のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 家庭菜園 葉菜類の栽培

先日、超極早生玉ねぎを播種した。
今回は、早生玉ねぎの『ソニック』を播種した。
20200915_072935_copy_2268x3024

ソニックの植え時期は、9月中旬以降である。
今日は15日なので、丁度良い時期である。
20200915_072943_copy_2268x3024


先日播種した超極早生の続きに、種を蒔いた。
条間は、9㎝幅である。
20200915_073720_copy_2268x1701

前回は、やや蒔き方が薄かった様なので、今回は少し厚蒔きした。蒔いたあと、籾殻燻炭で覆土した。
20200915_074514_copy_2268x1701

前回は、足でそのまま踏み締めたが、今回は板を使ってその上から踏み付けた。
20200915_074632_copy_2268x1701



板を使って踏み締めたほうが、均一に沈んで良い感じに仕上がった。

今度の日曜日頃に、残りの畝に中晩成種を播種する予定である。
20200915_074937_copy_2268x1701


下は、先日播種した超極早生玉ねぎの、発芽した画像である。
20200915_075504_copy_2268x1701

やや薄めに播種したので、まだ出てない所も見られる。念のため、1条分、本日播種して置いた。

画像では、みんな折れ曲がって発芽しているが、果たして殻を土中に残して先っぽを持ち上げるだろうか。土は、まだしっかり締まっている様だ。
20200915_075540_copy_2268x1701





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

ツルムラサキを収穫して、初めて食べた。
想像していた味とは全く違った。
苦味や青くさい味がするかと思っていた。

しかし、実際に食べてみるとほうれん草のような柔らかさと茎の粘りけがとても新鮮味があって、美味しかった。

レシピは、簡単なものを選んだ。
20200913_180523_copy_2268x3024

☆簡単ツルムラサキの昆布つゆ浸しのレシピ
①沸騰した所に塩を少々入れ、2分間ゆでる。
②茹で上がったら、水でゆすぎ絞った後、好みの大きさに切る。
③タッパに、昆布つゆを3倍に薄め、練りワサビを好みで入れる。
④切ったツルムラサキを、昆布つゆに浸す。
⑤そのまま食べても美味しいが、一晩冷蔵庫で冷やして食べると味が染み込んでより美味しい。

下の画像は収穫後のものである。
IMG_20200914_141308
2条に種を蒔いて育てたツルムラサキを、根元から切り取って収穫した。

緑色一色のツルムラサキは、少ないので残してある。

もう少し大きくしてから、根元では無く脇芽を残して切り取ったほうが、次の収穫が早かったかも知れない。


IMG_20200914_140619
上の借物画像のように、大量に切り取った。

20200828_074022_copy_2268x3024_1
こちらは、2週間ぐらい前の画像である。



今現在、下の借物画像のように緑色―色のツルムラサキを育て、ほうれん草を収穫する感じに作付けしたい。

なので、緑色―色の物を選別して、種をたくさん採ろうと思っている。
IMG_20200915_114138




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

今年は、坊主知らずを梅雨前に、植え替えしてしまった。
今年の梅雨は長雨で1か月以上も太陽の光が射さなかった。
根が伸びないうちに軟腐病にやられて半分以上が、溶けてしまった。
8月に入り梅雨が明け、今度は毎日がカンカン照りの日が続いた。
生き残った坊主知らずの苗をかき集め、1畝にまとめた。
植え替えてから乾燥が続き、軟腐病はどこかえ消え去った。

根も伸び始め、生き延びた感じであった。
そこで、1㎡あたり1掴みの硫安を撒いた。
全く肥料を与えていなかったので、補助的な意味で即効性のある硫安を撒いた。

20200908_075229_copy_2268x3024



硫安を撒いた後、土を掛けて置いた。
20200908_075346_copy_2268x3024


井原本からの転載
3-1




ついでに、隣の畝のキャベツとレタス類に、ネギ同様1㎡あたり1掴みの硫安を撒いた。
20200908_075223_copy_2268x3024

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

玉葱の苗床と葉物野菜のマルチ栽培の畝を、準備した。
基肥には、鶏糞を1袋軽く蒔いた。馬糞堆肥は、その前に結構な量を撒いて、1,2度耕耘して置いた。画像は、木灰を撒いた後の状態である。この後、耕耘した。


20200906_100854_copy_2268x3024


耕耘した後、画像左側に玉ねぎの苗床を拵えた。
草が出た時には何度か耕耘して、草を生やさないようにしたので、あまり雑草は出ないのではないか。
井原本では、苗床は7月ごろから透明マルチで太陽光熱消毒をして置くと、雑草が生えないと書いてあった。今年は、太陽光熱消毒をやらないでしまった。
20200906_143806_copy_2268x3024


井原本からの転載
3




下は、今朝播種した苗床の画像である。
今朝ガマさんの記事を見て、今が超極早生の蒔き時だと知って、早速種を蒔いた。
 20200908_072721_copy_2268x3024


畝幅は70cmと狭く、苗は100本~150本あれば良いので、10cm幅で4条の筋蒔きとした。1条50本計算である
IMG_20200908_100344

下は種蒔きが終った画像である。
20200908_073250_copy_2268x3024

下は、乾いた土を篩に掛けて覆土し、足でしっかり踏み付けた画像である。
20200908_073650_copy_2268x3024


地面は、土砂降りの雨で十分湿っていたので 、乾いた土を覆土し、不織布で覆ったあと如雨露で気持ち湿らせた。
20200908_074646_copy_2268x3024

品種は超極早生  春いちばん玉葱である。
4月始めから収穫出来る。
20200908_072043_copy_2268x3024


20200908_072049_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

葉物野菜の播種を始めた。
畝がまだできていないので、セルトレイに播種してある程度育ったら、7穴マルチにセル単位で定植していく方法で作付けしていく予定である。
20200905_094304_copy_2268x3024

セルトレイに4,5粒ずつ播種した。
20200905_094402_copy_2268x3024



お気に入りの白菜の雪風が、去年の残りがあることが分かった。
先日、冬峠という中晩成種を播種してある。とりあえず32セル分に播種した。
20200905_094312_copy_2268x3024

下の画像の上の4列が雪風で、下が中葉春菊である。
春菊もセル単位で7穴マルチに、定植する。
20200905_094408_copy_2268x3024


杉林の涼しい所で、育苗しようと思ったらガマさんの予想通り、一昨日の夜に土砂降りの雨に見舞われた。白菜は、発芽していたので大丈夫だった。
20200906_072051_copy_2268x3024

昨晩は、台風10号の影響もあるかと考え、秘密基地の金魚池の上に緊急避難させた。
この場所は、晴れると気温が高くなってしまうので、一時避難である。
20200906_100308_copy_2268x3024

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

↑このページのトップヘ