のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 秘密基地

88歳の菜園仲間の長老が、4日連続で薪用の丸太を運んできてくれた。
今回も私が受け取って、隣の杉林の中に運んだ。
初めの頃は、1個の切り株が持ち上げることのできない重さで、1個ずつ転がして行かないとならなかったので、かなり重労働だった。
20230131_142907_copy_2016x1512


👇が、相棒が丸太を薪にするために、細い丸太は長さを揃えて切ったり、太い丸太は切った後、割ってそれぞれの場所に積み上げる作業をする。
20230131_145004_copy_2016x1512


👇は、長さを揃えて切って、そのまま薪材として使う。
20230131_145010_copy_1512x2016


これは、乾燥させて付け木に使えるが、おそらく2,3年はこのままになってしまうかもしれない。
20230131_145028_copy_1512x2016


👇は、暮れに道路に落ちた落ち葉を集めて置いたものである。
このまま腐葉土にしてから、畑に漉き込む予定である。
20230131_145042_copy_1512x2016



👇は、秘密基地の入り口の右側の薪置き場である。
色の白いものが今回の太い丸太を割って片づけたものである。
生木であるので、このまま1,2年乾燥させることになるだろう。
20230203_091857_copy_1512x2016


👇は、秘密基地の入り口の左側の薪置き場である。
20230203_091908_copy_1512x2016


👇は、駐車場の薪置き場である。こちらは3列に積み上げてある。
20230203_091926_copy_1512x2016


👇は、今回の丸太を杉林の中に、一時保管したものである。
どの薪を最初に燃やすかを決めるのは、相棒の権限である。
相棒は秘密基地の薪奉行である。
薪ストーブで暖を取る時も、彼の座る椅子は決まっている。
20230203_091957_copy_1512x2016



👇は、薪と端材を保管してある小屋である。
この部屋は、相棒が管理している。
20230203_092032_copy_1512x2016


👇は、薪ストーブである。
一番近い位置に、薪奉行である相棒の椅子がある。
その日に燃やす薪は、毎日相棒が運んで置いてある。
規格外の端材や生木は、場所を離れる時にストーブに入れて、火持ちを長くするためである。
20230203_092120_copy_1512x2016


👇は、入り口の内部にある燃えやすい点火用のつけ木である。
下の段ボールに入っている杉の枯れ枝を最初に入れて、その上につけ木を乗せ、カンナ屑に灯油を浸み込ませた点火材を杉の枯れ枝にかけて、点火すると1分でごうごう音を立てて燃え上がる。
20230203_092133_copy_1512x2016



👇は、割りにくい太い丸太を乾燥させてから割るために、シートを被せて保管してある。
20230203_092004_copy_1512x2016


👇は、二股に分かれている最も割りにくい丸太を置いてある。
チェーンソーで切って、割れやすく加工してから割ることになるだろう
20230203_092011_copy_1512x2016





秘密期の薪の保管場所の動画(1分24秒)






秘密基地の内部公開動画(2分49秒)



薪は買ったことは無いが、買うとなると高いものだ。
100㎏で4000円以上もする。今回の太い丸太の切株は、最低でも1個40㎏以上はあった。
乾燥させても1個の切株で、800円の価値はあるだろう。
3gatuhaname




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村      

88歳の大先輩が切り倒した大木の輪切り株がまた増えた。
隣の杉林を借りているので、そこに一時保管して少しずつ薪にしていくようだ。
大きな丸太は、60㎏以上は有りそうで、通路から杉林までは50mぐらいの距離であるが、転がしていくだけでも、足を踏ん張るので筋肉痛になる。
20230126_081542_copy_1512x2016


👇は、第2弾で運ばれた細めの丸太である。
20230126_081555_copy_1512x2016


大きな木を一本切り倒せば、1年間分の薪は確保できることになる。
20230126_081612_copy_1512x2016


👇は、まだ生木であるが、相棒がすぐにでも割るために置いてある。
20230126_081639_copy_1512x2016




👇の歪な大きな丸太は、転がして移動するのも大変なので、すぐに割ることにしたようだ。
20230125_150402_copy_2016x1512



相棒は、75歳ぐらいになるが足腰はしっかりしている。
20230126_081656_copy_1512x2016


秘密基地は、相棒と二人で管理しており、薪の調達は私の仕事でその後の薪の管理は相棒の仕事である。
もう30年以上も薪割を手掛けている。
見た瞬間に、どこに刃を入れるかがわかるようである。
私がやっても、ゴムが弾むようにはじき返されてしまう。
薪割斧が、私に合わない。
20230126_081856_copy_1512x2016



大きくて重くて、転がすこともできなかった丸太が、相棒の手に掛って薪にされてしまった。
20230126_082514



薪にされたものは、早くとも2年後の燃料になるのだろう。
20230126_091238_copy_2016x1512



20230127_091750_copy_2016x1512


かなりの量になったので、雨に濡らさないようにして乾かしてから、割るようである。
20230127_091759_copy_1512x2016


👇は、故先輩が建てた物置である。現在は薪と端材の保管場所に使っている。
20230127_091836_copy_2016x1512


相棒は、片付けが上手い。
20230127_091852_copy_1512x2016


👇は、私が廃業した大工さんから頂いた端材である。
ブドウハウスの奥に、雨に濡れないように固めて置いた。
こちらが空いたので、保管を相棒に引き継いだ。
このように片づけるのは、私にはできない。
20230127_091906_copy_1512x2016


