のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:妻の部屋 > 家の花壇

朝夕の気温は、冬のような感じとなった。
我が家の花壇もすっかり冬景色となっている。
20201117_065516_copy_3024x2268

正面雛段は、小菊とネリネのピンクが一際目立っている。
20201116_071808_copy_2268x1701


正面左の雛段
20201117_065445_copy_3024x4032

ネリネの拡大画像である。実家に帰ったときに姉の家に立ち寄った。その庭に咲いていたものを妻が懇願して、頂いてきたものだ。ネリネは他にも2品種あるが、この花はとても派手な色合いである。通りがかりの人も、惹きつけられている感じだ。
20201116_071826_copy_2268x3024

真っ白な小菊である。だんだんと大きくなって一塊になる。
20201116_071830_copy_2268x3024


今年初めて、挿し木した木から咲き分けの花が突然変異して現れた。
20201116_071846_copy_2268x3024

白い花だけの小菊から白と黄色の咲き分けの花が咲いた。継続するのだろうか。
20201116_071855_copy_2268x3024

小菊が綺麗に咲き誇っている。黄緑の花と薄いピンクともう1種類ある。
20201116_071905_copy_2268x3024

緑の蕾から黄緑の色となってくる。
20201116_071916_copy_2268x3024

蕾の内は濃いめのピンクだが咲き始めると薄いピンクに変わる。
20201116_071923_copy_2268x3024

そして、もう1品種のエンジ色の小菊である。今年は何本かしか無かった。
黄緑色の小菊が多いので、移し替えたときに間違えたのかもしれない。
20201116_071929_copy_2268x3024


20201116_071945_copy_2268x3024

綿の実である。
20201116_072013_copy_2268x3024

熟の教室の入り口近くに鉢植えしてある。
20201116_072020_copy_2268x3024

霜よけに、不織布を掛けてある。

20201116_071559_copy_2268x3024

霜よけに掛けて置いたのは、寒さに弱いオキザリスである。
花が咲き遅れてしまって、越冬させるためには霜に当ててはいけないようだ。
20201116_071617_copy_2268x3024


夕方に、不織布を掛けて朝になったら取り外す。
何かないかと頼まれたので、畑で使い古したものでも良いというので、寄付した。
20201116_071720_copy_2268x3024





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

我が家の花壇も冬支度を始めている。
20201106_055750_copy_2268x1701

正面右の雛段だけが、まだ色彩を豊かに保っている。
20201106_055759_copy_2268x1701

小菊が咲き始めた。実家の義姉から頂いた物である。どんどん丸くなって 隣通しが塊になって咲く小菊である。
20201106_055821_copy_2268x3024


20201106_055809_copy_2268x1701

グリーンが少なかったので、たくさん挿し木したようで、今度ばグリーンばかりになった。
20201106_055831_copy_2268x3024

蕾は濃いピンクであるが、開き始めると白とピンクに咲いてくる。
20201106_055838_copy_2268x3024

何年も種がこぼれて、子孫を残している。
20201106_055848_copy_2268x3024


千日紅もまだ咲いている。
20201106_055913_copy_2268x3024

タイの唐辛子のプリッキーヌが色づき始めている。
20201106_055931_copy_2268x3024

紫唐辛子は、そろそろ終わりに近づいている。
20201106_055939_copy_2268x3024

隣の塾の教室の横に鉢植えになっている綿の木である。綿が出来ている。
20201106_060018_copy_2268x3024

ハーブのチェリーセージ・ホットリップである。
20201106_060041_copy_2268x3024

ホットリップが赤一色に変わったものである。
20201106_060057_copy_2268x3024

毎年キュウリを作っているミニ菜園が、冬の間はコリウスの採種や花壇に変わる。
20201106_060106_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="ce
nter"> <div align="left" >

