024


20220418_075003_copy_2268x3024


20220418_075007_copy_2268x3024


20220418_075028_copy_2268x3024

4月17日  内部温度 A℃半  B℃半   C℃  D℃
20220416_092542_copy_3024x2268

4月16日  内部温度 A℃半  B℃半   C℃  D℃
20220414_083950_copy_3024x2268

本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、温床のDブロックの画像である。真ん中辺りには、トウモロコシの第2弾をトレペ芯を使って播種してある。
20220404_071812_copy_2268x3024


👇は、トレペ芯を使って播種したインゲンである。白いのは蔓ありインゲンで、真ん中には早生枝豆が播種してある。手前は、モロッコインゲンだ。インゲンは発芽が始まっているようだ。
20220404_081636_copy_2268x3024

👇は、キューリとハグラウリ、マクワウリである。キューリは、小さな本葉が出始めた。
20220404_081657_copy_2268x3024

👇は、2日前に接ぎ木したトマトである。
20220404_081732_copy_2268x3024


今回は、2日目から一部を開けて、湿度を下げた。
前回は、4日間湿度100%にしたら、接ぎ木部分が痛んだ。
20220404_081805_copy_2268x3024

👇は、接ぎ木するナスの穂木である。まだ茎が細い。
IMG_20220404_100445


👇は、台本のドリバムビガーである。こちらは何時でもOKの状態である。
20220404_081822_copy_2268x3024

👇は、カボチャやゴーヤ、花の種を蒔いてある。
20220404_081855_copy_2268x3024

👇は、奈良県の伝統野菜の「飛鳥あかね蕪」の自家採種を行っている画像である。
20220404_083429_copy_2268x3024



4年前に種を頂きその年に作付けし、自家採種した。その種もまだ沢山残っているが、新しく更新する事にした。
20220404_083436_copy_2268x3024

飛鳥あかね蕪 画像元
1640418934757


👇は、先日定植したトウモロコシである。
20220404_083515_copy_2268x3024


苗は、トレペ芯に植わったまま定植した。
寒い日が続いたが、根を痛める事なく、スムーズに活着したようだ。
20220404_083526_copy_2268x3024


