のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 家庭菜園 葉菜類の栽培

11月2日に定植した、超極早生品種の『春いちばん』は、新葉の3本目が展開し始めた。
20201203_083212_copy_2268x3024

この春いちばんは、暖地では3月下旬に、中間地でも4月上旬の収穫が可能である。昨年は、ぎりぎり、3月31日に収穫した。超極早生の2品種を作って比べたところ、こちらのほうが丸みがあって調理し易いとのことで選んだ。
👇3月31日収穫の画像
20200331_082325_copy_2268x3024
左 春一番 約9㎝弱   右 フォーカス 約7㎝


bc73a30e

楽しみな、超極早生品種である。
20201203_083218_copy_2268x3024

下は早生品種の『ソニック』である。
こちらも11月2日に定植した。ソニックは5月頃に出来る品種である。
20201203_083228_copy_2268x3024

ソニックも、新葉が3本目を展開し始めた。
順調な活着状況であり、これからぐんぐん生長するのではないかと期待している。
20201203_083235_copy_2268x3024

下は晩生種の『平安球型黄』である。
一昨年にこの品種を作って、吊り玉ねぎで2月まで保存が出来、とても気に入った。
20201203_083246_copy_2268x3024

👇平安球型黄
20201203_083254_copy_2268x3024


👇は晩生種の『ノンクーラー』である。
この品種の最大の特徴は、3月まで吊り玉ねぎで保存が出来るという事だ。
上の平安球型黄と比べて、来年度は-品種にしぼろうと考えている。
また、この品種は固定種なので、自家採種も予定している。
20201203_083310_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

現在、70日白菜を収穫している。
調理用は、1玉しか収穫していないが、漬物用には3玉収穫して、現在2度漬けに入った。
下の白菜が、中早生の70日白菜である。
20201203_083606_copy_2268x3024

前回収穫した時よりも、中味が充実して来た感じがする。
20201203_083613_copy_2268x3024

👇は、晩生種の『冬峠』である。
今年初めて作る品種である。
形が、綺麗に整っている感じがする。
20201203_083624_copy_2268x3024

冬峠は、12株作っている。白菜の形が全体的に丸く整っている感じがする。
20201203_083631_copy_2268x3024

👇は、同じく晩生種の『雪風』である。
こちらは、3年続きで作っている。とても作り易く、保存性も良いので、ずっと作りたいと思っている。しかしながら種の入手出来る所が少ない。今年、冬峠と比べて見て大差なければ、今年最後にしようと思っている。
20201203_083639_copy_2268x3024

こちらは20株ぐらい作っている。中に3株ぐらい冬峠が混じっている。
幼苗の時に虫に食われてしまったので、余っていた冬峠の苗を植えたためである。
20201203_083649_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

下の画像は、今年で作付け3年目の子持ちタカナの生長の様子である。1年目は1月になっても子が出来ず、寒さに遣られてしまった。寒さに弱いことがわかった。昨年は、早く作ったので1月初旬に子が出来た。コリコリの食感で美味しかった。
今年はやや密植になっているが、どうだろうか。
20201130_090003_copy_2268x3024

 子持ちタカナの拡大画像である。まだ子はついていない。
20201130_090012_copy_2268x3024

下の画像は、ノラボウ菜である。
交配でもしたのか、2種の葉の形になっている。
こちらは葉がギザギザである。
20201130_090034_copy_2268x3024

下の画像もノラボウ菜であるが、葉にギザギザは無い。
20201130_090043_copy_2268x3024

下は、玉レタスである。
この時期は、なめくじは少ないだろうと1株ずつうえた。何時もは、3,4株まとめて植えて、結球しない前に収穫している。
寒さで育ちが遅くなったらビニトンでもしようかと考えている。
20201130_090100_copy_2268x3024





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

キャベツがようやく収穫期を迎えた。
👇の画像はいつ収穫しても良い大きさになっている。
20201130_084912_copy_2268x3024


出来るだけ一斉に結球しないように、苗の植え付けをバラバラにした。
大きさを揃えると、食べきれないうちに割れてしまう。
20201130_084927_copy_2268x1701

👇のキャベツは、収穫までにはまだまだ時間が掛かるだろう。
20201130_085024_copy_2268x3024






👇の画像は、幼苗の時に芯を虫に食われてしまった。そのまま植えて置くと脇芽が3,4本でた。
その内2本を摘芯して、2芽をそのまま育てている。適当なときにさらに1芽を摘芯して時期が来たら収穫しようと考えている。
20201130_085338_copy_2268x3024

👇の画像も同じ畝のキャベツであるが、育ちがバラバラである。
キャベツの消費は、1か月に4個ぐらいである。1畝で3か月ぐらい持たせたいと思っている。
20201130_085403_copy_2268x3024

👇が1畝2条のキャベツ畝である。ブロッコリーも時期をずらして植えてある。
20201130_085428_copy_2268x3024




👇は春キャベツと茎ブロッコリーの畝である。
収穫は、来春の5月頃を予定している。
20201130_085526_copy_2268x3024

こちらの畝にも茎ブロッコリーとキャベツを何株か植えてある。
20201130_085550_copy_2268x3024

年内にある程度結球すれば、3月頃の収穫になるのではと期待している。
20201130_085602_copy_2268x3024

ある程度結球しないと、そのまま春にトウ立ちしてしまうかもしれない。
20201130_085613_copy_2268x3024





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

ネギが太くなってきて、需要が増えてきた。
下は、1本根深ネギである。畝の中でも太く育っているのとそうでもないのが出来てしまった。

20201202_075721_copy_3024x4032


👇が、1本根深ネギの太く育ったものである。収穫は、太いものから順番に採っているので、育ちのバラつきは問題ない。
20201202_090348



👇は、太く育った下仁田ネギである。
20201201_082137_copy_2268x3024


👇が、下仁田ネギの畝である。1畝に1本ネギと下仁田ネギを半分ずつ植えてある。
20201201_082143_copy_2268x3024



👇は、坊主知らずである。梅雨時に軟腐病で半分以上溶けてしまったが、梅雨が明けてから徐々に回復した。秋になり涼しくなりかけたころからぐんぐん成長を始めた。
20201202_075744_copy_3024x4032


太くなってきた坊主知らず。
20201202_090104



👇の画像は、足長美人である。昨年の夏の栽培に失敗して作落ちさせてしまった。ネキリムシに切られてしまったため、作り直しをする羽目になってしまった。12,3本から育て始めて3年目で、やっとのことで現在の本数になった。今年は、収穫しないで、しっかり株を大きく育てようと考えている。
20201201_082231_copy_2268x3024

しっかり育っている足長美人。
20201202_085549


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

↑このページのトップヘ