雨の中 ハイビスカスがたくさん花をつけている。
20201017_093050_copy_2268x3024


真っ赤なハイビスカス
20201017_093057_copy_2268x3024


オレンジのハイビスカス
20201017_093106_copy_2268x3024


黄色のハイビスカス
20201017_093113_copy_2268x3024


コリウスとハイビスカス
20201017_093123_copy_2268x3024


コリウスに花が咲いた。
20201017_093132_copy_2268x3024

赤紫色のコリウス
20201017_093142_copy_2268x3024


複雑な模様のコリウス
20201017_093147_copy_2268x3024

明るい配色のコリウス
20201017_093154_copy_2268x3024

淡い色のコリウス
20201017_093204_copy_2268x3024


20201017_093219_copy_2268x3024



20201017_093212_copy_2268x1701

紫色の千日紅
20201017_093227_copy_2268x3024

トラデスカンチア・シラモンタナ
20201017_093233_copy_2268x3024
『トラデスカンチア・シラモンタナ 別名: ホワイトベルベット、シラユキヒメ(白雪姫) 科・属名: ツユクサ科・トラデスカンチア属/ 原産地: メキシコ/ 学名: Tradescantia sillamontana』

赤い色の千日紅

20201017_093238_copy_2268x3024

ベコニア
20201017_093245_copy_2268x3024

ジニア
20201017_093256_copy_2268x3024

ジニア
20201017_093259_copy_2268x3024

ジニア
20201017_093305_copy_2268x3024

ジニア
20201017_093311_copy_2268x3024


ユリオプスデージー
20201018_063214_copy_2268x3024


これから咲く小菊
20201017_093325_copy_2268x3024

蕾が膨らんできた。
20201017_093330_copy_2268x3024

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >



塾の駐車場に使わせて貰っている空地に、綺麗な花が咲いている。
20201012_091509_copy_2268x3024

真っ白な花だ。
20201012_091521_copy_2268x3024

次の日には、萎んでピンクになる。
この咲き方は、アオイ科の綿の花に似ている。
20201012_091528_copy_2268x3024

綿の花     白→ピンク
20201014_082532_copy_2268x1701


葉を見ても、綿やタチアオイの葉に似ている。
低木のようだが葉の形が、ムクゲとは違う。
20201012_091542_copy_2268x3024

受粉して種になっている感じはしない。実ではなく蕾のようだ。
20201012_091547_copy_2268x3024

下は、今朝の画像である。蕾だったものが開花したようだ。
20201013_071750_copy_2268x3024


白く開花していたものが、萎れてピンクになった。
20201013_071800_copy_2268x3024



調べて見たら『スイフヨウ』の花であることが分かった。

スイフヨウの花
20201015_070348_copy_2268x3024


『スイフヨウは、寒冷地では落葉する高さ2~5mほどの常緑低木。
よく枝分かれしてまるい樹形となる。
葉は互生する単葉で長さ10~15cm、5~7裂する掌状葉。
葉の縁にはわずかに鋸歯があり、密に毛がはえる。
花は葉腋に単生し、朝は白色で、午後はピンク、夕方には紅色に変化する。
八重咲きや一重咲のものもある。花柄は3~8cmです。
花は、朝開いて夕方にはしぼむ1日花。
20201015_070352_copy_2268x3024


ひとつ疑問が残る。
それは、去年までは無かったので、どうして今年はここに咲いているのか?という事である。
スイフヨウは、八重咲きなので、受粉は出来ない。
という事は、鳥が種を運んで来たのでは無い。

それでは、誰がここに植えたのか?である。
この空き地は、ずっと私が年に2回ほど仮払い機で、除草している場所である。



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

暑かった夏が過ぎ去り、朝夕に肌寒さを感じる秋が到来した。
花物が少なくなり、コリウスを中心とした葉物が綺麗な季節となった。

20201004_105243_copy_2268x1701


通りに面した右側の雛段である。
20201004_105253_copy_2268x3024

正面は、4種類のコリウスが綺麗な葉模様を展開している。

20201004_105305_copy_2268x1701



ジニアが袖下で華やかさを披露している。
20201004_105322_copy_2268x3024



松葉牡丹とジニアの競演

20201004_105327_copy_2268x3024


赤の千日紅
20201004_105341_copy_2268x3024

紫色の千日紅
20201004_105335_copy_2268x3024

ベコニア
20201004_105350_copy_2268x3024

オレンジと赤と黄色のハイビスカス
20201004_105401_copy_2268x3024

シュウメイギク

20201004_105412_copy_2268x3024

ペチニア
20201004_105422_copy_2268x3024

キキョウ
20201004_105434_copy_2268x3024

サフラン
20201004_105526_copy_2268x3024


そして、赤く色づいた紫唐辛子
20201004_105608_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

↑このページのトップヘ