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村     

※温床の様子を毎日画像として残している。


温床の全体画像

4月15日  内部温度 A76℃半  B63℃半   C74℃ 半 D38℃半切返

20220414_083950_copy_3024x2268


20220414_083957_copy_2268x3024


20220414_084000_copy_2268x3024


20220414_084004_copy_2268x3024


20220414_084008_copy_2268x3024


20220414_084856_copy_2268x3024

  4月14日 内部温度 A33℃半切返  B34℃半切返   C33℃半切返  D50℃
20220414_083950_copy_3024x2268


20220414_083957_copy_2268x3024


20220414_084000_copy_2268x3024


20220414_084004_copy_2268x3024


20220414_084008_copy_2268x3024

インゲンをハウス内常温育苗にした。
20220414_084856_copy_2268x3024



4月13日  内部温度 A36℃  B36℃   C37℃  D59℃
20220413_081040_copy_3024x2268



20220413_073431_copy_2268x3024
20220413_073435_copy_2268x3024



20220413_081047_copy_2268x3024


ナスの接木をした。
20220413_081011_copy_2268x3024

👇は、成功したトマトの接木苗。
20220413_071828_copy_2268x3024



20220413_073445_copy_2268x3024




4月12日  内部温度 A38℃  B39℃   C39℃  D64℃
20220412_080341_copy_3024x2268

20220412_080348_copy_2268x3024




20220412_080352_copy_2268x3024


20220412_080356_copy_2268x3024


20220412_080401_copy_2268x3024


20220412_080409_copy_2268x3024



4月11日  内部温度 A40℃  B42℃   C41℃  D69℃
20220411_082139_copy_3024x2268


20220411_082147_copy_2268x3024


20220411_082152_copy_2268x3024


20220411_082157_copy_2268x3024



20220411_082202_copy_2268x3024


20220411_082230_copy_2268x3024



4月10日  内部温度 A45℃  B43℃   C48℃  D76℃
20220410_091159_copy_3024x2268


20220410_091208_copy_2268x3024


20220410_091215_copy_2268x3024


20220410_091219_copy_2268x3024


20220410_091225_copy_2268x3024


20220410_091427_copy_2268x3024

4月9日  内部温度 A45℃  B50℃   C53℃  D38℃
20220409_104025_copy_3024x2268


20220409_104034_copy_2268x3024


20220409_104040_copy_2268x3024


20220409_104045_copy_2268x3024


20220409_104051_copy_2268x3024




20220409_080806_copy_2268x3024


4月8日  内部温度 A60℃  B64℃   C66℃  D46℃
20220408_082049_copy_3024x2268


20220408_081752_copy_2268x3024_1

20220408_081757_copy_2268x3024_1



20220408_081802_copy_2268x3024


20220408_081807_copy_2268x3024



4月7日  内部温度 A60℃  B64℃   C66℃  D45℃
20220407_074056_copy_3024x2268
20220407_074001_copy_2268x3024
20220407_074007_copy_2268x3024
20220407_074015_copy_2268x3024
20220407_074022_copy_2268x3024
20220407_074032_copy_2268x3024
20220407_074039_copy_2268x3024
20220407_074044_copy_2268x3024
20220407_074047_copy_2268x3024
20220407_074255_copy_2268x3024
20220407_074301_copy_2268x3024
20220407_074307_copy_2268x3024

4月6日  内部温度 A65℃  B64℃   C68℃  D46℃
20220406_081846_copy_3024x2268
20220406_081236_copy_2268x3024
20220406_081248_copy_2268x3024
20220406_081256_copy_2268x3024
20220406_081322_copy_2268x3024
20220406_081335_copy_2268x3024
20220406_081340_copy_2268x3024



4月5日  内部温度 A60℃  B72℃   C28℃切り返し  D50℃




20220405_074806_copy_3024x2268
20220405_073727_copy_2268x3024
20220405_073731_copy_2268x3024
20220405_073736_copy_2268x3024
20220405_073741_copy_2268x3024

4月4日  内部温度 A42℃  B52℃   C38℃  D58℃
20220404_071824_copy_3024x2268

20220404_071758_copy_2268x3024
20220404_071803_copy_2268x3024
20220404_071807_copy_2268x3024
20220404_071812_copy_2268x3024


4月3日  内部温度 A22℃切り返し  B28℃切り返し   C50℃  D68℃
20220403_095110_copy_3024x2268
20220403_090353_copy_2268x3024
20220403_090357_copy_2268x3024
20220403_090402_copy_2268x3024
20220403_090409_copy_2268x3024


4月2日  内部温度 A33℃  B38℃   C58℃  D50℃
20220402_102705_copy_3024x2268
20220402_102715_copy_2268x3024
20220402_102720_copy_2268x3024
20220402_102726_copy_2268x3024
20220402_102730_copy_2268x3024





4月1日  内部温度 A42℃  B45℃   C70℃  D19℃切返し
20220401_080033_copy_3024x2268

Aブロック
20220401_073649_copy_2268x3024

Bブロック
20220401_073653_copy_2268x3024

Cブロック
20220401_075953_copy_2268x3024

Dブロック 切り返しをした。
20220401_075958_copy_2268x3024

カボチャ、ゴーヤ
20220401_080059_copy_2268x3024

白ゴーヤは、まだ発芽していない。
20220401_080106_copy_2268x3024

白ゴーヤを蒔きなおした。(4粒)
IMG_20220401_101706


インゲンは、2日目で動き出した。
20220401_080137_copy_2268x3024

白は、蔓ありインゲン
20220401_080143_copy_2268x3024

マクワウリとハグラウリ
IMG_20220401_101808


紅小玉
IMG_20220401_101743


👇は、ユンボさんがミニキュウリを自家採種し、F3まで結果を確かめたものである。
画像は、F2の苗である。➡ユンボさんのF2の栽培画像。
1640418934757


