のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 家庭菜園 根菜類の栽培

👇は、2回目の間引きダイコンである。
今回で、1畝の青首大根の間引きは終わった。
次は、おでん大根の半畝分が残っている。
こちらは、もう少し大きく育ってから間引きする予定である。
20220921_105041_copy_1512x2016


間引いたのは、画像右側の長い畝の青首大根である。
前回の間引きの時に、1,2本残しにしていたので、ザルに1杯分の収穫となった。
20220921_105125_copy_1512x2016


👇が、拡大画像である。
11月に入ったら収穫して、沢庵大根用に10日ぐらい干す予定である。
20220921_105139_copy_1512x2016


👇の画像左の半畝は、2株ずつ植わっている。
もう少し大きく育ててから、2,3回に分けて間引きする。
大根が親指大になってから間引くと、大根と一緒に漬物に出来てとても美味しい。
20220921_105155_copy_1512x2016


品種は、やや寸胴な煮大根用の「関白SP大根」である。
20220921_105204_copy_1512x2016



👇は、とんがりパワーである。
20220921_105756_copy_1512x2016


👇は、台風で折れてしまった万願寺を収穫したものである。
1枝だけ、ネットに掛らず外に出ていた枝であった。
20220921_105046_copy_1512x2016


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村

👇は、第4菜園のサトイモ畑である。この畑では、サトイモが3種類、生姜、蒟蒻を栽培している。
半日陰の畑なので、サトイモは毎年元気に育っている。
20220919_080936_copy_3024x2268_1


👇は、まる八芋である。
「筍芋」と「唐芋」の交配種だという事だ。ねっとりとした食感でとても美味しい。
20220919_080957_copy_2268x3024_1


昨年は、2株しか作れなかったが、とても美味しいサトイモなので、今年は種芋をたくさん残す予定である。
20220919_081005_copy_2268x3024_1

👇は、左側の緑色のサトイモは、土垂である。生姜は2畝に種を植え付けたが、土の中で腐ってしまって5,6株しか発芽しなかった。
来年度の種用に残すだけである。
20220919_081246_copy_2268x3024_1



👇は、蒟蒻の畝である。2畝作付けしてあり木子、1年生、2年生、3年生を植えてある。
何株か枯れてきたので、一番大きそうな今年4年生になるものを掘り起こした。
20220919_081448_copy_2268x3024_1


こぼれ種から発芽した花オクラが、ようやく大きく育ってきて花が咲いた。
20220919_081454_copy_2268x3024_1



👇が、掘り起こした4年生のこんにゃく玉である。
タコの足のようなものが、木子と言われるものである。
この木子が4年育ったものが、画像のこんにゃく玉である。
20220919_083442_copy_2268x3024_1


全体の重さは。1350gぐらいである。
20220919_083451_copy_2268x3024_1


👇は、上記の4年生の芋に着いていた木子である。
コンニャクは、とても増える野菜である。
コンニャク芋の輸入には、米と同じくらいの関税が掛けられているようだ。
中国などでは、蒟蒻は自生している物を収穫して、企業に売っているようだ。
中国から入ってくるこんにゃくは、関税の安い精粉の形のこんにゃく粉ようだ。
20220919_083906_copy_3024x2268_1




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村

台風が来る前にと、秋ジャガイモの萌芽状況を見るついでに、除草をやった。
👇は、ネットハウスに2畝植えたながさき黄金である。
奥の方に行くほど、草が生えていた。

20220917_093013_copy_2268x3024

全部は萌芽していないが、9割ぐらいは萌芽したようだ。
20220917_094904_copy_2268x3024


植え付けた時に芽当りはあったので、萌芽は早かった。しかしバラつきが見られる。
20220917_094919_copy_2268x3024


👇は、グランドペチカとシャドークイーンを植え付けた畝である。
こちらは、草の生え方が凄いことになっている。
20220917_125200_copy_2268x3024


とりあえずジャガイモの畝は、綺麗にした。
草が残っているのは、オクラの種採り用と余ったオオマサリの苗を植えて置いた畝である。
20220917_132408_copy_2268x3024


手前にひび割れが見られるので、もうじきグランドペチカの萌芽が始まるだろう。
まだ、1,2芽しか確認できなかった。
 20220917_132438_copy_2268x3024


👇は、雨が降ってくる前に、土寄せと蒔いたばかりの中晩生種に不織布を被せた。
20220918_104514_copy_2268x3024


👇は、篠原早生白玉葱の条である。
発芽率は思わしくなかったが、2条分を後から追加蒔きしたので、何とか苗が育っている感じである。
種が手に入らない貴重品種なので、なんとか苗を育てて収穫まで持って行きたい。
20220918_104524_copy_3024x2268


