のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 根菜類の栽培 > だいこん

大根がそろそろ終わりそうなので、撤去しようと思った。
20210214_100241_copy_2268x3024


よく見ると結構いい感じの太さのものが残っていた。
20210214_100248_copy_2268x3024

練馬大根は、土中に半分以上潜るので、その部分は冬の寒さにも凍みることはない。
14986918-s

収穫して、凍みていない部分を残してカットした。
20210214_100817_copy_2268x3024

半分以上残った。
70bc2318-s

一部の皮を剥いて、食べてみた。甘くてみずみずしくておいしかった。
20210214_100944_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >



昨年は、練馬大根の作に失敗した。今年は防虫ネットを張って丁寧に育てた。
沢庵大根は上手く収穫できたが、その後の生育がうまく行かなかった。追肥が必要だったかもしれない。
20210119_082943_copy_2268x3024

練馬大根は、大根の3分の2以上が土中に潜る。
そのため、掘り出すのが大変であるが、冬場の寒さでも土中の部分は凍ることが無い。
そのため、沢庵大根で残ったものを冬大根用にしている。
20210119_083105_copy_2268x3024

昨年、2度にわたって隣のプロ農家の教え子にトラクターで耕してもらったので、深いところまで土が柔らかい。毎年掘り出すのに苦労していたが、今年はとても楽に掘り出すことができた。

ジャガイモを作った後に、大根、白菜を作ったので、今年もジャガイモと大根、白菜の組み合わせで作ろうと思う。そうすればジャガイモ収穫後に、次まで時間があるのでついでに耕してもらおうと思っている。
20210119_083136_copy_2268x3024

👇の短いのは、大蔵大根なのだが自家採種したときに交配したかもしれない。
20210119_083311_copy_2268x3024


外に出ている3分の1は、寒さで凍みていたので切り取って、土中の潜っていた3分の2を持ち帰った。
20210119_085433_copy_2268x3024





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


👇は、大根の畝である。
寒波のため、葉や表に出ている大根が凍みている状態である。
20210111_081324_copy_3024x4032

👇は、沢庵大根の練馬大根を掘り出しているところである。
この大根は、全体の3分の2ぐらいが土中に潜っている。
20210111_081639_copy_3024x4032

👇の画像は、掘り出した大根である。
右の太い大根は、友人の畑の青首大根である。
暮れにうちに、残っていたものを全部掘り起こし、深い穴を掘って首まですっぽりと入るように土中に埋めて置いたものである。
3



👇は、左から青首大根、練馬大根、大蔵大根の画像である。
20210111_084856_copy_3024x4032

👇は、練馬大根を半分から切ったものである。
色が黄色いのは、凍みてしまっている状態である。
20210111_084945_copy_3024x4032


👇は、凍みていた部分を切り離した画像である。
左側の土中に入っていた部分は、凍みていなかったので、持ち帰った。
20210111_085024_copy_3024x2268


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

寒波二日目の朝の大根の畝の画像である。
20201216_082244_copy_2268x3024


👇は青首大根であるが、土から出ている部分が、凍みてしまわないか少し心配である。
20201216_082256_copy_2268x3024


👇は、沢庵大根の練馬大根である。上に出る部分も長いが、土に潜るのは40㎝ぐらいである。
20201216_082339_copy_2268x3024


👇の画像も練馬大根であるが、外に出ている大根の色が途中から変わっている。
白の部分が本来の色であるが、その上は明らかに凍みている色である。
20201216_082355_copy_2268x3024


ダイコンの葉が横に寝ている。やはり寒波の影響である。
20201216_082405_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >



沢庵大根第2弾が育ってきた。あと10日ぐらいでの収穫になるだろうか。
その頃には、第1弾がちょうど良い干し加減になるだろう。
20201207_074121_copy_2268x3024

👇の画像左が、沢庵大根の練馬大根である。
練馬大根は固定種で、このダイコンも自家採種したものである。
沢庵大根に使った残りは、冬ダイコンとして1月~2月の頃に、太くなった大根を掘り出して、ふろふき大根やおでんにして食べる。土中に潜る大根なので、冬の寒さで凍みたりしないのが良い。
20201207_074127_copy_2268x3024

先日掘り起こして、干している第1弾の沢庵大根である。画像は、干したときのものである。
4c0d7816-s


下の画像は、青首大根である。
20201207_074410_copy_2268x3024

👇の画像で右側は、形がやや寸胴な大蔵大根である。どちらも固定種で、自家採種した種を使っている。
20201207_074231_copy_2268x3024


大蔵大根。青首大根より若干土中に潜る。
20201207_074159_copy_2268x3024

3週間ほど遅らせて種を蒔いた、第2弾の大蔵大根。
20201207_074304_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


↑このページのトップヘ