のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 家庭菜園 葉菜類の栽培

👇は、9月16日に播種した自家採種のノンクーラーである。
発芽テストで、50%以下の発芽率だったので、厚蒔きをした。
そのためか、何とか普通に発芽したようだ。まだ、殻は土中にあるようでお辞儀している。
20220925_153857_copy_2268x3024


ノンクーラーは、7条に分けて播種してある。
👇画像左側の2条は、殻付きの未熟種も植えたので、発芽率は極端に悪くなっている。
20220925_153913_copy_3024x2268


👇は、中生種の泉州黄玉葱である。
ダイソーの種で2㎖しか入っていないので、3条に蒔いた。
さすがに、発芽率はよさそうである。

20220925_153930_copy_2268x3024


👇は、まる八さんが自家採種した篠原早生白玉葱である。
育っている苗の数を、ざっと数えたら140本ぐらいであった。
今年は、しっかり育てて自家採種することが一番の狙いである。
20220925_153955_copy_3024x2268


👇は、超極早生の春一番である。
こちらは、固定種ではないが今年は、自家採種しようと10株ほどミニハウスの中で育成している。
20220925_154011_copy_3024x2268


👇は、下仁田ネギである。
いつもは、温床で12月頃にポット蒔きして、低温感応を避けて一気に育てているが、今年はじっくり露地栽培をすることにした。
20220925_153405_copy_3024x2268


👇は、レタスサラダミックス、ガーデンレタスミックス、サラダ菜、レタスである。
20220925_153418_copy_3024x2268


👇は、ハーフムーンレタスとサニーレタスである。
20220925_153423_copy_2268x3024



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村

👇は、第2畑のニンニク畝である。
この畝には、ホワイト6片とジャンボニンニクを植え付ける予定である。
20220923_103240_copy_2268x3024


➡参考元 ニンニクの芽出し方法
『トレーの中に土を敷いて、芽出しをすることも可能です。

トレーの中に土を3cmほど薄く敷き、種ニンニクを入れて軽く土をかけておきます。
2~3日ほどで芽が生えてきて、種が伸び上がってきますので、芽の部分を上にして畑やプランターに植え付けましょう。』

毎年、ニンニクを植えつけた後に、芽が出るまでは気が気でない。自家産の種を使っているせいもあって、ニンニクに傷がついていたりすると芽が出ないで、土の中で腐ってしまう。また、気温が高くて土中温度が高くても、発芽に影響を与えるようだ。そこで今年は、ニンニクの皮を剥いて、点検をした後、芽を出させてから植え付けることにした。
👇は、セルトレーに土を引いてニンニクを乗せた画像である。
昨年、ニンニクスプラウトを作ったときは、セルトレーを水に浮かべて水耕栽培したら、簡単に芽と根が出た。
土は少ないが、水をたっぷりかけ涼しい所に置けば、芽と根がが出るだろう。

01

ニンニクを入れた後に、乾燥防止にもみ殻燻炭を掛けた。
20220923_112827_copy_2268x3024


秘密基地の隣にある、涼しい杉林の中に並べた。
20220923_141228_copy_2268x3024

👇の画像で、手前から3セルトレー分は、ジャンボニンニクである。
3番目のセルトレーには、ジャンボのムカゴを剥いて植え付けてある。
小さいものは2,3個ずつ植え付けてある。
ホワイト6片は、奥から1枚と半分の120個分である。
20220923_141239_copy_2268x3024


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村

👇は、キャベツの苗である。
幼苗の時に虫に食われてしまったので、殺虫消毒して止めた。
葉も大きくなり何とか育っている。
キャベツは、10個ぐらいずつ2回に分けて作っている。
20220922_153947_copy_3024x2268

苗を植えた時は、同じ大きさだったが、肥料の効き具合なのか差が出来た。
👇の画像は一番大きく育ったもので、結球に向かっているようだ。
20220922_153956_copy_2268x3024


👇は、ブロッコリーである。
こちらも、10株位ずつ2回に分けて作ってある。
20220922_154031_copy_3024x2268


👇は、茎ブロッコリーである。
こちらは、少し多めにしてある。
20220922_154102_copy_3024x2268


👇は、第2弾のキャベツである。
キャベツは、年内にある程度結球させておかないと、極寒期の寒さで生長がストップしてしまう。
極寒期に慌ててトンネル栽培にしても、夜の冷え込みで凍みて腐ってしまうことがある。
20220922_154013_copy_2268x3024