台風の雨で倒れないように、土寄せをした。
まだ幼苗なので、雨でたたかれて根が外に飛び出して、その後の台風一過でからりと晴れた時に、枯れてしまうかもしれない。
20220918_104536_copy_2268x3024


👇は、超極早生の春一番である。
20220918_104621_copy_3024x2268


こちらは、さすがに購入種だけあって、発芽率はまあまあであった。
昨年は、300本ぐらいの使える苗が出来た。
今年も、同じくらいの本数が期待できるだろう。
20220918_104648_copy_2268x3024


👇は、最初は土の状態を毎日観察していたので、不織布は掛けなかった。
台風による雨に叩かれないように、しっかりと対策した。
雨は、このあと10時ごろから降り始めた。
20220918_104657_copy_3024x2268



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村

サツマイモの苗を定植してから約120日目となった。
100日目に試し掘りをしたところ、焼き芋にはちょうど良い大きさになっていた。
あれから3週間ほど経った。

1


👇は、4畝の一番西側の棚である。
サツマイモの蔓は、2m30㎝ぐらいの高さになっている。
20220916_145415_copy_2268x3024


サツマイモの葉に、変化がみられる。
下のほうの葉が、黄ばんできた感じがする。
20220916_145427_copy_2268x3024



👇は、玉豊の苗が植えてある場所である。
こちらも、葉の色が黄緑色に変わっっている場所が見られる。
今回は、葉色が変わっている場所を中心に、試し掘りしてみた。
20220916_145446_copy_2268x3024


👇は、紅はるかである。
丸く育った芋が4,5本着いている。
3週間前よりも、かなり太く育っている。
20220916_145759_copy_2268x3024


👇も、芋が丸みを帯びている。
こちらは5,6本生っている。
20220916_145803_copy_2268x3024


👇は、干し芋の代表品種のタマユタカである。
苗木は、たまきちゃんから送って頂いた。
芋が3本生っている。
20220916_150050_copy_2268x3024



👇は、丸々と太ったタマユタカが2本生っている。
たまきちゃんに送って頂いた最高級の芋に、似た大きさに育ちそうである。
20220916_150100_copy_2268x3024

👇もタマユタカの畝であるが、土が盛り上がっている感じがする。
芋が育っている証拠である。
20220916_150246_copy_2268x3024



👇は、南側から見た画像である。
今回のポイントは、垂直仕立て栽培にすると日照を効率よく集めることができるが、畝幅が狭いと日が下まで差し込まない状態になってしまって、光合成が弱まってしまうのでは無いかという事である。
蔓の高さが1mぐらいまでの時の芋の育ち方は、どの畝も差が無かった。
しかし、蔓の高さが高くなるにつけて、畝によって芋の大きさに差が出て来ていた。
20220916_145511_copy_3024x2268

今回は、上の画像の左から2列目の畝のサツマイモを試し掘りした。
👇は、紅はるかである。4本ぐらい生っているが、やや小ぶりである。
上記の画像の一番左側の畝に生っている芋とは、明らかに太さが違う。
20220916_150614_copy_2268x3024


👇は、一本しか生っていない。
全部の畝を、何か所か探り掘りしたが明らかに、芋の肥大のスピードが遅くなっていることが良そうで来ていた。
垂直仕立て栽培は、太陽光が平均に当たるように、畝幅を広く取るか、1畝だけにするかである。
20220916_150631_copy_2268x3024


👇は、2番、3番苗を、畑の端の土手を利用して、1m50㎝ぐらいの高さまで垂直仕立てにして、その後は西側の土手下に這わせたものである。
こちらは、日当たりを遮る障害物は、何もない。
20220916_150803_copy_2268x3024


👇は、段差のある土手下から撮った画像である。
こちらは、かなり遅れての植え付けだったので、じっくり育てて結果を確かめようと思っている。
20220916_150817_copy_2268x3024


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村

👇は、ながさき黄金の畝である。
2畝植えた。気の早いものが芽を出している。
20220912_103453_copy_2268x3024


👇は、全体画像である。
トウモロコシのハクビシン対策で、ネットハウスにしたところに、ちょっと狭いが2畝秋ジャガイモを植えた。
秋の台風の暴風対策になるのではと、この場所を選んだ。
20220912_103519_copy_2268x3024


👇は、同じ畑の南側にグランドペチカを2畝、シャドークイーンを1畝作付けた。
まだ、萌芽は見られない。
20220912_103530_copy_2268x3024


土をよけて、芽がどのような状態になっているのか見てみた。
土の上に顔を出すのは、1週間先の話である。
20220912_103725_copy_2268x3024


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村

↑このページのトップヘ