のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:果菜類 > ゴーヤ

下の画像は、ゴーヤの空中栽培である。
この畑は日当たりが悪い。山の際であり、大きな樫の木が畑に被さっている。
南側には小屋が有り、西側は山で西日を遮っている。
20200624_174451_copy_2268x1701

昨年はカボチャを作ったが、あまり良くなかった。今年は、ゴーヤを2本だけにした。
20200624_174500_copy_2268x3024

 

2本とも、天井に到達した。あとは自由に、天井で羽を伸ばしてもらいたい。
20200622_070949_copy_2268x3024

下の画像は、花オクラである。
20200622_070959_copy_2268x3024

下の画像は、ホオズキトマトである。
20200622_071005_copy_2268x3024

やや日陰となるが、綿の木を育てている。。
20200622_071013_copy_2268x3024

日照が少ないが、果たして花が咲くだろうか。
20200622_071019_copy_2268x3024





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

ゴーヤの空中栽培をやる畑は、陽当たりが悪い。
昨年はカボチャを作ったが、まともにできたのは5、6個だった。
今年は、ゴーヤを2本だけ作った。
20200521_081940_copy_3024x2268

種の保存が悪く1本しか発芽しなかった。
それで下の画像の『よく穫れるゴーヤ』の苗を1本買って植えた。

20200521_081703_copy_3024x4032


よく穫れるゴーヤの名の通り、早々と雌花が着いた。いくらなんでも早すぎるので、摘花した
20200521_081716_copy_3024x4032

商品名『よく穫れるゴーヤ』
20200521_081800_copy_3024x4032

空中栽培の棚の南側に花オクラを植えた。
20200521_081822_copy_3024x4032

去年も同じような所に植えて、満開となった。
20200521_081815_copy_3024x4032


棚の南側の下に、ほおずきトマトを植えた。
20200521_081842_copy_3024x4032

ほおずきトマトは、あちこちに植えてある。
20200521_081839_copy_3024x4032

今年も棉の苗を植えた。
20200521_081830_copy_3024x4032


昨年は乾燥させてコットン
20200521_081826_copy_3024x4032

そして、棚の北側の全く日の当たらない所に、セロリを植えた。
20200521_081925_copy_3024x4032

果たして育つのだろうか。
20200521_081920_copy_3024x4032


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



昨年度、空中カボチャを作った支柱である。
台風でも壊れなかったが、かなり歪んでいたので孟宗竹で補強をした。
また、天井に直管パイプと竹を補強した。

20200412_113301

完成した画像である。今年はカボチャではなくゴーヤを作ろうと思っている。
20200412_114819

下の画像は、ニンニクの畝に、キュウリを植えてコンプラしようと考えている。雑草がかなり生えているので、除草することにした。
20200412_102413


💛コンパニオンプラント💛   ニンニク×キュウリ、トマト、ナス
キュウリ、トマト、ナスもコンパニオンプランツとして効果があります。ニンニクの根に住み着いている拮抗細菌が、キュウリやトマト、ナスの大敵である、立枯れ病などの病原菌を退治してくれます。ニンニクの根には拮抗細菌という微生物が住み着いています。この拮抗細菌というのは、土中の悪い物質を退治する物質である、拮抗物質を生み出すとされる生物です。連作障害を引き起こす病原菌などを、この拮抗物質が退治してくれるというわけです。』引用元




除草して綺麗になった。

20200412_160804


 
本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

ゴーヤを100本生らせる棚。

20190731_085033-2160x1620
昨年度は1本で100本ぐらい生らせることが出来た。
今年は、2本にして100本ぐらいを生らせようと思っている。
隣には、ヘチマを2種類ほど作ったので、目標本数を半分にした。


20190731_085039-1620x2160
すでに3本ほど収穫して食べた。
20190731_085044-1620x2160
妻の経営する塾の教室のグリーンカーテンにもプランター栽培している。
今朝見たら、3,4本生っていた。今年はお裾分けの出来るところを確保しておこうと思う。

20190731_085119-1620x2160
今朝の収穫      お裾分け用。
20190801_081205-1620x2160

今日もポチッと、投票お願いします

  2練馬大長尻大根 9-1


今年は、ブロ友さんから『十角ヘチマ』の種を頂いた。食用のヘチマである。
一方私が育てているヘチマは、普通のヘチマである。
2,3年前から普通のヘチマを食べていた。と云うのは、沖縄では
ナーベラーという呼び方で料理に使われたいることを知ったからであった。

もちろんすぐに食べたわけはない。妻の塾生に、ゴーヤの大好きな子がいたので、その子の親ならきっと食べてくれると思って、クックパッドの料理をカラーコピーして渡した。案の定、その子の母親が作ってくれて家族で食べたという。感想を聞いたらとても美味しかったと言ったので、その料理方法を聞いて真似して食べた。ゴーヤを最初に食べた時ほどの衝撃は無く、普通に美味しく食べられた。

今年は、十角ヘチマの種を2度ほど送ってもらって、何とか育てることに成功した。
一目見るなりその特徴的な姿かたちは他と間違えることはない。


20190724_090658-1620x2160

実はつきやすい感じがする。
ヘチマを何年も作っているが、実をつけるのは秋ごろである。
こちらはまだ木が出来ていないのに、実をつけ日に日に大きくなっている。
20190724_090704-1620x2160


一株であるが、発芽に失敗して無理やり硬い殻を破って発芽させたせいで、子葉が4本出てしまった。
そのまま育てているので、あちこちに着果したようだ。
20190724_090825-1620x2160

鉢の底を抜いて、周りの茗荷に負けないように防御して植えた。
まだ茎は太くなっていない。根が鉢底を突き抜ければ、一気に育って行くのだが。
20190724_090844-1620x2160

十角ヘチマの全体像である。
ここまで葉が茂っていれば、根はしっかり伸ばしている感じがする。
このままぐんぐん育ってほしい。
20190724_090859-1620x2160


一方、別の場所ではゴーヤが本格的に勢いを増してきた。
長梅雨で、ナスやトマトの葉が枯れてしまう中、野性味あふれるゴーヤはぐんぐん勢力を伸ばしている。
20190724_091008-1620x2160

南側の壁を埋め尽くしてしまった。今年は2本の苗を植えてあるので、100本の収穫は容易であると思っている。
同じ棚の東側に、普通のヘチマと十角ヘチマの予備苗を植えてある。
20190724_091003-1620x2160



今日もポチッと、投票お願いします

  2練馬大長尻大根 9-1


↑このページのトップヘ