のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 葉菜類の栽培 > タマネギ

3年前から日当たりの良い畑の一角に、苗床を作って玉ねぎとサツマイモの苗を育てている。
モグラ対策のために、苗度の周りを40㎝ぐらい掘って、畔波板を埋め込んで囲ってある。
それ以前は、セルトレーで苗を作っていたが、秘密基地には一日中日が当たる場所が無いので、畑の一角にセルトレーを運んで苗作りしていた。
ところが水のやりすぎで苗を溶かしたり、逆に水のやり忘れで枯らしたりしたことがあった。
それで、水管理が楽で、一日中日が当たる場所で苗を育てるには、畑に苗床を作って、そこで種を蒔いて苗を育てる方が安定して、苗が作れると考えた。

1年目の初期の段階ではうまく行っていたが、モグラに入り込まれて、かなり苦労して苗を作った。
その教訓で、モグラ対策をした。

👇は、手前から篠原早生白玉葱、春一番、自家採種のノンクーラー、泉州黄玉葱である。
画像が黒っぽく見えるのは、条間を中耕してから土が固まらないように、籾殻燻炭を撒いたためである。
20221001_102742_copy_2268x3024


👇は、12月に収穫できるという、超超極早生の篠原早生白玉葱の苗である。
こちらは、まる八さんが初めて自家採種に成功した種を蒔いたものである。
2度蒔きしてあるので、大きさに差が出ている。
しかしながら100本以上の苗が育ちそうである。
20221001_102752_copy_3024x2268

👇は、9月5日に追加蒔きした篠原早生白玉ねぎの苗である。
こちらは厚蒔きしたので、普通に育っているようだ。
20221001_102922_copy_2268x3024

👇の大きく育っているものは、8月25日に播種した篠原早生白である。
20221001_102932_copy_2268x3024



👇は、超極早生の春一番の苗である。
20221001_102800_copy_3024x2268

春一番は、8月28日に播種した。
20221001_102908_copy_2268x3024


👇は、9月16日に播種した、自家採種のノンクーラーである。
未熟種も混じっていたので、発芽率は50%以下であった。
20221001_102814_copy_3024x2268

👇は、ノンクーラの拡大画像である。
20221001_102853_copy_2268x3024

👇は、ダイソーの種の泉州黄玉葱である。2㎖の量なので、200粒ぐらいの種の量か。
発芽率は、良好であった。

参考➡ホクレンとタキイ種苗。
     20ml当り 10ml当り 5ml当り ➡2㎖
タマネギ 2,525粒 1,263粒  631粒    ➡252粒
20221001_102820_copy_3024x2268


泉州黄玉葱の拡大画像である。
20221001_102842_copy_2268x3024





本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村

👇は、9月16日に播種した自家採種のノンクーラーである。
発芽テストで、50%以下の発芽率だったので、厚蒔きをした。
そのためか、何とか普通に発芽したようだ。まだ、殻は土中にあるようでお辞儀している。
20220925_153857_copy_2268x3024


ノンクーラーは、7条に分けて播種してある。
👇画像左側の2条は、殻付きの未熟種も植えたので、発芽率は極端に悪くなっている。
20220925_153913_copy_3024x2268


👇は、中生種の泉州黄玉葱である。
ダイソーの種で2㎖しか入っていないので、3条に蒔いた。
さすがに、発芽率はよさそうである。

20220925_153930_copy_2268x3024


👇は、まる八さんが自家採種した篠原早生白玉葱である。
育っている苗の数を、ざっと数えたら140本ぐらいであった。
今年は、しっかり育てて自家採種することが一番の狙いである。
20220925_153955_copy_3024x2268


👇は、超極早生の春一番である。
こちらは、固定種ではないが今年は、自家採種しようと10株ほどミニハウスの中で育成している。
20220925_154011_copy_3024x2268


👇は、下仁田ネギである。
いつもは、温床で12月頃にポット蒔きして、低温感応を避けて一気に育てているが、今年はじっくり露地栽培をすることにした。
20220925_153405_copy_3024x2268


👇は、レタスサラダミックス、ガーデンレタスミックス、サラダ菜、レタスである。
20220925_153418_copy_3024x2268


👇は、ハーフムーンレタスとサニーレタスである。
20220925_153423_copy_2268x3024



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村

中晩生種の「ノンクーラー」と中生種の「泉州黄玉葱」の種を蒔いた。
どちらも固定種である。
ノンクーラーは、初めての自家採種種である。
今年は、余り種を採れなかったので、発芽率が40%ぐらいなので、たくさんの苗は期待できないかもしれない。
20220916_111550_copy_3024x2268


泉州黄玉葱を、2条に種を蒔いた。
ダイソーの種なので200粒ぐらいなので、100粒ずつ蒔いた。
20220916_111609_copy_2268x3024


👇は、自家採種のノンクーラーである。約800粒を播種した。テスト発芽率は、40%ぐらいだったので300本ぐらいの苗が出来れば、合格である。
20220916_111627_copy_3024x2268


