のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 踏み込み式温床

➡転載元 市川種苗店
 『南瓜は温床育苗をすると、地温30℃で約3日で完全に発芽する。

30度×3日×24時間=2160度時。

👇は、3/20播種で3/29画像である。今芽が出てないのは、中で窒息死しているかも。
20220330_081211_copy_2268x3024

15度×6日×24時間=2160でもあるので、
この場合、平均地温15℃なら6日になるが、吸水を初めて双葉を展開するために力を温存できるのは6~7日、つまり一週間くらいが限界なので15℃以下に下がるような事態になれば種が死んでしまう。』

➡転載元 株式会社トーホク  発芽には酸素と水が必要

1640509118849

IMG_20220329_150618

種まきの失敗が多い。
培養土の通気性が悪いかもしれないので、今回は種を土に埋め込まないで、上からもみ殻燻炭を掛けるだけにした。
20210418_072230_copy_2268x3024
モロッコインゲン

👇は、もみ殻燻炭を掛けた画像である。そのあと水を掛けてもみ殻燻炭を湿らせた。
20210418_072253_copy_2268x3024


👇は4月12日に播種したもので、4月19日の朝の画像である。
画像上は、インゲン豆で、下はモロッコいんげんである。

20210419_072442_copy_2268x3024_1



今回は、どちらの豆も順調に発芽している。
籾殻燻炭は、水捌けも水持ちも良い。水捌けの悪い土を培養土に使うと、埋めた豆が窒息してしまうのだろう。

大量に培養土を使うので、通気性を高める資材の投入割合が少なかったようだ。
20210419_072448_copy_2268x3024_1

今年は、トレペ芯に1粒ずつ蒔くことにした。
ちょっと土の量が少ないのが心配。
20220330_080005_copy_2268x3024

3/30に播種した。
👇は、早生枝豆。昨年ダイソーの種を蒔いたが、失敗して4芽しか出なかった。
で、種を採った。それがこれである。
20220330_080012_copy_2268x3024

👇は、インゲンである。
種が白いので、たくさん作って、熟成させそれを煮豆にする計画である。
20220330_080017_copy_2268x3024

👇は、上に燻炭を掛けて通気性を良くした。
発芽は、温床で25度前後の温度で、発芽を促す。
20220330_081157_copy_2268x3024


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村     


※温床の様子を毎日画像として残している。


温床の全体画像
3月31日  内部温度 A③60℃  B⑤56℃   C⑦25℃切返し   D⑧24℃
20220330_080854
20220331_075616_copy_2268x3024
20220331_075620_copy_2268x3024
20220331_075623_copy_2268x3024
20220331_075630_copy_2268x3024

3月30日  内部温度 A③64℃  B⑤66℃   C⑦25℃   D⑧25℃

20220330_080854_copy_3024x2268

20220330_081701_copy_2268x3024

20220330_081704_copy_2268x3024

20220330_081707_copy_2268x3024


3月29日  
内部温度 A②60℃  B④68℃   C⑥31℃   D⑦33℃ 
20220329_083241_copy_3024x2268
20220329_083252_copy_2268x3024

20220329_083300_copy_2268x3024
20220329_083305_copy_2268x3024
20220329_083309_copy_2268x3024

3月28日  内部温度 A①27℃切返し  B③60℃    C⑤36℃   D⑥40℃ 
20220328_072032_copy_3024x2268
20220328_082910_copy_2268x3024
20220328_082914_copy_2268x3024
20220328_082917_copy_2268x3024
20220328_082922_copy_2268x3024



3月27日  内部温度 A⑧28℃  B②43℃    C④42℃   D⑤43℃ 
20220327_070316_copy_3024x2268

20220327_070326_copy_2268x3024
20220327_070331_copy_2268x3024
20220327_070335_copy_2268x3024
20220327_070340_copy_2268x3024





