のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 秘密基地

秘密基地の駐車場に、秋に紅葉する木を植えた。
苗木を植えてから、もう10年近く経ったが、昨年やっとの事で、一部のもみじの木が紅葉した。

今年も、紅葉の時期を迎えた。
20201117_073325_copy_2268x3024

色が良く出ているのは、ハウチワカエデの種類である。
20201117_073316_copy_2268x1701

👇の画像もハウチワカエデの一種である。
20201117_073331_copy_2268x3024

👇の画像はもみじの種類である。これから色が赤くなっていくだろう。
20201117_073336_copy_2268x3024

👇の画像は、駐車場の半分である。画像の左側には、もみじの他に白きやメグスリノキが植えてある。
20201117_073351_copy_2268x1701

👇はもみじの一種で、出芽は赤で、やがて緑になり、秋に赤く紅葉する。
手前の大きな葉は、メグスリノキである。今年は葉がたくさん残っているので、赤く紅葉するかもしれない。
20201117_073401_copy_2268x3024


20201119_080455_copy_2268x1701




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >



第1畑の隅の野菜ハウスの中 手前の部屋 ジャガイモ保管
20201111_074003_copy_12168x3397


奥の部屋 漬物部屋
20201111_073940_copy_12168x4794


第1畑100坪の全景
20201111_073912_copy_2928x1015

第1畑の中央から右方面の画像
20201111_073834_copy_2928x1378


秘密基地隣の杉林の全景

20201109_072810_copy_2268x695


駐車場から秘密基地入り口まで
20201111_074206_copy_2928x1261


駐車場脇の金魚ハウスの中
20201111_074304_copy_2928x1306



第2畑50坪の全景 サツマイモとジャガイモ
20201111_074353_copy_2928x1124


82歳の大先輩の畑の全景 100坪と小屋
20201111_074439_copy_2928x882

秘密基地から右奥の方面への通路
20201109_073159_copy_2268x872

ブドウハウス前のミニ果樹園
20201109_073317_copy_2268x842

友人の畑100坪 小屋から通路に向かっての全景

20201111_074643_copy_800x162



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


畑に大工さんの作業場がある。最近はリフォームの仕事を手掛けている。今年75才になる大工さんだ。
出た廃材で使えそうな合板や垂木の切れ端を頂いている。
20201106_080854_copy_2268x3024


外に廃材を保管する木小屋を相棒が作ってくれた。釘の付いた板切れを一時保管した。
20201106_080606_copy_2268x1701


20201106_080614_copy_2268x3024

👇の画像は大工さんの作業小屋である。
20201106_080645_copy_2268x1701

そして👇は、廃材置き場である。ここに置かれたものは事後承諾で、頂けることになっている。
20201106_080709_copy_2268x3024


👇は薪ストーブである。
使い始めて3年が過ぎた。弱い部分がサビによって穴が開いたりしてきた。
本体は、プロパンガスのボンベを使っているので、3,5㎜の暑い鉄板であるが、繋ぎの鉄板は薄い。
そこが高温とサビで穴が開いてしまった。
修理は相棒が、チャチャっと応急手当をした。
20201106_081019_copy_2268x3024


溶接をやらないので、針金で止めた。
20201106_081014_copy_2268x3024


👇灰出し口は正常である。
20201106_081035_copy_2268x3024


通気口の扉がサビと高熱で崩れてしまった。私が、間に合わせに薄い鉄板で扉を作った。
前に相棒が厚めの鉄板で、作っていてくれたが置き場所が見当たらなかったので、簡単に作ったものだ。
20201106_081049_copy_2268x3024


👇今の所、問題なく機能している。
20201106_081054_copy_2268x3024

👇相棒が作っておいてくれた扉 厚みがある。
4

👇蓋の裏側

20201106_081151_copy_2268x3024

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >






葦簀が役目を終えて、廃棄処分となった。
20201107_071428_copy_2268x3024


秘密基地のメインの小屋の奥に、押切が鎮座している。
この押切は長旅をして、四国からやってきた『たまきちゃん押切』である。
20201107_073419_copy_2268x3024




