のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 根菜類の栽培コーナー

👇は、まる八さんから届いた「タワラマゼラン」と言うジャガイモの品種である。
調べてみると、この品種は、グラウンドペチカの変異株であり、2017年2月23日に育成権は消滅している。
グランドペチカは、ジャガイモ育成者の故俵正彦さんが、レッドムーンの突然変異株から育成して作ったジャガイモである。
さらに、グランドペチカの突然変異で出来た優秀な品種の一つが「タワラマゼラン」であったようだ。
タワラマゼランは、長女の俵直子さんが、育成権者として長い間育成していたようだ。
どちらも大企業が作り出した品種ではなく、個人で長い時間を掛けて生み出した優秀な品種であるようだ。参考➡俵死すとも品種は死せず

グランドペチカは、糖度が8度以上と上位に位置している。
古い品種で人気のある男爵が糖度が5度と言う事なので、非常に甘くて美味しいジャガイモである。
そのグランドペチカから、突然変異で生まれた「タワラマゼラン」である。
名前は、育成者の俵氏の「タワラ」と紫色の「マゼラン」から命名したようである。
IMG_20240615_10755



👇は、第1菜園のミニハウスで、水ストレス栽培をしている画像である。
この画像を見た相方が「トマトが赤くなっているじゃないの。まだ収穫しないの?」って催促するものだから、仕方なく各房から一粒ずつ収穫した。
IMG_20240615_11279


👇は、大きいのがシンディースウィートとフルティカで、小さいものが露地栽培のミニトマトである。あと一週間我慢すると、もっと甘くて美味しいと思うのだが。
IMG_20240615_10341




👇は、イチゴの苗床である。第2菜園にイチゴの苗を採るため2畝ほど更地にして準備した。
画像は、露地栽培用の章姫である。
章姫の苗木は、友人の分と合わせて150株以上を作る計画である。
IMG_20240615_8210


見回りをしたら、ランナーが雑草で埋まっていたので、手で一本一本雑草を抜いた。
30℃を軽く超えた猛暑であった。
その後に、温床で出来た籾殻堆肥を防草シート代わりにバラ撒いた。
IMG_20240615_776



👇は、御前崎フルーツファームさんからのプレゼントして頂いたイチゴである。
3株残して10株ぐらい冬どり用の苗に仕立てる予定である。
IMG_20240615_7663


👇は、四季成りイチゴの「めちゃデカ!いちご」である。
こちらは、春に2株から9株に株分けした苗を作り、露地植えにした。
その9株から、ランナーを出させて苗作りをしている画像である。
IMG_20240615_9408


既に、一番苗だけでも10株以上が着床しているようだ。
IMG_20240615_9969




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、長崎こがねの畝である。
火水と2日晴れて、畑の土も乾いているようなので、1畝だけ掘り起こした。
IMG_20240613_7885


今年の長崎こがねの収穫は、かなり量が多かった。
我が家では、久しぶりの豊作である。
IMG_20240613_6834


長崎こがねは、脇芽欠きをしなくとも2,3本しか出ない。
植え付けたら、草木灰を追肥するぐらいで、あとは放任栽培である。
IMG_20240613_7390



👇は、第2菜園のミニハウスである。トウモロコシの第3弾を植え付けた。
場所が狭く、11株しか植え付けられなかった。
2,3回に分けて収穫する分には、ちょうど良い。
IMG_20240613_44684


👇は、水かけをやった後に、穴を掘って待ち肥にした。
鶏糞とNPKの化成単肥を配合して埋めた。
IMG_20240613_45438



👇は、2回の収穫が終わって、あと一回の収穫が残っている。
1回分の収穫、4本である。
IMG_20240613_43909


👇は、ミニハウスの隣のキュウリの棚である。
IMG_20240613_4565



昨日植えたミニキュウリに、支柱を立てた。
ラリーノホワイト2株、どかなり千成4株である。
隣のミニハウスのミニキュウリが、ベトビョウであと1週間ぐらいで収穫が終わってしまうので、第2弾の苗を植えた。
普通のキュウリは、現在2、3本ずつ収穫できている。
1週間後には、3、4本ぐらいの収穫量になるだろう。
そうすれば、しばらくは普通の節生りキュウリで賄えそうである。
IMG_20240613_44287




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、第1菜園の西側の一日中日の当たる場所である。
昨年は、6月頃には午前中日が当たらない場所に作ってしまって、つくね芋があまり大きく育たなかった。なので、今年は、一番日照の条件の良い場所を選んで作付けた。
芽の出方はバラバラであったが、ほとんどの種芋から芽が出ている。
IMG_20240603_59380


