のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: にわとり小屋

応急的に前のドアを、網戸でカバーしておいた。

20210827_144742_copy_2268x3024


垂木が足りなかったので、デーツーで垂木と蝶番と取っ手を買って来て、取り付けた。
これで、蛇が侵入できる隙間が亡くなった。

20210828_144042_copy_2268x3024


ニワトリは、4ヶ月で親鳥になって卵を産む。11月ごろには青大将も冬眠の準備に入るので、やってこなくなるだろう。あと2か月の辛抱だ。

20210828_144027_copy_2268x3024



新しい環境に、だいぶ慣れたようで奥の方でリラックスしていた。
20210828_144105_copy_2268x3024



恐ろしい青大将から2度にわたって難を逃れた、幸運な4羽の岡崎おうはんのひな達である。
20210828_144209_copy_2268x3024


安心しきっている行動である。
20210828_144235_copy_2268x3024



 




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

朝鶏小屋に行って、ひよこの部屋を見て数えたら4羽しかいない。隠れる所は、どこにもない。この部屋に入れるのは、青大将しかいない。隣の親鳥の部屋を見たら、1m以上のある青大将が、卵を産む箱の中にいた。ついに犯人を見つけた。急いで植木ばさみを持ってきて、その大きな青大将を挟んで、隣の杉林まで運んで、退治した。そして膨らんだ腹を解剖して、ひな鳥が飲み込まれたことを確認した。卵を飲まれることは、年に何回かある。夜中にやって来て、時間を掛けて飲み込むようだ。朝に発見するときは、必ず捕まえて退治している。しかし、ひな鳥が襲われたのは、初めてである。というのは、毎年ひな鳥は10月から11月に購入している。そのころには、青大将は冬眠の準備期に入っているので、ひな鳥を襲いには来なかったのだろう。今回は、一番食欲旺盛の時期だったので、襲われたのではないかと思った。


原因がはっきり分かったので、別の青大将が来ても絶対に襲われないように、鶏小屋の中にシェルターを作った。👇の画像が、鶏小屋の中に作ったシェルターである。

20210827_144726_copy_2268x3024


上下左右と後ろ側を、防虫ネットで囲って、青大将が入れないようにした。ひな鳥がもう少し大きくなるまで、ちょっと狭いが、このシェルターの中で育てることにした。前のドアは、間に合わなかったので、網戸を利用した。
20210827_144742_copy_2268x3024


まだ、生まれて1か月足らずの小さなひな鳥である。シェルターはちょっと狭いが、4羽なので何とか1,2か月は、生活できるだろう。
20210827_144808_copy_2268x3024


内部の様子を撮った画像である。下にはもみ殻を敷いた。ひな鳥からすれば、シェルターは結構な広さである。
20210827_144814_copy_2268x3024


青大将から2回も襲われて、逃げ延びた4羽である。
20210827_144854_copy_2268x3024


たくましく育って、立派な卵を産んでほしい。
20210827_144900_copy_2268x3024


前の扉を開けられないように、網戸を19㎜の直管パイプで止め、ゴムを利用して動かなくした。明日には、蝶番を買って来て、前ドアを完成させる予定である。
20210827_145721_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

 

昨日、「岡崎おうはん」のひな鳥がやってきた。
友人が、秩父まで行って購入してきたのである。今までは、ひな鳥は、ジョイフル本田のペットショップで購入していた。ペットの飼育の法律が変わったようで、ペットショップの販売も手続等が面倒になったのか、販売から撤退してしまったようだ。
私も、何年も飼っているので、そろそろ終にしても良いかという気持ちになった。ところが、友人がどうしても飼いたいというので、それなら売っている所を自分で探してくれるなら、協力しましょうということになった。
友人は必死になって、WEBで1軒の販売所を見つけた。それが栃木県の秩父市のアライファームであった。千葉県から一日がかりで秩父まで行って、6羽のひな鳥を購入して、運んできた。