こちらは、幼苗の時から1,2度消毒したので、虫に食われていない。
20220922_154017_copy_2268x3024


👇は、ブロッコリーの第2弾である。
20220922_154143_copy_2268x3024


👇は、茎ブロッコリーである。
茎ブロッコリーは、花蕾野菜と同じに春の葉物野菜の端境期に重宝する。
20220922_154152_copy_2268x3024


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村

台風が来る前に、植え付けた白菜の苗である。
品種は、60日白菜、70日白菜、90日白菜(雪風)である。
011

👇は、台風が去った後の白菜畝の画像である。
20220920_150154_copy_2268x3024


👇は、続きを植え付けようと思った畝である。
雨が断続的に降っていたので、植え付ける隙は無かった。
20220920_150210_copy_2268x3024


👇は、2年連続で結球させられなかった、120日白菜の晩輝の苗である。
今年は、早生も超晩生種も一緒に種を蒔いて、苗作りをした。
20220920_150042_copy_2268x3024


👇は、大根の畝である。3品種播種してある。青首大根(一畝)と煮大根用の関白SP大根(半畝)は大きく育っている。
第1回目の間引きは、すでに済んでいる。次の間引きのために、1,2本立ちにしてある。
先日(9月16日)
残りの半畝分に、冬大根の冬みねを播種していたのが、綺麗に発芽していた。
20220920_150241_copy_2268x3024


こちらの大根も、間引き菜を食べるために3,4粒ずつ蒔いて置いた。
20220920_150252_copy_2268x3024


👇は、超超極早生と超極早生玉ねぎの幼苗の生長画像である。
20220920_150426_copy_2268x3024


👇は、超超極早生の「篠原早生白玉葱」の追加蒔きした苗の一部である。
ブロ友さんが自家採種した種を蒔いたが、初めての自家採種だったので種の成熟状態が思わしくなかったためか、発芽率が良くなかった。そのため、予備に残して置いた種を追加蒔きした。
20220920_150438_copy_3024x2268

👇も同様である。第一回目の播種した畝で、芽が出てないところに追加蒔きした。
20220920_150449_copy_3024x2268


👇の2条も、同じく追加蒔きした画像である。一回目よりも倍の量を厚蒔きした。
1,2回合わせて800粒ぐらい種を蒔いたので、100本ぐらいの苗が採れそうである。
20220920_150500_copy_2268x3024


👇は、超極早生の春一番である。こちらは、昨年と同じぐらいの発芽である。昨年は、後半に害虫に汁を吸われた感じで、先のほうがヨレヨレになったので、今年は定期的に殺虫消毒をしている。
20220920_150512_copy_3024x2268



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村

中晩生種の「ノンクーラー」と中生種の「泉州黄玉葱」の種を蒔いた。
どちらも固定種である。
ノンクーラーは、初めての自家採種種である。
今年は、余り種を採れなかったので、発芽率が40%ぐらいなので、たくさんの苗は期待できないかもしれない。
20220916_111550_copy_3024x2268


泉州黄玉葱を、2条に種を蒔いた。
ダイソーの種なので200粒ぐらいなので、100粒ずつ蒔いた。
20220916_111609_copy_2268x3024


👇は、自家採種のノンクーラーである。約800粒を播種した。テスト発芽率は、40%ぐらいだったので300本ぐらいの苗が出来れば、合格である。
20220916_111627_copy_3024x2268


👇は、第3弾のニンジンの発芽状態の画像である。
1,2弾のニンジンは、
碧南鮮紅五寸人参の種を蒔いたが、発芽率が悪かったので、今回は、ダイソーの5寸人参の種を蒔いた。
20220916_112701_copy_2268x3024


今回は、たくさん出ていると所と、全く出ていないところがある。
👇は、たくさん発芽している場所の画像である。
20220916_112711_copy_2268x3024


種も多めに蒔いたので、発芽している所は10本ぐらい出ている。
最終的には、1本か2本残しに間引きするので、10本は多すぎる。
20220916_112721_copy_2268x3024


👇は、マルチの中央付近の穴であるが、ほとんど発芽していない場所の画像である。
土が全体的に乾いていたので、水やりをしたら発芽していない穴の土は、水を弾いてしまった。つまり完全に乾燥して切っていた感じだった。
発芽が悪かったのは、マルチをしたことで、中央付近は乾燥が激しかったために、発芽できなかったのではないかと思った。
20220916_112733_copy_2268x3024


👇は、2度蒔きした碧南鮮紅五寸人参の場所である。
マルチ穴の3分の1ぐらいが発芽している感じである。
20220916_112811_copy_2268x3024


こちらも、種を蒔いた後に乾燥してしまって、発芽しなかったところがたくさん出たのだと思った。
昨年は、今年と同じ方法で播種したが、一発で全体に発芽が揃った。
ただ、畑がここでは無く第2畑だったので、畑の土の状態が違っていたのかもしれない。
こちらの第1菜園は、日当たりが良くて水捌けも良い。
そのため好天が続くと乾燥気味の畑となってしまうようだ。
20220916_112821_copy_2268x3024


ちょっとまばらではあるが、何とか食べる分は育ちそうである。
固定種のようなので、自家採種をしてみようと思っている。
20220916_112816_copy_2268x3024



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村

↑このページのトップヘ