のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 肥料・米糠ぼかし、腐葉土、堆肥

籾殻燻炭を作成するために、知り合いの籾摺りハウスに行った。
3年ぐらい前から、もみ殻を頂いている。
20220913_160306_copy_2268x3024

お婆ちゃんも一緒に、隣のハウスでの野菜栽培などをやっているので、毎年最初にお茶菓子を持って挨拶に行っている。
気を使わなくても良いと言われているが、そうはいかない。
20220913_154645_copy_2268x3024

緑のナスは作っていないという事なので、持って行ったら大きいのを2個だけもらって頂いた。
20220913_154608_copy_2268x3024


ワゴンRに、4袋分を積み込んだ。
ビニール袋は、前の会社にいるときにリース用の冷蔵庫を買うときに、包んであった袋を廃棄するというので、20枚ぐらい頂いた。
1袋でドラム缶1杯分入るので、200リットル分である。
20220913_160533_copy_2268x3024


4袋で、満杯である。
20220913_161413_copy_2268x3024


👇は、先輩が生前に、杉林の隣に拵えた小屋を物置に利用している。
その中に、一時保管してある。
20220914_101005_copy_2268x3024


太い木は、樫の木である。土地の境界に昔植えた樫の木が大木になってしまっている。
台風で、3本ほど倒れた。
小屋が立っているのは、私が借りている畑の地主の土地である。
20220914_101028_copy_3024x2268


杉林は、先輩が生前借りていたので、その時から一緒に綺麗に管理するという事で、借りている。
ドラム缶での燻炭づくりは、たまきちゃんの発想で紹介されたやり方である。
煙がほとんどで無いので、苦情は一切無い。
大変な優れものである。
20220914_100457_copy_2268x3024


ドラム缶の下に穴を空けて、上に火を着ける
少し空気が入るように、隙間を空けて蓋をすれば、24時間で燻炭が出来る。
籾殻に、火が移るまで木屑を燃やすのがポイントである。
20220914_100652_copy_2268x3024


👇は、蓋の横から煙が出ているのを撮った画像である。
鉄パイプの上の方に、もやのような薄っすらと煙が出ている。
20220914_100628_copy_2268x3024


👇は、ドラム缶2基で、燻炭を焚いている画像である。
明日の朝には、出来た燻炭をトタンを敷いてあるところに撒けて、レアの状態があればかき混ぜて、ミディアム状態まで焼く。
その後に、水を掛けて一気に消火する。
20220914_100640_copy_2268x3024


燻炭づくりの場所の、全体画像である。
20220914_101106_copy_2268x3024

燻炭を入れてある槽である。
20220914_101116_copy_2268x3024


去年作った燻炭が、半分ぐらい残っている。
燻炭は、種まきの時や温床の醗酵に使ったりする。
土壌改良には、籾殻堆肥を使っているので燻炭は使わない。
20220914_101141_copy_2268x3024





ここからは、今朝の作業である。
24時間でドラム缶の籾殻は、すっかり焼き上がっている。
量も、3分の2ぐらいになっている。
20220915_081153_copy_2268x3024

👇は、ドラム缶2本分を開けた状態である。
まだレアの籾殻も見られるので、この後山にして焼きムラを直す作業をする。
20220915_081559_copy_2268x3024


ほとんどが焼けているので、混ぜながら焼けば5分ぐらいで綺麗に焼けてしまう。
20220915_081605_copy_2268x3024

👇が、5分ほどかき混ぜて焼いた状態である。
ほとんどミディアムな状態の燻炭が出来る。
20220915_081952_copy_2268x3024


平らに均して、水をたっぷりかけて一気に消火する。
20220915_082824_copy_3024x2268



👇は、たっぷりかけた水が下から浸み出している画像である。
この状態で、一昼夜乾かす。
20220915_082836_copy_2268x3024



次に、第2弾の燻炭作りの準備に取り掛かる。
👇は、上部のもみ殻に点火している画像である。
この時に、しっかりと上部のもみ殻を燃やすことがポイントである。
20220915_090105_copy_2268x3024





