のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 葉菜類の栽培 > タマネギ

我が家の玉ねぎは、超極早生種のスーパー春一番の収穫が終わり、次は早生と中生種の収穫期を迎えている。👇は、早生と中生種のOP黄玉葱、②ソニック、③ダイソーの「美味しい玉葱SO」である。歯抜けになった所に次々と植えたので、どれがどれであるかはわからない。ソニックだけは、自家産苗で20株位しかない。
20220503_111732_copy_1512x2016


👇は、品種名はわからないが、玉の肥大化が進んでいるようだ。
20220503_111840_copy_1512x2016


👇も、玉が肥大しているが形は扁平のようだ。OP黄玉葱もソニックも球形である。
20220503_111926_copy_1512x2016



👇の画像の手前半分の畝は、中晩成種の泉州中甲高玉葱である。
20220503_111947_copy_1512x2016

👇は、泉州中甲高玉ねぎである。玉部分の肥大が始まっている。
20220503_112053_copy_1512x2016

👇は、中晩成種のノンクーラーである。定植した時の苗が細かったので、心配したが何とか育っている。鶏糞の大量一発施肥だったが、2月に、窒素とカリの追肥を1回行った。
20220503_112122_copy_1512x2016


👇は、ノンクーラーである。こちらも玉が肥大しつつある。長期保存を目指しているので、玉が小さくとも良いので、固く締まった玉ねぎにしたい。
20220504_164858_copy_2268x3024


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

 

👇は、超極早生の『スーパー春一番』の畝である。今年は300個位作った。既に200個近く消費した。
20220421_080444_copy_2268x3024


残り100個ほどになった。
20220421_080550_copy_2268x3024



大きめの物を計測した。重さは、220g位である。春一番は、250g位になると言う事なので、まあまあの出来である。
20220421_081811_copy_2268x3024


横径は、8.2cmである。横径8~9cmは、L大サイズという事である。
20220421_081849_copy_2268x3024

👇は、早生と中生が混ざっている畝である。
植えてある品種は①OP黄玉葱、②ソニック、③ダイソーの「美味しい玉葱SO」である。
ソニックは、20本ぐらいしか苗が出来なかった。
OP黄玉葱と玉葱SOは、購入苗である。50本ぐらいずつ購入した。
20220421_080601_copy_2268x3024

👇は、中生の玉ねぎか。鱗茎に、膨らみが見られる。
20220421_080852_copy_810x1080

👇は、中晩生のノンクーラー340本と、泉州黄玉ねぎ150本の畝である。
20220421_080837_copy_810x1080


細い苗だったが、なんとかここまで生長した。
鶏糞の一発施肥だったが、あまりに貧弱だったので、2月に1回だけ追肥をした。
Zボルドーでの定期消毒を、月に2回行っている。その効果か葉色は綺麗で、病気は出ていない。
20220421_080903_copy_810x1080



鱗茎も、膨らみ始めているようだ。
20220421_080938_copy_810x1080


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村   

 

👇は、超極早生玉ねぎのスーパー春一番の畝である。
20220401_080504_copy_2268x3024

👇は、どれぐらいの大きさになるのかを、観察しているものである。
20220401_080513_copy_2268x3024


👇は、現在収穫しているサイズの春一番である。
20220401_080540_copy_2268x3024



トウ立ちしているものを1株発見した。
20220401_080544_copy_2268x3024


👇は、中、早生品種の畝である。
植えてある品種は①OP黄玉葱、②ソニック、③ダイソーの「美味しい玉葱SO」である。
ソニックは、20本ぐらいしか苗が出来なかった。OP黄玉葱と玉葱SOは、購入苗である。50本ぐらいずつ購入した。
20220401_080615_copy_2268x3024


早生のソニックは、今頃から玉の肥大が見られたが、中生種は初めてなのでわからない。
20220401_080639_copy_2268x3024


👇は、細い苗だった中晩生種のノンクーラーである。
20220401_080706_copy_2268x3024


👇は、その拡大画像である。昨年も同じような細い苗だったので、今年も普通に収穫できるだろう。
20220401_080717_copy_2268x3024


👇は、昨年のちょうど今頃のノンクーラーの画像である。
2021年3月26月
e707ae58-s


そして、👇は収穫したノンクーラーである。
2021年5月26日収穫のノンクーラーの画像
59faca8b-s


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、超極早生のスーパー春一番である。今年初めての収穫である。
20220321_074704_copy_2268x3024

1週間前に横径を測ったら6.5㎝のMサイズだった。それよりも、一回り大きくなった感じだ。
20220321_074712_copy_2268x3024


出来るだけ大きめの物を選んで、収穫した。
20220321_074723_copy_2268x3024

今回は8個ほど収穫した。100個以上作っているので、しばらくは収穫できそうだ。
20220321_104449_copy_2268x3024

玉ねぎのサイズについて。品質基準 ➡画像転載元
1640418934757


横径が8㎝弱なので、Lサイズという事になる。
20220321_104524_copy_2268x3024

➡転載元 玉葱栽培.com
『超極早生品種、極早生品種では、平べったいような形が多いですが、甲高の丸に近い形をしています。
大きさは250g前後に揃い、偏平球になりにくく、形も揃います。』

👇は、今回収穫した一番重そうなものを測ってみた。155ℊであった。あと100ℊぐらい大きくなるという事だ。
20220321_104617_copy_2268x3024


形は、扁平のものから甲高のものまで色々である。
20220321_104707_copy_3024x2268


参考
IMG_20220322_110238

メモ  8月28日播種  10月24日定植  330本

本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、超極早生のスーパー春一番である。今度の日曜日に収穫予定である。
直径が6.5cmなので、Mサイズである。
昨年より2週間ぐらい早い収穫となるだろう。
 20220315_080107_copy_2268x3024_1

玉ねぎのサイズについて。品質基準


👇は、拡大画像である。
20220315_080115_copy_2268x3024_1

春一番は、今年は約300本植えてある。早生や中晩成が収穫できるのは、5月中旬から下旬の頃である。
20220315_080122_copy_2268x3024_1



👇は、早生、中生の玉ねぎのブロックである。
植えてある品種は①OP黄玉葱、②ソニック、③ダイソーの「美味しい玉葱SO」である。
ソニックは20本ぐらいしか苗が出来なかった。OP黄玉葱と玉葱SOは、購入苗である。50本ぐらいずつ購入した。
20220315_080147_copy_2268x3024_1

👇は、一番大きそうなものの茎の太さを測った画像である。おそらく早生のソニックだろう。
20220315_080240_copy_2268x3024_1

玉の部分は、約2㎝ぐらいである。
20220315_080245_copy_2268x3024_1




👇は、中晩成のノンクーラー340本、泉州黄玉葱150本である。
20220315_080353_copy_2268x3024_1

👇のスケールは、約20㎝ぐらいなのでノンクーラーの高さは30㎝ぐらいになっている。
20220315_080347_copy_2268x3024_1



根元の太さは、約15㎜である。
収穫時期は、あと2か月後の5月下旬である。苗が小さかったことが、長期保存のできるノンクーラーにはちょうど良かったかもしれない。小ぶりで締まった玉ねぎの方が長期保存には向いている。
20220315_080514_copy_3024x2268_1



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村   

↑このページのトップヘ