のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 徒然草

近所の畑である。
昔、大学の教授の奥様が自然農法をやっていた。
その後を近所の奥さんが受け継いだが、単なる雑草との混植であった。
大学教授の奥様の家が売りに出された時に、近所の奥さんのお姉さんが買ったようだ。
現在は、二人でやっているが、すっかり普通の畑に戻っていた。
それぞれ未亡人となったが、ボーイフレンドがいてその彼氏が一生懸命シャベルで耕している。

20190809_060056-1620x2160


畑には、色んな野菜があちこちに植えてある。
花も無造作に、植えてある。
自然農法と云えば、言えなくもない。

20190809_060027-2160x1620



道路わきには、見たことのある花が咲いていた。
花オクラである。
このような作り方も良いものだと画像に収めた。
私の畑の花オクラは、ちょっと作りすぎた感じだ。

20190809_060034-1620x2160



ポチッと、投票お願いします

  2練馬大長尻大根 9-1



ラジオやテレビ番組で最近感じることは、ドラマのように作られたフィクションではなく、生のままの素材を番組にしているものが多い感じがする。

私の楽しみにしている番組に『ポツンと一軒屋』とか、『帰れマンデー見っけ隊』、『ザ!鉄腕!DASH!!』とかがある。

共通しているのは、予期しないドラマが起こる事である。ポツンと一軒屋では、そこに住んでいる人の生きざま、人生が垣間見られる。まさにドキュメントだ。

0208



『帰れマンデー』では、サイコロの目で降りる場所が指定される。そこには果たして食堂はあるのか?とか、偶然のドラマが展開される。そして、そこにはあるがままの自然の映像や人との出会いが映し出される。

0521



鉄腕ダッシュでは、 作らなくても良いものを時間を掛けてただ作る。作りかけのものが台風でこわされる。
予期された感動ものではない。ある目的で遊びで作ったものが自然の驚異でことごとく打ち砕かれる現実である。仕掛けは人為的でも、その過程と結果はありのままの姿である。

2019_07_09_11.30.01


どうして、その様な何でも無いような番組に引かれてしまうのか、不思議である。



私たちは、膨大な情報が飛び交う世界に住んでいる。そして時に、その情報によって思わぬ方向に動かされてしまう。

マツコデラックスが番組で、これは上手いといったポテチが次の日には、売り切れで店頭から無くなる。

この食べ物は、栄養があって身体に良いと有名人が言っただけで、売り切れとなる。
上手いものはたくさんあり、食べ物で身体に悪いものなんて、有りはしない。

情報の力は凄いと思う。注目の人気者が上手いとか体にいいと言っただけで、興味を持たされ、洗脳されてしまう。ある種の怖ささえ感じてしまう。

世界は2度ほど、間違った情報に踊らされた。
1つはイギリスのAU離脱と、もう1つはトランプ大統領の誕生だった。

ほとんどの人が、大量に垂れ流される一方的な情報によって、そんなことは無いだろうと誘導された感じだ。しかし現実は、多くの人が予想したことと反対の結果となった。

原因はなにか?
意図的に流された膨大な情報によって、世の中の人が騙されたのだと思った。
情報は、お金の力で大量に流すことができるのである。

トランプは、メディアを通さないで、ツイッターで情報を世界中に発信する。トランプの生の言葉である。何の加工もされていない真実の情報である。
それの情報は、多くの市民と一緒のインターネットの加入料金ですむ。お金のかからない情報である。

真実とは、彼が語る中身のことではない。誰が言ったかという意味での真実である。紛れもなく彼自身の言葉で情報を発信したものだ。メディアが切り貼りしたインチキ情報ではない。カットなしの生の情報だ。

その内容についての賛成、反対は、利害の絡むものが自己判断すれば良いだけだ。

世の中には二つの情報がある。
1つは真実であり、もう1つはフェイクニュースである。

週刊誌の情報は時として、確信犯としてフェイクニュースを記事にする。週刊誌の売れゆきと損害賠償額とを天秤に掛けて出す記事である。

最近では、吉本騒動がそれである。


私がSNSで情報発信を始めたのは、35才の時である。たまたま学校でパソコン担当になって、学校のホームページを作らなければならなくなったからだった。プライバシーがゆるい時代だった。文科省も何の予算も付けずに、全学校にHPを作れと文書を出した。無責任である。

