のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 果菜類の栽培 > そら豆・トウマーミー

ソラマメを定植した。株間は50㎝取った。昨年は2畝作ったがしっかり育てば1畝でも食べきれないほどである。なので今年は1畝にした。全部で、21株植え付けた。
20211120_105608_copy_2268x3024


畝幅を50㎝測って、ピンを挿した。
20211120_105614_copy_2268x3024


鉢を開けて根の育ち具合を確かめた。根鉢にはなっていなかったが、十分に伸びていた。
20211120_105745_copy_2268x3024


👇の画像は、植え付けが終わったときの画像である。
マルチは、カッターで切って苗を植え付けた。
20211120_111730_copy_2268x3024


昨年は、不織布を掛けた上に防虫ネットでトンネルをした。今年はビニールトンネルに穴を開けて栽培しようと予定している。
20211120_112043_copy_2268x3024


👇は、植え付けた苗の状態を撮った画像である。
20211120_112058_copy_2268x3024


最後に、二重にしたマルチに、土を寄せた。そのあと水を掛けた。画像は今朝のもの。
 
20211121_084926_copy_2268x3024







本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

👇は、明日植える予定のソラマメの苗である。徒長気味だったので、日の当たる畑に置いていたら乾きすぎて、葉が黒くしおれたところが出てしまった。しかも育ちにムラが出た。1畝分しか使わないので、元気なものを植え付ける予定である。
20211119_145800_copy_2268x3024



👇は、絹さやである。植え付けるときは、良いものを2株ずつにするつもりである。
a



👇は、スナップエンドウである。こちらも植え付けるときは2株選んで植え付けようと思う。
b





👇は、予備の自家産種を植え付けたものである。7株は芽が確認できる。友人と相棒と同僚の分の苗木作りである。
20211119_145421_copy_2268x3024


👇は、急遽種を購入したものである。こちらもようやく芽が確認できるようになった。
20211119_145552_copy_2268x3024


👇の画像のように、初めから乾燥過ぎていたのか豆が割れていた。芽が出るのか不安だったが、水を含んだら閉じて、芽がちらほら確認できるようになったので、ほっとした。
この種は、さすがに芽を出すのは無理だろう。
20211119_145558_copy_2268x3024







本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

 

ソラマメは、まめ科の中では肥料食いのほうである。
IMG_20211116_073505
IMG_20211116_073529



耕運する前に混合した化成肥料(468g+802g+281g)を撒いた。
20211116_074843_copy_2268x3024


隣の畝も除草目的で、ついでに耕運した。
20211116_075314_copy_2268x3024


マルチは、リユースした。大きな穴が空いていたので、二重にした。
20211116_082556_copy_2268x3024



トンネル栽培する予定である。
20211116_082949_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1


そら豆の種蒔きを、失敗してしまった。昨年は、外に置いて雨に降られ、豆が腐ってしまった。今年は、ハウス内で発芽させた。天気の良い日が続いたので、培養土が渇き過ぎたと思って、水を掛けたのが大失敗だった。ポット内は、渇いて無かった。
それで芽が半分しか出なかった。カビのようなものが出たので、開けて見たら腐っていた。

👇の画像は、芽が出た物である。
培養土を変えて、植えかえた。
20211110_083040_copy_2268x3024

👇も、芽が出た物である。
20211110_083036_copy_2268x3024

👇が、芽が出かかった物だが、生長が遅いのでだめだろう。
2



👇は、急遽購入して播種したものである。
20211110_082901_copy_2268x3024

👇は、予備の種を蒔いた物である。
20211110_082907_copy_2268x3024


👇は、スナップエンドウである。ソラマメの腐ったのを確認後に種を蒔いたので、芽が出るまで水を掛けなかった。まだ出揃ってはいないが、3粒ずつ蒔いてある。2芽は、出ている感じだ。
20211110_083051_copy_2268x3024


👇は、絹さやである。絹さやは、スナップに比べて発芽し易い感じである。ほぼ3芽が出揃っているようだ。
20211110_083057_copy_2268x3024






本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



ソラマメの種をポット蒔きした。昨年も今頃の10月25日に播種している。ソラマメは、大豊作だったので、種も綺麗なものを残すことができた。今まで2畝作ってきたが、今年から1畝にして疎植栽培で行こうと思っている。
20211024_082347_copy_2268x3024



20211024_091132_copy_2268x3024


苗は90株を作るが、私が使うのは30株ぐらいである。
残りは、友人の分や相棒、会社の同僚と毎年おすそ分けしている。
20211024_091122_copy_2268x3024



以下は、ソラマメのポット蒔きの蒔き方の方法を過去に纏めた記事である。





そら豆ポット蒔き備忘録

0 0
そら豆が元気な芽を出して、勢い良く伸びてきた。
今年は、発芽まで2週間ぐらいの時間を要してしまった。
 



2つの大事なポイントを忘れないために、備忘録として画像を残しておくことにした。

そら豆の芽と根の出方の分かる画像



① ポット蒔きの場合には、発芽するまで乾かさないように毎日たっぷりと水を掛ける。豆が外に出ているので、蒸れて腐ることは無い。







② お歯黒から芽と根が出るので、芽が出る位置を斜めにして上を向ける。


ポットに豆を入れる角度
ソラマメの凹側を斜め上に向ける    

           



➡前回の記事へ  


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

↑このページのトップヘ