3月26日  内部温度 A⑦32℃  B①30℃切返し    C③54℃   D④47℃ 
20220326_081857_copy_3024x2268


20220326_081907_copy_2268x3024


20220326_081910_copy_2268x3024


20220326_081915_copy_2268x3024


20220326_081923_copy_2268x3024




3月25日  内部温度 A⑥38℃  B⑤40℃    C②60℃   D③56℃ 
20220325_075930_copy_3024x2268


20220325_075942_copy_2268x3024
20220325_075945_copy_2268x3024
20220325_075949_copy_2268x3024
20220325_075954_copy_2268x3024



3月24日  内部温度 A⑤53℃  B④47℃    C①38℃切り返し   D②45℃ 
20220324_074755_copy_3024x2268


20220323_082547_copy_2268x3024


20220323_082601_copy_2268x3024

20220324_074733_copy_2268x3024

20220324_074738_copy_2268x3024


3月23日  内部温度 A⑤53℃  B④50℃    C③45℃   D①28℃  
20220323_085627_copy_3024x2268

20220323_082547_copy_2268x3024
20220323_082601_copy_2268x3024
20220323_082607_copy_2268x3024
20220323_082612_copy_2268x3024

3月22日      内部温度 A③64℃  B②60℃    C
②58℃   D⑥34℃  ※〇は切返しからの日数

20220322_080643_copy_3024x2268
20220322_080700_copy_2268x3024
20220322_080708_copy_2268x3024
20220322_080715_copy_2268x3024
20220322_080722_copy_2268x3024


3月19日      内部温度 A⑦28℃  B⑥44℃    C⑤37
℃   D③55℃  ※〇は切返しからの日数

20220319_091911_copy_3024x2268


20220319_092008_copy_2268x3024


20220319_100639_copy_2268x3024


20220319_092016_copy_2268x3024
20220319_092020_copy_2268x3024
20220319_092102_copy_2268x3024

3月18日      内部温度 A⑥40℃  B④60℃    C③
47℃   D①28℃ 切返し ※〇は切返しからの日数
※移動D→C

20220318_074650_copy_2268x3024
20220318_074655_copy_2268x3024

Dから移動
20220318_075729_copy_2268x3024

D切り返し
20220318_080833_copy_2268x3024


3月17日      内部温度 A⑤44℃  B③60℃    C②57℃   ⑦D40℃  ※〇は切返しからの日数
※トマト、ナスポット植え替え※糠収集
20220317_082742_copy_3024x2268

20220317_082755_copy_2268x3024
20220317_082802_copy_2268x3024

サツマイモの発芽状況
20220317_082836_copy_2268x3024
20220317_082841_copy_2268x3024

タマユタカの発芽確認
20220317_082853_copy_2268x3024
20220317_082902_copy_2268x3024

千成ミニきゅうり発芽、ラリーノF4追加蒔き
20220317_082943_copy_2268x3024

トウモロコシ発芽確認
20220317_083224_copy_2268x3024



3月16日      内部温度 A④50℃  B②60℃    C①27℃切返し   D⑥40℃  ※〇は切返しからの日数
     20220316_080859_copy_3024x2268


20220316_080911_copy_2268x3024


20220316_080915_copy_2268x3024


20220316_080922_copy_2268x3024

キュウリの発芽
20220316_081051_copy_2268x3024

トウモロコシの発芽
1640418934757

3月15日 内部温度 A③60℃  B①28℃    C⑥32℃   D⑤50℃  ※〇は切返しからの日数
20220315_073432_copy_3024x2268

サツマイモケース内温度  25℃~30℃が理想
20220315_073250_copy_3024x2268


20220315_073245_copy_3024x2268

Aブロック 葉物 キャベツ、レタス、ネギ
20220315_073505_copy_2268x3024

ネギ、紅小玉
20220315_073513_copy_2268x3024

キャベツ レタス サニーレタス、茎ブロッコリー
20220315_073517_copy_2268x3024


Dブロック ナス科中心
20220315_073444_copy_2268x3024
1640509118849
唐辛子 シシトウ トマト
20220315_073454_copy_2268x3024


