のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 柿の栽培

👇は、毎日畑に行くときに通る農家の畑の柿の木である。品種は富有柿のようである。
3年前にも強剪定した。1昨年には徒長枝が伸び放題であった。
今年はその枝に大量の柿が生って、大豊作だった。
3年前の強剪定は、太い主枝を切って、全体を低くした。
20240110_112724_copy_2016x1512



👇は、切った枝と残した枝が良く分かるように採った画像である。
20240110_112647_copy_1512x2016

12月~2月の剪定のポイント
①長い枝を切る
長い枝はつけ根の2~3芽を残して切り、新しい枝を伸ばす。
②不要枝を切る
数本の枝の中の細い枝や不要枝は、つけ根から切り取り、混みあった枝を整理し1本だけを残す。
③実のついた枝は切る
実をつけた枝は翌年は実がつかないので、実の下の節の上で切って新しい枝を出させ枝を更新する。。
④上に伸びた徒長枝を切る
上に向かって伸びている徒長枝は、つけ根で切り落とす。



柿の木の仕立ての基本
主枝は3本、亜主枝は6~9本。




さて、👇の剪定された柿の木は、どのような剪定がなされたのか。
古い木で、わかりにくいが、主枝は①②③の3本、そして亜主枝は④~⑩の7本であった。
上記の基本通りの剪定であることが分かった。
1




は、過去記事の転載である。

我が家の隣の家の庭の小さな柿の木が、とてもすごかったので1年を通して観察した記録画像である。

背丈より少し高いぐらいの次郎柿の木である。
この柿の木の何がすごいか。
小さい木なのに、毎年100個ぐらいの立派なおいしい柿の実がなる。

「どのように仕立てたのですか?」と、ご主人に聞いたことがある。
「自己流で、適当に剪定しているのですよ。」と笑って応えた。

隣のご主人は、私よりも10歳ぐらい年上で、NECの研究員をしていた。
研究員は、ほとんど東大卒の頭脳労働者である。私の脳みそとは、構造が違うのだろう。
二人の娘さんがいたが、二人とも医者になった。

その秘密を徹底的に調べようと、1年を掛けて写真を撮った。


隣の家の柿の木の剪定
a



夏の画像

b



3本の主枝から出た亜主枝に注目する。
3本の主枝
d

7本の亜主枝
1



これは、基本通りの剪定の仕方である。
3本の主枝の左側の亜主枝は3本出ている。

そのためか左の一本①は、上に伸びた1本を残し、横の枝を切り落としたようだ。
それだけではなく、上に伸びた1本も切り戻し剪定を施してある。

ここまで観察してみると、自己流に違いはないが、柿の剪定をかなりのレベルで理解してやっていることが分かった。

👇の画像は、上記7本の亜主枝の内の左側の3本の亜主枝である。
冬の画像
1


春の画像
i

夏の画像
j



亜主枝①から上に伸びた側枝は、右に1本伸びた枝が残された。
その付け根から3,4本の結果枝が観察される。ここにも実がなるだろう。

今年出た成長枝にも芽が確認できる。
冬の画像
k

春の画像
l

夏の画像
m




亜主枝①から上に伸びた側枝の付け根から3,4本の結果枝が観察される。
今年出た成長枝にも芽が確認できる。ここにもたくさんの実が生るはずである。
冬の画像
n

春の画像
o

夏の画像
p




亜主枝①の先端の部分からは、複雑に側枝が伸びている。
何年か分の側枝が切り戻し剪定されたり、根元から切り落とされたりしている。
しかし、次年度に実がなるであろう成長枝は、たくさん残されている。

この先端の部分にもたくさんの柿の実が生るに違いない。

       冬の画像        
q

夏の画像
r


主枝から分かれた3本の亜主枝。
そして、亜主枝から分かれた7本の側枝。
そのうちの1本を観察しても、来年に実がなるであろう枝が30本近く伸びている。
1本の結果枝に2個の柿の実がついたとしても、60個の柿が実る。
そうすると、全体の木になる柿の実は、60個×7本=420個となる。
摘果して、4分の1を残しても100個の実がなる計算である。