情報リテラシーなど訳もわからず、とにかく私的なHPを立ち上げることで、反応を試しながら勉強して行こうと考えた。

やって行くうちに、情報を発信することは、より多くの情報をキャッチできることに気がついた。

インターネットのグーグル検索の情報量は、国会図書館を幾つももっているぐらいの途轍もない情報量だ。

しかし、知識が乏しければ、検索しても優良な情報を得ることは出来ないものだ。個人の能力の限界というものがある。

しかし、双方向のSNSでは、知らなかった情報が飛び込んでくる。その情報をもとに更に検索すれば、より多くの深い情報を得ることができる。ど素人の私が、何とか食べられる野菜が出来ているのは、その情報を発信してくれるブロ友さんの恩恵によるものだと思っている。

野菜の育て方のノウハウを紹介した情報は、たくさんある。種苗会社の情報は、一般的な方法を紹介したものである。
しかしながら、実際に野菜を作っても種苗会社の紹介してある画像の様な野菜を作ることは至難である。

一方、素人が作った野菜の画像を見ると、安心する。何故なら自分の作った物と似ているからである。ブログ記事の画像も本物である。綺麗な形のもあれば、歪な形の物もできる。

種を買って貰うためには、何処から見ても、色、艶、形が完璧でなければ、他の会社の種を買われてしまう。
つまり、種苗会社の画像には、フィクションが含まれる。一番いい特急品の一品かも知れない。

知りたい情報は、歪なものが出来ることもあるという真実である。

トランプのツイッターと同じように、個人のブログは、真実の情報の交換場でもある。

プロ農家からは大事なポイントとなる情報は、簡単にはでてこない。何故なら企業秘密が有るからだ。

引退した長老の口癖は『本に書いてある通りにやったのに、その通りに出来たためしがない。』であった。
ノウハウ本を書いた人は農家のプロでは無い。その話を取材し、まとめて文章の上手な人が書いたもので、大事なエキスは何も書いていない筈だ。

私は5年ほど前に、ブドウの剪定方法をネットで調べて、マニュアルを作成したことがある。その通りにやったのだけど、年々実が生らなくなっていった。やればやるほど悪くなって行ったのである。

4年目に、気がついた。私の参考にしたプロ農家のブトウの木は50年以上は経っているだろうと思われる太い木であった。いっぽう私のブドウの木は、ようやく実が着いた若い木だった。

ほんの一部の枝葉の知識で、全体を理解しないまま小手先の技術を真似をしてしまったわけである。
もし私と同じような若木で上手く行っている人の記事を見ていたら、もっとはやく理解出来たと思う。

多くの人達が欲しがる情報とは、生きた情報であり、本当のことを言っている情報であると思う。

そのためには、受け身だけではなく、自らも情報を発信していくことで、より確かな生きて役立つ宝物のような情報を得ることが出来るかも知れない。

今日もポチッと、投票お願いします

  2練馬大長尻大根 9-1


東京FMで『時間とお金のどちらを取るか?』という命題についての話を聞いて、なるほどなって思った。
お金を優先して幸福感を得る上限が、年収900万円だと言う研究が紹介された。

つまり年収900万円までは、お金が増える毎に幸福感が増加して行き、それ以上になるとお金が増えても、幸福感は変わらないという研究結果だったと言う。

外国の大学生の就職先の決定で、この命題に似た選択のエピソードが紹介された。

大学を卒業して就職試験の結果、2つの就職先に合格した者がいた。
一つは、職場が自転車で自宅から15分程の所にある公務員。
もう一つは、一流企業の社員。こちらは公務員よりもはるかに給与の良い待遇。しかし通勤時間が往復で4時間以上を費やす。

大学生は、地元に職場のある公務員を選んだという話である。



話は変って、
昨晩の『ポツンと一軒屋の番組』で、二組の若いカップルが紹介された。

ー組目は、夫が神奈川県で妻が千葉県出身。
二人は、大地震がキッカケで、別々に都会の暮らしを離れて、自給自足の様な生活がしたいと香川県に移住した。
2019_07_09_11.30.01