👇は、第1菜園の中央付近の場所である。
トマトの棚の一部に、紫ダイジョのムカゴを10株ほど作付けした。
ムカゴは梅干し大の中ぐらいの大きさの物を植え付けた。
IMG_20240603_59773


👇は、第1菜園の東側の場所に紫ダイジョの雁首と大きなムカゴを植え付けた。
隣の資材置き場の小屋の上に這わせて、ムカゴを採る計画である。
昨年もつくね芋と同じ場所に植えたが、葉の勢いが凄いので大きな芋も収穫できた。
紫ダイジョは、葉も大きく蔓もどんどん伸びてジャングルのように育つ。
非常に野性的な自然薯である。
IMG_20240603_3101



👇は、山の一部だった土手である。
生えていた篠竹や菊芋を刈り払い機で刈り採り、2年越しで野菜を植えられる土手に開墾した。
日照は一日中日が当たるので、条件は良い。
IMG_20240604_56748


👇は、紫ダイジョの親指の爪ぐらいの小さな紫ダイジョのムカゴを植えて、来年度の種芋を育てる計画である。
自然薯のムカゴなどは、小さいのでそのまま埋めて1年かけて種芋を作り、3年目に収穫できる。
それをイメージして、この場所では次年度の種芋を作る目的で栽培している。

紫ダイジョは、ジャガイモ大の大きなムカゴができるので、それを種芋に使えば1㎏以上の大きな紫ダイジョとなる。
また、大きな芋の雁首を50gぐらいの大きさに残して種芋に使えば、こちらも1㎏以上の大きな薯が採れる。
IMG_20240604_53956


👇は、日照も良く、場所も広い土手になっているので、HAL_Kさんに種を頂いたバターナッツを2株作付けてある。
良い株に育ったので、そのまま植えて2日ほど見なかったら、ウリハムシに葉がボロボロにされてしまった。
慌てて行燈をやって、トレボン粉剤を振りかけてウリハムシやテントウムシダマシなどが寄り付かないようにした。
その甲斐あって、新葉から綺麗な葉が育ち、延び延びと育てることが出来るように生長した。

画像の奥には広い雑草地が広がっている。
土手から1m以上も低い畑であったが、どこからか土を運んできて、3年ぐらいかかってこちらと同じ高さにした。
茅のような大きな雑草なので、草マルチには嵩張りすぎる感じである。
IMG_20240604_55554

IMG_20240604_5521



👇は、大きな葉に育っているオカワカメである。
IMG_20240604_57524


第3畑の西側は山になっている。
雑木が畑に被さってきているので、今年は、丈夫なオカワカメを植えて、木に登らせようと計画した。
予想通り、木の枝に絡まって上の方に登っている。
IMG_20240604_57920


👇は、今年初収穫のオカワカメである。
IMG_20240604_57208



👇は、第2菜園のミニハウスで育てているどかなり千成である。
今年は、種採りをしていないので、次から次へと育ってくるミニキュウリを収穫している。
IMG_20240604_24929


👇は、ラリーノホワイトF2である。こちらは、YUKIさんが自家採種したものを頂いたものである。
現在は、3株植え付けてある。第2弾は自家採種も予定しているので、4,5株育てている。
ラリーノホワイトは、幼苗の時には葉が黄緑で、やや弱々しく見えた。
しかしながら大きく育つにしたがって、キュウリの大きさも大きくなってきたようである。
IMG_20240604_24584


👇は、収穫したどかなり千成とラリーノホワイトである。
毎日、合わせて5本ぐらい収穫できている。
IMG_20240604_23200



👇は、ミニハウスの隣に作付けてある、露地栽培の節生りキュウリである。
キュウリの露地栽培は、何年かぶりである。昨年までは、相方が塾の空き地の超ミニ菜園で、毎年5本の接木苗を育てていた。キュウリは、それで8月いっぱいまで賄うことが出来ていた。
今年は、止めてしまったので、私が作ることになった。今年は6株ほど植えてある。
IMG_20240604_24215


節生りキュウリなので、節ごとに1本ずつ生っている。
実生苗なので、ベトビョウなどに掛かってしまうので、どのくらい持つかである。
IMG_20240604_25314


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

昨年度は、サツマイモの施肥においてNPKの割合を2-8-12とした。
窒素を少なくし、リン酸とカリを増やすことで、サツマイモの成長を促進した。
しかし、今年は無肥料で作付けを行うことに決めた。
この畑でのサツマイモの栽培は、5年目を迎えた。
2年前からまったく施肥をしていない大先輩の畑でサツマイモを作付けたところ、2年連続で豊作となった。
昨年度は、シルクスウィートには2-8-12の施肥量がちょうど良かった一方、紅はるかは蔓ボケ気味で収穫までに時間がかかった。
そこで、今年は無肥料栽培に挑戦してみようと思った。