👇は、第3弾のニンジンの発芽状態の画像である。
1,2弾のニンジンは、
碧南鮮紅五寸人参の種を蒔いたが、発芽率が悪かったので、今回は、ダイソーの5寸人参の種を蒔いた。
20220916_112701_copy_2268x3024


今回は、たくさん出ていると所と、全く出ていないところがある。
👇は、たくさん発芽している場所の画像である。
20220916_112711_copy_2268x3024


種も多めに蒔いたので、発芽している所は10本ぐらい出ている。
最終的には、1本か2本残しに間引きするので、10本は多すぎる。
20220916_112721_copy_2268x3024


👇は、マルチの中央付近の穴であるが、ほとんど発芽していない場所の画像である。
土が全体的に乾いていたので、水やりをしたら発芽していない穴の土は、水を弾いてしまった。つまり完全に乾燥して切っていた感じだった。
発芽が悪かったのは、マルチをしたことで、中央付近は乾燥が激しかったために、発芽できなかったのではないかと思った。
20220916_112733_copy_2268x3024


👇は、2度蒔きした碧南鮮紅五寸人参の場所である。
マルチ穴の3分の1ぐらいが発芽している感じである。
20220916_112811_copy_2268x3024


こちらも、種を蒔いた後に乾燥してしまって、発芽しなかったところがたくさん出たのだと思った。
昨年は、今年と同じ方法で播種したが、一発で全体に発芽が揃った。
ただ、畑がここでは無く第2畑だったので、畑の土の状態が違っていたのかもしれない。
こちらの第1菜園は、日当たりが良くて水捌けも良い。
そのため好天が続くと乾燥気味の畑となってしまうようだ。
20220916_112821_copy_2268x3024


ちょっとまばらではあるが、何とか食べる分は育ちそうである。
固定種のようなので、自家採種をしてみようと思っている。
20220916_112816_copy_2268x3024



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村

👇は、2条に追加蒔きをした『篠原早生白玉葱」の発芽の画像である。
350粒ほどを、2条に厚蒔きした。
今回は、1条に40本から50ほど発芽した。2条で、100本ぐらい発芽している。
IMG_20220913_181811


まだ、小さい芽もあるので、途中で枯れてしまうものも出るかもしれない。
20220913_085329_copy_2268x3024


👇は、萌芽の思わしくなかった最初の条に、追加蒔きしたものが、発芽した画像である。
3か所に分けて追加蒔きしてある。
12,3本発芽している。
20220913_153435_copy_2268x3024

👇は、2番目の条の発芽画像である。
8本ぐらいの発芽が見られる。大きなものは、最初の物である。
20220913_153454_copy_2268x3024

👇は、3番目の発芽画像である。
10本ぐらい発芽している。
今回、追加蒔きしたもので、発芽したものは全体で100本から130本ぐらいである。

第1回目の播種では、全体で50本から60本の発芽だった。
今回の物も合わせれば、100本から150本ぐらいは、苗が確保できそうである。
20220913_153507_copy_2268x3024


👇は、来春にトウ立ちさせて自家採種する玉ねぎの栽培画像である。

👇は、篠原早生白玉葱である。
比較的大きな玉が生き残って、発芽し根を出した。
20220913_153046_copy_2268x3024


👇は、腐ってしまって、小さくなった玉から芽が出て根を出した。
篠原早生白玉葱は、2株生き残った。
20220913_153051_copy_2268x3024


👇は、超極早生「春一番」の自家採種用の発芽状況である。
20220913_153105_copy_2268x3024


春一番は、全部で10株位を育てて、自家採種する予定である。
20220913_153114_copy_2268x3024


👇は、固定種の中晩成種のノンクーラーである。
今年自家採種出来たが、種の量が少なかったので、来年度はたくさん作ろうと20株準備した。
この中から元気の良い苗を10株選んで、大きなネギ坊主にして種を採ろうと計画している。
20220913_152637_copy_2268x3024




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村

9月8日現在の「篠原早生白玉葱」と「超極早生春一番」の発芽本数の、概数を計算した。

👇は、篠原早生白玉ねぎの発芽本数である。自家採種の種のためか未熟種もあり発芽率は悪かった。もちろん、今年最初なので発芽のさせ方にも、問題が合ったかもしれない。

画像上の不織布の掛かっている場所に、先日2条分の追加蒔きを行っている。
種数は、凡そ350粒播種してある。
01


全部で6条に播種したが、発芽本数は7本から17本と少なかった。
発芽率は10%~20%だった。
20220908_142420_copy_1512x2016

👇は、購入種の超極早生春一番である。
今回は、小さなものは数えなかった。
昨年は、最終的に301本の苗を植え付けた。
011

昨年は、バラマキで行ったが、本数を数えるのが大変だったので、今年は筋蒔きにした。
20220908_142502_copy_1512x2016


👇は、自家採種した固定種のノンクーラーの発芽テストで10粒蒔いたポットである。
小さいのを含めると5本発芽しているが、実際に苗床に蒔いたときにどのくらいの発芽率に生るかはわからない。
発芽率を、20%から30%ぐらいを期待している。
20220908_142745_copy_1512x2016



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村

↑このページのトップヘ