のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:果菜類 > ナス

今年は、ナスの苗はすべて接ぎ木苗にした。昨年は今頃に半身萎凋病が蔓延して、一時収穫がストップした。病気が止まったのは、8月に入って気温が30℃を越える時期になってからだった。

今年は、これまで半身萎凋病は、出てこなかった。しかし、最近になって、葉の一部にそれらしき病変が見られるようになった。

下の画像は、カルガナスであるが下の葉に、半身萎凋病の病斑が見られる。
20200628_092721_copy_3024x4032


下の画像の中にも、少しだが病斑が見られる。
20200628_092730_copy_3024x4032



下の画像には、半身萎凋病はまだ見られない。
20200628_092800_copy_3024x4032

下の画像の中長ナスも、今のところ健全である。

20200628_092809_copy_3024x4032



下の画像は、近所のプロ農家のナスの畝である。昨年も同じ場所に、ナスを作ったが半身萎凋病が出たのは2,3株であった。しかし今年は、かなりの数で病斑が出ている。
20200628_093219_copy_3024x4032

連作しているのは、すべて接ぎ木苗であるためだろう。しかし、完全には連作障害や半身萎凋病を防ぐことはできないようだ。
20200628_093229_copy_3024x4032


下の画像は、接ぎ木した場所が分かる画像である。接ぎ木の仕方で、高接ぎがある。これは高い位置で接ぎ木をすることによって、台木の部分のフィルターを長くするためである。
フィルターが短いと、半身萎凋病の菌が入り込んでしまうのではないか。また、連作などでよりナスの抵抗力が弱っていくと思う。
接ぎ木苗だからと言って、連作障害や萎凋病などを完全に防げるわけではなさそうである。

20200628_093204_copy_3024x4032


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >



ナスがようやく毎日収穫できるようになった。今年は固定種のカルガナスを多く作っている。カルガナスというのは、広島県の農家のブランド品の狩留家ナスの流れをくむナスである。安芸ん堂が手掛けている高級ナスである。
20200621_112238_copy_2268x3024


支柱代わりにキュウリネットで囲った。そこから葉を出している。
20200624_082202_copy_2268x3024

下の葉は泥が跳ねているので、切り取った。
 20200622_073955_copy_2268x3024

1畝2条にしたので、両側から葉を出している。


20200622_074002_copy_2268x3024

この形が風にはめっぽう強い。昨年も同じ仕立て方で作ったが、2度の大型台風にもまったく無傷であった。
20200622_074012_copy_2268x3024

普通のナスも4株ほど作った。今年は、ナスはすべて接ぎ木苗にした。昨年度は今頃全部、半身萎凋病で葉が半分枯れたり、全部枯れて落ちたものもあった。
今年は、まったくその病気は出ていない。
接ぎ木苗の効果である。

20200622_074026_copy_2268x3024



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >




ナスがぐんぐん育っている。
下の画像は、カルガナスである。花が咲いて実が育ち始めている。

20200617_081249_copy_2268x3024

脇芽も出始めた。勢いのある芽を3本残して三本仕立てにする。
20200617_081134_copy_2268x3024

下の画像は中長ナスである。こちらはたくさんの花が咲きだしている。
20200618_090558_copy_2268x3024

中長ナスは、4本作ってある。すでに何本か収穫している。
20200618_090611_copy_2268x3024


中長ナスはカルガナスよりも成長が早い感じである。
20200617_081112_copy_2268x3024


20200617_081146_copy_2268x3024





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1





ナスの仕立て方は、稲を掛ける稲架(ハサ)を応用したものだ。稲架の頂点から三角形にキュウリネットを掛けて、ナスを挟む方法だ。この仕立て方を見た目から三角仕立て栽培と名付けた。
この方法は、風にめっぽう強い。台風ぐらいでは、びくともしない。
20200612_075418_copy_2268x3024

プロ農家の仕立て方は、真ん中に1条ナスを植えたものだった。私は、2条植えにした。
20200612_172901_copy_2268x3024


昨年初めてこの仕立て方を取り入れたが、多少窮屈な感じはあったものの、全く問題なかった。
20200612_172910_copy_2268x3024


下の画像はカルガナスである。翡翠ナスなどと呼ばれている緑色の中長ナスである。
20200612_075434_copy_2268x3024


今年は3本仕立てにしている。
20200612_172412_copy_2268x3024


普通の中長ナスも、種があったので4株ほど作付けした。
20200612_172437_copy_2268x3024

こちらも3本仕立てにしている。
20200612_075457_copy_2268x3024



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1






カルガナスの整枝前の画像
20200606_151639_copy_2268x3024


整枝後の画像
20200606_151824_copy_2268x3024

ナスの整枝の方法 ※画像転載元
5


整枝後の中長ナスの画像
 20200606_152432_copy_2268x3024


整枝後のカルガナスの画像
20200606_153138_copy_2268x3024

中長ナスの整枝前の画像 脇芽や無駄な葉がたくさん出ている。
20200606_153351_copy_2268x3024

整枝後の中長ナス 3本仕立て完成
20200606_153434_copy_2268x3024

今年は、すべての茄子を接ぎ木苗にすることができた。
中長ナスは4本作付けしているが、その内の1本に2枚ほど葉が枯れかかっているのがあった。原因はわからないが、切り取って様子を見ることにした。

20200606_153623_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1




↑このページのトップヘ