のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 葉菜類の栽培 > タマネギ

今年の玉ねぎ栽培は、元肥に1畝45kgの鶏糞を投入した。2.5kg/㎡の量である。肥料はその1発だけである。
しかし、全体的に下の畝は、育ちがバラバラである。原因として考えられるのは、鶏糞を撒いて耕してから、苗を定植するまでに1ヶ月の期間寝かせてしまったこと。もう1点は、苗が伸びすぎていたのでカットして植えた事である。

👇は、超極早生春一番である。玉の大きさが3cmに膨らんできた。

20210225_081740_copy_2268x3024


全体的に、まだ玉は膨らんではいない。
20210225_081753_copy_2268x3024

春一番は、全部で100本植えてある。
3月下旬の収穫を目指している。昨年は、3月31日に何個か収穫できた。
20210225_081758_copy_2268x3024

👇は、早生のソニックである。
こちらは、特に育ちがバラバラになっている。
肥料が効いた所と、そうでない所の差が激しい。
原因は、上にあげた以外は、全くわからない。

もう一度、マルチを剥がして耕耘しなおそうとも思ったほど、土が固まっていた。
20210225_081830_copy_2268x3024


ソニックは、大きく育った苗と小さいまま溶けてしまったり、小さいままの苗が出ている。
20210225_081845_copy_2268x3024


👇は、中晩成種の平安球型黄玉ねぎである。
こちらの畝は、鶏糞を蒔いて耕耘した後、10日ぐらいで定植した。
苗を大きく育っていたが、葉を切らずにそのまま定植した。活着も良かった。
20210225_081917_copy_2268x3024


全体的に育ちはまだまだであるが、全体的に同じような大きさに育っている。
20210225_081922_copy_2268x3024



👇は、晩成種のノンクーラーである。
20210225_081944_copy_2268x3024



定植したときに苗の大きさは、どちらも同じようであったが、ノンクーラーのほうが全体的に大きく育っている。
20210225_081952_copy_2268x3024



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


👇の畝は、超極早生春一番と早生のソニックの畝である。
20210217_083843_copy_2268x3024

1月に入ってからビニトン栽培をして、生長の後押しをした。
そのかいあって、かなりの効果が表れた。
20210217_083852_copy_2268x3024

👇は春一番であるが、大きさにややばらつきが出てしまった。
20210217_083859_copy_2268x3024


👇は、早生のソニックである。
20210217_083919_copy_2268x3024

ソニックは、大きさのばらつきが大きく表れた。
20210217_083925_copy_2268x3024

👇は、中晩成の平安球型黄玉ねぎと晩成種のノンクーラーである。
20210217_083934_copy_2268x3024

👇は、平安球型黄玉ねぎである。まだ、動き出してはいない。
例年3月ごろから生長の勢いを増していく。
20210217_083941_copy_2268x3024


👇は、ノンクーラーである。こちらは、生育状態がいい感じである。
20210217_084011_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


👇は、ビニトンを外す前の画像である。超極早生「春一番」と早生の玉ねぎが植えてある。

20210212_111926_copy_2268x3024

👇はビニトンを外した画像である。

20210212_112839_copy_2268x3024

👇はビニトンを外した後、水を掛けて砂埃をきれいに洗い流した画像である。

20210212_114427_copy_2268x3024

👇は、超極早生春一番である。ビニトンをやる前は、隣の晩成種と同じぐらいの大きさであったが、育ち具合が全然違ってきた。
20210212_114417_copy_2268x3024

👇は、早生のソニックである。
20210212_114459_copy_2268x3024


👇は、ビニトンをやらなかった、中晩成の平安球型黄玉ねぎである。

20210212_114439_copy_2268x3024

👇は、晩成種のノンクーラーである。
20210212_114548_copy_2268x3024

👇は、晩成種のノンクーラーの全体画像である。

20210212_114600_copy_2268x3024


👇の左側は晩成品種で、右側が早生品種である。
画像は、1月8日に撮ったものであるが、ビニトンを掛ける前の育ち具合はどちらも同じような感じである。上の早生品種と晩成品種の大きさがかなりの差が出た。ビニトンを掛けて栽培すると、超極早生品種は1週間ぐらい早く収穫できると聞いたので、今年初めてビニトンを掛けての栽培をした。今までは、ビニトンを掛けての栽培はしたことがなかった。
20210106_083634_copy_3024x2268


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。


 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >



ここの所、雨が何日か降った。
「超極早生春一番」のビニールを捲って、生長具合を確かめた。

👇が、その画像である。前回見た時に比べて、グンと大きく育った感じだ。
20210202_081844_copy_2268x1701

背も高くなり、葉も太く育った。
ビニトンの威力だと思った。
20210202_081837_copy_2268x3024

👇は、露地栽培している中晩成の「平安球型黄玉葱」である。こちらは、例年通りの生長である。
20210202_081855_copy_2268x3024

下は、晩成の「ノンクーラー」である。
平安球型黄玉ねぎよりも、若干育ちが良い感じである。
20210202_081953_copy_2268x3024





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


雪になる予定であったが、土曜日の昼頃から日曜日に掛けてしとしとと雨が降っていた。玉ねぎにとっては恵みの雨となったようだ。

20210124_103247_copy_2268x3024

👇は、中晩成種の平安球型黄玉ねぎである。今年は良い感じで生育しているようだ。
欠株も少なく、今頃の時期での大きさもちょうどいい感じだ。
20210124_103251_copy_2268x3024


👇は、晩成種のノンクーラーである。今年初めて作る品種だ。うまく作れば3月まで吊るし保存ができるようだ。
20210124_103301_copy_2268x3024


👇は、晩成種のノンクーラーの拡大画像であるが、寒さでの傷みも少なく順調に生育している感じがする。
20210124_103320_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

↑このページのトップヘ