のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 家庭菜園 根菜類の栽培

1週間前にジャガイモの植え込み準備は整っていた。
あと1週間ぐらい浴光育芽を続けても、さほど芽が伸びるとも思われないので、植え込みすることにした。昨年は、まったく芽当たりしていなかったので、今年のほうが芽当たりしているのが確認できたので、大丈夫だろうと思う。まだ、時期的に寒波がやってくることもあるので、少し深埋めした。


20210227_153341_copy_3024x4032

畝の部分に埋めるのではなく、谷の部分に埋め込んだ。
20210227_153332_copy_3024x4032



今年は、この場所に5畝作付けし、別の場所に1年前の種を使って、秋作用の種芋を確保することにした。
20210227_153310_copy_3024x2268

土をしっかり掛けて、平畝にした。芽が出たら高松式をやってみようかと思っている。
20210228_100222_copy_3024x2268


各畝とも31、2個埋め込んである。
5fc65423-s


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >



 



ミニハウスの中で、浴光催芽をして芽を出させている。
2月1日から場所を変えながら、より暖かく明るい場所を求めて、浴光催芽をしてきた。

👇は、メルカリで購入した食用の「ながさき黄金」である。
食用というだけあって、皮がむけていたり傷があったりしていた。
くぼみのところをよく見ると芽が動いているものもみられる。
20210226_082720_copy_2268x3024


👇は、アンデスレッドである。自家産の芋である。
そうか病も無く、きれいな肌をしている。こちらもくぼみの部分に芽当たりが確認できる。
20210226_082754_copy_2268x3024


👇は、グランドペチカである。自家産芋であるが、こちらは綺麗な肌とは言えない。芽当たりは、ほかの芋と比べて一番進んでいる。
20210226_082844_copy_2268x3024


👇は、ジャガキッズパープルである。アンデスレッドと親戚である。一度作を失敗して、やっとのことで種芋を残したものである。芽当たりがあるのかどうか、よく確認できない。
20210226_082927_copy_2268x3024

さて、もう少し芽が出てから畑に埋めるべきか、それともまだ寒いので深めに溝を掘って明日にでも畑に埋めるべきか、悩ましいところである。


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

👇の画像は、グランドペチカである。
比較的、芽当たりがはっきり確認できるものを撮ったものである。
この感じなら、来週には植え付けができるかもしれない。
20210221_101117_copy_2268x3024


👇は、長崎黄金である。
秋ジャガの食用をメルカリで購入したものである。ほんの少し芽当たりが確認できる。

『長崎黄金は「ニシユタカ」より休眠期間は短く、春作栽培では、「ニシユタカ」に比べ出芽期が 4 日程度早い。秋作普通栽培では、「ニシユタカ」に比べ出芽期が 7 日程度早い。』出展元
20210221_115950_copy_2268x3024



👇は、アンデスレッドである。秋ジャガを作ったときに、萌芽が一番遅かったが木勢が強く、収穫量も一番多かった。二期作には、有力な品種である。
20210221_101255_copy_2268x3024

👇は、ジャガキッズパープルである。アンデスレッドの改良品種である。現在は、種芋の確保に力を入れている。
20210221_101203_copy_2268x3024

👇は、浴光催芽をしているグランドペチカである。130個ぐらい確保してある。友人も作りたいというので、30個ぐらいお裾分けが決まっている。
20210221_102009_copy_2268x3024

👇は、長崎黄金である。1畝30個ぐらいなので、大きめのものは食用で味見してみようと思っている。
まだ食べていない。とても美味しい「インカの目覚め」から生まれたジャガイモのなので、楽しみである。
20210221_102049_copy_2268x3024


👇は、アンデスレッドである。こちらも1畝30個ぐらいなので、残りは食用にする。
20210221_102041_copy_2268x3024


👇は、ジャガキッズパープルである。かろうじて1畝分の種芋が確保できた。
20210221_101959_copy_2268x3024

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >






👇は、ジャガイモ畝の計画である。
1



👇は、サツマイモの畝の計画である。
5fc65423-s


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

👇は、ミニハウス内で、ジャガイモの浴光催芽をやっている画像である。
防寒対策で、不織布を二重に掛け、その上に防虫ネットを、これまた二重にしてある。
地べたは、フカフカの乾いた状態になっている。
20210219_085529_copy_2268x3024

寒い日が2日続けてあったので、種イモの状態を点検した。
通路の足場材に置いてあるのは、寒さで凍みてしまったジャガイモである。この二日間で凍みたのでは無く、前に凍みてしまったものが、ここに来て腐れが目立ってきたものである。
20210219_085740_copy_2268x3024

👇は、アンデスレッドである。凍みた物は少なかった。
20210219_085755_copy_2268x1701

👇は、Lサイズのグランドペチカである。
20210219_085750_copy_2268x3024

下も、アンデスレッドである。凍みた物は少なかった。
20210219_085808_copy_2268x3024

👇は、Mサイズのグランドペチカである。
20210219_085817_copy_2268x3024

👇は、グランドペチカの拡大画像である。芽当りが確認できる。

20210219_085825_copy_2268x3024

👇は、Mサイズのグランドペチカである。
20210219_085846_copy_2268x3024

👇は、Mサイズのアンデスレッドの拡大画像である。こちらも芽当りが確認できる。
20210219_085943_copy_2268x1701

👇は、Mサイズのジャガキッズパープルである。こちらも凍みたものは少ない。
20210219_085903_copy_2268x1701

今回凍みてしまっているジャガイモを、まとめたものである。
グランドペチカが、若干多い。
20210219_090143_copy_2268x3024



👇は、小屋に保管してある、LLサイズのアンデスレッドである。
丸形で、大きなジャガイモは、凍みにくいようである。
20210219_090222_copy_2268x1701



👇は、凍みたグランドペチカの拡大画像である。
傷口から白い液が出ていたり、芽の部分が黒くなっていたりする。また、汗をかいたように濡れている。
    20210219_090150_copy_2268x3024


👇は、小屋に保管してある、1年前の種イモである。グランドペチカ、ジャガキッズ、アンデスレッド、ニシユタカが混ざっている。
5fc65423-s


👇も、1年前の種イモである。こちらも混ざっているので、種類別に分ける必要がある。
1


👇は、1年前のグランドペチカの種イモである。
20210219_090324_copy_2268x1701

👇の紫色の濃い芽(奥の3個)は、ジャガキッズパープルである。
20210219_090328_copy_2268x1701





日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


↑このページのトップヘ