👇は、草マルチを退かして、苗を植え付けた画像である。

IMG_20240601_58838


IMG_20240601_59353


👇は、畑の中央に棚を作った所に植え付けが終わって、敷き藁をサツマイモの葉に被せた画像である。この時期は晴れると日照が強くなるため、葉を枯らさないように、敷き藁を日除けとして使用した。
IMG_20240601_57900


👇は、メインのサツマイモの棚である。
垂直栽培を行う場合、畝間が狭いと隣り合う植物同士が日照を遮ってしまうことがある。
そのため、今年は昨年度よりも広い畝幅にした。
メインのサツマイモの畝には、下の画像の1畝だけに紅はるかを植え付けた。
後の2畝は、それぞれ西の端と中央に1畝ずつ作付けた。
紅はるかは、シルクスウィートよりも蔓や葉が伸びるのが旺盛で、蔓ボケしやすい特性があるようだ。
IMG_20240601_56932


👇の2畝は、シルクスウィートである。
この3畝で垂直栽培すると、シルクスウィートは普通に育つのだが、紅はるかは本数も少ないし、栽培時間が長くなってしまう。
おそらく品種の違いだろうと思うが、紅はるかの場合には日照条件を良くしてあげないと、生育に影響してしまうようだ。
IMG_20240601_55656


👇は、植え付けが終わった後、葉の上に敷き藁を敷いて日除けをし、水をかけて湿度を高め、葉を枯らさないようにしたものである。
 IMG_20240601_5624


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、ハグラウリ、シロウリ、マクワウリの畝である。
エンドウの棚を取り外さないでネットを残して置いた。
片側に藁を敷いて、そこを這わせるものとネットに蔓を絡ませて立体栽培させる計画である。
IMG_20240529_12376

IMG_20240529_11520


👇は、第2菜園の露地栽培のキュウリ棚の隣に、オクラを植え付けた。
IMG_20240529_12817

👇は、ポットで育てた丸オクラと角オクラを、3本ずつまとめ植えをした。
オクラは大木になるので、密植植えをすることで、それを防ぐ目的でもある。
IMG_20240529_11900



👇は、ミニ菜園で中玉トマトの水ストレス栽培を行っている画像である。
かなり大きくなって、3段目までトマトが生っている。花は5段目迄咲いている。
IMG_20240529_51574


👇は、中玉トマトのシンディースウィートである。
IMG_20240529_53953


👇は、同じく中玉トマトのフルティカである。
IMG_20240529_469



👇は、ダイソーの中玉トマトのミディアムルビーである。
IMG_20240529_54801


👇は、露地栽培が難しいミニのプチぷよトマトである。3株だけ作っている。
IMG_20240529_50432

👇は、プチぷよの房である。綺麗に育っている。
今年は、接ぎ木苗は1本も無い連作となっている。
今のところ目立った連作障害は出ていない。
連作障害によってでるミニトマトの代表的な土壌病害には、「青枯れ病」と「半身萎凋病」があるようだ。
IMG_20240529_53206


👇は、第1菜園の西側の外れのサツマイモの畝である。
ナイアガラの滝と呼んでいる場所である。
サツマイモの垂直栽培を行っている場所であるが、隣が段差のある土手となっている。
150㎝の高さから土手の下の方までサツマイモの蔓が伸びていく。
IMG_20240530_19954


👇は、サツマイモの苗を植え付けている画像である。
植え付けで大事なポイントは、植え付けたサツマイモの葉を、一枚も枯らさないことである。
サツマイモは、土の中にある葉の付け根の節から2本の根が出る。
この根が芋になるか、あるいはただの根っこになってしまうかは、葉を生かすか枯れさせるかにあるようだ。
葉が枯れた節から出た根は、吸収根と言われる水や栄養分を運ぶだけの細い根となってしまう。
葉を枯らさなければ、2本の根は不定根と言われる肥大して芋になると言う事だ。
葉が3枚生き残れば、6本の芋が収穫できる計算である。
IMG_20240530_19158



昨年、色々と実験した結果、葉を枯らさない方法を見つけた。
それが下のように、植え付けた後に葉を藁のようなもので覆って、葉の隠れている藁全体に水を掛けて、湿度を保つことである。
これは、根が根付く3、4日間続けることで一枚も枯らさないで、育てることが出来た。
IMG_20240530_18759


👇は、苗の植え付けが終わった後、葉を覆った場所の藁に水を掛けて湿度を保つようにした。
IMG_20240530_18348


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

↑このページのトップヘ