本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村

木曜日に大根と白菜の畝周りの除草作業を行った。
👇は、大根を抜いて埋めた所と、隣の白菜の畝の間である。
20220224_082531_copy_2268x3024

👇は、白菜と大根の畝の間を、除草した画像である。
20220224_082540_copy_2268x3024

取った雑草は、土手の所に集めて捨てた。
20220224_082609_copy_2268x3024


👇は、杉林との境目の所に固めて捨てた。
20220224_082645_copy_2268x3024
 

👇は、昨日の朝に管理機で耕耘した画像である。白菜、大根、キャベツを作付けしたばしょである。ここには、トマトとナスを植える予定である。

20220225_081649_copy_2268x3024


👇の画像の左側には、練馬大根が何本か残っている。そしてその左隣は、キャベツとブロッコリーの畝である。
20220225_082911_copy_2268x3024

👇は、先日落ち葉を畑全面にバラ蒔いた後、管理機で畑に漉き込んだ畑である。ついでに、再度管理機で漉き込むことにした。
20220225_081703_copy_2268x3024


👇が、2回目の漉き込みが終わった後の画像である。この場所は、5月ごろにサツマイモを作付ける畑である。それまでには、雑草防止を兼ねて、何度か耕耘して落ち葉が土壌になじむようにしようと思っている。
20220225_082900_copy_3024x2268





👇は、炭素循環農法のざっくりとまとめた資料である。面白いのは、木のチップや廃菌床、籾殻などの高炭素資材を、そのまま畑の表面に浅く撹拌させるだけで、無肥料栽培する農法である。資材の量は1㎏/㎡なので、そんなに多い量ではない。この農法の面白い所は、土中の微生物に野菜の必要な栄養分を作ってもらおうというものである。ただ、注意しなければならないのは、野菜が育つには、半年から3年は掛かるという事である。
IMG_20220225_095321
私が興味を持ったのは、籾殻や木のチップをそのまま畑に投入して、土壌の微生物を増やすことである。5,6年前から畑の土壌改良に興味を持ち、色々と勉強してきたことで、土づくりの三要素の中の生物性を向上させるというところである。


1641034157808
1641034157838






本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1  





籾殻燻炭が、ほぼ一杯になった。燻炭槽は、約700リットル入る。
今日の分で終了である。
私と友人が使う1年分の量である。主な使い道は、種蒔き時である。直播きでも、セルやポット蒔きでも必ず使う。
20211006_074655_copy_2268x3024

使い終わったドラム缶は、保管小屋に、来年まで収納して置く。
20211006_074705_copy_2268x3024

最後の燻炭である。
20211006_074712_copy_2268x3024

ややレア燻炭に焼きあがっているようである。
20211006_074718_copy_2268x3024


下は10分ぐらい混ぜて焼いた状態である。 
20211006_080731_copy_2268x3024


燻炭は、下のように真っ黒なミディアム状態だけを使う訳ではない。培養土に混ぜる時は、レア燻炭を1割ぐらい混ぜると、苗の根張りが良くなるとの説もある。
20211006_080738_copy_2268x3024

時短の為に、一気に水を掛けて消化させる。👇は、水を入れる溝を掘った画像である。
20211006_080847_copy_2268x3024


タップリ水を掛けないと、再燃焼して灰になってしまう。草木灰の肥料になってしまう。
20211006_081157_copy_2268x3024



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1




そろそろ燻炭焼きも、終わりに近づいている。
20211004_071701_copy_2268x3024



ドラム缶は、200リットルであるが、燻炭にするとその半分の100リットルぐらいに目減りしてしまう。焼きすぎて灰にしてしまうと、水を掛けると溶けて無くなってしまう。
20211004_071711_copy_2268x3024


