のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:果菜類 > そら豆・トウマーミー

種用の莢を残して、すべて収穫した。
二つの籠に8㎏ずつ収穫した。

20200524_150116_copy_2268x3024

8㎏
20200524_150120_copy_2268x3024

3㎏ずつ分けて、カミさんの知り合いにおすそ分けした。
20200524_150445_copy_2268x3024


1,6㎏の豆は我が家の分。食べきれない分は冷凍保存する。
20200524_153020_copy_2268x3024

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1




沖縄で作られているミニそら豆のトウマーミーである。
莢の生り方がすごすぎる。
鈴なりである。

20200501_091538_copy_2268x3024


何時頃が収穫時期なのか、時々1莢取って割って中身を確かめてみた。
ちょうど熟してきたようなので、いくつか収穫して食べてみることにした。

20200501_091616_copy_2268x3024



20200501_091625_copy_2268x3024


大きさは8㎝ぐらいである。2粒入りと3粒入りが半々である。
小さいだけで、莢の形もソラマメである。

20200501_100453_copy_2268x3024



5分ほどゆでてみた。
20200501_101536_copy_2268x3024


莢を割って、塩を少しだけ振り掛けて食べてみた。
きっと枝豆の大きさの感じだ。

あっという間に、食べ終わってしまった。
美味しいと言えば美味しいが、ソラマメと比べるとなにか物足りない。
個性が今一つ無い感じだ。
「トウマーミーの食べ方」とググってみても、出てこない。
かなりレアな野菜の部類のようだ。

完熟状態で収穫し、乾燥させ、いかり豆 のように油で揚げて、塩をまぶして食べれば、きっと酒のつまみになるかもしれない。トウマーミーのいかり豆だ。


20200501_101943_copy_2268x3024



 
本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1






1日中、日の当たる第1畑である。
空豆と4株のトウマーミーが、1条植えてある。
20200422_080634_copy_2268x3024
トウマーミーが、かなり膨らんできた。1莢採って割ってみたが、中の実はまだ未熟だった。空豆のように莢が下がって来てからが収穫時期なのだろうか。
20200419_144118_copy_2268x3024


20200419_144208_copy_2268x3024

下の画像は、空豆である。
20200419_144604_copy_2268x3024

下のほうの莢は、トウマーミーと同じくらいの大きさである。膨らみの感じは全く違う。
20200419_144614_copy_2268x3024



こちらは第2畑である。
空豆とトウマーミーが、1条ずつ植えてある。
20200422_080738_copy_2268x3024

そしてこちらは、日当たりの悪い第4畑である。
余ったトウマーミーを植えてある。
20200422_080830_copy_2268x3024


 本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

ブロ友さんから、トウマーミーというそら豆の種を頂いた。
沖縄で作られている、小さなそら豆だということで、ググって見て大きさと形は分かった。

実際に作って見て、芽が出た時から現在の生長までは、普通のそら豆とほとんど同じ大きさで育ってきた。

そして、今日初めて実のなっている姿を見た。
20200408_083715_copy_2268x3024

鈴なりという感じだ。
20200408_083612_copy_2268x3024


実の生り方は、普通のそら豆と同じだ。
しかし、その間隔が狭い。
一体どこまで生るのか?
20200408_083528_copy_2268x3024

もう下のほうは、もう食べられるかも知れない。
20200408_083458_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1






私の畑のすぐ隣のソラマメの畝である。
先日まで穴あきビニールトンネルが掛かっていた。穴から葉が飛び出していた。

20200319_081840_copy_2268x3024

孫芽が、たくさん出ている。ざっと数えてみると、12,3本立ちとなっている。
私も、昨年度は1畝に3条作ってしまって、わさわさ芽が出てきて、整枝するのが面倒になりそのままにしてしまった。まさにその時の画像と同じような光景である。

20200319_081906_copy_2268x3024

畑の地主は、私の教え子であるが公務員をやりながら田んぼをたくさん作っている兼業農家である。
教え子といっても私と8歳ぐらいし違わないので、59歳となっている。
現在重職についているので忙しい。畑は、兄弟や親せきのために作っている感じで、あまり力を入れていない。手伝ってあげたい気持ちもあるが、畝の長さはざっと見て40mぐらいはありそうなので、見ただけで尻込みしてしまう。

20200319_081849_copy_2268x3024



しかも2条ずつ植えて、二畝ある。
20200319_081915_copy_2268x3024

右側の畝の一株である。こちらも同じようにたくさんの脇芽が出ている。

20200319_081835_copy_2268x3024


 
本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

↑このページのトップヘ