のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 根菜類の栽培 > ジャガイモ

👇は、ジャガイモの畝である。秋作で、徒長した茎が台風で煽られ、酷いダメージを受けたことがある。そのことがジレンマとなっている。
今年は、ながさき黄金が1、2本しか茎が出ず、太くて徒長気味だったので、マイカ線で強風対策をした。グランドペチカは、萌芽が遅れて互いの茎葉が支えあうほど茂って無かったので、こちらも風対策をした。
20220517_071801_copy_2268x3024


👇の画像で見ても、隣の畝とは離れているので、強風が吹けば簡単に茎が折れたりして仕舞うだろう。
20220517_071806_copy_2268x3024



👇は、ながさき黄金の花蕾である。
20220517_072151_copy_2268x3024



そして、👇はグランドペチカの花蕾である。
20220517_072200_copy_2268x3024



前回、NK肥料(尿素、硫酸カリ)を追肥した。
今回は2度目の追肥で、草木灰を撒いた。
20220517_072146_copy_2268x3024



ジャガイモは、生育期間が短いので、追肥には速効性のある尿素、硫酸カリ、草木灰等を施した。
20220517_072218_copy_2268x3024


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
  

👇の画像の右側2列は、生長が遅れているグランドペチカである。先日の強風と雨で倒れたものがあったので、マイカ線を使って起こした。
起こす前の画像
20220514_100644_copy_2268x3024


起こした後の画像
20220515_072412_copy_2268x3024_2



👇は、ながさき黄金であるが、マイカ線で強風対策はして置いたが、日照不足で徒長気味だったので、雨風にやられて、折れたり倒れたりした。
20220514_100701_copy_2268x3024


👇の画像は、一番太い茎が折れてしまっていた。
20220514_100711_copy_2268x3024


👇は、倒れている茎をマイカ線を追加して、起こした。
20220515_072357_copy_2268x3024_2





本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

にほんブログ村   


 

ジャガイモの茎が高く伸びてきたので、強風対策をした。秋作で、台風接近の時に茎を寝かせて、防虫ネットを被せて風を凌いだ。そのあと茎は倒れたままだった。その後軟腐病に罹ったのか、葉が溶けてしまった。倒したのがいけなかったようだった。
 20220506_094032_copy_3024x2268


👇は、ながさき黄金であるが、太い茎が1,2本高く伸びている。強風が吹いたら簡単に倒されそうである。そこで、マイカ線で両側から挟みつけて、強風対策とした。この方法は、ソラマメや枝豆にもやっている。
20220506_094048_copy_2268x3024


👇は、マイカ線の位置を調整した後の画像である。
20220506_094111_copy_2268x3024



👇は、グランドペチカの畝である。こちらは、萌芽も遅かったのでまだ背丈は低いので、様子を見てから、強風対策をする予定である。
20220506_094125_copy_2268x3024

👇は、ジャガイモの畝の全体画像である。
20220506_094147_copy_2268x3024



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、ジャガイモの現在の生育の様子である。
20220503_112411_copy_2016x1512

追肥をしたあと、二度目の中耕をした。
20220503_132146_copy_3024x2268

👇は、ながさき黄金の畝である。太い茎が平均2本ぐらい勢いよく育っている。
20220503_132203_copy_2268x3024

👇は、グランドペチカの畝である。こちらはようやく芽が出揃って、勢いが着いている段階である。
20220503_132219_copy_2268x3024


👇は、移植したものとの違いが色で区別ができる画像である。下の緑色の濃いものが、移植したジャガイモである。根がようやく活着した感じで、まだ生長に勢いがない。
20220503_132236_copy_2268x3024


👇の小さな株のジャガイモは、2年前に購入した生き残りのシャドークイーンである。毎回、次の種芋分しか収穫できないので、食べたことが無い。今年も、親指大ぐらいの種芋が5個生き残っただけであった。
20220503_132311_copy_2268x3024



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

 

👇は、ながさき黄金の2畝である。
 20220426_082243_copy_1512x2016

かなり大きく育っている。ながさき黄金は1個丸ごと使っている。そのためか芽の数が少ない1、2本が多い。
20220426_082254_copy_1512x2016

👇は、1本の芽である。
20220426_082311_copy_1512x2016

👇は、3本であるが珍しい。
20220426_082320_copy_1512x2016

👇は、グランドペチカである。
今年は、古い種芋を防寒対策をしないで小屋に保管していたら、8割以上が凍みて腐ってしまった。
下の画像で、右側の畝に芽が出てない所がある。
種芋が、腐っていることが考えられる。種芋は、点検して選んだが、割っていなかったので凍みて死んでいたかも知れない。
20220426_082408_copy_1512x2016

芽の出て無いところを、掘り返した。
20220426_083329_copy_1512x2016

👇の3穴は、種芋が完全に腐っていた。
20220426_082751_copy_1512x2016

👇は、腐ってはいないが、種芋はほぼ死んでいる。
20220426_083337_copy_1512x2016
自家産の種芋を使っているので、安全な保管方法を確立したり、種芋の点検や消毒方法を確立する必要があると感じた。ジャガイモは、寒さには強くないようだ。


👇は、別の畑の端に、余った種芋を植えて置いた。本命が今回のように、芽が出なかったりした場合に掘り起こして、移植するのにも利用するためである。
20220426_083027_copy_1512x2016

👇の画像のように、まだ育って無いものを掘り出して、先程の畝に移植することにした。
20220426_083043_copy_1512x2016



👇は、昨秋に掘り出さなかった所から、芽が出ている。こちらも、調子の悪い所と交換する予定である。
20220426_083101_copy_1512x2016



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村     


↑このページのトップヘ