トウモロコシ
20220315_073458_copy_2268x3024

サツマイモの芽出し
20220315_073527_copy_2268x3024

3月15日 切り返し
20220315_075049_copy_2268x3024



 本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村   


👇は、3月12日の温床の様子である。
20220311_145729_copy_3024x2268


👇は、小さなポットから大きなポットに移植したものである。
トマトの品種は、アロイトマト、フルティカ、ミディアムルビー、乙女の涙、ゼブラアマゾン。
20220312_102735_copy_2268x3024

👇の品種は、カプリエメラルド、アンジェレ、プチぷよ、ピンキー、トスカーナバイオレット。
20220312_103016_copy_2268x3024


👇の品種は、ピッコラカナリアとピッコラルージュである。
20220312_103134_copy_2268x3024


👇は、トマトの接木台木のグリーンガードとLS-89である。
20220312_103234_copy_2268x3024


👇は、ナスの穂木と台木である。穂木は千両二号とカルガナスである。台木は赤ナスとトリバムビガーである。一際大きな苗は、まる八さんからの救援物資のトルバムビガーである。大きいので、接ぎ木するときは徒長させて茎をのばして、高接ぎにする予定である。台木の茎をのばして高接ぎにすると、より一層病原菌の侵入を困難にさせることができるようだ。

20220312_103516_copy_3024x2268


👇は、シシトウの万願寺唐辛子、バナナペッパー、紫唐辛子である。
20220312_103634_copy_3024x2268


👇は、ピーマンのとんがりパワーと唐辛子のシュペニチョ、黄金唐辛子、ハバネロ、鷹の爪、日光唐辛子、プリッキーヌ、島唐辛子である。
20220312_103904_copy_3024x2268


👇は、小玉スイカの紅小玉F4である。
20220312_104059_copy_2268x3024




ここからは、サツマイモの苗作りの記事である。
 
『温帯地方では、種いもを温床に伏せ込み、保温、潅水に注意すれば、25~30℃、5~7日で萌芽し、40~45日で、種いも1個当たり、20~30本を採苗できる。 定植された苗は条件がよければ1週間くらいで葉柄の基部から発根して活着する。 活着後、2週間くらいで根は急速に伸びだす。』
➡転載元(日本いも類研究会)

👇は、温床で越冬させたサツマイモである。一部芽が動いていたので、20℃~35℃ぐらいの温度で伏せこんだら1週間で芽が出た。
20220312_074511_copy_2268x3024


👇は、たまきちゃんから送って頂いた「タマユタカ」である。優秀な兄弟の中の飛び切り優秀な種芋を送って頂いた。
IMG_20220312_192545

まだ芽が動き出していないようだ。野菜残渣槽で越冬させた、紅はるかもまだ芽が動いていない。
20220312_074521_copy_2268x3024


👇は、玉ねぎ苗の苗床用に、モグラ対策をした場所である。
ここにトンネルをして、地温を上げて上記の芽が動き出した種サツマイモを、移植しようと準備した。
昨年は、温床の1ブロックを潰して苗床にしたが、4月になりブドウが芽吹きを始めたら、ハウス内の温床が日陰になってしまって、苗の生長が悪くなってしまった。

この場所は、私の畑の中で一番日当たりの良い場所である。
鶏糞を適量ばらまいた後、管理機で耕耘して均した。
20220312_130133_copy_2268x3024


👇は、二重トンネルにして地温を上げようと計画した。二重トンネルは、たまきちゃんの伏せこみを参考にした。➡たまきちゃんのサツマイモの伏せこみ記事
20220312_134138_copy_2268x3024


二重トンネルが出来上がったが、伏せこみでは無いので、まだサツマイモは植えていない。日中に地温が20℃以上に上がるようになったら、温床からこちらに移植する予定である。
20220312_140432_copy_2268x3024


