のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 家庭菜園 果菜類の栽培

丹波の黒大豆が収穫期を迎えたので、枝から莢を外しながら収穫した。今年は、1畝だけしか作らなかったが豊作だったので、枝豆にして2,3回食べた。
その残りを、本日のんびりと、1本ずつ莢を外しながら収穫した。
20201123_091201_copy_2268x3024



👇のような綺麗な莢はまれである。
20201123_091517_copy_2268x3024


👇のような莢の付き方が多い。実入りは生っている莢の半分ぐらいだ。
20201123_091612_copy_2268x3024


👇の画像は、1枝であるがたくさんの莢が付いている。

20201123_092722_copy_2268x3024

👇の画像は、残っていた大豆をすべて収穫し終えたものである。
20201123_100555_copy_2268x3024


莢を採り終えた枝や、葉や折れた枝を綺麗に集めて処分した。
20201123_103915_copy_2268x3024


莢付きの枝豆を計量した。約3㎏あった。
20201123_110214_copy_2268x3024



収穫した莢は、全部で5㎏ぐらいであった。中身の黒大豆が、1㎏ぐらい採れれば大成功だ。
20201123_110242_copy_2268x3024


莢を採り終えた枝は、押切で細かく刻んで残渣槽で堆肥にする。
20201123_112623_copy_2268x3024


葉や小枝は、集めて野菜残渣槽に堆肥にする。この場所でサトイモや生姜を越冬させる。
20201123_112633_copy_2268x3024


あまり利用していないミニハウス。サツマイモを干して熟成させている。
そこに黒大豆をトレイに入れて、乾燥させることにした。
このミニハウスは、一日中日の当たる日照の良い畑に設置してある。
20201123_112703_copy_2268x1701



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1


種用の落花生を、ブドウハウス内で乾燥させて置いた。
実が入っていて、大きくて殻がしっかりしている物を、Aランクとして区別した。

20201119_075024_copy_2268x3024

Aランクの種は、500gほどになった。
20201119_075130_copy_2268x3024

残ったものを予備として、保管して置くことにした。
20201119_075033_copy_2268x3024

重さは、420gぐらいだった。

20201119_075252_copy_2268x3024




昨年、種の良し悪しと、発芽とその後の苗の良し悪しの比較実験をした。
👇が、殻を割って取り出した時の、落花生のランク別画像である。

Aランクの種
b76d6d34

Aの発芽後の画像
e62017c4-s

Bランクの種
e390bfdd

Bの発芽後の画像
cc157b88-s

Cランクの種
fa033f68

Cの発芽後の画像
3766e88e-s

AとBは、全く差が見られなかった。
Cの種は、中に若干小さな苗もあった。しかしながら、苗に使えた物が、多数できた。




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

日当たりの良い場所で、棚を利用してカボチャの空中栽培をした場所である。
春の大風が吹いたときに、一発で葉が痛めつけられ終わってしまった。その前の年はゴーヤとヘチマを作ったら、ジャングルのようになった。
今回は、えんどう豆を南側の壁を利用して作ろうと思った。土がカサカサに乾いていたので、しっかりと滲みこませた。
20201121_091101_copy_2268x3024



ブルーのポットは絹さやで、赤と白はスナックエンドウである。
20201121_091521_copy_2268x3024

第1弾のポットの種まきは、失敗してスナックを腐らせてしまった。幸いにも温床を稼働させてあったので、第2弾のポット播きが追い付いたので、定植をした。
20201121_094729_copy_2268x3024


👇は、絹さやである。絹さやは最初の種まきでほとんど発芽したので、苗がやや大きく育っている。
20201121_094747_copy_2268x3024


👇はスナックエンドウで、莢が大きくて甘い品種だそうだ。
20201121_094809_copy_2268x3024


👇は、今年自家採種したスナップエンドウである。去年は、直播きして失敗した後、種を購入して温床で育てたものの種を採ったので、上と同じ大莢スナップエンドウかもしれない。
20201121_094851_copy_2268x3024



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

メルカリを、初めて利用した。
それは、昔世界一辛い唐辛子だった、ハバネロを購入するためだった。
送料込みで、10個ぐらいで500円と格安だった。
ハバネロの種は30粒ぐらいで、400円から500円が相場である。

20201120_125313_copy_2268x3024


綺麗なハバネロが届いた。大小で13個入っていた。
重さを測ったら、80gぐらいだった。
20201120_144738_copy_2268x3024

辛いんだろうな~!
20201120_144818_copy_2268x3024


中ぐらいの物を割ってみた。種がたくさん着いていた。
20201120_144904_copy_2268x3024

数えてみたらちょうど60粒であった。
20201120_145509_copy_2268x3024

残りのハバネロを、熟成することにした。より確実な種を採るためである。
20201120_145759_copy_2268x3024

種を採ったものを催芽処理して、発芽実験をしようと計画した。
幸いにも温床は稼働している。発芽に必要な温度は、簡単に取れる。
20201120_151244_copy_2268x3024

Bブロックは内部温度が60℃ぐらいなので、表面の温度は30℃~35℃ぐらいであろう。
今までの経験で、大体の温度が分かる。
20201120_151204_copy_2268x3024


発芽促進しているえんどう豆の隣に、少し掘り下げてケースを半分埋め込んだ。
3


ブロック表示板を上に乗せて、遮光した。
唐辛子の発根は、30℃ぐらいの温度で約1週間ぐらい掛かるだろう。
3-1


温床の現在の全景
20201120_152423_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

そら豆の定植をするために、1週間前に元肥を投入して耕耘して置いた。
20201118_081921_copy_2268x3024


井原本によるそら豆の育て方
3-1

井原本では、畑の場合「硫安」と「過リン酸石灰」を1握り(約50g)ずつ施肥とある。 

今回、化成肥料を1㎡当たり50gを撒いた。
使った化成肥料は、リン肥料に『過リン酸石灰』を、1㎡当たり50g撒いた。
20201117_082122_copy_2268x3024


井原本では、窒素は、1反当たり15㎏を必要とある。これは1㎡当たりに換算すると、15gということになる。(計算式 1反=300坪=300×3,3=990㎡ 15㎏=15000g 15000g÷990㎡=15g)
「硫安」の代わりに、鶏糞を撒いた。

今回使った鶏糞は、畑・菜園に使うときは、1㎡当り500g~1kgとある。
窒素分は、3,3%なので、1㎏×0.033=33gである。1㎏撒いたので、井原本の倍の量となった。


IMG_20201113_104434_copy_3025x2974
IMG_20201113_104501


👇そら豆の苗の状態
20201119_072814_copy_2268x1701


20201119_072820_copy_2268x3024


マルチを張り、植え穴を50㎝間隔にあけた。
20201120_100023_copy_2268x3024

畝幅は140㎝開けろということだ。今までは90㎝ぐらいで作付けていた。
20201120_100029_copy_2268x3024

👇苗の根は根鉢状態になっていた。
20201120_100823_copy_2268x1701


👇ポット苗を並べた。
20201120_100638_copy_2268x3024

👇植え付けが終了した後、水を掛けた。

20201120_105848_copy_2268x3024





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1











↑このページのトップヘ