のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 果菜類の栽培 > エンドウ豆 スナップ 絹さや

👇は、スナップエンドウである。スナップエンドウは、毎年ポット蒔きを行っているが、全部が発芽した事は無い。案外気難しい所がある。それでも、今年は上手く発芽した方である。
b


👇は、絹さやである。今年は、ポット蒔きがうまく行ったようである。絹さやは、毎年発芽率が良い感じだ。
a


株間は、30㎝にした。ポットには3株の物が多いが、活着を確認した段階で2株にする予定である。

20211120_133340_copy_2268x3024


植え付けた後に、水を掛けておいた。
20211120_140345_copy_2268x3024


苗の状態を確認するために、拡大画像にした。手前半分がスナップエンドウである。
20211120_140353_copy_2268x3024


そして、残り半分は絹さやである。
寒くなったらトンネル栽培にする予定である。
20211120_140409_copy_2268x3024
 




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

エンドウ豆が発芽して、現在育苗中である。来週ぐらいには定植が出来そうである。
そこで、畝の準備をした。化成肥料を撒いた。
IMG_20211112_142556
IMG_20211112_143006


基肥に、硫安158g+過石780g+硫カリ168gを混合して撒いた。後は、2月下旬に追肥を行う。
20211112_143700_copy_2268x3024


基肥を撒いた後は、管理機で耕耘した。隣の棚は、春に移動するために準備してある。
20211112_144409_copy_2268x3024_1


ナスの後作である。ナス栽培で使ったマルチを戻して、トンネル栽培のためのアーチパイプを設置した。後はいつでもスナップと絹さやを定植できる。
20211112_150756_copy_2268x3024




👇は、別の場所の第4菜園である。生姜を作っていた畝である。9時ごろの画像であるが、すでに隣の小屋の陰になってしまう。こちらは、2畝に鶏糞15㎏を1袋ずつ撒いた。
20211111_082717_copy_2268x3024_1


2畝作って、ほうれん草やミックスサラダ野菜をトンネル栽培する予定である。
20211111_083507_copy_2268x3024_1


5穴マルチを2畝作った。左側は、ほとんど日が射さないので無理かもしれない。
20211112_100125_copy_2268x3024_1




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 

先日の土曜日に収穫してから4日目となった。先日よりちょっと少ないが普通に収穫できた。
ようやく収穫時期のピークになってきたようだ。食べきれないほどの量ではない。

20210427_083544_copy_2268x3024



木は立派に育っているようだけど。見掛け倒しのような感じだ。北側の右隣は杉林で暗い。日差しは左からしか入らない。極端に言えば、陽の当たる方からでしか収穫ができてない。
20210427_082942_copy_2268x3024




たくさん実が着いているので、失敗作ではない。作る場所を失敗したのである。場所の選定はとても大事である。
20210427_082957_copy_2268x3024



👇は、東西畝の西側に当たる。杉林の杉からの影響が少ない。つまり、後の北側にも西日が当たって、多少明るい。後ろ側にもかなり実が生っているはずだ。この時は、後ろは見ていない。
20210427_083535_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

 

エンドウ豆がやっと満足に収穫できた。
👇は、スナップエンドウである。

20210424_120708_copy_2268x3024

👇は、絹さやである。
20210424_120711_copy_2268x3024


袋に入れてみると量感がわかる。
ほんの少しだ。
20210424_120756_copy_2268x3024


画像で見るとたくさん生っている。
20210424_081245_copy_2268x3024

別の木もたくさん着いている。
20210424_081245_copy_2268x3024

👇は、まだ莢が小さいがたくさん着いている。
20210424_081314_copy_2268x3024

👇は、スナップエンドウだ。
20210424_081342_copy_2268x3024

良い感じの莢がたくさん生っている。
20210424_081350_copy_2268x3024


スナップエンドウの全体の画像だ。
20210424_081410_copy_2268x3024

絹さやの全体画像だ。
20210424_081424_copy_2268x3024
たくさん生っているのに、どういうわけか収穫量が少ない。

原因が分かった。
裏側に回ったら、ほとんど莢が着いていない。太陽光は、南側からだけ射していた。
裏側は、北側で杉林であった。
つまり、例年の半分の収穫量であったわけだ。

この場所は、エンドウ豆の栽培には適してないということだ。



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

エンドウ豆がずいぶん伸びた。
伸びた割には、中々豆が熟さない。育ちが悪い。蔓ボケかもしれない。

20210420_080115_copy_2268x3024


一度日曜日に収穫してあるので、そのせいかもしれないが実の生長が遅い。
20210420_080121_copy_2268x3024


エンドウ豆って生り始めたら、次々と収穫できた感じなんだけど、さっぱりだ。
20210420_080142_copy_2268x3024


生ることはなっているのだが、豆の膨らみが遅すぎる感じだ。
20210420_080155_copy_2268x3024


👇はスナップエンドウだが、こちらもなかなか膨らまない。
20210420_080207_copy_2268x3024



背の高さは、私の身長を超えた。なんか花が少ない感じがする。
20210420_080222_copy_2268x3024


全部見て、収穫量の少ないこと。
3日前に、収穫したときはこの3倍はあった。あと1週間放って置けば、食べきれないほど収穫できるのか。
20210420_080956_copy_2268x3024

 

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

↑このページのトップヘ