のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 妻の部屋

3月13日の我が家の花壇の全景である。
春一番で咲き始まる西洋サクラソウが、綺麗に咲いている。

20220312_114726_copy_3024x2268

👇は、正面右側のひな壇である。
白、ピンク、赤と綺麗に咲いた西洋サクラソウが、春うららがまじかであることを知らせているようだ。
20220312_114739_copy_2268x3024

👇は、正面のひな壇である。
ミニ水仙の葉が伸びており、奥ではチューリップが芽を出している。
20220312_114747_copy_2268x3024

👇は、春爛漫になるとフラワーロードなる場所である。
20220312_114811_copy_2268x3024

👇は、相棒の奥様が育てている花である。パンジーや西洋サクラソウが満開である。
20220312_114842_copy_2268x3024

👇は、私の所から苗木が言っている椿の花である。
20220312_114908_copy_2268x3024

👇も、我が家から嫁入りした白と赤の咲き分けの椿の花である。
20220312_114920_copy_2268x3024

👇は、我が家の花壇の椿群である。ぼちぼちと花が咲きだしている。
20220312_115114_copy_2268x3024

今年は、いつも飾っている塾の廊下の上に、キジバトが巣を作って子育てをしているので、玄関前に急遽飾ったようだ。
20220312_115123_copy_2268x3024

👇は、二階のサンルームに保管して置いた君子蘭が花が咲いたので、下におろしたものである。
20220312_115130_copy_2268x3024



👇は、塾の廊下の上の軒下に、キジバトが巣を作ったようだ。卵を産んだかどうかは、まだ確認していない。
20220312_115009_copy_2268x3024

写真を撮りに行ったときに、驚かせてしまった。外には出たが、じっとして逃げなかった。
毎年ここの廊下には、花の咲いた君子蘭を飾っていた。
1641034157838


昨年の君子蘭の画像
 20210320_131234_copy_2268x3024

👇は、玄関前の小さな花壇に咲き始めてクリスマスローズである。
20220312_115147_copy_2268x3024

👇の黄色い花は、リュウキンカである。球根で増え、毎年どんどん勢力を伸ばしている。
20220312_115205_copy_2268x3024


 
 本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村   

👇は、我が家の2階西側のサンルームである。通常は、洗濯物を乾かす部屋である。そして、冬期は、観葉植物や君子蘭の避難場所となっている。
20220116_103540_copy_3024x2268


👇は、常時この揚所を住み家としているサボテンである。既に30年以上は、住みついて居るだろう。
20220116_103553_copy_2268x3024


👇は、君子蘭の避難場所である。赤い花が咲いているのは、ベラルゴニウムか。
20220116_103607_copy_2268x3024


👇は、サボラン群である。こちらも長く近く住みついて居る。
20220116_103619_copy_2268x3024




👇は、趣味家から頂いた姫玉緑という、ハオルチアの銘品である。
20220116_103629_copy_2268x3024


👇は、姫玉緑が増えて大株になっている。
20220116_103652_copy_2268x3024


👇も、同じ物である。
20220116_103704_copy_2268x3024



👇は、実生のハオルチアである。世界に―つだけのオンリーワンだ。
20220116_103802_copy_2268x3024


下は、30年ぐらい前にヤフオクで競り落とした金鯱である。伊豆のサボテン公園に行つた時に欲しくなった物だ。
20220116_103811_copy_2268x3024


👇は、アロエの仲間のようであるが、名前はわからない。
20220116_103822_copy_2268x3024


👇は、アロエである。
20220116_103829_copy_2268x3024


👇は、実生のハオルチア エメルアエである。
こちらも趣味家が自分で交配して、実生苗を作出したものを頂いた。小さな一株だったが、そのまま育てているのでたくさん増えてしまった。花も咲いている。
20220116_103844_copy_2268x3024


👇は、昔君子蘭の斑入り種を集めた時に、実生の斑入りのダルマ君子蘭を見つけて長いこと栽培している。もちろん購入したのは私であるが、現在では所有権は、すべてカミさんにある。
20220116_103856_copy_2268x3024



