のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 柿の栽培

先日の早朝に、ミニ菜園の草刈りを行った。
早朝だったので涼しいだろうと、水も持たずにやって来て、雑草やら篠竹などを張り切って、刈り取った。
しかし、1時間でヘロヘロになってしまったので、中止して秘密基地に戻った。
直線距離では100ⅿほどしかないが、車で来たので5、600メートルの距離はある。

今回は、午後から暑い中仕上げをやろうとやって来た。ゆっくり休み休み2時間ぐらいかけようと、覚悟をしてやってきた。

👇は、道路から30ⅿぐらい下った所の畑までの赤道である。昔は、通路として使っていた公道である。今では、けもの道のような狭い通路である。私が整備しないことには、だれも手を付けない通路である。
20220724_123652_copy_1512x2016

 
公道であるから10ⅿぐらいごとに道路標のコンクリートの標識が埋められている。
刈り払い機の刃が飛ばないように、標識の場所を確認して草刈りをする必要がある。
あか道の幅は、約1.8ⅿぐらいの狭いものである。
20220724_130313_copy_1512x2016


30ⅿぐらい降りてきたところの右側が、私のミニ果樹園である。
面積は、32坪と小さな土地である。
20220724_130346_copy_1512x2016


時間帯は、午後1時半ごろであったので、若干日が射していた。
20220724_130402_copy_1512x2016


青い空が見える方角が東側である。
下のほうに市の雑種地と田圃が広がっている。
田圃は、クリーンセンターの醗酵チップの置き場所などに利用されている。

20220724_131418_copy_1512x2016


東側の市の雑種地には、油断すると右横から孟宗竹が伸びて来てしまう。
毎年、筍採りをした後に、東側の雑種地に伸びた筍を、全部倒すようにしている。
最近は、10本ぐらいで済んでいる。
しばらくすると、また10本ぐらい出ている。なので、年に2,3回切らないとならない。
20220724_131440_copy_1512x2016



午後3時ごろまでは、日が当たっていることがわかる。
ここは地面一杯に、フキが出る。
もともと山フキが自生していたので、鶏糞を撒いたりして増やしてきた。春先には、フキノトウがたくさん出るので、重宝している。
20220724_131518_copy_1512x2016


👇の画像は、左側が山になっているので、大きな木が上空を覆っていて、日照を遮っている。
こちら側の雑木は、時々切り倒している。
太い木はあきらめているが、倒せる太さのものは、出来るだけ切っている。
👇は、一才柚子であるが、日照不足ではあるが毎年たくさんの実を生らせている。
20220724_131527_copy_1512x2016


👇は、一才柚子の実が生っている画像である。
20220724_131554_copy_1512x2016


👇は、グレープフルーツの木であるが、こちらも今年は何個か生っている。
20220724_131620_copy_1512x2016


こちらも今年は、何個か生っている。
しかしながら、実は酸っぱすぎて食べられない。
20220724_131646_copy_1512x2016


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、秘密基地から100m離れた場所に、小さな果樹園がある。
柿の木が4本植わっている。
そして1才柚子が1本とグレープフルーツが1本、キンカンが1本植えてある。しかしながら、周りが竹林になってしまったので、日照が遮られて生育が悪い。

20220722_074435_copy_2016x1512


土地を購入した時は、周りには何もなかった。畑にしようと手に入れた土地だった。
しかし、隣の土地を購入した人は、竹林にしてしまった。
正面の東側は、市の土地で雑種地と田圃が広がっている。その雑種地も竹が生えてしまっている。
20220722_074456_copy_1512x2016


👇の画像の左側は、もともと山であった。
しかし、雑木が大きくなって、枝が私の果樹園に伸びてきている。
去年、東側を覆っていた大きな木を、1本切り倒した。
そして、今日もちょっと細めの木を、1本切り倒した。
20220722_074441_copy_1512x2016


早朝であるし、さほど広くない土地なので一気に片づけようと張り切って、刈り払い機を動かした。
刃は先日取り換えたばかりなので、篠竹や小さな木でも簡単に切り倒せる。
20220722_081837_copy_1512x2016


このミニ果樹園では、役に立っているのは柿の木と1才柚子である。
その柿の木も1本はあまりならない。
20220722_081841_copy_2016x1512



わずか1時間の草刈り作業であったが、ちょっと張り切り過ぎてバテバテになってしまった。
刈り取ったものをそのままにして、そそくさと秘密基地に戻った。
3795b598-s




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
 

👇は、友人の畑の西条柿である。有名な渋柿である。3年前に初めて生りだした。
その時から私が管理している。友人は、渋柿は食べないからある。2年前に強剪定をしたので、一昨年はあまり生らなかった。


20220716_111826_copy_1512x2016


👇のように今年はたくさん生っている。
20220716_111840_copy_1512x2016


まだ、摘果はしてないが、近日中に行う予定である。
20220716_111909_copy_1512x2016


徒長枝と、隣の畑に飛び出している枝を剪定した。
20220719_105645_copy_1512x2016




👇は、その隣の冨士柿である。こちらも私が管理している。同様に、3年前に強剪定している。
昨年は、高くなった枝を切ったので、徒長枝が出ている。

20220716_111924_copy_1512x2016


今年は、10個ぐらいしか生っていない。
20220716_112021_copy_1512x2016


👇は、徒長枝や隣の畑に入り込んでいる枝を剪定した。
20220719_105756_copy_1512x2016





👇は、通路に面した一番小さなミカンの木である。去年は、一つも生らなかったが、今年は普通に実が着いた。
20220716_112425_copy_1512x2016


