のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 家庭菜園 根菜類の栽培

👇の画像の右側2列は、生長が遅れているグランドペチカである。先日の強風と雨で倒れたものがあったので、マイカ線を使って起こした。
起こす前の画像
20220514_100644_copy_2268x3024


起こした後の画像
20220515_072412_copy_2268x3024_2



👇は、ながさき黄金であるが、マイカ線で強風対策はして置いたが、日照不足で徒長気味だったので、雨風にやられて、折れたり倒れたりした。
20220514_100701_copy_2268x3024


👇の画像は、一番太い茎が折れてしまっていた。
20220514_100711_copy_2268x3024


👇は、倒れている茎をマイカ線を追加して、起こした。
20220515_072357_copy_2268x3024_2





本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

にほんブログ村   


 

👇は、ブルーベリーである。ブルーベリーは、大きな木が3本ある。
こちらは一番若い、大粒の実のなるブルーベリーである。

20220513_081256_copy_2268x3024

👇は、一部の着果の様子を、撮った画像だ。
20220513_081308_copy_2268x3024


👇は、一番古く大きなブルーベリーで、実の大きさは標準である。
今まで、常に一番の収穫量を誇っていた。しかし、一昨年より様子が一変した。剪定を一度もやっていなかったので、木が老化していた。それで2年かけて、剪定をした。
20220513_081322_copy_2268x3024


👇は、着果の様子であるが、以前の勢いを取り戻した感じの、実の着き方である。
20220513_081335_copy_2268x3024




👇は、一番背丈が高くなった木である。2年掛けて、手の届く高さに剪定をした。大粒で生食用である。
20220513_081353_copy_2268x3024


👇は、着果の様子であるが、今年は、今までで最高に実が生っている感じである。
20220513_081408_copy_2268x3024




我が家には、3本のミカンの木がある。

👇は、
通路側の一番若い木である。
20220513_081430_copy_2268x3024


先日蕾だったものが、ここに来て満開に咲いた。この咲き方を見て、今までの最高の賑わいである。
いったいどのくらいの実が、着果するのだろうか。今から、ワクワクしている。
20220513_081437_copy_2268x3024



👇は、2番目に大きな木である。昨年は、4、5個しか実を付けなかった。病気で、冬に葉が全部落ちてしまったためだった。
20220513_081450_copy_2268x3024


今年は、恐ろしいしほど、花が咲いている。花だけ見ると、大豊作の様な感じだ。
20220513_081458_copy_2268x3024



そして、👇が我が家で、1番大きなミカンの木である。過去には、100個以上収穫した事がある。
しかしながら、昨年は、7、8個しか生らなかった。3本のミカンの木のすべての葉が、冬の間に落ちてしまったからだった。
20220513_081518_copy_2268x3024


こちらも、凄い勢いで花が咲いている。
我が家の果物で、自慢出来るのがここにあるブルーベリーとミカンと、ブドウハウスの葡萄である。後は、8本ある柿の木である。
20220513_081552_copy_2268x3024

本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

にほんブログ村   



 

👇は、人参の畝である。昨年から穴あきマルチを利用している。1穴に2本を作って丁度良い感じである。間引きも2本残すので、簡単である。ニンジンは、無肥料で種まきをする。そして定期的に追肥することで太くしていく。このやり方で、昨年の秋作はうまく行った。
20220507_110040_copy_2268x3024

👇は、ミックスレタスの畝に、老化苗になってしまったキャベツを植え付けた。
20220507_110049_copy_2268x3024


👇は、里芋、生姜、蒟蒻を輪作している第4畑である。この畑は午前中しか陽が射さない畑である。
サトイモや生姜にとっては、とても作りやすい畑である。コンニャクも昨年作ったが難なく作ることが出来た。画像の一番左側がセレベスの畝である。
20220507_110100_copy_3024x2268

👇の画像は、土垂である。親芋を種芋に使っている。太い芽が出ている。昨年、親芋を種芋に使って多肥栽培したら、大きな子芋がたくさん出来た。今年も追肥を何度かやろうと思っている。
20220507_110132_copy_2268x3024


