のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: らんちゅう研究会

らんちゅうの稚魚の画像である。孵化してから1か月ぐらいである。らんちゅうは下の画像のように上見で鑑賞する金魚である。
3


横見だと背びれが無いので、背のラインが不揃いとなる。

4


下の画像は「サタン」という改良メダカである。
体は真っ黒で、ヒレが普通のメダカに比べて長い。
そのヒレが黄色のものと橙色のものがある。
真っ黒一色の「オロチメダカ」というものに、ヒレの長い改良メダカを掛け合わせて、出てきたメダカを「サタン」と名付けたようだ。


7


下の画像を見ると背びれ、尻びれ、尾びれ、そして胸びれすべてが長い個体が上級サタンである。
昨年の暮れに、若魚という触れ込みでオークションに出品されていた。画像は拡大されてあったので、大きさがわからない。届いたメダカは、稚魚という感じのメダカだった。
冬の間、ずっと温度を18度ぐらいの水温で育てて、この春に採卵した。
8

下の画像が、上記の親の子供である。私が購入した時の大きさである。この大きさでは、ヒレの長さも普通のメダカと同じであるし、ヒレの色も透き通っている。
また、親と全く同じ色になるとは限らない。
まだまだ改良過程のメダカなので、完全には固定していない。

5


下の画像は、横見のものである。色の違いが分かる。体が黒くてヒレが橙色のものが高級である。
6





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1





らんちゅうのブリーダーをしているが、初めてオランダ獅子頭を採卵した。
同好会の友達が千葉県のオランダ獅子頭の会に所属しており、優秀な血統の種魚を頂いたので採卵してみた。

20200613_062201_copy_3024x4032


上見で見ると、全くらんちゅうの稚魚と変わらない。
このオランダ獅子頭は、四国のオランダ獅子頭の系統である。
昔からある関東のオランダ獅子頭とは、品評会の基準が違うようだ。
普通は、オランダ獅子頭は横見で鑑賞することが多い。

しかし、こちらのオランダ獅子頭は上見で鑑賞するようだ。
そのため、ランチュウの尾に似ている。横に一直線に開くのが良いという。

20200613_062259_copy_3024x2268


20200613_062301_copy_3024x2268


下の画像は、横見の姿である。背中にしっかりと背びれがある。

20200613_062422_copy_3024x2268


らんちゅうには背びれが無いので、一目瞭然である。
20200613_062431_copy_3024x2268





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1






年に5回のらんちゅう研究会を行っている。
内容は、今年度の当歳魚の出来具合を確かめ合う会である。
しかしながら人数が少ないので、殆どがらんちゅう談義で終わる。

20191020_103518-1620x2160



今回、らんちゅうを持ってきたのは私一人であった。
そして、話題は最近千葉県にオランダ獅子頭の会が発足され、その会員になって審査員を務めている人の種魚の分譲魚が中心であった。

20191020_103548-1620x2160


以下は私の今年の当歳魚である。
餌をやりすぎて運動不足だったので肥満気味である。

PA201921




PA201928




PA201933



そして、下の画像はオランダ獅子頭である。
画像は大会の優等魚である。

ホーム画面


下は、今回種魚を分譲してくれた人の入賞魚の画像である。
らんちゅうと違って、オランダ獅子頭は飼いやすく、丈夫な魚であることだ。
そして、最近ではらんちゅうの趣味家が、二極化されてしまって感じだ。
極端に高価ならんちゅうを追い求める人と全くの初心者である。
中間層がいなくなってしまった感がある。


プリンター


オランダ獅子頭の趣味家にらんちゅうの中堅層の人たちが行ってしまったような感じである。
値段も手頃であり、見た目も綺麗で観賞魚としては高級感がある。
なによりも育てやすく、病気にかかりにくい金魚である。


エクスブロラーエラー



オランダ獅子頭は、昔は横見で眺める魚であった。それがらんちゅうの影響を受けてか、上身で鑑賞する形に変わっていった。
画像の魚は、四国地方で人気のあるオランダ獅子頭である。
特徴は、頭の瘤があまり大きくなくスッキリとしている。
そして、一番の特徴は上の画像からわかるように、尾が体に対して直角に広がっていることである。これはらんちゅうの尾の形と同じである。


explorer



本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)
イメージ 5  イメージ 6




らんちゅうの当歳魚が、色も出てきてしっかりしてきた。

P9251855




口元に紅が乗る「口紅」と言われる柄模様だ。
また、背中に丸く紅がのる「日の丸」とも言われる。
P9251864
ヒレに赤が残ったのがラッキーである。
白に抜けて仕舞うと、つまらない。


赤一色を「素赤」といったりする。
紅白柄を「更紗模様」と言っている。
P9251869

更紗でも尾ビレが白は嫌われる。
赤がたくさん残っているほうが見映えがする。
P9251872

白が多い個体を「白勝ち更紗」などと呼んだりする。
P9251874



本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*) 

イメージ 5 イメージ 6

今年のらんちゅうの当歳魚である。
全体的に尾が弱い魚が多かった感じである。

P9141830


体型もやや丸形が多いので、もう少し長いのが良い。
P9141828


餌をやりすぎたせいか、ぷっくらとしている。
20190914_055003




20190914_054739



当方のブログ記事は、リンクフリーにしております。
必要な画像で、引用画像以外はご自由にお持ち帰りください。
ご報告等は、特に必要ありません。(*^。^*)

  2練馬大長尻大根 9-1

↑このページのトップヘ