二重トンネルを設置した時の地温を測った。12℃ぐらいであった。
20220312_135948_copy_2268x3024


午後3時ごろに測ったら16℃になっていた。明日も早朝、昼頃、3時ごろの地温を測る予定である。
20220312_152533_copy_2268x3024


 本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村   

温床の全体画像
3月14日 内部温度 A②47℃  B④30℃    C⑤40℃   D④55℃  ※〇は切返し日数

20220314_073346_copy_3024x2268


20220314_073500_copy_2268x3024

ポット植え替え 唐辛子 シシトウ ナス
20220314_080925_copy_2268x3024


3月13日 内部温度 A①14℃  B③33℃    C④45℃   D③64℃  ※〇は切返し日数
20220313_081047_copy_3024x2268
20220313_081147_copy_2268x3024

3月12日 内部温度 A⑤42℃  B②40℃    C④57℃   D②36℃  ※〇は切返し日数
3月11日 内部温度 A④42℃  B①40℃    C③57℃   D①36℃  ※〇は切返し日数
3月10日 内部温度 A③42℃  B⑥40℃    C②57℃   D⑤36℃  ※〇は切返し日数
20220311_145729_copy_3024x2268

20220311_150012_copy_3024x2268

20220311_150016_copy_2268x3024


3月9日 内部温度 A②50℃  B⑤42℃    C① 19℃   D④30℃  ※〇は切返し日数※C切返し
20220310_084653_copy_3024x2268

入れ替え  C→A
20220310_084610_copy_2268x3024

ポット植え替え   トマト
20220310_073655_copy_2268x3024

3月9日 内部温度 A① 20℃  B④48℃    C⑧ 28℃   D③30℃  ※〇は切返し日数※A切返し

3月8日 内部温度 A⑤ 41℃  B② 46℃    C⑥ 38℃   D① 25℃  ※〇は切返し日数
※Aのサツマイモケース内が、20度と下がっていたので深く埋めた。  ※
20220308_075205_copy_3024x2268


3月7日 内部温度 A 50℃  B 30℃    C 40℃   D 43℃ 
※B切り返し  ※B→Cポット移動

20220307_080942_copy_3024x2268

※サツマイモ発芽状況
20220307_080709_copy_2268x3024


3月6日 内部温度 A 52℃  B 42℃    C 35℃   D 44℃ 
 ※C➡Aサツマイモ芽が出ている ※Ç切り返し ※Ⅾ発根処理

20220306_074754_copy_3024x2268


3月5日 内部温度 A 38℃  B 44℃    C 42℃   D 32℃   
20220305_073842_copy_3024x2268
1640509118849

3月4日 内部温度 A 26℃  B 50℃    C 53℃   D   45℃
※A切り返し  さつまいもA→B移動  ※玉葱Cで乾燥  ※発根処理A→C移動
20220304_081348_copy_3024x2268

3月3日 内部温度 A 38℃  B 43℃    C 20℃   D   55℃
※ポット苗C→D   Bポット苗右→左   
※切り返し B右側 C全部 
※A深く埋めこみ  ※発根処理C→A
※発根確認 乙女の涙 紫唐辛子 日光唐辛子 ゼブラアマゾン
20220303_083423_copy_3024x2268

3月2日 内部温度 A 35℃  B 35℃    C 32℃   D   45℃
20220302_080235_copy_3024x2268

3月1日 内部温度 A40℃  B40℃    C38℃   D44
20220301_075754_copy_3024x2268




Aブロックの記録画像
3月9日 内部温度 ℃
20220309_074835_copy_2268x3024

3月8日 内部温度 41℃ 切り返し後5日目
※内部温度が低下してきたので、深めに埋め込んだ。
20220308_075136_copy_2268x3024

3月7日 内部温度 50℃ 
20220307_080739_copy_2268x3024

3月6日 内部温度 52℃  ※サツマイモの芽出し(紅はるか発芽)
20220306_072729_copy_2268x3024



3月5日 内部温度 38℃ 切り返し2日目
20220305_073710_copy_2268x3024

3月4日 内部温度 26℃ 切り返し1日目
20220304_081358_copy_2268x3024

3月3日 内部温度 38℃   ※箱内の温度 18℃~ 箱内はサツマイモの種芋
※箱内18度と下がっていたので、10cm深く埋めた。
20220303_080732_copy_2268x3024

