のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 家庭菜園 葉菜類の栽培

またもや、先日の88歳の大先輩が薪用の丸太を運んできてくれた。
20230131_142907_copy_2016x1512


1本の大きな椎の木を倒したという事で、今回が3回目の搬入なので、細い枝となっている。
20230201_151604_copy_1512x2016


乾かせば、つけ木になるだろうと、細かくカットして運んできてくれた。
お返しは、巨大な白菜とセレベスを5.6個お裾分けした。
20230201_151625_copy_1512x2016



👇は、友人の畑の玉ねぎ畝である。中晩生玉葱である。
私の畑の玉ねぎとジャンボニンニクを殺菌消毒したので、ついでに友人の分も消毒した。

20230201_103542_copy_1512x2016


👇は、赤玉ねぎの畝である。
20230201_103552_copy_1512x2016



👇は、私のところのジャンボニンニクの畝である。寒風が原因か、葉先の黄枯れが目立っていたので、切り取った後に、殺菌消毒を施した。
玉ねぎとニンニクは、月に2回ぐらいのペースでZボルドーで、消毒をしている。
20230201_103741_copy_1512x2016

20230201_103751_copy_1512x2016

👇は、中晩生種のノンクーラー、泉州黄玉葱、ネオアースである。
20230201_103807_copy_1512x2016




👇は、ビニトン栽培中の超極早生の春一番である。
こちらは、ベトビョウに掛ったが、アミスター20、ダコニール、ダントツ粒剤を1回ずつ3回に分けて殺菌消毒した。
その甲斐あって、ベトビョウは止まった。
しかしながら篠原早生玉ねぎは、極寒日の続いた先日、新芽が凍って溶けてしまっていた。
20230201_104019_copy_1512x2016




👇は、ミニハウス内で種採り用に育てている、篠原早生玉ねぎである。
こちらは、ビニトンほど昼夜の温度差が無く、健康的に育っている。
篠原早生玉ねぎは、暖地での栽培に適しているためか、ビニトン栽培での昼夜の寒暖差は、生育に良くないのではないかと思った。
こちらで篠原早生玉ねぎを育てるには、早く種を蒔いて苗を作り、露地栽培で年内収穫を狙うか、あるいはビニールハウスで育てて2,3月の収穫を狙うかが良いのでないかと思った。
20230201_104047_copy_1512x2016
 

本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村      

👇は、日曜日に茨城県にあるスーパータイヨー 竜ヶ崎店に行って、紅はるかを購入してきた。
千葉県では、紅あずまやシルクスウィートを好む人が多いのか、私の家の近くでは、あまり置いていない。2本で200円ぐらいなので、かなり安い。
面白いことに、千葉県産であった。
10セット20本を購入した。

20230130_100118_copy_1512x2016


今年は、自家産のサツマイモが出来たので、つい最近まで食べていた。
ついに底をついたので、購入することにした。サツマイモは、昼食用である。
今日は一日かけて、👇の薪ストーブを利用して焼き芋作りを行った。
20230130_100103_copy_1512x2016


深型フライパンの底に玉石を並べて、石焼き芋にする。
時間を掛けてゆっくりと焼き上げる。
20230130_100111_copy_1512x2016


👇は、第1弾が焼きあがったものである。1回に5本から6本ぐらいしか焼けないので、4回ぐらい焼いた。
約1時間ぐらいかかるので、午前中だけでは、焼きあがらなかった。
20230130_100059_copy_1512x2016



👇は、雨除けハウスの中で育てているホワイト6片である。
今年の寒波は例年になく厳しいものである。
しかしながら雨除けハウスでの栽培のため、寒さによる傷みは見られない。
また、自家産種が失敗して、11月16日と遅く植えたこともあり、葉が綺麗に育っている。
20230130_104200_copy_1512x2016


 20230130_104214_copy_1512x2016


👇は、拡大画像であるが、葉先もまったく黄枯れが無く、他の傷みも無い。
3gatuhaname2



👇は、イチゴの畝である。2品種を5株ずつ植えてある。
20230130_104431_copy_1512x2016


👇は、章姫である。
朝見ると霜がたくさん降りている。
凍り付くような寒さであるが、イチゴは寒さにはかなり強いようである。
20230130_104439_copy_1512x2016


👇は、さちのかである。
20230130_104454_copy_1512x2016


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村      


👇は、第2菜園の中晩生の玉ねぎである。
ンクーラー160本、泉州黄玉葱130本、ネオアース100本を植えた全体画像である。
20230126_104840_copy_1512x2016


👇は、中晩生のノンクーラーである。
初めて自家採種した種を蒔いて、苗作りをしたものである。
半信半疑での自家採種だったので、採れた種が少なかったので、未熟種も混じっていて、発芽率も悪かった。
20230126_104849_copy_1512x2016


👇は、ダイソーの中晩生の泉州黄玉葱である。
ノンクーラーの種が少なかったので、2㎖分の種を蒔いて苗を作った。
結構良い感じで、苗は出来た。
20230126_104919_copy_1512x2016


