のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 家庭菜園 果菜類の栽培

オオマサリの3回目の収穫をした。今回は3株掘り起こした。昨年は2畝の作付けだったが、今年は時期をずらして3畝にした。その最初の畝もようやく半分になった。

20200919_155833_copy_2268x3024


3株芽を掘り起こしたら、たくさん着いていたので数えてみた。
20200919_155820_copy_2268x1701


二粒入っているのが30個、1粒が10個、小さいのが30個ほど。
今までで一番の大株収穫となった。びっくりの実の付き方だった。
畝幅を去年より、少し広くしたのでそれが良かったのかもしれない。
20200919_160352_copy_2268x3024


20200919_155823_copy_2268x1701


2株か3株ずつ収穫しているが、食べるのに3回分ぐらいある。一度に圧力なべで焚くが、食べるのに分けている。毎日食べても3日はかかる。今回は、4日ぐらいかかるかもしれない。
ほとんど毎日食べている感じだ。あと二畝以上あるので、きっと途中で、飽きてしまうかもしれない。
20200919_155851_copy_2268x3024

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

今年は、丹波の黒大豆は1畝だけ作った。
昨年は2畝だったので、少し手を抜いてしまったことで、虫に食べらて散々だった。

今年の栽培初期は、防虫ネットでトンネル栽培をした。
途中から背が伸びて、裾が持ち上げられてしまったので、ネットを外した。
昨年は、背が高く伸びたころ台風に倒されてしまったので、今年はマイカ線を使って倒伏防止をした。


20200912_154831_copy_2268x3024


莢がしっかりと付いていることが確認できた。
20200912_154748_copy_2268x3024


まだ、着果したばかりでこれから大きくなっていく段階である。
20200912_154822_copy_2268x3024


彼方此方葉をどけて、莢の付き具合を確かめたら、どの株も順調に莢が育っていた。
20200912_154929_copy_2268x3024


株立ちも大きく、今年は今のところ上手く育っている感じである。
20200912_154939_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

佐賀県の唐津に住み世界一辛い唐辛子の栽培に挑戦している「唐辛子作家」のから2さんから、
自家採種した種が届いた。

から2さんが、どんな唐辛子を育て、それをどのように加工しているのか、以下の記事はヤフー
ブログ時代に、から2さんの記事をまとめて転載したものである。

世界一辛い唐辛子を手掛ける唐辛子作家



IMG_20200912_170531_copy_1788x2387


IMG_20200912_170600_copy_1788x2523
3


IMG_20200912_170620_copy_1788x2558
6


IMG_20200912_170645_copy_1788x2604
7


IMG_20200912_170812_copy_1788x2270
3-1


IMG_20200912_170708_copy_1788x2431
3-2


IMG_20200912_170749_copy_1788x2409
5


IMG_20200912_170728_copy_1788x2406
4




以下は、唐辛子作家のから2さんのブログ紹介です。
辛い物が好きな方は、どうぞ遊びにお出かけくださいませ。(^O^)/

新製品 高いとみるか安いとみるか

10



新発売2


2020817


今年初めて作ったダビデの星。
ブロ友さんから種を頂いたものである。
まだ近所では珍しいので、びっくりされる。

20200909_083801_copy_2268x3024


2鞘種を採った。
固定種なので、とても貴重である。
20200909_083951_copy_2268x3024


固定種の種は、他にもいろいろと毎年採っている。
オクラは現在4品種になった。 
ダビデの星だけ他のと、食感が違う。
後の3品種は、食べ頃の大きさの物だと食感も味も似ている。
20200909_084026_copy_2268x3024


種は十分に乾いていたが、何時もの儀式で吊るして干すことにしている。
今年の種採りも、順調に進んでいる。
種を採っているだけで、自給自足が出来そうで楽しい。

世界飢餓時代が突然やって来ても、何年かは生き延びられる気がして、生きるカが涌いてくるようだ。
20200909_084227_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

下の画像は、アロイトマトの棚である。
収穫が終わった。
20200905_153459_copy_3024x4032

下の画像はミニトマトの棚である。
こちらは画像奥のほうに、まだアンジェレが実を着けている。
20200905_153514_copy_3024x4032



まだ生り続けているアンジェレ
20200905_153542_copy_3024x4032


天井からUターンして地面際で、房成りしているアンジェレ。
20200905_153552_copy_3024x4032



最後の収穫のアロイトマトである。

20200905_153824_copy_3024x4032

ネズミにかじられない様に、蓋をして追熟している。
3


撤去した蔓に、プチぷよが生っていた。
梅雨時には、皮がざらざらになっていたが、普通の艶のあるプチぷよF4である。
20200905_151939_copy_3024x4032



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

↑このページのトップヘ