のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 葉菜類

友人の畑のたまねぎである。
友人の作の特徴は、鶏糞大量一発肥料栽培である。
鶏糞の窒素分は、畑に撒いてから1ヶ月で消滅するそうである。
その後は、カリとリン酸が効き始めるようだ。

20200121_080914-2268x3024


初期の生育が爆発的な感じで、玉ねぎが育っていく。
収穫一ヶ月前は、若干の肥料切れの状態になるようだ。
そのため、低温感応による薹立ちをかわせるようだ。

20200121_080929-3024x2268



にんにくの大量鶏糞は、残念ながら雑草に吸い取られてしまったようだ。
20191203_085904-1620x2160
12月4日の画像

除草した後、あまり育っていなかったので慌てて追肥したようだ。

20200121_080947-2268x3024



化成肥料のようだが、豪快な撒きっぷりだ。

20200121_080957-2268x3024



こちらは私の玉ねぎ。 1月の追肥はパスした。

20200121_081122-3024x2268



購入苗だったので育ちが良い。
20200121_081129-3024x2268



こちらは、後から植えた格安苗である。しっかり追肥した。

20200121_081148-3024x2268



本日も、ポチット投票をお願いします


 2練馬大長尻大根 9-1

温床でポットで育苗していたキャベツの苗を、セルトレイに1本ずつ移植することにした。

20200112_152741-2268x3024




12月6日に播種して置いた苗だった。
1ヶ月と1週間が過ぎた。

20200115_084237-3024x2268

このトレイは80個のセルなので、80株の苗を作ることになる。キャベツの消費量は、1月に4~5個で2ヶ月も持たないので、友人と大先輩の分も作ることになる。それだって、30株もあれば十分だ。
 

本葉が1、2枚出始めたところだ。

20200116_073315-3024x2268




新しい落葉投入からようやく発酵が始まった所であり、徐々に温度が上昇している。

20200116_081944-2268x3024




6月収穫のキャベツの播種時期
6月収穫を予定して1月5日と22日にキャベツの種を蒔いたが、定植時期とその後の管理で一緒の時期の収穫となってしまった。

その為今回は、温床である程度大きく育ててから定植しようと思っている。



 本日も、ポチット投票をお願いします。

 2練馬大長尻大根 9-1

玉ねぎとにんにくに、月に1回追肥している。
12月、1月、2月の3回行う予定である。
与える肥料は以下の『化成の混合肥料』である。

1


3種類の化成肥料を混ぜて施肥している。

私の使う『化成の混合肥料』とは、
①高度化成肥料 14-14-14 
②アズミン(腐植酸苦土肥料)→アズミンの特徴
③バッドグアノ(天然有機燐酸肥料
 

20200111_133509-2268x3024


ネオアース
20200111_133618-3024x2268
購入苗のネオアースは生育が順調なので、今回の追肥は見送る。


もみじ3号
20200111_133605-3024x2268
もみじ3号
20200111_133632-3024x2268
モミジ3号は、購入苗であるが遅かったのでかなり傷んだ苗であった。
ようやく立ち直ったので、今回2回目の追肥をした。


自家産苗の泉州玉ねぎ
20200111_133639-3024x2268
泉州玉ねぎは早生種である。例年通り3回の施肥を行う。

超極早生 フォーカス(50本)と春一番(20本)
20200111_133707-3024x2268
今年始めて作る超極早生種である。苗作りに失敗したことと、ネキリムシにやられて半分以下になってしまっている。第2回目の施肥を施した。

20200111_133759-2268x3024
今年はにんにくの多肥栽培をして大きく育てようとしている。
Zボルドー水和剤で殺菌消毒した後、3種混合化成肥料を施肥した。
 

本日も、ポチット投票をお願いします。


 2練馬大長尻大根 9-1

葉物野菜の寒さに対しての強さを見てみた。

20200110_083630-2268x3024


サニーレタスは、元気である。


20200110_083642-2268x3024

レタスは寒さで凍みた所は腐り始めている。


20200110_084528-2268x3024

レタスの露地栽培である。


20200110_084530-2268x3024

レタスも小さいうちは、寒さに強そうだ。


20200110_084017-2268x3024

水菜はかなり弱ってきた。


20200110_084128-2268x3024

結球キャベツは寒気で凍みた所は腐れてしまう。


20200110_084000-2268x3024

春菊であるが、寒さにはそんなに強くなさそうだ。


20200110_084008-2268x3024

何か寒さ対策をしたほうが良さそうだ。


20200110_083717-2268x3024

野良に生えたのらぼう菜である。丈夫そうだ。


20200110_083833-2268x3024

な花である。案外寒さに耐えている。


20200110_083938-2268x3024

子持ち高菜である。寒さには意外と弱い。


20200110_084049-2268x3024

ほうれん草は、凍みることはあまりない。


 

本日も、ポチット投票をお願いします



 2練馬大長尻大根 9-1

まだ、育ちきっていない春菊である。これからますます寒くなっていくので、葉先が枯れたり、成長が止まったりしないように、不織布で防寒対策しようと思った。

20200110_084000-2268x3024


不織布をベタ掛けして、防寒対策とした。

20200111_142748-2268x3024



以下の画像は、エシャレットと余ったにんにくを植えてあるものである。
トウマーミーの防寒対策であったが、隣の畝だったので一緒に防虫ネットを掛けた。

20200111_140838-2268x3024



草が沢山生えていたので、最初に除草をしてから化成肥料を施した。

20200111_140901-2268x3024


エシャレットに化成肥料を撒いた。

20200111_140910-2268x3024



エシャレットの間に余ったにんにくを植えてある。
一緒に追肥を施した。

20200111_140916-2268x3024




本日も、ポチット投票をお願いします。

 2練馬大長尻大根 9-1

↑このページのトップヘ