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村      




80歳は過ぎている畑の大先輩が、軽トラックに大きな切り株を運んできてくれた。
家の近所の椎の木の大木を、チェーンソーで切り倒し、割りやすい長さに切って、運んできてくれた。
軽トラックに、1人で乗せたという。
どうやって乗せたのだろうか。

20230125_150326_copy_1512x2016


軽トラックから下ろすのは、私がやったが転がるように立ててから、転がして地面に落とした。
とても持ち上げて下ろす重さでは、無かった。
20230125_150402_copy_2016x1512


80歳を過ぎている大先輩が、この大きなの切り株の大木を、チェーンソーで切り倒した。その後、輪切りにして軽トラックに載せて、運んで来てくれたわけである。
大きな椎の木を切り倒したと言っているが、どうやって切り倒したのか。
そして、それ以外の枝や葉はどこに片づけたのだろうか。
また持ってくると言って帰って行ったが。

次は、何をどのくらい持ってくるのだろうか?
20230125_150423_copy_1512x2016


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村      

朝方は、どんよりとした天気で雨も降っていた。こんな日は、秘密基地の薪ストーブにあたって、テレビなど見て時間を潰したりする。

👇は、秘密基地の玄関である。
20230124_083301_copy_2016x1512


50坪の土地に、掘立小屋を建てた。
地目山林、現況畑地であったが、小屋の周りをネットフェンスで囲ったら資材置き場に評価されてしまった。
そして、税金が500円から1万円ぐらいに値上げされた。

👇は、秘密基地の屋根の部分を撮った画像である。
秘密基地は、基本廃材で作られている。
20230124_083418_copy_2016x1512



小屋全体は、吹き抜けになっているが、冬は寒いので薪ストーブの周りは、屏風で囲ってある。

👇は、ストーブの近くの談話場所である。
20230124_083504_copy_1512x2016

秘密基地は、相棒と私の2人で管理している。
毎日、相棒は7時ごろにやって来て、薪ストーブを焚いている。
私は、7時半から8時ごろに来ている。
土日や休日には、友人が8時ごろやってくる。
20230124_083546_copy_1512x2016


金網を掛けているのは、アライグマ除けである。
池では金魚を飼っている。画像は、相棒が管理している金魚池である。
20230124_083519_copy_1512x2016





ストーブの近くに水道の蛇口を引いてある。
冬場は、アルミサッシのドアを立ててある。風よけの屏風変わりである。
20230124_083612_copy_1512x2016


奥は、私の金魚池である。
20230124_083640_copy_2016x1512


池は、すぐに壊せるようにブロックと柱を利用して、ブルーシートを二重にしている。
20230124_083627_copy_1512x2016



金魚は、らんちゅう、オランダ獅子頭、東錦を育てている。
小さいのは、春に卵を採ったものである。
20230124_084547_copy_1512x2016_1


👇は、メダカを飼っているプラ舟である。
メダカ飼育場は、別棟にメダカハウスがある。
20230124_083651_copy_2016x1512


👇は、鶏小屋である。
20230124_083701_copy_2016x1512





ニワトリは、現在7羽を飼っている。品種は岡崎おうはんという珍しいニワトリである。
20230124_083723_copy_2016x1512


👇は、相棒の道具置き場と木工部屋である。
20230124_083752_copy_1512x2016


相棒は、私よりも3つぐらい先輩である。
几帳面で、片付け上手なので、私の買った工具も全部彼に管理してもらっている。
20230124_083820_copy_1512x2016




👇は、私の漬物小屋である。
20230124_083852_copy_2016x1512


👇は、相棒のストーブ前の定位置である。
ストーブ奉行である。薪はすべて彼の管理である。私は、薪の調達を行っている。
20230124_091934_copy_2016x1512


雨の日でも雪の日でも、毎日この秘密基地に出勤してくる。
10時ごろには、家に帰っていく。
明日は、水曜日で友人の休みの日なので、8時ごろにはやってくるだろう。
20230124_091946_copy_1512x2016



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村      

秘密基地の屋根の波板の、一部の掃除をした。
屋根の上に梯子のようなものがあるのは、反対にして屋根の上に置き、その上に乗って作業をするためのものである。
20230123_092444_copy_1512x2016


もう何年も掃除したことが無いので、波板の溝に青ゴケのようなものが蔓延っている。
廃棄されたカーポートを利用して、金魚池の屋根にした。
らんちゅうのブリーダーを、長いこと趣味にしていた。
その頃は、明るさが必要だったので、屋根に苔を這わせるようなことは無かった。
今は、雨さえ漏らなければ良しとしていたので、苔が生えて暗くなってしまっていた。
20230123_092929_copy_1512x2016



昨日一部をデッキブラシで擦ってから、水を流してみたら簡単に青苔が取れた。
どのくらいの手間かを知るために、試しにやってみたわけである。
3gatuhaname


👇は、屋根に上って、青苔を擦って水で洗い流した後である。
3gatuhaname2




👇は、金魚池を覆っている波板を掃除した後の画像である。
完全には取り切れていないが、だいぶ綺麗になって明るくなった。
20230123_092857


こんな時、ケルヒャー洗浄機が一台欲しい。

本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村      


↑このページのトップヘ