のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 果菜類の栽培 > ゴーヤ・アップルゴーヤ

👇は、アップルゴーヤの棚である。2株植えてあるが、かなり充実してきた。
20220819_102632_copy_1512x2016


👇は1番果である。種を採るために熟すのを待っていた。
色が黄色くなり、割れてきたので収穫した。
20220819_102701_copy_1512x2016


👇も種採り用のものである。若干色が変わりつつある。
20220819_102717_copy_1512x2016


👇は、熟したものと、一番大きな食用の物を収穫した。
20220819_102857_copy_1512x2016


👇が、収穫した一番大きく育っているアップルゴーヤである。
20220819_102939_copy_1512x2016


棚の中を覗いた画像である。
現在、収穫したもののほかに4,5個生っている。
まだ、木はしっかりしているので実を着けるだろう。
20220819_103011_copy_1512x2016


一番大きなものを計測したら15㎝であった。
20220819_103203_copy_2016x1512


重さを測ったら418gであった。
アップルゴーヤは、大きいものだと900gぐらいのもあるとのことである。
20220819_103236_copy_1512x2016

種を採るために、熟したものを割ってみた。
どうやら種が出来ているのは、5粒ぐらいである。
アップルゴーヤは、発芽率が悪いので20粒ぐらいの種を準備したい。
20220819_103358_copy_1512x2016


綺麗な種が採れた。
20220819_103629_copy_1512x2016


種を採ったゴーヤを、綺麗に洗って試食してみることにした。
もちろん生食である。
苦みはあまりなく、ゴーヤであることがわかる程度の苦みであった。
20220819_103824_copy_2016x1512



秘密基地にある調味料は、現在昆布つゆだけなのでそれを掛けて食べて見た。
結構いける味であった。
20220819_103934_copy_1512x2016


残りは、家に持ち帰ってマヨネーズを掛けて食べて見ることにした。
20220819_104142_copy_2016x1512


採った種は、秘密基地内の種干し場に干した。
20220819_104418_copy_1512x2016


種は、トマトを中心に結構な数を採っている。カボチャやスイカの種も採った。
20220819_104439_copy_1512x2016



普通の苦いゴーヤを輪切りにして、天日干ししたものをお茶にして飲んでいる。
ペットボトルに水を入れて、そこに天日干ししたゴーヤを入れて冷蔵庫で1昼夜冷やすと、ゴーヤ茶になる。
普段は、ルイボス茶を煎じて飲んでいるので、余り違和感はない。
昔若い頃、胃の調子が悪くて、センブリを煎じて飲んでいた時期がある。
胃酸が抑えられてすっきりするので、苦さは平気だった。熊の胆も飲んだことがあるが、これはさすがに苦かった。
20220819_104556_copy_1512x2016


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村   

 

👇は、保存用の乾燥ゴーヤを作っている画像である。
干し芋用に作った自然観用である。
20220808_153549_copy_1512x2016


秘密基地の金魚池の上で、3日間干して保存している。
20220808_153556_copy_1512x2016



👇は、大きなゴーヤの棚である。
4,5本のゴーヤを植えてあるので、100本以上の収穫はあるだろう。
今年は初めて乾燥ゴーヤを作っているので、無駄にはならないだろう。
干したゴーヤをペットボトルに入れて、水を入れてお茶にして飲んだら、ほんの少し苦みがある感じで、いつも飲んでいるルイボス茶のような感じで美味しかった。
20220808_153707_copy_1512x2016



👇は、裏側から天井を撮った画像である。
まだ、天井の半分ぐらいしか埋まっていないので、さらに広がっていくだろう。
20220808_153750_copy_1512x2016



👇は、別の場所に作った、アップルゴーヤの棚である。
20220808_154536_copy_1512x2016


👇が、アップルゴーヤである。現在の大きさは、テニスボールよりも一回り小さい。
20220808_154618_copy_1512x2016


👇は、第2号のアップルゴーヤである。昨年から作っているが、昨年は何度種を蒔いても発芽させることはできなかった。
今年もfuruutuさんから種を送ってもらったが、3回目にようやく3個が発芽した。
後に1芽は、育たなかった。
もう一つは、定植してから勢いが着くまでにかなりの時間が掛かった。
葉に葉緑素が少ないのか、薄い黄緑色の葉である。
20220808_154630_copy_1512x2016


👇は、第3番目の物である。
株に勢いが付けば、普通のゴーヤと同じように、ものすごい勢いで勢力を伸ばしていくようだ。
20220808_154725_copy_1512x2016



