のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 肥料・米糠ぼかし、腐葉土、堆肥

Vol.11 堆肥中のリン酸を上手に使う 転載元
https://www.yanmar.com/jp/agri/agri_plus/soil/articles/11.html

(図1)は、家畜糞(牛・豚・鶏)堆肥をリン酸資材として施用した試験区と、化学肥料の過リン酸石灰を施用した試験区との比較です(窒素・カリは化学肥料で施用)。栽培作物はコマツナで、用いた土壌は可給態リン酸含量が極めて少ない(リン酸欠乏といっても過言でない)火山灰由来の下層土です。
3
(図1)の結果は、畜種(牛糞・豚糞・鶏糞)に関わらず、堆肥のリン酸の効果が化学肥料の過リン酸石灰よりも同等かそれ以上であることがわかります。堆肥中の窒素はアミノ酸やタンパク質など有機態として存在しますが、リン酸についても同様で、リン酸と糖などが結合した有機態の形で存在します。さらに重要なことは、窒素やリン酸と結合していないセルロース(※3)などの繊維成分等の有機物も大量に含まれていることです。

それではなぜ、堆肥中のリン酸は効果(あるいは利用率)が高いのでしょうか。その理由のひとつとして、「化学肥料のように水に溶ける形態ではない」ということが挙げられます。化学肥料のリン酸は、水溶性なので溶けて土壌に入ると鉄やアルミニウムとすぐに結合し難溶性になってしまいます(図4)。

(図4)難溶性のイメージ

3-1
一方、堆肥中のリン酸は有機物とすでに結合しています(有機態リン酸)が、それでも土壌中の鉄やアルミニウムと結合し難溶性となる力はあります。しかし、堆肥中には繊維成分が多く含まれており、リン酸は繊維成分に覆われていて土壌の粘土粒子にリン酸が直接触れない状態になっています。そのため、難溶性(鉄やアルミニウムと結合する)になりにくいのです。

そして伸張した根が堆肥中の有機物に覆われたリン酸に到達したとき、この有機態リン酸を無機化する酵素(フォスファターゼ)が根や土壌微生物から分泌され、有機態リン酸は無機化し、根へと吸収されるのです(図5)。(フォスファターゼは植物根から分泌されますが、根面に生息する微生物からも分泌されます。)

4

つまり、過剰蓄積の観点からも有機物利用の際のリン酸の肥効を堆肥で置き換え、不足分の窒素を化学肥料で補う施肥設計が望ましいといえます。
また、堆肥中に含まれるカリについても言及しましょう。堆肥中のカリウム(K)は、イオンの形態(K+)で存在します。土壌粒子との反応も化学肥料と同じです。したがって、堆肥中のカリの肥効は化学肥料とは同等といえます。以上のことからも、窒素よりはむしろ「リン酸やカリのための堆肥施用」として、発想を切り替えて、持続可能な農業の一歩を踏み出してはいかがでしょうか。
5




発酵鶏糞 使用方法 菜園 1㎡当たり 500g~1000g

3-1

友人の鶏糞使用料は、上記鶏糞の使用法の多めの量の約3倍の使用量である。

3

友人の畑の現在のキャベツ
20201115_094334_copy_2268x1701

友人のキャベツ ※大根は私の畑の物
20201115_093608_copy_2268x3024



参考にした肥料

IMG_20201113_104134_copy_3025x4010


IMG_20201113_103927


IMG_20201113_104010_copy_3025x3647


IMG_20201113_104501



IMG_20201113_104434_copy_3025x2974



IMG_20201113_104248_copy_3025x4476


IMG_20201113_104549


IMG_20201113_104342_copy_3025x3186

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

今更聞けない肥料の話

’<div align="center"> <div align="left" >


来年度分の、籾殻燻炭作りが終わった。
有給を使って6連休としたので、毎日ドラム缶で、燻炭作りをした。
燻炭は、。12時間で出来る。
途中からドラム缶2基で作ったので、1年分を6日で作ることができた。
20200923_071754_copy_2268x3024


