のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: ミニビニールハウス

トマトのストレス栽培をしているハウスである。
脇芽が伸びたので、整理することにした。

苗を植えてから、水を掛けたのは3回である。
まだ花の咲かない物もある。
フルティカは、3株とも実が育っている。なので、水ストレス栽培に移行した。

奥のほうに水は流れて行くので、手前に植えてあるのがフルティカである。水切りには好都合である。
20210505_141932_copy_2268x3024


フルティカ 脇芽が伸びたのでカットした。
第1果が肥大してきたので、水ストレス栽培に移行した。
20210505_141942_copy_2268x3024






プチぷよ
20210505_141959_copy_2268x3024


アンジェレ
20210505_142915_copy_2268x3024


アンジェレの拡大画像
こちらも実が肥大してきたので、水ストレス栽培に移行した。
20210505_142921_copy_2268x3024

乙女の涙      こちらも実が肥大してきたので、水ストレス栽培に移行した。
20210506_085252_copy_2268x3024


乙女の涙は、本数が少ないので、挿し木した。
20210505_142947_copy_2268x3024





アロイトマトの1番果が、しっかり着いた。実の大きさが、ピンポン玉大になるまで、水ストレス栽培にする予定である。
20210505_143017_copy_2268x3024


剪定の終えた、フルティカ。
20210505_143324_copy_2268x3024


フルティカは、本数が少なかったので、挿し木した。
20210505_143448_copy_2268x3024

トマトのストレス栽培   1つ前の記事ヘ


水ストレス栽培のポイント
①水はけのよい土壌にする。
②遮根シートで根域を制限。
③雨よけをして水分を制御する。

「高糖度トマト」を作るには、果実肥大期に灌水量をできるだけ少なくし、水分ストレスを与えるのが一般的です。

★灌水は、定植後活着するまでは通常量。
★第1果房第1果がピンポン玉大になるまで、控えめにする。
★開花後は、灌水制御の開始時期が早いほど、高糖度になるという報告もある。



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

 

ミニハウスで、トマトのストレス栽培を行っている。
※高糖度トマト作り 転載元
『水は、定植後活着するまでは通常量を、その後は第1果房第1果がピンポン玉大になるまで控えめにします。灌水制御は、果実の生育ステージが進んだトマトでは効果が小さく、開花後は灌水制御の開始時期が早いほど高糖度になるという報告もあります。
ハウス雨よけ栽培夏秋栽培の場合で、梅雨明けまでが1株に対して1日に水250㏄程度梅雨明け以降は500㏄程度とし、晴天日には行い、曇天日や雨天日はできるだけ灌水を行わないようにするとよいでしょう。ただし、曇天日や雨天日が3日以上続く場合には、状況によって灌水を行います。

確実に灌水量を見極めるためには、テンションメーター(土壌水分測定器)を利用するのがおすすめです。テンションメーターの数値がpF2以上になるように灌水量を調整して栽培すると、糖度が8%以上の「高糖度トマト」を栽培できる可能性が高くなります。』


20210429_113423_copy_2268x3024


👇は、フルティカ
中玉トマトの中では特に糖度が高く、酸味が少なく滑らかな食感。裂果が少なく、露地栽培でも作りやすい。
20210429_113434_copy_2268x3024


プチぷよ
過去に温床ハウスで、プチぷよの鉢植えでのストレス栽培をして、糖度10度を記録したことがある。
偶然であったが高糖度となった。➡過去記事
20210429_113503_copy_2268x3024


プチぷよはF4まで種を継続させたが、葉にカビ病のような病斑が出るので、今回はF2から始めることにした。現在、葉に病斑は見られない。
20210429_113508_copy_2268x3024


アロイトマト
アロイトマトは、露地栽培ができるので大量に作っている。
今回初めて、1株だけ接ぎ木苗にしてストレス栽培をすることにした。
今までで露地栽培で、糖度8度まで記録している。
20210429_113524_copy_2268x3024

