のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 果菜類の栽培 > そら豆・トウマーミー

👇は、第3畑のソラマメである。
この畑は、特に冬場は隣の杉林に太陽光を遮られ、午前中と夕方しか陽が射さない。
20210304_085355_copy_2268x3024


2畝のうち、右側の畝は比較的日が当たる。しかし、左側の畝は冬場はかなりの部分が日陰になってしまう。
20210304_091651_copy_2268x3024

👇は、右側のソラマメである。先日、脇芽を4、5株残しの剪定を行った。比較的順調に育っている。
20210304_091703_copy_2268x3024


👇は陽当たりの悪い畝のソラマメである。まだ、育ったままの姿で剪定をしていない。
右側と比べて、生育がガクンと落ちてしまっている。
20210304_091712_copy_2268x3024



畝の奥のほうは、西日が当たる分若干ではあるが生育は普通である。
20210304_091729_copy_2268x3024



これから陽が高くなれば、日照時間も多くなるので脇芽が伸びてくるだろう。
20210304_091739_copy_2268x3024


枯れてしまったものや育ちが極端に悪いものもある。5,6株貧弱な株もみられる。
20210304_091830_copy_2268x3024

👇は奥のほうから見た、育ちの悪いソラマメの画像である。
20210304_091858_copy_2268x3024



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >




ソラマメの剪定作業をしていなかったので、防寒対策用のネットと不織布を外して、状態を確かめた。
20210222_143138_copy_2268x3024

この畑には2畝植えてあるが、日当たりがそれぞれ違う。
画像右側の畝は、比較的日当たりが良い。
20210222_143245_copy_2268x3024


脇芽が何本か出ているので、4本か5本だけ残して切り取ることにした。
20210222_143250_copy_2268x3024


株を広げて本数を確かめたら、10本近くの脇芽が出ていた。
20210222_143802_copy_2268x3024

太い脇芽を5本残して、弱そうな脇芽をカットした。孫芽もついでにカットした。
20210222_143559_copy_2268x1701

脇芽を切り取る作業が終わったので、全体の記録画像を撮った。
20210222_144832_copy_2268x3024



まだ、寒波がやってくることもあるので、不織布と防虫ネットは戻した。
次は、日当たりの悪いほうの畝の不織布とネットをはずした。
20210222_145646_copy_2268x3024

枯れて溶けてしまっているものや、育ちが貧弱な株も見られた。隣の畝の株とは全く違う育ち方である。日照時間の影響は、思った以上に成長に差がつくことが分かった。
20210222_145716_copy_2268x3024

脇芽を剪定するほど出ていないようなので、何もしないで不織布とネットを戻した。
もう少し暖かくならないと、脇芽も伸びてこないようだ。
20210222_145804_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

👇は、空豆の畝である。
今年は、畝幅を140cmと広くとった。
5本支立てにするつもりなので、かなり大株になるだろうから、ゆったりとした畝幅にした。
20210203_084829_copy_3024x4032

防寒対策として不織布を掛け、その上から防虫ネットを掛けた。
下の画像は、朝撮ったものである。まだ脇芽は、小さい。
20210203_084849_copy_3024x4032

下は、トンネル内の空豆の生育状況を撮った画像である。
20210203_084856_copy_3024x4032


不織布が足りなかったところは、防虫ネットのみのトンネルであった。
この畑は、周りを山と建物とハウスに囲まれているので、寒風からは守られている。
20210203_085053_copy_3024x2268

ネット越しに、トンネルの中のソラマメを見たら、動いてはいないが綺麗な葉色である。
20210203_085101_copy_3024x4032


畝の三方が風よけになっている畑である。ただ、日当たりはさほどいい畑ではない。
画像は、朝の9時ごろのものであるが、昼頃には、日陰になってしまう。
20210203_085130_copy_3024x4032


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

不織布と防虫ネットをかぶせたトンネルである。
ソラマメが凍みてしまわないように、暴風対策と霜が直接降りないように防寒対策した。
20210122_080651_copy_2268x3024

早朝のトンネル内のソラマメの状態の画像である。
20210122_080752_copy_2268x3024

葉は寒さでしなだれてはいるが、凍みてはいないようだ。
20210122_080808_copy_2268x3024

隣のトンネルは、若干不織布が足りなかったので、防虫ネットだけになっている部分がある。
20210122_080909_copy_2268x3024

かなりクタッとなっているが枯れてはいない。ソラマメは、案外寒さに強い。
20210122_080927_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


この第2畑は、冬場は朝日しか当たらない土地である。
昨年は、3か所に分けて1畝ずつソラマメを作った。のびのび育てたので豊作だった。
子の畑には一昨年に👇の画像の2畝よりも狭い処に3条立てでソラマメを作ったら、風通しが悪すぎてベトビョウに遣られてしまった。

今年は、畝を140㎝ぐらい離してゆったりと作った。
20210103_095920_copy_3024x4032

👇は、左側の畝の中のソラマメをネット越しに撮った画像である。
20210103_095938_copy_3024x4032


👇の画像は、右側の畝のソラマメをネットネット外して撮った。
20210103_100018_copy_3024x4032


👇は、そのままトンネル内部の生長状況を撮ったものである。
芯は止めてあるので、脇芽が何本か育っているようだ。
20210103_100109_copy_3024x4032



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1





’<div align="center"> <div align="left" >

↑このページのトップヘ