そこで出会った二人は、3年前に結婚し、2歳になるお嬢さんと3人暮らしをしている。

0208

現在はにわとりを130羽育てて、卵を売って現金を得ている。

0521


二組目のご主人のお仕事は、なんと猟師さん。

香川県に移住して自給自足の生活を始めた頃知り合った猟師さんにご馳走していただいた猪肉の鍋がとても美味しくその後弟子入りしたという。

20190701_083232


今では狩猟から出荷まで自ら行っている。冬は猪の肉に脂がのって美味しく、夏は鹿の肉に脂がのると云っていた。

無題1

現在は、夫婦で麓の地元特産品の直売所カフェの運営を任されるまでに地域に溶け込んでいる。

無題2

この二組の若い夫婦の生き方は、お金よりも時間をとった生き方の典型だと思った。
過疎化の進んだ山間の地域には、年寄りたちが多く赤ん坊の声すら聞けない。
そんなところに、ピカピカ輝く若者が夫婦で飛び込んできた。
大事な身内のように、地域住民のみんなが力を貸してくれている。

私の若いころの時代は、少し違った。
子どもの頃は、みんな同じように貧乏だった。
乗用車1台の値段と家一軒の値段が同じだった。
中学生の頃、大学に行っているお金持ちのお嬢さんと話した時に、家は持つことはできるかもしれないけど、車は一生持つことは出来ないかもしれないと言ったら、笑われたことを覚えている。
将来一生懸命に働いて、車を持てるような生活がしたいと思っていた。

大人になって仕事についたけど、時間のことなんて考えたことも無かった。
仕事も楽しかったので、朝から晩まで1年中、休みなく働いていた。

早期退職して、遊んで暮らそうと思ったら、時間が膨大にあることにうんざりした。
遊んで暮らすには、有り余るほどのお金が無いことには、無理だった。
趣味は人の何倍も持っていたが、一人で遊んでいてもちっとも面白く無かった。
友達は、みんな働いていた。
遊んでくれるのは、定年退職した年寄りばかりだった。

そして、とうとう年金生活者になった。
お金は、生活を楽しめる分の金額でいいと思うようになった。
いい車を買いたいとか、贅沢三昧をしたいとはまったく思わなくなった。

相変わらずたくさんの趣味はあるが、その趣味だけでは時間を持て余してしまう。
そして、趣味を楽しむためには、生活費のほかに自由に使えるお金が必要だ。
そのお金は、パートタイマーとして何時間か仕事をして、必要なお金を得ている。

そして、いつも考えているは、どのようにしたら楽しい時間が過ごせるかと云うことである。
お金のために働いている時間は、決して楽しい時間ではない。
しかし、友達はみんな働いている。
少しぐらいの時間は、お金を対価に使っても、なお自由に使える時間は、たくさんある。

人生は、楽しくなくっちゃ生まれて来たかいが無いじゃないかと思えるようになった。

今日もポチッと、投票お願いします

  2練馬大長尻大根 9-1
















ヤフーブログからライブドアに移動して、3か月が過ぎた。
ライブドアブログの『ガーデニング』カテゴリーには、2344人の登録がある。
その中で、今日見たら第4位にランクされていた。→ライブドアガーデニング
おそらくこの順位が最高順位だろうと思う。記念にコピーして記事にした。(*^。^*)



2019_07_09_11.30.01




今日もポチッと、投票お願いします

  2練馬大長尻大根 9-1


3月に『ライブドアブログ』を開設しました。
ヤフーブログ廃止によるブログの移転の為でした。
ヤフーブログと同じ『のじさんの徒然草』にしました。

今まで友達が『のじさんの徒然草』で検索すると、『ヤフーのブログ』がトップに表示されてしました。
『ライブドア』がトップになることはありませんでした。
今日何気なく、ヤフーで検索しました。

すると、トップにようやく現在のライブドアブログの『のじさんの徒然草』がトップに表示されました。
4ヶ月で、ブロ友さんのバックアップもあって6万アクセスを超えました。
とても感謝しております。
この場を借りて御礼申し上げます。


のじさんの徒然草


友達や知り合いに、私のブログを紹介するときは、
ヤフーやグーグルで『のじさん』と打ち込んで検索すると、出てくるよと教えていました。
それで、今日検索して見たら『ヤフーブログ』でした。
まだ、『ライブドアブログ』は下の方にしか出ませんでした。

ちなみに『のじさんのらん・蘭・RUN』は、昔のホームページです。細々と生きています。
ブロバイダー加入しているニフティのサービスが停止されて、有料となったのでヤフーブログに移りました。
ホームページでは100万アクセスを達成しました。カウンターが有料となったので、これも廃止しました。


ヤフーブログ



今日もポチッと、投票お願いします


  2練馬大長尻大根 9-1




↑このページのトップヘ