乙女の涙
食べ蒔きしたF3である。今年は苗が3本しか出なかった。
食べた時は、糖度が12度あった。
20210429_113536_copy_2268x3024

自家受粉したが果たして受粉しているだろうか。
20210429_113552_copy_2268x3024


アンジェレ
トマト好きの同僚に頂いたミニトマト。糖度を測ったら10度あった。
食べ蒔きしてら親と同じ姿形だった。どうやら在来種のようだった。
20210429_113605_copy_2268x3024


20210429_113621_copy_2268x3024


20210429_113625_copy_2268x3024



20210429_113635_copy_2268x3024

トマトのストレス栽培     1つ前の記事ヘ


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

 




ミニハウスに、定植してから2回目の水やりを行った。ストレス栽培は、トマトの木を育てるときは、大きくなるまでは水をきちんとやり、実をしっかりつけさせるようだ。

 20210425_084448_copy_2268x3024

葉を見ると緑色が濃くなり、鶏糞の窒素分が効いている感じがする。
20210425_084459_copy_2268x3024

全体的に活着して、肥料分を吸収して生長を始めた感じだ。
20210425_084515_copy_2268x3024


👇は、中玉の王様のフルティカである。この品種は、ストレス栽培すると糖度が上がってフルーツトマトなる。既に着果している。
20210425_084553_copy_2268x3024



20210425_084600_copy_2268x3024


アロイトマト 大玉の固定種である。1株だけ接ぎ木苗でストレス栽培に参加した。
アロイトマトは、実生苗でも露地栽培で十分に収穫できるので、毎年30株から40株作っている。
トマトは、かなり病気に強い野菜であるようだ。
20210425_084630_copy_2268x3024






👇は、プチぷよF2である。前のプチぷよはF4まで育てて、糖度11度まで記録したが、なぜか葉に病斑が出てしまっていた。そのため新たにF2から栽培を始めている。今のところ、綺麗な葉で病斑は見られない。
20210425_084707_copy_2268x3024


プチぷよの葉の拡大である。綺麗な葉である。
20210425_084722_copy_2268x3024


乙女の涙F3である。このトマトは単位結果のトマトである。 単為結果(たんいけっか)とは、植物において、受精が行われずに子房壁や花床が肥大して果実を形成すること。
つまり、種が出来なくともトマトになってしまうので、種が採りにくい品種である。
昨年100個ぐらいの実から種を採ろうしたが、ほとんどできていなかった。今年は3株しか芽が出なかった。
20210425_084748_copy_2268x3024


既に実がついていた。果たして自家受粉しているだろうか。
20210425_084807_copy_2268x3024


とりあえずピンセットにティッシュを巻きつけて、人工授粉をした。

★1房の花が3花以上開花したタイミングで、指で弾いて花粉を飛ばしてあげる方法
★筆で花の先をなぞる方法
20210425_085210_copy_2268x3024

トマトのストレス栽培   1つ前の記事ヘ

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1


4月18日にトマトを定植した。
今年は、このミニハウスで水ストレス栽培をするために、ハウス内に溝を掘りビニールを敷いて、その上に土を埋め戻した。
昨年度、垂直仕立て栽培で、水ストレス栽培をしようとしたら、雨が降ったらミニトマトの実が水分をたくさん吸って実割れしてしまった。トマトの根は、ハウスの外側にまで伸びていたのだろう。
つまり、外と内は根っこで繋がっていたので、内側で水を切って育ててもトマトは、外から必要な水分を吸収していたことになる。
そのあと、秋に袋栽培を試みたが、失敗してしまった。

20210418_151627_copy_2268x3024

大玉トマト、中玉トマト、ミニトマトを7品種11本植えた。
畝幅は80㎝とした。
20210418_151617_copy_2268x3024

①フルティカ
20210418_151603_copy_2268x3024


②フルティカ
20210418_151557_copy_2268x3024

③フルティカ
20210418_151548_copy_2268x3024
フルティカは、苗木が3本しかなかったので、接ぎ木をしなかった。
実生苗で栽培をすることにした。