20210822_153322_copy_2268x3024


「岡崎おうはん」は、2013年に一度飼ったことがある。当時の値段で1羽990円だった。現在は、2100円となっている。アライファームでは、自分の所で、ひなを繁殖させているようだ。1羽からでも購入できるようだ。
20210822_153332_copy_2268x3024


岡崎おうはんは、小さなひなの時は真っ黒である。そして、だんだん白い羽が生えてくる。
20210822_153349_copy_2268x3024


画像のひな鳥は生後1か月ぐらいだろう。白い羽が生えてきている。
20210822_153356_copy_2268x3024


鶏のひなが可愛いのは、今頃までである。
あと1か月もすると、だんだん可愛さが無くなってくる。
20210822_153400_copy_2268x3024


鶏の成長は早く、4ヶ月ぐらいで大人になり、卵を産む。最初は、小さな卵を産む。
20210822_153409_copy_2268x3024



20210822_142209_copy_2268x3024

秩父 アライふぁーむ

1
2




”岡崎”牧場と羽の横向きのまだら模様”横斑(おうはん)”から命名された「岡崎おうはん」

 
 
大変優秀なにわとりなようだ。
真っ黒な雛
 

 
 雛鳥の値段は、メスで一羽990円であり、ボリスブラウンが690円と比べても高い。
ボリスブラウンの雛
 

 現在、我が家にはボリスブラウンの親鳥が6羽、そして今回導入した「岡崎おうはん」が6羽の計12羽いることになる。
 岡崎おうはんの親鳥の姿 

 
 
そして、こちらがボリスブラウンの勇姿である。 

 
 
 

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



 

毎年、秋に鶏のひよこを買っていたが、千葉県の条例が変わって届け出とか面倒になったことで、ジョイフル本田のペットショップで、ひよこの販売をしなくなった。他で扱っているところが見つからず、現在飼っている鶏で、飼育は終わりとなる。

20210211_103720_copy_2268x1701

現在、11羽飼っている。この鶏舎には、2歳の鶏が5羽入っている。とても仲良しである。
20210211_103725_copy_2268x1701


この鶏舎には、訳ありの鶏が2羽入っている。3歳親鶏であるが、自分で産んだ卵を食べてしまう癖がある。そのため、産ん卵が外に転がり出るように作った、鶏舎に入れてある。

20210211_103747_copy_2268x3024

👇が、上の鶏舎を横から見た画像である。いじめにあった鶏を隔離するために作った鶏舎であったが。
20210211_103958_copy_2268x3024


こちらは、2羽で生活している鶏舎である。2羽は仲良しである。
20210211_103800_copy_2268x3024

ここには、いじめられっ子が1羽で暮らしている。誰と組ませてもいじめられてしまう。
20210211_103813_copy_2268x3024


そして👇の鶏は、一番のいじめっ子である。誰と組んでもいじめてしまう。
11羽で、5つの鶏舎を使っている。5羽、2羽、2羽、1羽、1羽である。

20210211_103833_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >




昨年の10月に鶏のひよ子を5羽購入した。約5ヶ月が過ぎ、1羽が卵を産んだ。下の画像の小さいほうの卵である。上は親鶏が産んだものである。

 20200229_073544-2268x3024

鶏は成長が早く6ヶ月ぐらいで親になって卵を産む。
20200229_073552-2268x3024

にわとりは、鶏冠の大きさ色によって卵を産んでいる鶏かどうかが判断出来る。
親鶏であっても2週間ぐらい卵を産まなくなる時がある。その時には鶏冠が、小さくなっている。
20200229_073614-2268x3024
昔の鶏は、冬にはあまり卵を産まなかったようだ。今では、品種改良されて1年中卵を産む。
『にわとりはじめてトヤにはいる』という言葉がある。2月始めの頃を指している言葉だ。トヤ(塒)とは、卵を産む巣のことで、冬が明けて春が近付き、鶏が卵を産むために巣に入る季節を言ったようだ。

そう言えば、子供の頃冬になると飼っていた鶏が居なくなってしまった。卵を産まなくなった鶏から貴重な蛋白源となっていたからだ。

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1


↑このページのトップヘ