👇は、子芋を種芋に使った畝である。こちらもしっかりと追肥を行っていく予定である。
20220507_110144_copy_2268x3024

👇は、1畝だけ余った畝にセレベスを追加した。サトイモは、セレベスと土垂を2畝ずつ作付けした。植え付けた時に芽が出ていたので、萌芽が早かった。
20220507_110157_copy_2268x3024




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
 

👇は、サツマイモの苗床である。低温障害を起こしてからビニトンを戻して、裾を上げて常温に慣らしている。
20220507_111818_copy_2268x3024


👇の画像は、トンネル内を撮った画像である。低温障害を起こした葉は茶色く枯れてしまっている。
20220507_111814_copy_2268x3024

👇は、トンネルの袖を上げて風を入れている画像である。
20220507_111829_copy_2268x3024


👇は、低温障害を受けなかった生長点から伸びた蔓を撮った画像である。
生き延びた蔓の本数は、約100本ぐらいである。つまり、1本もダメになった蔓は無かった。
20220507_111855_copy_2268x3024



良い苗の条件 ➡転載元 やまむファーム 
『良い苗の基準は、茎が太くて、節間が間のびしておらず、葉色が濃くて厚みのあるもの。また、節数が4〜5あり、長さが15〜20cmくらいのものを選びます。』



👇は、生き延びた生長点が、伸びてきた画像である。ようやく葉が4枚になった。あと3枚で定植サイズとなる。
20220507_111938_copy_2268x3024

👇は、別の株の現在の様子を撮ったものである。
20220507_111956_copy_2268x3024


👇は、枯れた葉を取り払って、新しく伸びた葉を撮った画像である。
20220507_112210_copy_2268x3024

👇は、その拡大画像である。上と同じように新しい葉が、3,4枚になった。
後10日から2週間ぐらいで、蔓は定植サイズに育つだろう。今月の下旬ごろに定植できれば、御の字である。
20220507_112053_copy_2268x3024




👇は、たまきちゃんから頂いたタマユタカである。こちらは小さな苗だったので、トンネルを取り払った時に防寒キャップを被せて置いた。そのため低温障害の程度は、少なかった。2本の蔓だけだったが、小さな蔓がさらに2本出てきた。定植を遅らせて、出来るだけ苗の数を増やそうと思っている。
20220507_112501_copy_2268x3024




👇は、同じ日に低温障害に合った、大玉トマトの苗である。
20220507_112541_copy_2268x3024


👇は、低温障害で枯れてしまった葉を、切り落とした画像である。
生長点近くの葉は、低温生姜を起こさなかった。小さかった生長点の葉が、大きくなってきた。
20220507_112612_copy_2268x3024

👇も、枯れた葉を切り落とした画像である。
生育は足踏みするだろうが、道中は長いので何とかなるだろう。
20220507_112631_copy_2268x3024



👇は、38本植え付けてあるアロイトマトの全体画像である。
まだ育苗ハウスには、予備苗が36株あった。予備苗は、10㎝ポットに寄せ植え状態だったので、8㎝ポットに1本ずつ植え替えた。おそらく使う事は、無いだろう。
20220507_112714_copy_2268x3024




👇は、1日遅れで低温障害を免れた、隣の畝のミニトマト群である。
今までずっと4月30日か5月1日に定植していた。トマトがこの時期に低温障害になるのは、初めてのことだった。
20220507_112739_copy_2268x3024


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

 

ジャガイモの茎が高く伸びてきたので、強風対策をした。秋作で、台風接近の時に茎を寝かせて、防虫ネットを被せて風を凌いだ。そのあと茎は倒れたままだった。その後軟腐病に罹ったのか、葉が溶けてしまった。倒したのがいけなかったようだった。
 20220506_094032_copy_3024x2268


👇は、ながさき黄金であるが、太い茎が1,2本高く伸びている。強風が吹いたら簡単に倒されそうである。そこで、マイカ線で両側から挟みつけて、強風対策とした。この方法は、ソラマメや枝豆にもやっている。
20220506_094048_copy_2268x3024


👇は、マイカ線の位置を調整した後の画像である。
20220506_094111_copy_2268x3024



👇は、グランドペチカの畝である。こちらは、萌芽も遅かったのでまだ背丈は低いので、様子を見てから、強風対策をする予定である。
20220506_094125_copy_2268x3024

👇は、ジャガイモの畝の全体画像である。
20220506_094147_copy_2268x3024



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

↑このページのトップヘ