20220116_103916_copy_2268x3024


こちらは、一般にある斑入りの金の生る木である。昔、なんでも斑入りの植物を集めたことがある。
20220116_103925_copy_2268x3024






➡前回の記事へ 

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 

👇は、我が家の2階ベランダである。ここは、布団を干したりする場所であるが、南側で日当たり抜群の場所なので、花壇の花の越冬や苗木の育苗場所になっている。
画像は、ベランダの東側を撮ったものである。
20220116_103343_copy_2268x3024

👇は、オキザリスやビオラが、咲いている。
20220116_103352_copy_2268x3024

👇の花も、サフィニアである。
20220116_103358_copy_2268x3024

👇は、ベランダの西側を撮った画像である。ここには、越冬組が保管してある。
20220116_103410_copy_2268x3024

👇は、2回の部屋の南側である。ベコニアやパフィオが保管されている。
20220116_103423_copy_2268x3024

👇は、パフィオの花である。毎年今頃から咲きだし、長い間咲いている。
20220116_103435_copy_2268x3024

👇は、大輪の松葉ぼたんである。
20220116_103503_copy_2268x3024



👇は、ピンクの八重のベコニアである。小さくて可愛らしい花である。
20220116_103517_copy_2268x3024





➡前回の記事へ 

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1




👇は、我が家の花壇のメインひな壇である。
ひっそりとしていて花は見えない。
春をじっくりと待っているようである。
20220116_102845_copy_3024x2268


近づいてみると寒さの中でもひっそりと咲いている花もある。
👇は、寒さに強いパンジーの花である。
20220116_102901_copy_2268x3024

西洋サクラソウも、ちらりほらりと花芽をつけているものも見られる。
花が終わってから、種を同じプランターに落とさせて、芽が出たものを秋から育てた。
もう何年も種を繫いでいる。
20220116_102939_copy_2268x3024



👇は、椿である。
挿し木苗であるが、小さいながらも毎年たくさんの大きな花を咲かせて、楽しませてくれる。
20220116_102959_copy_2268x3024

👇は、秋から冬にかけてたくさんの花をつけて楽しませてくれた小菊である。切り取った株の根元から新芽を出した鉢もある。
20220116_103027_copy_2268x3024

👇は、メダカの入ったプラ舟である。赤いのは2年前に生まれたオランダ獅子頭である。何匹かメダカの大きさで放して置いたが、1匹だけ生き残って大きくなっている。
20220116_103043_copy_2268x3024

パンジーの下には、オキザリスの花がたくさん咲いている。オキザリスは、霜よけをしてやると冬の間でも葉が枯れる事は無い。
20220116_103104_copy_2268x3024


👇も、オキザリスである。冬の花の無い時に、たくさんの花を咲かせて、にぎやかにしてくれている。
20220116_103115_copy_2268x3024

👇、春先に綺麗な花をたくさん咲かせてくれる。毎日の防寒対策が結構大変な作業のようである。
20220116_103136_copy_2268x3024



👇に、1花だけ濃いピンク色の花が見えている。
20220116_103146_copy_2268x3024


👇の不織布は、毎日夕方になると、防寒のためにオキザリスの葉の上に掛け、朝になったら太陽の光を浴びせるために撮っている。
20220116_103155_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1


7時過ぎになって、日が射してきた我が家の花壇。すっかり雪化粧となっていた。
20220107_072005_copy_3024x2268

メインの正面のひな壇も雪に埋もれている。
昨日の夜に、積もった雪を払って置いたらしく、さほどの量になっていない。
20220107_072017_copy_3024x2268


👇は、正面右側のひな壇である。こちらも同じように昨晩のうちに、積もった雪を払って置いたという。
20220107_072026_copy_2268x3024


👇は、正面左側のメダカ池とモッコウバラである。こちらは雪がこんもりと積もっている。
20220107_072041_copy_2268x3024


👇は、ブロック塀に積もった雪である。10㎝以上は積もったようだ。
20220107_072114_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 

↑このページのトップヘ