朝、最後の燻炭を保管槽に運んだ。
20200923_071938_copy_2268x3024




燻炭保管槽は、この杉林の中に設置してある。
20200923_072018_copy_2268x3024



綺麗な燻炭が、大量に出来た
20200923_072141_copy_2268x3024




去年は、満杯にはならなかった。
しかしながら、今年は保管槽に並々いっぱいの燻炭を作ることが出来た。
20200923_072901_copy_2268x3024



風雨に晒される場所なので、ブルーシートを被せた。
20200923_073230_copy_2268x3024



下の簡易槽は、籾殻を一時保管したので、後で撤去する予定である。
20200923_073239_copy_2268x3024

ドラム缶も洗って有るので、乾いたら来年まで、小屋に保管する。
20200923_073515_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >



使い古したドラム缶だったので、とうとう底が抜けてしまった。何年もこの場所に雨ざらしになっていたので、仕方がない。
いつも懇意にしているガソリンスタンドに、ドラム缶を1本何とかならないかと電話したら、1本ならあるというので、すぐに調達に行った。蓋を切り抜いてもらって、下に4か所通気口を開けてもらった。値段を聞いたら2000円で良いということだった。今度は、使い終わったら雨に濡れない野菜小屋にでも、保管して置こうと思う。



20200919_150830_copy_2268x3024


底の抜けてしまったドラム缶で炊いたものは、上手く焼けなかった。
それで、急遽旧式のやり方で焼き直した。
20200919_094647_copy_2268x3024


2時間ぐらいで綺麗に焼けたので、上下かき回して平均に焼いた。
20200919_142924_copy_2268x3024


やや生焼けのところもあるが、「レア燻炭」ということで使い道があったようなので、昨年記事にしたものにリンクさせておいた。レア燻炭は、培養土に1割ぐらい投入すると、土が固まらず粘りの良い苗が出来るようだ。
3-2

20200919_143148_copy_2268x3024
しばらく混ぜていたら焼けてしまって、ミディアム燻炭になっていた。
水を掛けて、明日の朝に貯蔵場所に運ぶ。
20200919_145350_copy_2268x3024



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

最初の作業は、マルチを剥がすことだ。


20200918_090943_copy_3024x2268


マルチを剥がしたら、ラベルや雑草を掃除して綺麗にする。
20200918_094420_copy_3024x2268


今回は、馬糞堆肥ではなく、温床で使った堆肥を使うことにした。
20200918_110909_copy_3024x2268


温床は、野菜残渣や落ち葉を投入し、糠を使って発酵させたものだ。
後半は馬糞堆肥が手に入ったので、それも投入してある。


20200918_110727_copy_3024x4032


上の画像で、一輪車に8杯分で丁度温床の半分の量である。
落ち葉堆肥は、馬糞堆肥よりも有機物の量が多く、土壌改良には最高の資材である。
温床のため、発酵熱を利用するため糠を投入して、何度も発酵させているので完熟堆肥に近い状態である。
20200918_110721_copy_3024x4032


下は、堆肥の断面画像である。細かく分解されるまで、何度も切り返しされ発酵を繰り返した完熟堆肥である。落ち葉や藁なども入っているが、原形をとどめていない。
20200918_110735_copy_3024x4032




堆肥運びは、結構な重労働なので、半分ずつ時間を分けて作業を進めた。
20200918_111554_copy_3024x2268



休憩をとってから、残り半分の堆肥を運んで蒔く作業を行った。
温床のあるハウスから、この畑までは約100mぐらいの距離があるので、結構な重労働である。
20200918_143447_copy_3024x2268



画像の堆肥を均した畑は、隣の教え子がトラクターで、2回ほどロータリーを掛けてくれた部分である。
管理機と違って、かなり深い部分まで耕してくれた。
20200918_144015_copy_3024x2268



最後に、管理機で耕耘して終了した。
この畑には、大根、白菜、玉ねぎを作付ける予定である。
20200918_155138_copy_3024x2268


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

今年初めての、もみ殻燻炭作りである。
結果は下の画像のように、おおむね良好であった。
ただ、燻炭製造機のドラム缶の底が抜けてしまった。
急遽、蓋に使っていると同じものがもう一つストックしてあったので、下に敷いた。
今年度は、このドラム缶を使うが、もう一つどこからか調達する必要がある。

20200918_084855_copy_3024x4032



さっそく、第2弾を準備して着果した。
トタン板にあけた燻炭は、水を掛けて強制消化した。
乾いたら、1年分を入れて置く燻炭置き場に移動する。
20200918_090908_copy_3024x4032


半焼けのもみ殻は残っていなく、すべて真っ黒に焼けた。
若干吸気口近くのものは、白い灰になっていた。
20200918_084904_copy_3024x4032



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

↑このページのトップヘ