のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 葉菜類の栽培 > キャベツ

👇は、キャベツ、ブロッコリーの畝である。
キャベツは結球段階に入り、ブロッコリーは頂花蕾ができ始める頃である。
20221003_145427_copy_2268x3024



👇は、ブロッコリーと茎ブロッコリーである。
葉が、網目のようになっているものがある。
20221003_145317_copy_2268x3024



👇は、第2弾のキャベツ、ブロッコリーの畝である。
こちらにも、葉に虫に齧られたような跡がみられる。
20221003_145308_copy_2268x3024


👇は、第2弾のブロッコリーの株である。
比較的に新しい穴で、最近齧られたようである。
20221003_145228_copy_3024x2268



葉の裏側を撮った画像である。
かなり大きくなった害虫が3匹もいた。
青虫のようでもあり、ハスモンヨトウのようにも見える。
20221003_145112_copy_2268x3024



👇は、第1弾のブロッコリーの葉の裏にいた害虫である。
何日か前にモンシロチョウが飛んでいたので、ちょっとは気になっていた。
この後、キャベツやブロッコリーに、トレボン乳剤で殺虫消毒をした。
20221003_145101_copy_2268x3024



👇は、白菜の畝である。4品種の白菜を植えてある。
こちらは、幼苗の時に害虫予防にトレボン粉剤を葉に掛けて置いた。
20221003_144822_copy_2268x3024


そのためか、葉は綺麗に育っている。
20221003_144828_copy_2268x3024


👇は、中晩成種の冬峠と晩輝の畝である。
20221003_144840_copy_2268x3024


👇の株は、葉が大きく齧られている。
おそらくオンブバッタの仕業の様である。
何組かのオンブバッタが、あちこちの株に集っていたのを追い払った。
オンブバッタをやっつける薬剤が、あまり無い。
スミチオンなどが効くようだが、アブラナ科の白菜にやれば、葉焼けしてしまう。
20221003_144848_copy_2268x3024





本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村

👇は、キャベツの苗である。
幼苗の時に虫に食われてしまったので、殺虫消毒して止めた。
葉も大きくなり何とか育っている。
キャベツは、10個ぐらいずつ2回に分けて作っている。
20220922_153947_copy_3024x2268

苗を植えた時は、同じ大きさだったが、肥料の効き具合なのか差が出来た。
👇の画像は一番大きく育ったもので、結球に向かっているようだ。
20220922_153956_copy_2268x3024


👇は、ブロッコリーである。
こちらも、10株位ずつ2回に分けて作ってある。
20220922_154031_copy_3024x2268


👇は、茎ブロッコリーである。
こちらは、少し多めにしてある。
20220922_154102_copy_3024x2268


👇は、第2弾のキャベツである。
キャベツは、年内にある程度結球させておかないと、極寒期の寒さで生長がストップしてしまう。
極寒期に慌ててトンネル栽培にしても、夜の冷え込みで凍みて腐ってしまうことがある。
20220922_154013_copy_2268x3024


こちらは、幼苗の時から1,2度消毒したので、虫に食われていない。
20220922_154017_copy_2268x3024


👇は、ブロッコリーの第2弾である。
20220922_154143_copy_2268x3024


👇は、茎ブロッコリーである。
茎ブロッコリーは、花蕾野菜と同じに春の葉物野菜の端境期に重宝する。
20220922_154152_copy_2268x3024


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村

👇は、くるりん棒で使い古しの穴あきマルチを丸めたものを使って、マルチ張りを行った画像である。
 20220817_100713_copy_1512x2016

先日耕耘した所に施肥をして、マルチ張りをするところである。
20220817_100727_copy_1512x2016


👇は、7穴マルチを張った画像である。
巻き取り芯に塩ビパイプを使ってあるので、中に19㎜の直管を通して、簡単にマルチを伸ばすことが出来た。
20220817_101303_copy_1512x2016


👇は、マルチに土を掛けて固定した画像である。
20220817_102418_copy_1512x2016


今回定植したのは、キャベツ10株、茎ブロッコリー12株、ブロッコリー8株ぐらいである。
第2弾のものは、現在育苗中である。
この畝には、後にレタス類をズラシ栽培する予定である。
20220817_154521_copy_1512x2016_1




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村   

👇は、春キャベツである。
20220513_072413_copy_2268x3024


キャベツは、春に苗を購入した。結球が始まったようだ。
20220513_072430_copy_2268x3024

収穫までには、まだ時間がかかるだろう。
20220513_072433_copy_2268x3024


👇は、スティックセニョールである。頂花蕾が出てきた。こちらは自家産のものである。
20220513_072454_copy_2268x3024


頂花蕾も500円玉以上になってきたので、欠き取った。
20220513_072506_copy_2268x3024



👇が、欠き取った頂花蕾である。
20220513_072546_copy_2268x3024


👇は、ハーフムーンレタスである。半結球のレタスであり作りやすい。サラダミックスが終了したので、現在は、こちらを毎日収穫して食べている。
20220513_072600_copy_2268x3024


玉レタスは、どうしてもナメクジが中に入り込んでしまうので、半結球のハーフムーンレタスを作っている
20220513_072623_copy_2268x3024


👇は、第2弾のハーフムーンレタスである。2週間ぐらい間を空けて、苗を作って定植したが、ほとんど先に定植したものに追いついてしまった。
20220513_072636_copy_2268x3024



👇は、サニーレタスの第1弾と奥の第2弾の画像である。
さらに奥には、自家産の第2弾のキャベツが植えてある。
20220513_072657_copy_2268x3024


サニーレタスも毎日食べている。
20220513_072703_copy_2268x3024


👇は、友人から頂いた🍓の苗である。
5株頂いたが1株は枯れてしまった。品種は作りやすい章姫である。
20220513_072730_copy_3024x2268


プランターを畑に埋めて、乾燥防止させている。ランナーが出始めたので、半畝分ぐらいの苗を採ろうと思っている。
20220513_072718_copy_2268x3024

 
色づいた🍓を何度か試食してみた。小さかったので、やや酸味が強かったが美味しかった。
20220513_072830_copy_3024x2268



👇は、大浦太牛蒡である。昨年も作ったが失敗もあったが、年内と年が明けてからの時期に収穫できた。越冬させて、葉が展開した春先に収穫すると太いゴボウになっていた。
20220513_073325_copy_3024x2268


今年も斜め栽培にしているが、2列にしたのは立体栽培ではない。どのように育つのか見て見たくなったためである。
20220513_073333_copy_2268x3024




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

にほんブログ村   


温床で育てていた葉物野菜が、大きくなってきたのでホウレン草や蕪を作っていた後作に、定植した。
20220319_134201_copy_2268x3024


👇は、温床の事故で育てていた春キャベツが枯れてしまったので、急遽苗を購入した。
画像よりも一回り大きな苗が1株148円であった。スーパーで立派なキャベツが100円で売られていた。
なので、10株450円の物を購入した。1週間ほど、温床で育ててから定植した。
20220319_134205_copy_2268x3024


👇は、2月20日にポット蒔きした茎ブロッコリーである。
1640418934757

👇は、同時期に播種したハーフムーンレタスである。
1640509118849


👇も、同時期に播種したサニーレタスである。
1641034157808


👇の画像左側と奥の野菜は、120日白菜である。袋に書いてある播種時期を守ったが、まったく結球することもなく春を迎えてしまった。これから菜の花が咲くだろうから、菜花として頂くことにした。
20220319_134317_copy_2268x3024


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村    

↑このページのトップヘ