👇の燻炭槽は、約700リットルの燻炭を保管できる。
0.9m×0.9m×0.9m=0.729㎥ 729リットル
20211005_084317_copy_2268x3024


槽の約9割が埋まった。一年間分の燻炭である。
20211005_084323_copy_2268x3024



1回分の燻炭の量は、100リットル弱である。ドラム缶で8回ぐらい焼くことになる。
20211004_072351_copy_2268x3024
 


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

台風情報
IMG_20210930_140711


毎日燻炭作りを行っている。1年間分の燻炭をドラム缶で作るには、10日ぐらいかかる。昨年は、ドラム缶が2器あったので、1週間で終わった。今年は、1器が錆びてしまって底が抜けている。
20210929_071657_copy_2268x3024


昨日の朝にできた燻炭を水を掛けて強制的に消化したものである。最初に、籾殻燻炭槽に保管する作業を行う。
20210929_071743_copy_2268x3024


👇が、籾殻燻炭槽である。既に3日分の燻炭が入っている。
20210929_071812_copy_2268x3024


昨日の分を綺麗に運び終わったら、ドラム缶で焼いている燻炭を取り出す作業である。
20210929_072038_copy_2268x3024


👇は、ドラム缶の蓋を開けて、中を撮った画像である。量は、半分ぐらいに減っている。
20210929_072148_copy_2268x3024


👇は、ドラム缶と蓋との隙間を作る太い針金である。4個作ってある。
20210929_072204_copy_2268x3024


👇は、ドラム缶を倒して取り出した、籾殻燻炭である。真っ白なウェルダン、真っ黒なミディアム、茶色のレアの3種類の燻炭ができる。白が多い場合は、燃えすぎているので、上部の空気口を狭める必要がある。
20210929_072303_copy_2268x3024


👇は、シャベルでかき混ぜたものである。結構レアの状態のものもある。10分ぐらいこの状態で焼いて、ミディアムの状態にする。
20210929_072358_copy_2268x3024


👇の塊は、空気が遮断されて完全なミディアム燻炭になったものだ。
20210929_072516_copy_2268x3024


👇は、上下をかき混ぜた画像である。
20210929_072523_copy_2268x3024


次に、籾殻を保管している小屋から1袋運んで、ドラム缶に入れる。
20210929_072552_copy_3024x2268


ドラム缶1本分の袋詰めは、運ぶのに結構重い。なので少し少なめにつめ込んである。
20210929_072649_copy_2268x3024


ドラム缶に、一杯に詰める。
20210929_072828_copy_2268x3024


籾殻の真ん中に、灯油を浸み込ませた着火剤を投入する。
20210929_072938_copy_2268x3024


籾殻の真ん中に、点火剤を入れた画像である。
20210929_072958_copy_3024x2268


枯れた小枝を追って、点火材の上に並べて点火する。
20210929_073159_copy_2268x3024


焼いている時間は、5,6分である。
20210929_073204_copy_2268x3024


次は、水を掛けて強制的に消化する準備をする。
20210929_073316_copy_2268x3024


水を掛けるための溝に、たっぷりと水を掛けて火を消す。
20210929_073352_copy_2268x3024


完全に消化しないと、燃え上がって灰になってしまう。
20210929_073357_copy_2268x3024


水が流れ出すまで、じゃぶじゃぶに水を掛ける。煙が出ていないことを確かめる。
20210929_073707_copy_2268x3024


点火した小枝が燃えて、周りのもみ殻に燃え移るまで10分ぐらいかかる。
20210929_073713_copy_2268x3024


小枝が完全に燃え尽きて、籾殻に燃え移って青白い煙が出たら蓋を被せる。
20210929_074933_copy_2268x3024


👇が、蓋を被せた状態である。白い煙が出ているのは、空気が多い状態である。
20210929_075023_copy_2268x3024


しばらくすると白い煙がだんだん薄くなっていく。ここまでの作業が10分から15分である。
20210929_075057_copy_2268x3024



前回の記事へ 

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 

↑このページのトップヘ