3月2日 内部温度 35℃   ※箱内の温度 20℃~ 箱内はサツマイモの種芋
20220302_080213_copy_2268x3024


3月1日 内部温度 40℃  ※箱内の温度 22℃~
20220301_075532_copy_2268x3024


Bブロックの記録画像
3月9日 内部温度 ℃  ※切り返し3日目
20220309_074839_copy_2268x3024

3月8日 内部温度 46℃ ※切り返し2日目
20220308_075141_copy_2268x3024

3月7日 内部温度 30℃ ※切り返し1日目
20220307_080828_copy_2268x3024

3月6日 内部温度 42℃
20220306_072808_copy_2268x3024



3月5日 内部温度 44℃
20220305_073716_copy_2268x3024

3月4日 内部温度 50℃
20220304_081403_copy_2268x3024

3月3日 内部温度 43℃   
20220303_080802_copy_2268x3024

3月2日 内部温度 35℃
20220302_080217_copy_2268x3024


3月1日 内部温度 40℃
20220301_074949_copy_2268x3024

IMG_20220228_095832

IMG_20220228_095917






Cブロックの記録画像
3月9日 内部温度 ℃

20220309_074847_copy_2268x3024

3月8日 内部温度 38℃ ※切り返し6日目
20220308_075146_copy_2268x3024

3月7日 内部温度 40℃ ※切り返し5日目
20220307_080834_copy_2268x3024

3月6日 内部温度 35℃ ※切り返し4日目
20220306_072824_copy_2268x3024



3月5日 内部温度 42℃  ※切り返し3日目
20220305_073721_copy_2268x3024

3月4日 内部温度 53℃ ※切り返し2日目
20220304_081409_copy_2268x3024

3月3日 内部温度 20℃   ※切り返し1日目
※ポット苗Dに移動
20220303_080812_copy_2268x3024

3月2日 内部温度 35℃
20220302_080221_copy_2268x3024

ナスの台木と穂木
20220302_074616_copy_2268x3024

まる八さんから、👇のトルバムビガーを送って貰えることになった。うれしい。
1646183195902



3月1日 内部温度 38℃
20220301_075448_copy_2268x3024


IMG_20220228_100156



IMG_20220228_100013


IMG_20220228_100041





Dブロックの記録画像
3月9日 内部温度 ℃   ※切り返し2日目
20220309_074903_copy_2268x3024

3月8日 内部温度 25℃ ※切り返し1日目
20220308_075151_copy_2268x3024

3月7日 内部温度 44℃
20220307_080841_copy_2268x3024

3月6日 内部温度 44℃
20220306_072845_copy_2268x3024


3月5日 内部温度 32℃
20220305_073727_copy_2268x3024

3月4日 内部温度 45℃
20220304_081416_copy_2268x3024

3月3日 内部温度 35℃   ※ポット苗C→D移動
20220303_080822_copy_2268x3024

3月2日 内部温度 45℃
20220302_080224_copy_2268x3024

3月1日 内部温度 44℃  
20220301_075013_copy_2268x3024




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 9-1 

👇は、2月28日の温床の様子を撮った画像である。
IMG_20220228_100249

👇は、Cブロックで育苗中の苗である。トマト、ナス、ピーマン、シシトウ、唐辛子である。
IMG_20220228_095936


👇は、トマトの大玉、中玉、ミニトマトである。今年初めて作るのはピンキーである。まだ芽が出てないものは、乙女の涙である。この品種は、発芽が難しい。現在11品種である。
IMG_20220228_100156



👇は、唐辛子である。今年の新入りはシュペチニョ(ビッキーニョ)、黄金唐辛子である。現在日光トウガラシを発芽させている。
IMG_20220228_100013


👇は、シントウとナスとピーマンである。まだ紫唐辛子が芽が出ていない。
IMG_20220228_100041

👇は、葉物類である。キャベツ、ハーフムーンレタス、サニーレタス、茎ブロッコリーだ。
IMG_20220228_095832

同じく葉物類である。サニーレタス、サラダ菜である。
IMG_20220228_095917



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 9-1 

 

↑このページのトップヘ