のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 葉菜類の栽培 > ニンニク

今年のニンニク栽培は、特殊な栽培となってしまった。と言うのは、友人の真似をして鶏糞の大量投入でのー発肥料栽培を行った。
所が勘違いして、1畝に鶏糞を3袋撒くところを、6袋90㎏を撒いてしまった。
撒いてから直ぐ気が付いて、撒いた物を半分隣の畝に退けた。しかし、粉の鶏糞なのでピッタリには、いかなかった様だ。
感じとしてではあるが、2.5kg/㎡の予定が、3.5kg/㎡ぐらいになってしまった。

という事で、友人のニンニクよりも育ちが良く、極端に大きく育っているようだ。
果たして、どの様な結果になってしまうのか、不安と楽しみの両方があるのが、今の本音である。

👇の画像は、YUKI紫ニンニクである。かなり大きく育っている。
20210225_082018_copy_2268x3024

👇は、ホワイト6片ニンニクである。
葉は大きく茎も長くなっている。今にも花芽が伸びて来そうである。
20210225_082038_copy_2268x3024

下は、ホワイト6片の全体画像である。
最初に蒔いた鱗片は、半分以上発芽しなかったので、スーパーの食用ニンニクを追加蒔きした。他より遅れて発芽したが、ドンドン生長して先に発芽した物より大きくなってしまった。
20210225_082048_copy_2268x3024

下の画像が、先に発芽したホワイト6片である。葉幅は広く育っているが、まだ茎はそれほど伸びていない。上記画像との違いは、株間の広さである。上は倍の数を植えてある。
20210225_082117_copy_2268x3024

上のホワイト6片の拡大画像である。
20210225_082130_copy_2268x3024



下は、別のYUKI紫ニンニクである。
こちらも、茎がグングン伸びて来ている。
昨年は、化成肥料で多肥栽培をした。同じように大きく育ったが、茎も太く育ったため、いつまでも乾燥しないで腐りそうだったので、皮を剥いて鱗片を乾かした。

今回も、ニンニクの容姿全体が昨年の育ち具合と似ている。
20210225_082216_copy_2268x3024
2020年3月9日の画像
1
窒素過多による蔓ボケ状態で、大失敗だった。


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

👇はニンニクの畝である。
恵みの雨がたっぷりと降ったためか、全体的に生気が出てきた感じである。
20210217_084023_copy_2268x3024

YUKI紫ニンニクである。2軍の残った鱗片を蒔いたが、1軍と変わりなく育っている。
20210217_084030_copy_2268x3024

ジャンボニンニクであるが、種が小さかったのかあまり育ちがよくない。
20210217_084037_copy_2268x3024

👇は、青森ホワイト6片ニンニクだが、のびのびと育っている。
定期的に殺菌消毒はしているが、葉枯れはそのまま放って置いている。
20210217_084046_copy_2268x3024

👇も上と同じホワイト6片であるが、倍の量を植えた。そのためなのか茎が伸びてしまっている。
まったく別品種のような育ち方である。
20210217_084109_copy_2268x3024

👇は、1軍のYUKI紫ニンニクである。
20210217_084141_copy_2268x3024

畝の条件が悪かったのか、欠株が多く出た。品種は中国ニンニクである。
20210217_084147_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


👇は、YUKI紫ニンニクである。本命ではなく余った鱗片を植えたものである。
太い茎に成長し、立派な風格が感じられる。
20210205_075547_copy_2268x3024

今年初めて作付けたジャンボニンニクである。おのればえで畑の隅に3本出ていたものである。
20210205_075556_copy_2268x3024

👇は、ホワイト6片である。スーパーの食用ニンニクを種に使った。
20210205_075607_copy_2268x3024

👇も、ホワイト6片である。上の倍の量を植えてある。
20210205_075616_copy_2268x3024

👇が、本命のYUKIニンニクである。茎が太く生長している。
20210205_075624_copy_2268x3024

👇は中国ニンニクである。発芽にばらつきがあったようである。
20210205_075631_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >



◎1回目は、冬におこる。
寒くなると、ニンニクは生育を止めて休眠状態に入る。
この時期、すでに葉が何枚か出ている状態になっているので、寒さに当たると葉が傷み、黄色くなることがある。
特に寒冷地で育てている場合に多い現象。
暖地や中間地であっても、霜がおりる日があったり、氷点下になるときや、強風が吹くと黄色くなることがある。

◎2回目は、収穫間近。
5月中旬以降から収穫が可能ま時期になると、葉は役目を終えて黄色く変色する。
全体の三分の二くらいが変色してきたら、収穫のサイン。

これらは、時期が来ればほぼ必ず起こる現象なので、心配は無用。

👇の画像は、ジャンボニンニク。
葉の黄枯れが多いようだが、そのままにした。
20210130_154506_copy_2268x3024

青森ホワイト6片
20210130_154512_copy_2268x3024

青森ホワイト6片

20210130_154519_copy_2268x3024

YUKI紫ニンニク

20210130_154525_copy_2268x3024


中国ニンニク
20210130_154529_copy_2268x3024



👇の画像は、枯れた葉を切り取って綺麗にしようと思ったが、面倒になり途中でやめてしまった。
茎を見ると、どのニンニクも綺麗に伸びているので、単なる寒さによる黄枯れだと判断した。
20210130_154855_copy_2268x3024



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

私の畑に入る入り口の所の畑に、遅く蒔いたニンニク畝がある。前までは、青々として綺麗な葉色をしていた。しかしながら寒い日が続いたため、ここの畝のニンニクも黄色くなってきた。
20210125_072943_copy_3024x4032

拡大画像で見ると、葉の先のほうが黄枯れしているようだ。遅く植えても寒さがきつければ、ニンニクの葉は傷んでしまうようだ。
20210125_072949_copy_3024x4032


20210125_072958_copy_3024x4032


1月9日の画像
1


👇は、玉ねぎの畝である。昨年はこの時点で太く育っていた。畑に小屋に吊るし保存していたが夏ごろに無くなっていた。恐らく腐ってしまったのだろう。
今年は、良い感じで育っている。
20210125_073008_copy_3024x4032

枯れた葉も少なく、元気に育っているようだ。
20210125_073016_copy_3024x4032

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


↑このページのトップヘ