👇は、第4番目の物である。このほかに小さな雌花がいくつか咲いている。
きっといくつもの実が生るだろう。
前に、白ゴーヤを育てたが次の年には薄緑色になってしまった。
しかし、アップルゴーヤは固定種の様である。
普通のゴーヤとの交配が無ければ、ずっと種を繫いで行くことができるだろう。
しかしながらfuruutuさんの話では、分家に出した人で種を継続できた人は少ないという事だ。
そのようなことを聞くと、単純に種の継続に、がぜんやる気が出てしまう癖があるようだ。
20220808_154747_copy_1512x2016


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村   
 
 

👇は、ゴーヤである。たくさん採れたので干しゴーヤを作った。
➡参考元
生のゴーヤ】水分をたっぷり含んでいて苦みが強い。シャクシャクとはっきりとした歯ごたえ。
【半日干し】ほどよく水分が抜け始め、苦みがかなり薄れて甘みが出てくる。コリッとした食感に変化する。
【1日干し】乾物のようにカラカラになる。よく噛むと軽い苦みのあとに甘みがじんわりと出てくる。
【3日干し】完全に水分が抜けてカラッカラの状態。この状態になれば長期保存にも適する。
20220730_110449_copy_1512x2016

色々な作り方があるようだ。
今回は、種も綿も取らずにそのまま輪切りにして、長期保存用に3日間天日干しすることにした。
20220730_111105_copy_1512x2016


👇は、干し芋用に、昨年度相棒に拵えてもらった、干し篭である。
ちょっと小さいが、ゴーヤ2本分は干せる感じだ。
20220730_111903_copy_1512x2016

👇のような感じで、日当たりの良いミニハウスで3日間干す。
20220730_111911_copy_1512x2016


👇は、ダイソーの干し篭を、2つ組み合わせた。
20220730_112619_copy_1512x2016



👇は、多目的に使っているミニビニールハウスである。
現在は、ミニトマトの水ストレス栽培と七夕キュウリ栽培を行っている。
春には、晩成玉ねぎのノンクーラの自家採種も成功させた。
20220730_113150_copy_1512x2016


👇は、先日干して、3日目となった干しゴーヤである。
20220730_113209_copy_1512x2016


大きなゴーヤを、5㎜厚さで輪切りにして、3日間干した。
画像のように、1㎜厚さになっている。
20220730_113558_copy_1512x2016


さて、干しゴーヤはどのように食べるのだろうか。
クックパッドで調べて見た。 

➡すっきり飲みやすいゴーヤ茶
1

➡ゴーヤと木綿豆腐の味噌汁
3

4


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
 

👇は、アップルゴーヤである。種は、furuutuさんから2年にわたって頂いている。
去年は、何回やっても発芽できなかった。
今年も3回に分けて、種を蒔いた。3回目に、3芽出た。しかし、まもなく1芽枯れた。
定植できたのは2株だったが、途中で1株の蔓の1本が枯れた。その後、下の枝が伸びて、勢いをつけた。

20220726_144741_copy_1512x2016


最近、雄花がたくさん咲き始めていた。
雌花が何時着くのか、楽しみにしていた。そして、雌花を1つ発見した。
くまなく見ると、他に雌花を二つ見つけた。
20220726_144759_copy_1512x2016


👇は、第2花目の雌花である。
20220726_144849_copy_1512x2016


👇は、第3花芽の雌花である。
20220726_144910_copy_1512x2016


👇は、画像手前が一度枯れかかった株である。
地面には、雄花がたくさん落ちている。
20220726_144942_copy_1512x2016




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
 

👇は、普通のゴーヤである。もうすでに何本か収穫している。
我が家では、ゴーヤを薄めに輪切りして茹でてから、シーチキンとマヨネーズで和えて、サラダ感覚で食べている。

20220717_082939_copy_1512x2016

今年は、第1畑と杉林の間の、大きな棚で空中栽培している。
20220717_082953_copy_1512x2016


👇は、第1畑から見たゴーヤの棚である。高さは2m50㎝は優にあるだろう。
20220717_083030_copy_1512x2016

👇は、葉が黄緑色で、葉緑素が少ない感じのするゴーヤである。
このゴーヤは、真っ白で丸っこいアップルゴーヤである。➡furuutuさんの記事へ
20220717_083205_copy_1512x2016


ようやく雄花が咲き始めた。もうじき雌花も咲くだろう。
20220717_083309_copy_1512x2016




👇は、普通のゴーヤとの交配を避けて、別の場所に棚を作っている。
棚の奥に見えているのは、オカワカメである。
アップルゴーヤもオカワカメも、furuutuさんから種とムカゴを頂いて育てている。
20220717_083453_copy_1512x2016




 本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 




 

↑このページのトップヘ