のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 葉菜類の栽培 > タマネギ

👇は、超極早生の春一番である。
苗がしっかり立ってきた。
20210915_074203_copy_3024x2268


根が出ているのもあるので、全体に土を掛けた。
20210915_074650_copy_3024x2268

苗の数を数えた。
前回  42-73-83-74-91     364
今回  37-72-81-77-85     352

前回より少なくなっているので、数え間違いか、溶けたりしたのかも知れない。
去年は同じ種袋で、100本しか使える苗が出来なかった。
今年は、200本出来れば大成功である。井原本の計算によると4mLだと400粒で、その8割の320本出来るとある。今の所は、そのペースであるがそんなに甘くは無いだろう。

👇は、斜め上から撮った画像である。小さい苗もあるので数には入っているが、苗には無理だろう。
20210915_074657_copy_2268x3024


👇は、第2弾の早生『ソニック』である。2.3mLしか種が入って無かった。計算では、200本ぐらいしか苗は出来ないだろう。
20210915_075848_copy_2268x3024

今回は、新聞紙ではなく不織布を雨除けに掛けた。
新聞紙は雨に降られると、剥がす時に、破けたりしてしまって都合が悪かった。
種を蒔いて5日目であるが、所々に発芽がみられる。
20210915_075856_copy_2268x3024


あと2、3日で、不織布が外せるだろう。
20210915_075917_copy_2268x3024





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1 

ちょっと早めであるが、早生のソニックの種まきをした。
20210911_093458_copy_2268x3024


千葉県の種まき期間は、9月中下旬とある。早生種は、8月いっぱいには食べきってしまうので、できるだけ早めに収穫できるように、冬場のトンネル栽培も計画している。
20210911_093513_copy_2268x3024




種の量を確認しないで、注文してしまった。5㎖だと思っていたら2.3㎖で、約230粒だということだ。
超極早生の春一番の種まきが、現在の所順調なので250株位出来そうなので、何とかなりそうである。
種まきは、前回同様バラマキをした。種を蒔いた後、もみ殻燻炭で覆土した後、しっかりと踏みしめた。
20210911_100518_copy_3024x2268


前回は、新聞紙で雨除けをしたが、今回は不織布を使った。前回雨が降って、種を掘り返されることはなかったが、新聞が雨に濡れて剥がすのが大変だった。
20210911_101318_copy_3024x2268


👇の画像は、苗床栽培の全体像である。手前が超極早生の春一番である。そして、真ん中に今回早生のソニックを蒔いた。一番奥は、下旬に種まきを予定している、晩成種のノンクーラーである。
20210911_101327_copy_2268x3024



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 

先日、トマトの棚を撤去して、資材を片付けた。
20210910_105918_copy_3024x2268


画像の右隣の奥の方は農家の畑だったが、昨年ソーラー会社に売却したそうだ。
そして、この夏にソーラーの工事が始まりほぼ完成したようだ。
20210910_105931_copy_3024x2268

草を除去して、マルチを取り除いた画像である。反対側から撮った。
20210910_112930_copy_3024x2268


馬糞堆肥と温床の堆肥をばらまいた。
20210910_142455_copy_3024x2268

👇の画像は、馬糞堆肥である。
20210910_142504_copy_2268x3024


👇は、温床で使った馬糞堆肥やもみ殻堆肥の混ざったものである。
20210910_142514_copy_2268x3024


管理機で耕した。
20210910_144349_copy_3024x2268


👇のような感じで、玉ねぎとニンニクを作付けする予定である。
1






本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 

この畑には、玉ねぎとニンニクを1畝半ずつ作る予定である。前作は、左側がニンニクで防虫ネットを干してある場所は、アロイトマトである。
20210910_073057_copy_3024x2268



種採り用に、作を続けていたミニトマトの棚である。ほとんどの種の自家採種は終わった。
20210910_073109_copy_3024x2268


ネットを外し、トマト枝を切り落とした。
20210910_080818_copy_2268x3024


篠竹は、2年使ったので廃棄する。今年の篠竹は、アロイトマトに使って、すでに物置に片づけてある。
20210910_081612_copy_2268x3024


孟宗竹は、2年使ったのでこれも廃棄する。来年度は、ハウス用の直管パイプを利用する予定である。
20210910_081622_copy_2268x3024


トマト残渣は、右隣の境界の土手に固めて置く。黄色のカンナの咲いている土手である。
20210910_082658_copy_2268x3024


孟宗竹も土手に置いた。右にはトリバムビガーが大きく育っている。今年は二株作ってある。ようやく蕾が出来た。今年は、種を採ってみたいと思っている。そして、多年草なので、ここでずっと育てる予定である。土手の隣は、畑であったが今年からメガソーラーに変わった。
20210910_083733_copy_2268x3024


👇は、資材の画像である。篠竹は廃棄する。マイカ線、クリップ、紐は再利用する。
20210910_083745_copy_2268x3024



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 

超極早生玉ねぎ『春一番』が数えられる大きさになってきた。
数えやすく部屋割りをした。
20210908_074903_copy_2268x3024

種は4ml入っていて、井原本によると400粒ぐらいだという。うまく行くと2割減の320本の苗ができる計算である。数えたら363本の芽が出ていた。これから虫に食われたり枯れたりして、2割減るとなると295本の苗ができる計算である。
昨年は、150本であった。しかも苗に使えたのは、100本であるから、今年は楽勝である。
1



👇の右枠には、91本。
20210908_074445_copy_2268x3024

👇の2番目の枠には、74本。
20210908_074449_copy_2268x3024


👇の右から3番目の枠内には、83本。
20210908_074453_copy_2268x3024


👇の左から2番目の枠には、73本。
20210908_074459_copy_2268x3024

一番左の枠内には、42本。
20210908_074503_copy_2268x3024

殻は、この段階で確認できるようだ。幾つか殻付きの玉ねぎ苗が、見られた。
20210908_074519_copy_2268x3024


バラまきのほうが、空間があって、1本1本が良く育つ感じがする。
果たして、最終的には何本が苗として使えるだろうか。当初の目標は300本であったが、ハードルを下げて250本に、下方修正することにした。
20210908_074534_copy_2268x3024





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 

↑このページのトップヘ