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村


👇は、32坪の小さな果樹園である。
画像は、西側の高い所から果樹園の全体を撮ったものである。
20240103_100013_copy_2016x1512


👇は、一番西側の柿の木である。
上に伸びている徒長枝を全てカットした。
20240103_100029_copy_1512x2016




👇は、2番目の柿の木である。こちらも3年前から背の高さに揃えている。
今回も、上に伸びた徒長枝がたくさん出ていたので、すべてカットした。
20240103_100049_copy_1512x2016



👇は、3本目の柿の木である。
こちらは、手前の太い枝を切ったのと、上に伸びた徒長枝を全てカットした。
20240103_100518_copy_1512x2016


👇は、4番目の柿の木である。
こちらは、左隣の一才柚子が邪魔しているので、右側に1本だけ枝を残している。
太い枝を3本ぐらいカットした。
20240103_100534_copy_1512x2016



👇は、果樹園の真ん中に植えてあるキンカンである。
周りの柿の木が大きくなりすぎて、だんだん小さくなってしまった。
3年前から周りの柿の木の芯を止めて、背の高さにカットして剪定しているので、だんだん元気になっている。
実も去年よりも多く生っている。
20240103_100603_copy_1512x2016


👇は、グレープフルーツの木である。
20240103_100629_copy_2016x1512


今年は、30個ぐらい実が生っている。
友人の奥さんが、一昨年からジャムを作っている。
20240103_100617_copy_1512x2016


👇は、一才柚子である。
昨年、隣の山の木が私の果樹園に覆いかぶさっていたので、切り倒した。
その木が一才柚子にぶつかって、枝が1本折れてしまった。
そのためか、今年は少し生りが少ない。
20240103_100643_copy_1512x2016



👇は、北側の通路から果樹園を撮った画像である。
果樹園は、畑で売り出したので、平らに整地してあった。
20240103_100707_copy_2016x1512


👇は、南側の空を撮った画像であるが、今頃は太陽の位置が低く、1時ごろには日陰となってしまう。
20240103_100719_copy_1512x2016


👇は、東側の空を撮った画像である。
東側は2mぐらい低くなっているので、そこに出た竹はすべて伐採している。
そのため、1時ぐらいまでは日が当たる。
20240103_100741_copy_1512x2016



👇は、秘密基地に通じるけもの道である。
私しか通らない抜け道でもある。直線で100mぐらいの所に、私の秘密基地の小屋がある
20240103_100833_copy_1512x2016


👇は、高さ3mぐらいの竹林がある。
ここを登り切った所に、私の第4菜園がある。
20240103_101009_copy_1512x2016


👇は、上の竹林を抜けた所である。
右側の畑が、第4菜園である。
正面の杉の木の下に、秘密基地がある。
20240103_101119_copy_1512x2016



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村

👇は、第2菜園の富有柿である。今年はたくさん生っている。
IMG_20231018_110649_copy_1512x2016


色が黄色く色づいてきている。
IMG_20231018_110659_copy_1512x2016



 👇は、富士柿と西条柿を35度のホワイトリカーで渋抜きしたものである。1週間が経たので、試食した。
IMG_20231018_111008_copy_2016x1512


👇は、西条柿をである。
食べて見たら渋は完全に抜けて、甘かった。
IMG_20231018_111227_copy_1512x2016


👇は、糖度を測った物である。約20度であった。
甘柿の糖度は16度前後のようで、渋柿は20度前後あるという。
渋柿の方が糖度は高いようだ。
IMG_20231018_111500_copy_1512x2016


👇は、温州ミカンである。
今年は気温が高かったためか、例年よりも黄色く色づくのが早かった。
いつもは霜が降りた頃でないと、酸味が強くて酸っぱい感じである。
IMG_20231018_110803_copy_1512x2016


👇は、黄色く色づいたものである。
食べて見たら酸味はそれほどでも無く、美味しかった。
IMG_20231018_110824_copy_1512x2016


👇は、糖度を測った物である。約10度である。
一般に、温州みかんの糖度は、
10~13度程度だという事である。
千葉県でも、標準に近い糖度が出るという事のようだ。
IMG_20231018_111953_copy_1512x2016


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村 
 
 

