のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 改良メダカ

購入してから4か月間、加温して育てたメダカ。
メダカの名前は『サタン レッドテイル 松井ヒレ長オロチめだか』と何とも長い名前である。
通称は「松井ヒレ長オロチ赤ヒレ」である。
黒いメダカの有名品種は、オロチメダカと言われる。
そのメダカを改良して、ヒレを長くした。そのヒレに赤い色がついたというのである。
趣味の世界では、赤といっても信号のような赤い色ではない。
薄い朱色か黄色に近い色でも、趣味の世界では大げさに赤という言葉を使う。


育ったメダカをよく見てみると、黒いのが5匹で、茶色ぽいのが4匹である。
ということは、4匹はオロチではない。赤ヒレの片親の血が発現している個体だ。

2020年4月4日現在のサタンレッドテールの画像
7


2019年11月27日に届いた上記の稚魚。
針子に近い稚魚の大きさである。
上記の画像と比べると、4か月でずいぶんと大きくなっている。

ブラック黄金スワローヒカリメダカ


上記のメダカを、横見で見た画像である。
ヒレは長いので、ヒレ長のメダカではある。果たしてそのヒレの色は赤いのか?
いや、残念ながら赤とは程遠い色だ。朱色のぼけた色である。
このように趣味の世界では、大げさに表現して自慢するようである。

オークションの親の画像を見ると笑ってしまう。どのように光を当てて撮ったら、あのような赤い色となるのだろうかと感心してしまう。

8


2019年11月27日に届いた上記の稚魚の拡大画像。

オロチ

オークションの親の画像  サタンレッドテールの親魚
6




以下の画像は、別の出品者から購入したものである。
こちらは、若魚だったので加温せずに3月になってから餌付けをした。
採卵できる立派な大きさに育ってきた。
上見でみてもどの個体も真っ黒で、完全なオロチである。
品種名は「サタン 
松井ヒレ長オロチ黄ヒレ」であった。
すなわち、ヒレが長くて黄色であるオロチメダカであるということだ。


3

購入時の大きさ
12



ヒレの色は黄色とまではいかないが、黄土色である。
5


購入時の横見の画像
11


商品を見る限り、どちらも大げさには表現しているが間違いない個体であった。
去年は、オロチヒレ長メダカが全盛期のようだった。
今年は、ヒレの色が黄色から朱色のものがサタンイエローやサタンレッドとして、たくさん出品されるだろう。

私には、どちらのメダカも同じヒレの色にしか感じられない。
『サタン  松井ヒレ長黄ヒレオロチめだか』とでも表現して、採卵、育成しようと思う。


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



 

サタンの黄金ヒレ   参考画像
IMG_20200121_101723

IMG_20200121_125257


購入若魚
20200119_155216-3024x2268


現在は常温飼育で、餌を与えていない。
20200119_155213-3024x2268



20200119_155201-3024x2268

購入時の上見画像
34f551e9-s

同横見画像
f8a3a0e7-s




こちらは、ヒレが橙色ということで購入した。
現在20度での飼育をしている。
若干育っている感じだ。
3月に入ったら水温を更に上げて、育てる予定。

サタン  レッドテール
20200119_155050-3024x2268



20200119_155055-3024x2268


20200119_155045-3024x2268

購入時の上見画像
076297f6-s

購入時の横見画像
a289c999-s


本日も、ポチット投票をお願いします。


 2練馬大長尻大根 9-1


サタン(松井ヒレ長オロチ黄ヒレ) 12月27日の画像
PC282086

ヒレが長く、親に近づいてきている。
PC282081


PC282081


PC282082


PC282083


PC282084
サタン(松井ヒレ長オロチ黄ヒレ)
ホーム画面
オークション落札若魚の親魚

サタン(松井ヒレ長オロチ黄ヒレ)11月18日の画像
ブラックスワローヒカリメダカ

11月18日の画像
オロチ






メダカの稚魚 サタンレッドテール
PC282094

12月27日の画像
PC282095
購入後1ヶ月が経過し、若干育っている。18℃で加温飼育。

1ヶ月前の11月27日の画像
エクスブロラーエラー

本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)
イメージ 5  イメージ 6

サタン レッドテイル 松井ヒレ長オロチめだかの稚魚
オークションで第2弾を落札した。
届いた荷を見て、梱包の仕方が素人ではないと思った。
セミプロというか、卵業者の感じである。