マルチが余ったので、ネオアースの苗を100本購入して植えた。
苗は、とても細い苗だった。
追肥もやって、何とか普通に育ってきている。
20230126_104943_copy_1512x2016


👇は、第1菜園の超極早生の篠原早生白玉ねぎと春一番の畝である。
20230126_105158_copy_1512x2016


👇は、トンネル内の篠原早生白玉ねぎの画像である。暮れにべと病に罹ってしまった。
殺菌剤で何とか全滅は免れた。
外葉は、すべて枯れたが新葉が伸びて来て、何とか生き残っている。
20230126_105211_copy_1512x2016


べと病に罹ってから、1か月以上経っている。
一度生長が止まってしまったが、また少しずつ玉の肥大が始まってきている。
20230126_105301_copy_1512x2016




健康な葉が4,5枚育ってきている。
20230126_105602_copy_1512x2016

👇は、拡大した画像であるが、玉の形が整ってきている。
20230126_105413_copy_1512x2016


👇は、超極早生の春一番である。こちらもべと病には罹ったが、症状は軽かったので葉の傷みも少なかった。
生育は、例年並みに育っている感じである。
20230126_105710_copy_1512x2016



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村      


👇は、第2菜園の雨除けハウスで育てているジャンボニンニクである。
寒さなのか、葉先が黄色く枯れている。
Zボルドーで、2回ぐらい殺菌消毒はしてある。

 20230125_152115_copy_1512x2016



👇は、ジャンボニンニクのムカゴの第2弾の幼苗を植え付けたものである。
第2弾の植え付け日は、
1月3日である。約50株位植えてある。
20230125_152141_copy_1512x2016


👇は、ジャンボニンニクの発芽した第1弾のムカゴ苗を植えた物である。
20230125_152217_copy_2016x1512



第1弾の幼苗は、50株位植え付けてある。
植え付け日は、12月1日である。
20230125_152206_copy_2016x1512



👇は、第3弾のジャンボニンニクのムカゴの芽出しと、育苗を温床で行っている画像である。
20230125_152354_copy_2016x1512

👇は、ようやく芽が出た物もある。
9月30日にムカゴを植え付けてから、本日で118日である。実に4か月近くかかっている。
こちらは暖かくなる3月頃まで、育苗する予定である。
20230125_152414_copy_2016x1512


👇は、ジャンボニンニクの芽出し前の、9月30日の画像である。
画像で、上半分が白くなっているのは、堅い殻と薄皮を剥いたムカゴである。
下半分の3個ずつ入っているのは、堅い殻だけ割って、薄皮は残した。
IMG_20221111_162547 

ジャンボニンニクのムカゴは、堅い殻を割って、薄皮を綺麗にはがしてから植え付けると、1か月ぐらいから発芽する感じである。
かなりの高い確率で発芽するので、量産するためには、薄皮まで綺麗に剥いて植え付ける必要があるようだ。





本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村      

👇は、簡易雨除けの中で防寒対策をして育てている子持ち高菜である。
冬場は、ほとんど日が射さない場所に作ってしまったので、途中から生長が遅れてしまっている。
20230124_102257_copy_1512x2016



👇は内部の画像である。
かろうじて寒さには耐えているが、一向に子が育ってないようである。
このまま、寒波が続くようであれば、寒さで枯れてしまうかもしれない。
20230124_102248_copy_1512x2016


👇は、昨年自家採種した飛鳥あかね蕪である。
アブラナ科の花が咲いて居ない場所で、採種を試みたがどうやら交雑してしまった感じである。
3種類の違った特徴が出てしまっている。葉が紫色の物と緑色の物、葉は緑だが茎が紫色の物の3種類である。
20230124_102313_copy_1512x2016

蕪の色も3種類が発現している。白と紫と白のツートンカラー、紫色の3種類である。
もともと在来種であるので、多少の変異はあるだろうが、今回はその違いが大きすぎるようである。我が家に来てから2度ほど自家採種している。
前回の種は、濃い紫と薄い紫色で変異の範囲だと思っていた。
3gatuhaname



👇は、HAL_K菜花である。既に2回ほど収穫して食べている。
菜花特有の苦みが無く、甘くて美味しい菜花である。
今年は、こちらを自家採種をする予定である。
トウ立ちの仕方は、のらぼう菜と全く同じである。
20230124_102158_copy_1512x2016


👇は、我が家ののらぼう菜である。
2年前に、アブラナ科と一緒に作ったときに、自家採種したので葉の丸いものと長い物が発現している。
20230124_102203_copy_1512x2016



👇は、畑の隅に野良ののらぼう菜を1株だけ残して作ってある。
こちらは、自然の状態でトウ立ちさせる予定である。
3gatuhaname2



👇が、我が家の野良ののらぼう菜である。
この品種は、野良で育てようと思っている。
20230124_102220_copy_1512x2016



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村      

↑このページのトップヘ