のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 葉菜類の栽培 > ニンニク

👇は、ニンニクの畝である。
播種日は、10月19日である。播種日から27日目の画像である。
ニンニクは、ホワイト6片の自家産種である。114片ぐらい植え付けてある。
画像を見ると、ほぼ発芽したようである。

 20231115_074716_copy_1512x2016


昨年も自家産種を植え付けたが、酷い状態であった。
原因は、多肥栽培による障害だったようだ。
今回の種ニンニクは、購入種を無肥料で栽培したものを使ってある。
20231115_074749_copy_1512x2016



👇は、ジャンボニンニクである。
ジャンボニンニクは、発芽にバラツキが見られる。
種は皮を剥いて、品質を確かめてあり傷等の欠陥は見られなかった。
発芽の遅いのを土を掘って見たが、芽は動き出していた。
20231115_074757_copy_1512x2016


👇は、ムカゴを植えてある場所である。
幾つかは発芽しているが、全体的には時間が掛かりそうである。
昨年も発芽まではかなりの時間が掛かった。年が明けた2月の頃に発芽するものもあった。
20231115_074834_copy_2016x1512



👇は、露地栽培のイチゴの畝である。
品種は、章姫である。
昨年は5株買って、春に少しだけ収穫した。
今年は、沢山の苗を採ったが夏にかなりの数を枯らしてしまった。
多くは1番苗だったので、葉が大きくなったが葉欠きをしなかったために、老化苗になってしまった。
そのため根が枯れてしまった。
20231115_074905_copy_1512x2016


👇は、拡大した画像であるが、気温も下がり冬越しの準備をしているように、葉がロゼット状に広がりつつある。
20231115_074915_copy_1512x2016



👇の畝は、間欠冷蔵処理をしたが、残念ながら花芽形成ができなかった苗である。
小さな苗が1株だけ、奇跡的に花芽が着いた。
現在、ハウスの中で花が咲き実が生っているが、苗が貧弱なので期待は出来そうもない。
手前の株は、元気が葉がワサワサと育っている。
20231115_074926_copy_1512x2016


👇は、第4畑である。昨日管理機で耕した所に、2畝作ってマルチをした。
ここには、現在播種しているサラダミックスとほうれん草を作付ける予定である。
この第4畑は、マルチをやった部分は2時ごろまで日が射すので、葉物野菜はなんとか作れる。
20231115_092748_copy_2016x1512



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、ニンニクとジャンボニンニクの畝である。
画像手前からホワイト6片、ジャンボニンニク、ジャンボニンニクのムカゴを植えてある。
IMG_20231110_141654_DRO_copy_1512x2016


👇は、ジャンボニンニクの画像である。
画像手前には大きな鱗片を千鳥に植えてある。
奥に行くほど、鱗片の小さいものを植え付けてある。
IMG_20231110_141717_DRO_copy_1512x2016


👇は、小さなムカゴを植えてある場所である。
ムカゴは殻を割って、さらに薄皮を剥いで植え付けた。気の早いものは芽を出している。
ムカゴは、鱗片よりも発芽に時間が掛かる感じである。
鱗片は、皮まで剥いたものは300粒以上植えてある。
残りは、殻のまま畝の最後に100粒ぐらい植えた。
IMG_20231110_141732_DRO_copy_1512x2016


👇は、スナップエンドウと絹さやの苗である。
いつでも植え付けられる大きさになっている。
画像左が絹さやで、右がスナップエンドウである。
スナップは、4粒蒔いたが絹さやの3粒蒔きよりも、発芽本数は少ない。
IMG_20231110_142103_DRO_copy_2016x1512



👇は、そら豆の苗である。
こちらもいつでも植え付けできる大きさになっている。
IMG_20231110_142047_DRO_copy_1512x2016


👇は、第2菜園に準備したソラマメの畝である。
こちらに2畝作付ける予定である。
畝長は11mぐらいなので、株間を60㎝にすると1畝に18株なので、36株の苗で足りる。
苗は、友人と先輩の分も作ってある。
IMG_20231110_141634_DRO_copy_2016x1512



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村  

👇は、第2菜園のニンニクとジャンボニンニクの畝である。
IMG_20231029_084249_DRO_copy_1512x2016




播種日10月19日で、10月29日現在の発芽率は、55%である。 
IMG_20231029_084621_DRO_copy_1512x2016



👇は、ジャンボニンニクのムカゴの皮を剥いて、植え付けた画像である。
IMG_20231028_092655_copy_1512x2016


全部で100粒蒔いた。
今回で、ムカゴは300粒蒔いたことになる。
IMG_20231028_092707_copy_1512x2016


マルチが切れてしまったので、やや密植にムカゴを撒いた。
IMG_20231028_092713_copy_1512x2016


👇は、土を掛けた画像である。
まだ200粒ほど殻を剥いていないムカゴがある。
それは続きに、殻付きのまま植え付けようと思っている。
IMG_20231028_093001_copy_1512x2016



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
 

👇は、ホワイト6片の種ニンニク114片である。
今年の種は、無肥料で栽培した所、粒はやや小さかったが、現在まで異常が出ることは無かった。
皮を剥いても、傷があったのは2,3片だけであった。

1


👇は、114片のホワイト6片ニンニクを植え付けた後の画像である。
 IMG_20231019_140222_copy_1512x2016


👇は、拡大画像である。
IMG_20231019_140232_copy_1512x2016



👇は、ジャンボニンニクである。大きさ別に分けてある。
大きなものから30片、50片、50片、80片の計210片である。
ムカゴは、空いた畝に別の日に皮を剥いて植え付ける予定である。
IMG_20231019_141136_copy_1512x2016


👇は、一番大きな1片種(30片)を千鳥に植え付けた。
IMG_20231019_141643_copy_1512x2016


ホワイト6片の種ニンニクとジャンボニンニクを植え付けた後、土を掛けた。
IMG_20231019_144620_copy_1512x2016


最後に水をたっぷりかけて、植え付けが終了した。
IMG_20231019_145211_copy_1512x2016




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村 

👇は、水に浸けたホワイト6片の種ニンニクである。
10分ぐらい水に浸した後、皮を剥く。

 IMG_20231016_104439_copy_2016x1512


👇は、ジャンボニンニクである。
ジャンボニンニクは黒ニンニクにするので、沢山の種ニンニクを準備した。
IMG_20231016_104451_copy_1512x2016

👇は、7g以上の重さの物を、114片皮を剥いた。
水に浸しても、結構皮むきは大変だった。
どうやったら一番早く皮を剥くことができるか、あれこれ試行錯誤して、自分なりにこれは良いという方法を見つけた。
① 水に30分ぐらい浸ける
② 頂点を鋏で切る。最初に全部の頂点をカットする。
③ ギザギザのあるピンセットで頂点に鋏を入れた所から捲っていく。
④ 最後に乾いた布で薄皮を擦り取る。
最初は、親指の爪を使って、剥いていたがこれが時間が掛かってしまう。
しかも、水に浸けたので薄皮がつるつる滑る。
頂点カット、ピンセット、乾いた布の三点セットで、時短に成功した。
IMG_20231016_154011


裸になった種ニンニクは、ネット袋に入れて植え付け日まで冷蔵庫で保管する。
芽が出なくても、畝の準備が整えばそのまま植え付ける予定である。

本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村 



↑このページのトップヘ