まばらになっているので、実は比較的大きく育っている。全体では、30個以上は生っている感じである。
この木は、摘果しないで済みそうである。
20220716_112435_copy_1512x2016


👇は、2番目に大きな木である。昨年は、10個ぐらいしか生らなかった。
20220716_112507_copy_1512x2016


今年は、花がたくさん咲き、かなりたくさんの実を着けている。
ただ、自然に落下して、適度な感じの実の着き方になっている。
このまま摘果作業をしないでも、済みそうな感じである。
20220716_112526_copy_1512x2016


👇は、一番大きなミカンの木である。ミカンの品種は、3本とも温州ミカンである。
20220716_112548_copy_1512x2016



こちらは、全体にたくさんの実が生っている。自然落果もたくさんあったが、まだ多くの実が残っている。そのため、育ちが悪くて小さいままの物もある。そろそろ摘果作業を始めようと思っている。
20220716_112626_copy_1512x2016

 本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

 


昨年の冬の状態 その後、強剪定した。
1641034157891

今年の剪定前の状態
20220101_142252_copy_3024x2268

太い一枝を切った。
20220101_142307_copy_2268x3024


👇が、切り取った太い枝。
20220101_142316_copy_2268x3024


細い徒長枝を切り取った最後の画像。
20220101_142752_copy_3024x2268



昨年、今日剪定した所から徒長枝がたくさん出てしまっている。前の地主が隣の塀のすぐそばに植えてしまったため、隣の屋根ばらばらと柿の実が落ちてしまう。そのため、隣の敷地に罹った枝を切り落としてきた。なので、変な格好になっている。本当は、短くバッサリと切ってしまった方が良いのだが、甘い富有柿が毎年なるので、なかなか思い切れないでいる。
20220101_143050_copy_2268x3024


高いところまで梯子を掛けて、のこぎりで徒長枝をすべて切り落とした。
20220101_145538_copy_2268x3024





👇は、友人の畑に植わっている渋柿の西条柿である。昨年度は、初めてたくさんの柿が生った。
今年は裏年のようで、10個ぐらいしかならなかった。出来るだけ低い高さになるように、剪定をした。
20220102_140735_copy_2268x3024


👇は、同じ場所に植えてある富士柿である。こちらも昨年はたくさん生った。やはり、今年は4,5個しかならなかった。あと2,3本上の方に向いている枝を切りたい感じである。
20220102_140721_copy_2268x3024



友人の孫が畑に遊びに連れて来ていた。別の場所にちょっと広い空き地があるので、凧揚げをやって遊んでいた。剪定の終わったあとの画像を撮ったついでに、孫たちの画像を撮らせてもらった。
20220102_140805_copy_2268x3024



孫のいない私を楽しませてくれるように、畑に遊びに連れてくる時は、必ず私の秘密基地にも連れて来て、私のことを紹介してくれている。そのおかげで、私が写真を撮ろうとすると、喜んでモデルになってくれている。

この子たちのお母さんも、小さい時に友人が畑に連れて来て、遊んでいた。私は、小さな小屋を作って遊ばせてあげた。そして、お母さんは、中学1年生の時は、私の妻が担任だった。いわば親戚のように親近感がある感じだ。
20220102_140823_copy_2268x3024




➡前回の記事へ 

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1


秘密基地から直線距離で200ⅿぐらいの山の中に、32坪の小さな果樹園がある。昔、都市開発の一環で宅地化になると宣伝されて、市街化区域に格上げされたときに、秘密基地と合わせて150坪ぐらいの面積になるだろうと買った土地だ。バブルの真っ最中に乗せられて買った土地である。

その土地に、柿の木を4本と一才柚子1本、グレープフルーツ1本、そしてキンカンが1本植えてある。購入した時は、周りの木は伐採されていて、日当たりは良かった。しかし、南側の隣の土地はやがて竹山になり、北側の山は、木が大木となってきた。周りは、誰も管理していない。いずれは、山のようになってしまうだろう。

北側の樫の木が1本、私の土地に被さって来て上空を覆っている。この1本を、今回はチェーンソーで切り倒した。さほどの太さでは無いので、一発で切り倒すことができた。
20211229_135024_copy_2268x3024


👇は、私の畑に倒れた根元の画像である。
20211229_135037_copy_3024x2268


👇は、あかみちと言われる、公道である。そこをまたいで私の土地がある。
20211229_135045_copy_2268x3024


👇の画像は、倒れた時に私の土地の一才柚子と富有柿にどさっと倒れたものである。
20211229_135053_copy_2268x3024


👇は、あかどうに落ちた幹を運べる大きさに切った画像である。
20211229_144100_copy_2268x3024


薪の長さは30㎝ぐらいにするので、細いものは90㎝、太いものは60㎝にカットして運び出す予定である。
20211229_144058_copy_2268x3024


👇の画像は、あかどうに立って右側のミニ果樹園を撮ったものである。2本の木があるが、手前がグレープフルーツで、奥が一才柚子である。この上に覆いかぶさっていた樫の木を1本切り倒したのである。空が見えて若干明るくなった。
20211229_135128_copy_2268x3024



画像の奥の方は、市の田圃であり、クリーンセンターで出た生木の残渣を切り砕いて発酵させたものを保管している。昔は、無料で堆肥として頂けたが、原発事故で放射能で樹木が汚染されたという事で、配給が亡くなってしまったままだ。画像にブルーの大きなユンボが写っている。奥の方が東側で、午前中だけ日が当たる。
20211229_144105_copy_2268x3024



➡前回の記事へ 
 


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 

↑このページのトップヘ