のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 葉菜類の栽培 > ニンニク

👇は、南側から撮ったニンニクの畝である。
今年は、4月初期に葉枯れ病に罹ってしまった。
療薬を使って何とか止まったが、罹ってしまった株は生長をストップしてしまったので、破棄することになった。

20220511_075738_copy_2268x3024


👇は、YUKI紫ニンニクである。種を繫ぐことと、鱗片の数が多いので、ニンニクスプラウトで頂く予定である。
20220511_075745_copy_2268x3024



👇は、ジャンボニンニクである。ここに来てボリュームが出てきた。
病気にも強いらしく葉枯れ病に罹らなかったようだ。ちらりほらりと、トウ立ちが始まったようだ。
20220511_075753_copy_2268x3024


👇は、ホワイト6片である。
生長がストップしてしまったものは、抜いて破棄した。
まだ、トウ立ちは始まっていない。
20220511_075808_copy_2268x3024


かなり葉枯れ病になったが、たくさん植え付けたので、収穫量は十分期待できそうだ。
20220511_080015_copy_2268x3024



平均的な大きさの物を試し取りしてみた。
20220511_074238_copy_2268x3024


まだ、玉が十分には育っていない感じである。
去年のようには、茎は太くはない。
去年は肥料の量を間違えて、多肥栽培になってしまった。
20220511_074243_copy_2268x3024



👇は、玉を切り取った画像である。4,5枚の皮に包まれている。
20220511_074332_copy_2268x3024



皮を全部剥いだ。5片だった。さすがにホワイト6片である。
小さいながらも、ちゃんとしたニンニクになっていた。
トウ立ちを待ってから、しばらくして収穫することにした。

ニンニクの収穫時期の目安は
 ?
『ニンニクの球は、5月の終わりから6月にかけて大きくなり、6月ごろ、葉が枯れ始めたら収穫のタイミングです。』➡転載元

IMG_20220511_112035



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、ニンニクの畝である。今年は4月初旬の天候不順により、ニンニクに葉枯れ病が出てしまった。
慌てて、アミスター20とダコニール1000と2度にわたって、治療を行った。その甲斐あってか、大事にはならずに済んだ。何株かは、枯れてしまって生長がストップしてしまったようだ。しかしながら、全体としては生き残れた感じである。
20220421_080959_copy_810x1080


👇は、一番小さな鱗片(4g~6g)を植えたブロックである。大小不揃いである。
20220421_081008_copy_810x1080



👇は、7g~11gの鱗片を植えた、ブロックである。
20220421_081022_copy_810x1080



👇は、12g以上の大きな鱗片を植えた、ブロックである。
こちらは欠株も少なく、大きく育っているようだ。
20220421_081034_copy_810x1080

👇は、ジャンボニンニクのブロックである。
20220421_081100_copy_810x1080



上の画像からもわかるように、ところどころにスギナが出ている。

それは、👇の画像のように段差のある隣の畑との境界の土手一面にスギナが生えている。ここからニンニクの畝に伸びてきているためである。
20220421_081133_copy_810x1080


👇の画像は、ニンニクの畝にスギナが進出してきている画像である。
20220421_081338_copy_810x1080


👇の画像のように、手で引き抜いている。また出てくるがあまり気にしてはいない。
20220421_081427_copy_810x1080



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村   


 

👇は、ニンニクの畝である。3月下旬から4月初旬の急激な気温変化や、最近の夏日のような天候不順は、野菜にとっても決して良い環境では無い。
20220412_085133_copy_2268x3024

葉枯れ病は、アミスター20による治療消毒や、Zボルドーによる殺菌消毒で、ある程度は治まっている。
20220412_085140_copy_2268x3024

しかし、まだ安心は出来ない。
昨年までは、気にもとめなかったが、葉枯れ病や軟腐病に罹った等の情報が、
あちこちから発信されている。
20220412_085150_copy_2268x3024


