のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 家庭菜園 根菜類の栽培

大根の畝である。害虫に食害され無いように、直播き後防虫ネットでトンネルにした。裾から害虫が侵入出来ない様に裾に土を被せた。
20210914_075505_copy_2268x3024


👇は、トンネル内の画像である。葉は綺麗で、殆ど害虫被害はない。
20210914_075542_copy_2268x3024

間引き苗は、みそ汁の具にしたり漬物にするので、もう少し大きく育てる。
20210914_075555_copy_2268x3024

全体的に綺麗に育っている。
20210914_075605_copy_2268x3024

幾つかの葉は穴が空いているが、ネットの破れ目から虫が侵入したのかも知れない。
20210914_075610_copy_2268x3024



👇は、キャベツの畝である。
畝幅が広くて防虫ネットの幅が足りなかったので、裾が少し開いた所があった。
ハスモンヨトウが外から這って来て、葉を囓られた。
20210914_075710_copy_2268x3024

👇は、キャベツの畝のトンネル内部の画像である。
20210914_075741_copy_2268x3024



芯を囓られたので、3本植え替えた。
20210914_075804_copy_2268x3024


トンネルの裾が開いてしまった分、大根よりも被害が大きかったようだ。
👇は、キャベツである。
20210914_075836_copy_2268x3024


👇は、茎ブロッコリーである。
20210914_075844_copy_2268x3024


外から侵入したハスモンヨトウである。
20210914_075928_copy_2268x3024





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
  

秋冬野菜の苗作りの時期である。
20210914_073259_copy_2268x3024

👇は、白菜の苗である。
早生の70日白菜が大きく育っている。芽が出たばかりのものは、中晩生の「冬峠」である。
最後に蒔くのは、晩生の「晩輝」である。
20210914_073357_copy_2268x3024

白菜の種蒔きは発芽が早いので楽である。
20210914_073401_copy_2268x3024


👇には、色々な葉物野菜が発芽している。
ベビーリーフ、ガーデンタス、のらぼう菜、大和真菜、ミックス5、ハーフムーンレタス、レタス、な花の8品種である。
20210916_083126_copy_3024x2268

👇は、来春収穫のキャベツ苗の育苗である。手前の大きなものは、茎ブロッコリーの残り苗である。
20210916_083149_copy_2268x3024

👇は、70日白菜の予備苗である。
20210916_083153_copy_2268x3024





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 

👇は、第2弾の人参の畝である。第1弾が、発芽した後害虫被害にあった。
そのため、第2弾は、発芽当初から害虫防除をしてきた。
20210912_143330_copy_3024x2268


その苦労もあってか、順調に生育しているようだ。
20210912_143338_copy_2268x3024


20210912_143346_copy_2268x3024



👇は、第2弾の畝の画像である。
発芽はとても良かった。安心していたら、真ん中当たりを害虫に食べられてしまった。発芽した時は、全部の穴に、綺麗に発芽していた。
20210913_080103_copy_2268x3024


👇は、今回間引きして、1穴2本残しにした。
20210913_080446_copy_2268x3024

その後、追肥をした。春作は、間引きと追肥に失敗して、ニンジンが大きくならなかった
20210913_080800_copy_2268x3024





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1


 

ここのところネギ、枝豆、キャベツがハスモンヨトウの被害にあっている。サツマイモはどうかと見てみたら、葉に穴が空いている。良く見るとハスモンヨトウがいた。まだ小さいので、卵から孵って彼方此方に移動して広がった感じだ。
20210913_081942_copy_2268x3024

見つけたのは数匹だが、葉は、全体に食べられて穴が空いていた。
20210913_082026_copy_2268x3024

大きなものも、2匹捕殺した。
20210913_082106_copy_2268x3024


👇の葉のように、食べられた跡は全体に広がっていた。
20210913_082114_copy_2268x3024

👇が、食べられて穴あきにされた葉である。
しかし、今年はまだ良い方である。昨年は気が付くのが遅く、友人に指摘されて初めて知った。
今回は1枚の葉に2,3個の穴は開いていたのは気づいてはいた。しかし画像のように増えたのは、3、4日前ぐらいからだろう。
20210913_082125_copy_2268x3024


サツマイモの畝全体に、ゼンターリで殺虫消毒をした。4リッター撒いた。
2、3日様子を見て、穴が増えていたりハスモンヨトウを見つけたら、もう一度全面消毒しようと計画している。

これからーヶ月が、
大事な時期である。
葉に、しっかり仕事をして貰わないと、芋が美味しくならない。
20210913_082136_copy_2268x3024


 
➡前回の記事へ 


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

ジャガイモが育ってきたと喜んでみていたら、出たばかりの葉に穴が開いている。よく見ると虫が着いていた。
20210912_105412_copy_2268x3024

丹波の黒大豆やネギに集っていたハスモンヨトウだ。今年は、私の畑で大発生している。
2


 ジャガイモ ヨトウムシ類予防法 ※転載元
『ヨトウムシを100%防ぐことはとても難しいことです。

できるだけ発生を抑え、発生した時には早く見つけることが大切です。

春や秋に成虫がやってきて卵を産み付けてしまわないよう、

防虫ネットでガードしておくのがお勧めです。

また、ヨトウムシはジャガイモ以外の野菜や草花も食害します。

風通しが悪かったり、傷んで放置されている植物などがあると、
そこで繁殖して数を増やすことがあります。』


👇は、出揃ったながさき黄金の畝である。
20210912_142705_copy_2268x3024


ゼンターリという殺虫剤は、人間にとって安全な農薬であるという特徴がある。BT剤というのは、BT菌が、ヨトウムシなどに吸収されると2,3時間で活動停止し、やがて死滅するという殺虫性のたんぱく質を利用した殺虫剤だと説明されている。いわゆる毒物を使って、殺虫する農薬ではないということである。

ハスモンヨトウ 1000倍

1


20210912_105312_copy_2268x3024


👇は、発芽が早かったながさき黄金である。葉に齧られた跡がたくさんあった。隣の畝にはオオマサリが植えてあり、葉に穴が開いているので、そこにもハスモンヨトウが卵を産み付けているようだ。そこからジャガイモに這ってくる感じだ。
20210912_105317_copy_2268x3024

👇は、ジャガイモの発芽状況の全体画像である。グランドペチカは、まだ3割ぐらいの発芽率である。ながさき黄金は、右側の1列はほぼ発芽したが、2番目は半分ぐらいの発芽である。
1




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1










↑このページのトップヘ