くじゅうくり
EⅩカボチャF2
20220401_080341_copy_2268x3024



3月31日  内部温度 A③60℃  B⑤56℃   C⑦25℃切返し   D⑧24℃
20220330_080854

👇は、Aブロックである。
トウモロコシ、キュウリ、カボチャ、インゲン、スイカ、ナス、トマト。
20220331_075616_copy_2268x3024


👇は、Bブロックである。
トマトが中心であり、ピーマン、ネギ苗もある。
20220331_075620_copy_2268x3024

👇は、Çブロックである。切り返しを行ったばかりである。
キャベツ、レタス類。
20220331_075651_copy_2268x3024



カミさんが、ダイソーで初めて花の種を買ってきた。『2袋で100円よ!安くてびっくり。温床で苗を作ってよ。」って、種を渡された。
ダイソーは、決して安くない。種の数を一般の種の値段に合わせて、少なくしてあるだけだ。
1641034157808


👇は、千日紅の種の数である。約20粒だ。まあまあの数である。
20220331_082302_copy_2268x3024


👇は、百日草である。パット見た感じは、そんなものだろうという数だ。
しかし、よく確かめてみると、実が入っている種は4,5粒であった。
一般にはジニアの種は、20粒で330円ぐらいだ。1粒15円ぐらいである。ダイソーは4粒で55円なので、約15円で同じ値段という事になる。
1640509118849


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村     




➡転載元 市川種苗店
 『南瓜は温床育苗をすると、地温30℃で約3日で完全に発芽する。

30度×3日×24時間=2160度時。

👇は、3/20播種で3/29画像である。今芽が出てないのは、中で窒息死しているかも。
20220330_081211_copy_2268x3024

15度×6日×24時間=2160でもあるので、
この場合、平均地温15℃なら6日になるが、吸水を初めて双葉を展開するために力を温存できるのは6~7日、つまり一週間くらいが限界なので15℃以下に下がるような事態になれば種が死んでしまう。』

➡転載元 株式会社トーホク  発芽には酸素と水が必要

1640509118849

IMG_20220329_150618

種まきの失敗が多い。
培養土の通気性が悪いかもしれないので、今回は種を土に埋め込まないで、上からもみ殻燻炭を掛けるだけにした。
20210418_072230_copy_2268x3024
モロッコインゲン

👇は、もみ殻燻炭を掛けた画像である。そのあと水を掛けてもみ殻燻炭を湿らせた。
20210418_072253_copy_2268x3024


👇は4月12日に播種したもので、4月19日の朝の画像である。
画像上は、インゲン豆で、下はモロッコいんげんである。

20210419_072442_copy_2268x3024_1



今回は、どちらの豆も順調に発芽している。
籾殻燻炭は、水捌けも水持ちも良い。水捌けの悪い土を培養土に使うと、埋めた豆が窒息してしまうのだろう。

大量に培養土を使うので、通気性を高める資材の投入割合が少なかったようだ。
20210419_072448_copy_2268x3024_1

今年は、トレペ芯に1粒ずつ蒔くことにした。
ちょっと土の量が少ないのが心配。
20220330_080005_copy_2268x3024

3/30に播種した。
👇は、早生枝豆。昨年ダイソーの種を蒔いたが、失敗して4芽しか出なかった。
で、種を採った。それがこれである。
20220330_080012_copy_2268x3024

👇は、インゲンである。
種が白いので、たくさん作って、熟成させそれを煮豆にする計画である。
20220330_080017_copy_2268x3024

👇は、上に燻炭を掛けて通気性を良くした。
発芽は、温床で25度前後の温度で、発芽を促す。
20220330_081157_copy_2268x3024


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村     


↑このページのトップヘ