のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 妻の部屋

赤いサフィニアが満開になった。サフィニアは、毎年越冬させている。
👇は、メインのひな壇である。上段のチューリップが咲き終わると、中段の
サフィニアの赤が後を受け継ぎ、第2幕の始まりとなる。
20210422_070512_copy_2268x3024

ピンクと白と紫のシラーの花も咲き始めている。
20210423_072309_copy_2268x3024

サフィニアとアルメリアの饗宴は、一段とにぎやかになっている。
20210422_070526_copy_2268x3024



正面左奥には、真っ白なウツギの花が咲いている。
20210422_070554_copy_2268x3024



その👆には、モッコウバラが満開となっている。
20210422_070600_copy_2268x3024


フラワーロードは、少しずつ落ち着きを増している。
やがて、連休あたりからミニ菜園での、野菜作りが始まっていくだろう。
20210422_070616_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 

家の花壇の日本サクラソウの銘品が綺麗に咲いている。


👇の花は、
銘品『磯牡丹』である。 特徴は、花弁が丸い八重咲である。
20210412_065129_copy_2268x3024


👇の花は、銘品『絞り竜田』ピンク地に、濃い紫色の絞りが入る。
20210412_065220_copy_2268x3024


銘品『絞り竜田』
20210412_065253_copy_2268x3024


銘品『蜃気楼』  花の色が青紫色になる。
20210412_065313_copy_2268x3024


桜草の白花
20210412_065337_copy_2268x3024


銘品『墨染川』 内側と外側の花弁の色が違う。
20210412_065347_copy_2268x3024



日本サクラソウの原種である。
20210412_065417_copy_2268x3024



赤勝ちの『絞り竜田』と白勝ちの『絞り竜田』変異が進んでいる。

20210412_065440_copy_2268x3024


『蜃気楼』の紫色と『磯牡丹』の赤色との比較画像
20210412_065532_copy_2268x3024
 

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


我が家の花壇のモッコウバラが咲きだした。
ほとんど鉢植えの花壇であるが、ほんの少し地植えのものがある。
画像の左端の黄色いのが、地植えのモッコウバラである。
20210413_070642_copy_3024x2268


大きなモッコウバラである。
この花が咲き始めると、我が家の花壇はピークを迎える。
前は、白のモッコウバラがあったが、鉢植えだったので作落ちしてしまい、畑で苗木から育てている。それがもうじき咲き始める頃だ。
20210413_070631_copy_2268x3024


大輪のピンクの椿の花が咲き誇っている。
誰かが、新芽を全部の種類切り取って行った。不愉快な話であるが、花を傷つけなかっただけ良しとして、あまり怒らないようにしている。ある意味、見せびらかしている面もあるので、どうしても欲しかったのだろうと。
20210412_065648_copy_2268x3024


チューリップは、大好きな花である。
20210412_065703_copy_2268x3024


サフィニアとアルメリアの饗宴である。
20210412_065714_copy_2268x3024


日本サクラソウが咲きだした。
20210412_065732_copy_3024x2268


日本サクラソウの原種
20210412_065417_copy_2268x3024


正面のひな壇から、玄関方向を見た画像
20210412_065751_copy_2268x3024


メインひな壇である。
20210412_065759_copy_2268x3024


正面脇のひな壇である。
20210412_065807_copy_2268x3024



ブルーの色が良く出なかったが、綺麗な勿忘草である。
20210412_065819_copy_2268x3024

夕方撮った画像である。やっぱり「なっちゃん」に撮ってもらおうか。
20210413_180844_copy_2268x3024

ピンクのマーガレットである。

20210412_065826_copy_2268x3024



ひな壇左上は白のイベリスで、下はノースポール。
20210412_065837_copy_2268x3024


マツバギクのオレンジである。

20210412_065848_copy_2268x3024



  本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

月に1、2回絵手紙の先生とそのお友達が、英会話の勉強会にやってくる。塾の教室でかみさんと3人で楽しく勉強している。
時々、我が家で採れた野菜をプレゼントしている。
いつも喜んでくれるので、ほとんど毎回畑に何かあれば、おすそ分けしている。

早生の玉ねぎが出来たので、併せて坊主知らずネギとミックス野菜を用意した。
NOJI1


ワサビ菜、レタス類のミックスである。
20210412_080043_copy_2268x3024


玉ねぎは、葉付きで収穫した。ソニックである。
20210412_080052_copy_2268x3024
 

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

我が家の花壇は、春のこの時期に一番賑やかできれいな花壇となる。
ポイントは、チューリップである。正面のひな壇の最上部に大きな鉢植えのチューリップがある。
それが満開になったときに、全体のバランスが整う。
20210403_071348_copy_3024x2268


チューリップは、秋も深まって値段が安くなるぎりぎりまで待って、購入する。
チューリップを毎年鉢植えで、花を咲かせるのは難しい。今年は、一鉢だけ昨年の球根を大きなものだけ残しておいて、咲かせたものがある。
👇は、正面のひな壇である。メインの棚である。
20210403_071404_copy_2268x3024


👇は、正面横のひな壇である。こちらは、冬の間も頑張っていた花がある。
20210403_071414_copy_2268x3024


👇は、正面のひな壇を横から撮った画像である。夏から秋の花が準備されてある。
20210403_071428_copy_2268x3024


メインのチューリップをやや高い位置から撮ったものだ。黄色のペチコート水仙が可愛らしい。
20210403_071458_copy_2268x3024


ピンクの小さな花は、アルメリアである。
20210403_071520_copy_2268x3024


パンジーとノースポールは、冬から咲き続けている。
20210403_071530_copy_2268x3024


ここからは、フラワーロードの花である。
20210403_071553_copy_2268x3024


大家さんの私道である。画像右側は花が並べられている。住まいは左側にある。
20210403_071608_copy_2268x3024



20210403_071622_copy_2268x3024



20210403_071632_copy_2268x3024



20210403_071647_copy_2268x3024



20210403_071707_copy_3024x2268





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


 

↑このページのトップヘ