運送用語に「天地無用(てんちむよう)』というものがある。荷物が損壊する恐れがあるため倒立状態(上下逆さま)ないし傾けた状態で輸送してはいけないことを意味する。
一般には、シールが貼られているだけだ。
しかし、届いた荷には底の部分にダンボールでワレモノ注意の台が取り付けられている。

実際には、中を見ればわかるが、天地の区別は余り意味がない。ビニール袋の水の中にメダカが入っているのである。宅急便の運転手に大事に扱えというアピールにはなるだろう。そのためにお金をかけている。発泡箱、ダンボール、PPバンド、輸送ビニール袋、酸素。
梱包料だけで300円以上掛かってしまう。

大好きなメダカを落札した者には、なんて丁寧な梱包であり、大事に扱ってくれていることかという気持ちにさせる。


20191127_173127-2160x1620





20191127_175622-1620x2160




普及品でないメダカの販売は、選別漏れが多い。
親の形とは大きくかけ離れている。
まだ完全な固定種にはなっていない段階での販売である。


1



この1匹の目が赤い アルビノだ。

2


体全体から色素が抜けている。青い。

3



『サタン レッドテイル 松井ヒレ長オロチめだか』と恐ろしく長い名前だ。
かけ合わせた親の名前がついているためだ。

真っ黒なメダカが誕生して、「オロチめだか」と名がついた。
そこに松井と言う人がヒレの長いメダカを作り出した。そのメダカを「松井鰭長メダカ」と命名した。
それとの掛け合わせで生まれたメダカが「松井ヒレ長オロチめだか」である。
そのメダカのヒレに黒ではなく黄色が生まれた。それが「サタンめだか」と命名された。
「サタンめだか」とは、「松井ヒレ長オロチめだか」である。

今回落札したメダカは、そのヒレが赤であるので「サタン レッドテイル」となったわけである。
つまり、松井ヒレ長ヒレオロチめだかである。

4



つまり、珍しいメダカなわけである。

5



大きいほうが先程のアルビノである。

6


アルビノとは、白子のことである。色が抜けている個体だ。



尻ビレにオレンジの色が入っているのがわかる。

PB212064


どの魚もヒレが赤っぽい色である。

全体が黒っぽく見えるのが親に似ている個体だと思う。

PB212078




間違いなくサタンの子であるようだ。

PB212076



今まではサタンメダカの赤ヒレは、卵でしか出品されていなかった。
今回稚魚での出品だったが10mm以上の大きさであり、極めて良心的な出品者である。

何年か前に、幹之メダカを稚魚で80匹購入したら、届いたのは生まれたばかりの張り子であり、餌も与えられて無かった。届いた次の日の朝には溶けてしまっていて、3匹しか生き残らなかった。卵で販売している業者が、孵ってしまったものを稚魚として出品したのだろう。悪徳業者の使う言葉だった。良心的であれば出品はしないだろうし、餌を与えていれば張り子という言葉を使っただろう。


PB212060




私は届いた稚魚が親と同じにならなくとも、一向にかまわない。
また画像の親から生まれた個体でなくとも良い。
画像は3匹なので、出品されたすべての個体の親であるはずはない。その兄弟がいるはずである。私が卵を採る時は、30匹ぐらいのオスメスを一緒に飼っていて、採卵する。
その中から生まれたもので、親と同じものを残していく。
良いものをオークションに出品する。受け取った相手が喜ぶからである。

買うのは、別である。親は高くて買えないし、買ったら元を取ろうと卵や選別漏れのメダカを売ることになってしまう。夢を売るとは、多くの場合がっかりさせることである。
私自身は、メダカの遺伝についてある程度理解しているので、大きな期待もしなければ、リスクの大きな賭けもしない。稚魚を観察すれば、ある程度の親の形を想像できるものである。
なので、夢を買ったのではなく、ちょっと冒険して現実を買ったのである。
第2弾は、最初に買った値段の半分の価格になっていた。

