のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 葉菜類の栽培 > ほうれん草

ほうれん草は、来春の収穫までずらし栽培をしている。
今年最後の露地栽培の種を蒔いた物が、発芽した。
20201111_081301_copy_2268x3024


まだ全部は発芽していないが、あと1日2日で出揃うだろう。
20201111_081256_copy_2268x3024


下の画像は、第2弾のほうれん草である。第1弾は現在収穫して食べているが、食べ終わる頃には、ここの第2弾が収穫できるかもしれない。
20201111_081400_copy_2268x3024


👇の画像は、現在収穫している第1弾のほうれん草である。
隣の杉林の近くに作付けしたため、樫の実の落下で若干育ちに影響を受けた。
防虫ネットで、落下してくるドングリを防御している。
20201111_081338_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >



今年の第1弾のほうれん草である。
植えた場所が少し悪かった。隣の杉林との境に大きな樫の木がある。
その樫の木の上の枝が畑に覆いかぶさっている。そのため今の時期になると樫の実が畑に落ちる。
下のほうれん草の畝の一部が樫の実の被害にあっている。
20201021_075323_copy_2268x3024


そこで、樫の実の落下からほうれん草を守るために、ネットを張った。
20201021_075329_copy_2268x3024




下は、第2弾のほうれん草が、発芽している画像である。
20201021_075352_copy_2268x3024


ほうれん草は、春まで収穫できるように少しずつ何回かに分けて作付けしている。
毎年、第4弾ぐらいまで作っている。
20201021_075345_copy_2268x3024






本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >




ほうれん草は、セルトレイ蒔きをしていなかったので、7穴マルチに直接播種した。
ほうれん草は、多少込み合っていても大きく育つので、厚めに蒔いても間引きしないでそのまま育てて、ある程度大きくなったら、大きなものから収穫して食べていく。

1畝全部に蒔くのでなく、この畝にはレタスなどの葉物野菜を少しずつセル蒔き苗を移植していく予定である。畝作りが間に合わなかったので、セルトレイに取り敢えず苗作りして置いた。ほうれん草も同じように苗にして移植することもある。

20200912_160102_copy_2268x3024


株間は15㎝あるので、10粒ぐらい厚めに蒔いた。全部が発芽するわけではないので、やや多めに蒔いた。
20200912_160110_copy_2268x3024


もみ殻燻炭を種の上に撒いて、土は被せなかった。
もみ殻燻炭は、通気性と保水性が抜群なので、小さな種蒔きの時は、使っている。


20200912_160225_copy_2268x3024


全体にもみ殻燻炭を撒いていく。
20200912_160229_copy_2268x3024





全体的に撒き終わったら、足で踏みつけて種をしっかり土になじませる。
雨の降った後なので、土は湿っているので水は掛けない。
20200912_160717_copy_2268x3024


燻炭は、ややアルカリなのでほうれん草には良いかもしれない。
昨年にセルトレイに種を蒔くときに、もみ殻燻炭と土を混ぜた培養土で発芽実験をしたことがある。
の時は、押しが甘かったので殻付きのまま発芽していた。

種を蒔いた後に、圧を掛けて地面にしっかり押し付けると、殻は土の中に残して発芽してくるそうだ。
そのため、今回は種に燻炭を覆土した後、足でしっかり踏みつけて、種を土に押し付けたわけである。
20200913_081712_copy_2268x3024

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


20200421_083041_copy_2268x3024


20200421_085346_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1


 

ほうれん草が、ここに来て成長スピード早めている。
露地栽培のものに、追いついてしまったようだ。
このままでは、食べきれないでトウ立ちしてしまいそうだ。

20200223_093626-2268x3024

かなり大きくなっている。
20200223_093635-3024x2268

下の画像は、サラダ野菜である。こちらもどんどん大きくなっている。
20200223_093657-3024x2268

下の画像は、玉レタスなのでこのまま置いておけば、結球するのだろうか。レタスは高温感応するので、20℃以上の高温によって花芽分化する性質があるようだ。
20200223_093646-3024x2268

温床を使って幼苗を育て、トンネル栽培してここまで育てたが、生長が早すぎて消費が、間に合わない。これは、計算外であった。




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1


 

↑このページのトップヘ