④プチぷよ
20210418_151535_copy_2268x3024

⑤プチぷよ
20210418_151527_copy_2268x3024
プチぷよは、F4まで繋いでいたが、露地栽培が難しいので、食べ蒔きF2にした。接ぎ木苗でハウス栽培でどうか期待を持って栽培することにした。




⑥アロイトマト
20210418_151517_copy_2268x3024
アロイトマトは、露地栽培をしているが今回接ぎ木苗にして、ストレス栽培に参加した。糖度がどこまで上がるのかを実験したい。


⑦乙女の涙
20210418_151508_copy_2268x3024
乙女の涙を食べ蒔きしたが、種ができない単為結果であることが分かった。苦労して種を採ったが発芽したのが3本だけであった。今年は人工授粉してみる予定である。


⑧アンジェレ
20210418_151458_copy_2268x3024

⑨アンジェレ
20210418_151448_copy_2268x3024
アンジェレを、昨年はグリーンガードとLS-89の両方に接ぎ木したが、どちらにも親和性が見られた。
そのため、今年は固定種のLS-89に接ぎ木した。


⑩ゼブラアマゾン
20210418_151355_copy_2268x3024
ゼブラアマゾンは、マグロで有名な近畿大農学部が作出した品種である。苗を偶然Ⅾ2で見つけ購入し、種を採ってF2を育てたが親と同じ綺麗なゼブラ模様が発現した


⑪トスカーナバイオレット
20210418_151342_copy_2268x3024
トスカーナバイオレットは、有名なフランスのマローが作出した固定種である。


トマトのストレス栽培     1つ前の記事ヘ

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" > 

ミニトマトのストレス栽培の畝の準備と施肥

乾いていた土に、たっぷりと水を掛けた。

1週間前に元肥に、鶏糞施肥を15kg撒いた。ハウス内の畝幅は0.7mで、畝の長さは8mである。
施肥基準が1㎡当たり50gの窒素量を確保するには、鶏糞を15.6㎏撒く必要ある。
計算すると、リンとカリが必要な量より、111g、83gと多くなる感じである。

以下の表は、スマホエクセルで作った計算表である。
①施肥基準を記入する。➡50-40-50 ②畝幅、畝の長さを記入する。➡0.7、8
③施肥の鶏糞量が計算される。➡15.6㎏

IMG_20210417_170533
トマトの水ストレス栽培では、トマトの苗の成長期には水をしっかりと与え、木を成長させてから良い実を着かせた後に、水を辛くして行ってトマトの糖度を上げていく方法である。

☞乙女の涙のストレス栽培の参考記事
乙女の涙
dfe22b21

糖度12度 購入したものを測った。
c4c69a72
鶏糞を撒いた後、土を良く混ぜた。
👇の画像の左側半分に、1畝栽培する予定。
20210413_073920_copy_2268x3024


現在、育苗ハウスで開花するのを待って、定植する予定である。
20210416_081146_copy_2268x3024



冬場の作業記録(過去記事
ストレス栽培をするためには、外部の土と水の移動を遮断する必要がある。
そのためには、ビニール袋栽培をするか、プランター栽培をするか等である。
土を掘って、ビニールを敷くことにした。

畑を耕耘し、畝を掘った。
20201226_102333_copy_2268x3024

鍬で出来るだけ深く掘った。

20201226_113648_copy_2268x3024

ハウスに使った厚めのビニールシートを敷いた。
20201226_114222_copy_2268x3024


掘り上げた土をビニールに埋め戻した。
20201226_114747_copy_2268x3024



3分2ぐらいを栽培畝にした。
20201226_115437_copy_2268x3024

畑から土を運んできて、さらに土を盛った。
20201226_135620_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

↑このページのトップヘ