のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 葉菜類の栽培 > ブロッコリー

茎ブロッコリーの茎を太く育てるために、脇芽をかき取った。
20200501_092802_copy_2268x3024


全部で10株ぐらい作っている。
20200501_092814_copy_2268x3024


春は成長が早い。
20200501_092805_copy_2268x3024


茎ブロッコリーは大好きなので、ほぼ一年中食べている。
20200501_092833_copy_2268x3024


キャベツ、ブロッコリーは、この時期青虫の被害があるので、定期消毒をしている。
20200501_092842_copy_2268x3024
 

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1





『草丈は20cm強に生長してきた。
この時期から下葉(余分な葉っぱ)の摘芯をする。
この下葉取りは、生長にあわせて3~4回して、余分な脇芽を防止し、茎を太らせる作業になる。』
※参考  玄さんのブログ
20200406_084906_copy_2268x3024

茎を太くして、立派な脇芽を出させるためである。
20200406_084926_copy_2268x3024




余分な下葉をカッ卜して、すっきりした。
20200406_085037_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1


秋頃からブロッコリーの葉が病気に罹ったようだ。
何もしないでそのまま育てているが、茎ブロッコリーの収穫にはあまり影響していない。
20191209_082804-1620x2160
 
朝収穫した茎ブロッコリーだ。
20191210_085621-1620x2160

葉は、取ったほうが良いようだ。
20191209_082814-1620x2160


20191209_082817-1620x2160
ブロッコリー黒斑病にも似ている。
『・病勢進展は、降雨、虫害、台風等による傷害により助長され、特に降雨の影響が大きい。 
・育苗中に大雨があると苗床で発生し、本ぽでの多発を招く。 
・秋冬作では9~10月頃に比較的気温が低いと発生しやすい。 
・アブラナ科作物の連作ほ場では多発しやすい。』

本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)

イメージ 5  イメージ 6

茎ブロッコリーが旬を迎えている。
一気に育つと食べるのが間に合わない。
今回はお裾分け用に収穫した。
20191115_084908-1620x2160

茎ブロッコリーは、茎の部分が甘くてとても美味しい。収穫する毎に次に出てくる茎は細くなっていくが、味は変わらない。
そして春先まで収穫は続く。
20191115_085842-1620x2160

頂花蕾を切りとった次の茎ブロッコリーは、特に美味しい。寒くなればなるほど糖分を蓄え茎は甘くなる。
20191115_085854-1620x2160
 

本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)
イメージ 5  イメージ 6

ブロッコリーの収穫。
頂花蕾を収穫した。
久々の購入苗である。
種蒔きを忘れて、年内収穫が間に合わないだろうと12株ほど数年ぶりに買ったものだ。

20191011_085816-1620x2160

頂花蕾が大きくなりすぎた。
20191011_085531-1620x2160

消毒していないので虫に食われている。
20191011_085606-1620x2160

本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)

イメージ 5  イメージ 6

↑このページのトップヘ