14,700円→10,150円 →9,500円→7,750円→8,000円→7,750円→ 7,250円→5,000円→

PB212077




この2匹は素晴らしい色だ。

PB212069



サタン レッドテイル 松井ヒレ長オロチめだか親魚
ホーム画面エクスブローラー14

写真のとり方がヒレの赤を強調させているようなアングルだ。
ホーム画面エクスブローラー141
実際のヒレの色は、もう少し地味な茶色系だと思う。


親の説明
『大人気のサタン黄ヒレから赤ヒレを累代して固定したものです。

ヒレは成長に伴い伸びて紅くなって来ます。』

本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)
イメージ 5  イメージ 6








来年度の繁殖魚としての種メダカをオークションで落札した。

一つはサタン(オロチヒレ長黄)ともう一つはサタン(オロチヒレ長赤)である。
サタンとは、体型が真っ黒でヒレが長く伸びて、その色が黄色や茶色や朱赤になっていくメダカである。赤になるほど最近の人気のメダカということになる。

オロチヒレ長サタン紅尾  サタンレッドテールが生まれるまでの過程をまとめてみた。

松井ヒレ長オロチ赤ヒレ血統  サタン レッドテール の誕生までの道のり
① 真っ黒なメダカが生まれた。 『オロチ』の誕生
② 松井ヒレナガ 各ヒレが長く伸びる『天女の舞』の誕生
③ 『オロチ』と『天女の舞』との掛け合わせで『松井ヒレナガオロチ』の誕生
④ ヒレの色が茶色から黄色のサタン(オロチヒレ長黄)の誕生
⑤ さらにヒレの色が黄色から黄橙色のサタンレッドテールの誕生

① 真黒なめだか『オロチ』が誕生

オロチ
ブラック黄金スワローヒカリメダカ


② 各ヒレが長く伸びるめだか『松井ヒレ長』の誕生

松井ヒレ長(天女の舞)星河  転載元
ホーム画面




③ 真っ黒なオロチと松井ヒレ長の掛け合わせで『松井ヒレ長オロチ』の誕生


松井ヒレ長オロチ 転載元
ホーム画面エクスブローラー14


④ ヒレが茶色から黄色のサタン黄の誕生


 黄金ヒレオロチヒカリ体型
ホーム画面



⑤ さらにヒレの色が黄色から黄橙色のサタンレッドテールの誕生

オロチヒレ長サタン紅尾  サタンレッドテール

エクスブロラーエラー




サタンレッドテールは、ほとんどが卵での出品である。今回初めて稚魚での出品が出たので、ご祝儀相場で1番に落札した。来年の秋には若魚での適正価格での出品が有るだろう。


サタン(松井ヒレ長オロチ赤) サタンレッドテール

PA261962


オークション落札稚魚の親魚

エクスブロラーエラー

オークション落札稚魚
オロチ

オークション落札稚魚
ブラックスワローヒカリメダカ


商品説明

☆☆jeeckめだか☆☆の商品をご覧頂きありがとうございます。

*こちらは、大人気!! 超極上オロチヒレ長サタン紅尾が産んだ稚魚になります。
画像1.2は種親画像になります。
大人気のサタン黄ヒレから赤ヒレを累代して固定したものです。
ヒレは成長に伴い伸びて紅くなって来ます。

*10mm程の稚魚を10匹+αです。
(無選別でランダムに掬います。サイズやオスメスの指定等は不可です。)

*屋外常温飼育の元気な稚魚です。
全てが親の様になるとは限りませんが、
種親が超極上なので期待は大だと思います。

*発送は酸素パッキングの上、発泡箱に詰め、ヤマト運輸送料着払いです。

*生体につき、ノークレーム、ノーリターンにご理解頂ける方の入札をお願い致します。

オロチヒレ長
松井ヒレ長オロチ
サタン
レッドテール

ホーム画面エクスブローラー14111



サタン(松井ヒレ長オロチ黄ヒレ)
ホーム画面
オークション落札若魚の親魚

上記の子 若魚 オークション落札若魚ホーム画面エクスブローラー1

本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)

イメージ 5  イメージ 6



↑このページのトップヘ