のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: ミニビニールハウス

前回の台風で西側からの風で、アーチパイプが曲がってしまった部分。
筋交いでアーチパイプを縛り付け、力を分散しようと考えた。

20191012_092833-1620x2160




雨の降る中、資材の直管パイプを運び込んで、風で19mmの細いパイプが曲げられないように、全体に力が分散するように斜めに筋交いを入れた。

20191012_092848-2160x1620




弱い部分の南西の部分にもう1本筋交いを取り付けた。

20191012_092924-1620x2160




反対側の東側の側面にも筋交いを入れた。

20191012_092825-1620x2160




ハウスの東側には、小屋とその奥には民家が建っている。
東側からと北側からは、風が民家と杉林に遮られて、さほどのダメージはない。
問題は、南西の方向からの風が怖い。画像でのその方向とは、右奥である。台風が通り過ぎていった時に、南西の方からの風を警戒しないといけない。

台風は『北半球において台風の進行方向右側では、台風の周囲を渦卷く反時計回りの風の方向と、台風自体が進む方向とが一致するため、それらを合わせると風が強まる。』

右側からの風とは、北東からの風であり、この場所は北側は杉林で遮られ、東側は画像のように小屋とその左奥の民家に風が遮られている。

20191012_093054-2160x1620




本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)

イメージ 5  イメージ 6



午後いっぱい掛けて、温床のあるハウスの片付けを完了させた。
まだ細かい部分での整理は出来ていないが、大筋でまとまった感じだ。

20191004_145029-2160x1620


両側に高い棚があったが、そこからハクビシンが簡単にぶどうの樹に登ることが出来た。
そこで一番上の棚を撤去した。
ハウス内は、至る所に侵入口があり、ハクビシンの侵入を止めることは難しい。
そこで、ぶどうの木に登らせせない工夫とぶどうの房を袋とその上から玉ねぎネットで覆うことで、被害を最小限度にしようと思っている。


20191004_145138-1620x2160

冬場は、温床での発芽、育苗が始まる。
温床周りの空間を自在に動けまわるように、整理した。


20191004_145150-2160x1620

温床の右隣では、米ぬかボカシ肥料を作るために、糠の貯蔵コンテナを設置した。
また、ゆくゆくは苗の外気育苗にするための空間も必要となる。
もう少し、資材を整理整頓しようと思う。



本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)
イメージ 5  イメージ 6



ぶどうハウスにハクビシンが入った時に、急遽棚を壊したり、木に登れないように周りの物置棚を倒したりしたまま、放置していた。

20191004_083707-1620x2160





物置の棚を倒したままになっていた。

20191004_083737-2160x1620








整理を始めて1時間後の経過。あんまり片付かない。

20191004_093854-2160x1620







2時間後にようやく形ができてきた。しかしまだ半分だ。

20191004_114551-1620x2160




温床の裏の通路が通れるようになった。

20191004_114600-1620x2160





全体の右半分は、前に少しだけ片付けたが、午後の仕事だ。

20191004_114613-2160x1620






本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)
イメージ 5  イメージ 6




前々から雨漏りがしていたので、修理した。
と言っても、天井のビニールを新たに取り付けただけである。
それと、台風で支柱が3本位曲げられたのを、真っ直ぐにした。

20190917_085720-2160x1620




ビニールを掛けるとき順序を間違えてしまった。
下の画像は、天井をもう一枚張った後の画像である。
これで、雨漏りは防げるだろう。
20190917_085544-1620x2160


台風で支柱が曲げられたのは、右奥の3本。西側からの暴風が凄かった。
20190917_085623-1620x2160



下の画像は、ハウスを建てた時の間違いの画だ。

間違ったのは、最初に天井を取り付けた事だ。
まさか、雨漏りがするとは考えもしなかった。
blog_import_5c7d25dc6aca1




次に、防虫ネットを取り付けた。もう少し考えてからやるべきだった。
blog_import_5c7d25deb461a



当方のブログ記事は、リンクフリーにしております。
必要な画像で、引用画像以外はご自由にお持ち帰りください。
ご報告等は、特に必要ありません。(*^。^*)

  2練馬大長尻大根 9-1

YUKIさんから頂いた『ほうずきトマト』。
糖度が20度だったと聞いて、すぐ飛びつきました。
送っていただいたほうずきトマトを食べてみました。今まで食べたことのない甘くて美味しいほうずきトマトでした。

explorer

エクスブロラーエラー

種を蒔いて見たら、それらしきものが発芽した。
ミニハウスが空いているので、抑制成敗をしてみることにした。

20190916_092656-1620x2160


20190916_112940-1620x2160
>>9、
のじさん
『来年ぜひそだててやってくださいませ
収穫までこぎつけるかどうか微妙ですが今からでも育つことは育ちます
発芽温度はナス同様で高温性ですが踏み込み温床があるから楽勝かと
ポットにまとめて蒔いて本葉2,3枚で独り立ちさせます
定植後は矮性のため整枝の必要もなく放任で
病気の心配はほとんどありませんがテントウムシだましや葉ダニに注意です
熟すと落ちますから拾って洗って乾かして数日追熟させて食します
次年からはおそらくおのればえしますから拾いあげて育てれば手間いらずです
またわからないことがあれば聞いてください。』

ラリーノF2の脇芽挿しで根を出させたものも、ミニハウスで育てている。
20190916_112912-1620x2160

手前に5株と奥に5株の10株育てている。
20190916_112932-1620x2160

春にトマト疫病のようなカビ菌にやられながら子孫を残したピッコラルージュのおのればえが生えてきた。
20190916_112947-1620x2160

小さなものも出ている。11月いっぱいぐらいまではハウスで育てられるだろう。
20190916_113020-1620x2160


下の画像は、沖縄の島とうがらしである。沖縄旅行した友達が買ってきてくれたものだ。
20190916_112922-1620x2160


沖縄唐辛子は辛すぎて、食べるつもりはないがせっかく買ってきてくれたので、育てている。
20190916_112906-1620x2160


ハウスの一番奥の突き当りには大根が植えてある。
これは、固定種の大蔵大根である。
来春自家採種するために、隔離栽培をすることにした。
大根の移植は、花が咲き、もう少しで種になる頃に腐って枯れてしまう。
それで、始めっから種を採るために4,5本育てることにした。

20190916_112958-2160x1620

当方のブログ記事は、リンクフリーにしております。
必要な画像で、引用画像以外はご自由にお持ち帰りください。
ご報告等は、特に必要ありません。(*^。^*)

  2練馬大長尻大根 9-1


↑このページのトップヘ