秘密基地のある畑から山越えをして、北の方角に直線距離100mちょいの山に囲まれた所に、ミニ果樹園がある。
👇は、そのミニ菜園に降りていく赤道と言われている公道である。
IMG_20231016_132238_copy_1512x2016


👇は、柿の木が4本、真ん中にキンカン、そして左端にはグレープフルーツと一才柚子が植えてある。
夏に下草を刈り払い機で刈り取ってあるので、比較的綺麗になっている。
IMG_20231016_132310_copy_2016x1512



1


👇は、グレープフルーツの実である。
今年は、30個以上生っている。
毎年友人が収穫して、奥さんがジャムを作っている。
IMG_20231016_132359_copy_1512x2016



IMG_20231016_132410_copy_1512x2016



👇は、果樹園の真ん中に植えてある、キンカンである。
IMG_20231016_132436_copy_1512x2016


👇は、3,4年前から、背の高さに剪定をしている富有柿である。
IMG_20231016_132454_copy_1512x2016


今年は、この画像に写っている数しか生っていない。
IMG_20231016_132504_copy_1512x2016


👇は、別の柿の木である。こちらも、この画像だけしか生っていない。
全体的に、不作である。
IMG_20231016_132625_copy_1512x2016


👇は、赤道が下の市の田圃まで続いている。
下の地続きの土地も、市の土地である。
IMG_20231016_132656_copy_1512x2016


👇は、赤道からミニ果樹園を撮った画像である。
時間は午後1時半ごろだったので、太陽はちょうど正面の上の方にある。
しかし、竹山に陽は遮られている。
IMG_20231016_132747_copy_2016x1512



👇は、同じ場所から赤道の上の方を撮った画像である。
小さな土地であるが、自分の土地なので、元気なうちはちゃんと管理しようと思っている。
IMG_20231016_132711_copy_1512x2016


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村 
 

👇は、渋柿の西条柿を35度のホワイトタカラを使って、渋抜きをしたものである。処理してから1週間が経ったので、食べて見た。とても甘かった。
IMG_20231009_143205_copy_1512x2016


糖度を測ったら20度前後であった。
甘いブドウと同じくらいの糖度であった。
IMG_20231009_144052_copy_1512x2016


👇は、第2弾の渋抜き候補を収穫した物である。
品種は、富士柿である。➡参考 富士柿
一度に渋抜きしても食べきれないので、小分けして2日起きぐらいにしようと計画している。
まだ、木にはたくさん生っている。
IMG_20231009_140730_copy_1512x2016


富士柿の大きなものは1個で500g以上にもなる。
👇は、小さい木でたくさん生らせてしまったので288gと小振りであった。
IMG_20231009_142759_copy_1512x2016


👇は、西条柿である。➡参考 西条柿
IMG_20231009_140750_copy_1512x2016


西条柿は、150g前後とやや小振りな柿である。
👇は、3Ⅼサイズの204gであった。木の大きさに対してなっていた数が少なかったので、大きなものもできたようだ。
IMG_20231009_142812_copy_1512x2016


今まで、渋柿は干し柿にして食べることがほとんどだったので、渋抜きをしたのは今回が初めてであった。
以下は、参考にした渋抜き方法である。
①皿に焼酎を入れ、渋柿のヘタを下にして焼酎にさっとつける。
②袋に入れて口を閉じ、1~3週間置く。
これだけである。
焼酎が無い時は、アルコール度数が30度以上の酒を使用する。

今回は、8日目に食べて見らた、渋が採れてとても甘くなっていた。


👇は、35度のホワイトタカラである。
IMG_20231009_140850_copy_1512x2016


👇は、皿にホワイトタカラを入れて、渋柿のヘタを下にして浸けた画像である。
IMG_20231009_141247_copy_1512x2016



👇は、ビニールの袋に大きいものは4個、小さなものは6個入れて、袋を縛り箱に入れて、1週間以上部屋の中に置いた。
IMG_20231009_141937_copy_1512x2016


👇は、箱を閉じて暗くして渋抜きをした。
2日後、4日後に同様に渋抜きをする予定である。
IMG_20231009_142531_copy_2016x1512
 

本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村    

↑このページのトップヘ