のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:妻の部屋 > 妻の絵手紙

今年はコロナ渦で、みんなで集まっての展示会が出来なかった。
それで、塾の教室展示用に、大きな画仙紙に絵手紙を描いた。
裏打ちしたり、額縁を作って見たり、木の枝を利用して掛け軸のような感じに飾った。

絵の工夫点は、いつもの筆を作っていないことだ。
小枝をそのまま使ったり、布を撒きつけたりして、文字や絵を描いてみた。


IMG_20201217_104956


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

最初、我が家にきた時に、幅広の葉を見て、君子蘭のダルマかと思った。

そして花が初めて咲いたときに、想像していたものとは、全く違った。
3


『マユハケオモトは、南アフリカ原産のヒガンバナ科ハエマンサス属の宿根草。秋から晩秋に咲く花が眉刷毛を連想するところから、また、葉がオモトに似ているところからこの名前がついた。』
マユハケオモト
20201111_180801



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

ここ3年間は、毎年大きな富士柿を和歌山県から購入して、吊るし柿を作ってきた。
毎年大変な苦労をしながら、作っていた。しかしながら、どうしても一週間ぐらいで、カビが入りそうになってしまった。その段階で、強制的に野菜乾燥機で水分をある程度飛ばして、冷凍保存することになってしまった。
もちろん、作業は私がやったわけではなく、すべて妻がやっていた。
今年から、吊るし柿作りは止めてしまった。

絵手紙の題材は、次郎柿である。富有柿の兄弟のような大きくて甘い柿である。

1603954962798


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

我が家には、3種類のシュウメイギクがある。
一つは、赤紫の花。そして二つ目は紫色の八重咲である。
そして、三つめが今回の白のシュウメイギクである。

こちらのシュウメイギクは、家庭菜園の仲間の畑にたくさん咲いていた所から、分けて頂いたものである。多年草の花は、毎年同じ時期に花を咲かせてくれる。
1603954947073

『シュウメイギクとは、キンポウゲ科の植物の一種。別名、キブネギク。名前にキクが付くが、キクの仲間ではなくアネモネの仲間である。』出展 Wikipedia


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

ずいぶん前になるが、妻の懇意にしていた方に千葉の茹で落花生を頂いた。既に茹でてあったものを頂いたわけで、私も初めてその時に食べて美味しかった記憶があった。

それからしばらくぶりで、この落花生に出会った。初めてオオマサリという品種であることが分かった。前に御馳走になった茹で落花生も同じ物だったようである。
1603954941924

『おおまさりとは、落花生の一種。日本国内で栽培されている落花生の中で極大粒実である。

甘みがつよく実がやわらかいので、ゆで豆に最適である。 当初、食用として千葉県で流通していたが、評判が良く現在では全国で流通している。しかし、収穫したての生落花生は、地元の農家以外はなかなか食べることができない逸品である。 おおまさりの名前の由来は、「大きさや味が勝る」といったところから。』出典ウィキペディア



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

 

↑このページのトップヘ