20201107_071937_copy_2268x3024

植木鋏で、チョキチョキするのでは無い。
ここで巨大な鋏でヂョキンと一発で切るのである。包丁と日本刀との違いの差である。
20201107_072319_copy_2268x3024

作業スピードが全く違う。
20201107_072549_copy_2268x3024

硬そうな葦簀がまるで草を切るように、軽々と切断出来る勝れものだ。
20201107_072709_copy_2268x3024

カットしたものは、ビニール袋に詰め込む。
20201107_072923_copy_2268x3024

作業時間は、10分も掛からなかった
20201107_073313_copy_2268x1701


カットした葦簀には、次の役目がある。
20201107_073503_copy_2268x3024

薪ストーブの付け木の役目である。
20201107_073549_copy_2268x3024


最初に窯に投入する。
20201107_073631_copy_2268x3024

魔法のカンナ屑を投入して、点火する。
20201107_073641_copy_2268x3024

先に放り込んだ、付け木の葦簀は勢い良く燃え上がる。
20201107_073718_copy_2268x3024

そのあとに、徐に太い薪を放り込む。
20201107_073746_copy_2268x3024

薪ストーブは簡単に燃え上がる。
20201107_073812_copy_2268x3024

次に、さつま芋を蒸かす作業に取りかかる。
20201107_074936_copy_2268x3024

蒸しあがったさつま芋。次は丸干し乾燥だ。
20201107_091302





今日の主役は、たまきちゃんがプレゼントとしてくれた『押切』である。


たまきちゃん、素敵なプレゼント有り難うございました。





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


自宅の隣の家の倉庫の上に、パイプを使ってやぐらが組まれていた。御主人が、その矢倉のパイプばらしていた。
廃材の処理に困っていたようなので、使いたい旨を話したら全部頂けることになった。
IMG_20201030_071501

まだ解体途中であるが、時間を掛けて行うようである。
解体が済んだものを、駐車場に運んでくれていた。それらの物を、秘密基地に運んだ。

下の画像の直管パイプが、それである。
20201028_073544_copy_3024x4032

長い物は、秘密基地の小屋の梁の所に保管した。
20201028_073601_copy_3024x4032

使っていたクランプも、錆びているが使えるものだ。
20201028_073618_copy_3024x4032

20201028_073622_copy_3024x4032

やや短いパイプは、外の薪小屋の梁に保管した。
20201028_073645_copy_3024x4032

短いパイプも、同じ薪小屋に保管した。
20201028_073724_copy_3024x4032


私の秘密基地は、自宅隣に住む相棒と二人で使っている。もう20年以上になる。
相棒は、もの作りが趣味なので、小屋を建てたり、修理全般を手掛けている。
相棒の持っていない必要な道具類は、私が揃えている。
20201028_073918_copy_3024x4032


相棒の物作り部屋は、10畳位の広さだが、色々な道具と備品で一杯である。
20201028_073927_copy_3024x4032

20201028_073932_copy_3024x4032

20201028_073955_copy_3024x4032

20201028_073940_copy_3024x2268

20201028_074008_copy_3024x4032


20201028_074028_copy_3024x4032


20201028_074034_copy_3024x4032

30㎝の切れ端でも、大切に保管している。
20201028_074051_copy_3024x4032

相棒の作業部屋の全体画像。
20201028_074059_copy_3024x4032

外にも、相棒が集めている廃材置き場がある。
20201030_073324_copy_2268x1701


20201030_073513_copy_2268x3024


隣が大工さんの作業所なので、そこで出た廃材で使えそうなものは、頂けることになっている。


20201030_073217_copy_2268x1701

こうして私の秘密基地は、廃材で作られている。
20201030_075113_copy_3024x2268

そして朝は、薪ストーブを焚いてから始まる。
20201030_075523_copy_2268x3024



私の管理しているメダカ池である。
20201028_074145_copy_3024x2268


そして大きめのは、金魚池だ。
20201028_074233_copy_3024x2268



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

↑このページのトップヘ