👇は、一番しっかり育っていたニンニクであるが、二ヶ所に特徴的な病斑が見られる。
20220412_085159_copy_2268x3024

👇は、ジャンボニンニクである。こちらは葉先に黄枯れが見られるが、葉全体には広がっていない。
20220412_085208_copy_2268x3024

👇は、紫ニンニクであるが、中ほどの一部に葉枯れ病で、生育が止まってしまっているようだ。
20220412_085217_copy_2268x3024


ダコニール1000も購入して有るので、次はこちらで治療消毒をする予定である。

➡引用元YOSHIDAYA
IMG_20220412_113224
IMG_20220412_113301
IMG_20220412_113345
IMG_20220412_113417
IMG_20220412_114849
IMG_20220412_114927


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村    

👇は、ニンニクの畝である。葉が黄色くなるのが気になっていた。
20220405_075436_copy_2268x3024

今年は、比較的に順調に生育している。しかしながら、よく見ると葉が黄色に枯れてくるのが目立って来ている。5月の収穫期には、殆どが黄枯れしてくるので、心配は無い。
しかし、まだ4月に入ったばかりなので、葉枯れ病かも知れない。

20220405_075445_copy_2268x3024


玉ねぎのベトビョウやニンニクのさび病の治療薬には、👇のアミスター20フロアブルを使うことにしている。治療薬は、結構な値段である。
普段は、予防薬のZボルドーを使って、月に2回ぐらい殺菌消毒している。

アミスター20フロアブル
IMG_20220405_144318

1640509118849


中から出てくる新芽は綺麗な緑色であるが、しばらくすると葉先が黄色くなってくる。冬の寒い時は、外葉は、ほとんど黄色くなって枯れてしまう。また、収穫が近づく5月頃にも黄枯れが見られる。

しかし、今は4月である。暖かい日から急に寒の戻りがあったりしたので、糸状菌が繁殖して葉枯れ病が出たのではないか。
20220405_075454_copy_2268x3024


あまり気にしていなかったが、黄枯れが徐々に広がってきているので、心配になった。
20220405_075502_copy_2268x3024


➡参考元(
ニンニク栽培.com
『春になって気温が上がったにも関わらず、新しく出た葉の先端に症状が出た場合は、冬枯れではなく葉枯病です。
■原因
葉枯病の原因となる菌は、カビの仲間の菌です
高温多湿の環境を好むため、冬の寒い時期には発症することが少ない病気です。
冬を越え、気温が上がってくる4月頃から症状が出てくるので注意が必要です。

20220405_075511_copy_2268x3024


👇は、紫ニンニクであるが、生長が早い分黄枯れも広がっているようだ。
20220405_075520_copy_2268x3024
 

本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村     

👇は、ニンニク畝である。今年は、鶏糞一発施肥で育てている。鶏糞量は、2.5㎏/㎡である。
友人は、3㎏/㎡である。私の畑では2.5㎏/㎡が丁度良い感じである。

20220324_074951_copy_2268x3024



👇は、一番小さな鱗片(4g~6g)を植えたブロックである。
今年はホワイト6片の種ニンニクの確保と黒ニンニク作りのために、出来るだけたくさん育てている。大先輩が、ニンニク栽培を途中であきらめてしまった小さかった。いらないというので、それをそっくり頂いて、小さい物(4g~6g)でも種用のニンニクぐらいは採れるかもしれないと、作付けした。

画像からもわかるように、大きく育っているにんにくもかなりの数出来ている。
20220324_075002_copy_2268x3024



👇は、7g~11gの鱗片を植えた、ブロックである。
こちらからは、私の作った種ニンニクを作付けしている。さすがに、極端に小さいものは少ない。ところどころ欠株となっている所は、昨年の作が施肥量を間違えてしまったことと、保管場所が良くなかったことで、腐ってしまったものがあった。
20220324_075011_copy_2268x3024


👇は、12g以上の大きな鱗片を植えた、ブロックである。こちらは欠株も少なく、大きく育っているようだ。
20220324_075020_copy_2268x3024



👇は、ジャンボニンニクのブロックである。
20220324_075030_copy_2268x3024



👇は、YUKI紫ニンニクである。大きくて良い鱗片を植え付けた。
20220324_075040_copy_2268x3024




 本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村    

↑このページのトップヘ