のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:根菜類 > だいこん

3度目の播種である。ことごとくおんぶバッタに食べられてしまった沢庵大根。
マルチを剥がして今回は、多目に種を蒔いた。
20190930_083353-1620x2160

最初に莢ごと蒔いた採種用沢庵大根。
20190930_083409-1620x2160

沢庵大根は、2畝作っている。
20190930_083345-1620x2160



大名蒔きした「大和真菜」第2弾  2回目の間引き済み画像
20190930_075406-1620x2160

1回目の間引き済み画像
20190930_075121-1620x2160

あと何回か間引きする。
20190930_075500-1620x2160


本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)


イメージ 5  イメージ 6

大蔵大根と青首大根を播種した。
春に、自家採種した種を使った。
explorer



5穴ずつ、種を4,5粒ずつ蒔いた。
2週間後に、同様にズラし蒔きをする予定。
今年は、2品種合わせて全体で20本作る予定である。
20190905_085020-1620x2160

先日播種した沢庵大根が発芽した。
品種は固定種の『練馬大根』で自家採種したものだ。
20190905_084720-1620x2160

2畝70本作付けした。
その内40本は沢庵に使い、残りは冬大根として煮大根に使う。
20190905_084707-1620x2160

自家採種用に畑の端に、鞘付きで播種した。
7月の実験では、6,7本芽が出た。根が異常になるかどうかは、調べていない。今回ある程度の大きさまで育てて、異常がなければ来年は鞘のまま播種してみる。

エクスブロラーエラー


全部で10鞘蒔いた。
プリンター
大根は移植すると、花が咲いたあとに腐ってしまうことがあり、最初から他と交配しないように場所を決めて育てる必要がありそうだ。

練馬大根の種の寿命は、4,5年と長命の部類である。


当方のブログ記事は、リンクフリーにしております。
必要な画像で、引用画像以外はご自由にお持ち帰りください。
ご報告等は、特に必要ありません。(*^。^*)

  2練馬大長尻大根 9-1


 練馬大長尻大根(固定種)「関東を代表するタクアン大根。耕土の深い土地だと長さ一メートルに達することもある。色白く中央部太く首と尾は細い。成長に従って根が地上に抜き上がる。大きく成長した大根を干してたくあん漬けにする。その他煮物、切り干し、大根おろし等なんにでも良し。」

20190902_084817-1620x2160

2年連続で自家採種した種である。
explorer

他の大根と交配しないように、防虫ネットで囲った。
エクスブロラーエラー


当方のブログ記事は、リンクフリーにしております。
必要な画像で、引用画像以外はご自由にお持ち帰りください。
ご報告等は、特に必要ありません。(*^。^*)

  2練馬大長尻大根 9-1


午後から大根の種を蒔こうとマルチに穴を空けようとしたら、なかなか入らない。原因は昨年落ち葉や腐葉土を鍬き込んだため、小技が混入していたためだ。 

20190901_143832-1620x2160



2畝合わせて70個の穴を空けた。
思いのほか時間が掛かって、暑さに耐えられなくなって、作業を終了した。種蒔きは、明朝にやることにした。
20190901_143843-1620x2160

当方のブログ記事は、リンクフリーにしております。
必要な画像で、引用画像以外はご自由にお持ち帰りください。
ご報告等は、特に必要ありません。(*^。^*)

  2練馬大長尻大根 9-1



7月2日の記事の続きである。
「莢ごとに蒔くと、大根が二股になったりすることはないか?」との疑問がわいた。
そこでしばらくポットで育て、根の様子を確かめようと思った。

葉が黄色いものが出てきたので、ここで終了することにした。

20190717_085641-1620x2160




土を崩して、洗い流した。

2019_07_09_11.30.01

奇麗な長い根が伸びていた。大根として膨らむのはまだ先のことだろう。

下の参考画像のように、最終的に1本を残すので、1莢で5本から8本ぐらい発芽するので、その中から良いものを残して行けば、待った問題ないように思える。

私が大根の種を採ろうと思ったきっかけが、高校の教師だった時に校庭の空いた土地に、ジャガイモや大根を植えて育てたことがある。その土地は校舎裏の砂利がいっぱいある空き地だった。

裏山から落ち葉をかき集めたり、草を刈ったりして砂利と土を混ぜた小さな畑を作った。
ジャガイモに掛ける土は、山の落ち葉や腐葉土や刈り取った草だった。大根も上に持ち上がる青首大根を作った。結構普通に出来た。自然栽培では無く、無農薬の多肥栽培だった。

出来た大根の収穫した残りを、そのままにして置いたら花が咲き種が出来て、そのまま莢ごと朽ち果てた。
次の年に、たくさんの大根が発芽していた。そのままにしていたら小さな大根がたくさん出来た。
すなわちおのればえに青首大根だった。他にアブラナ科の花は無かったので、仲間同士で交配したのだろう。

その時思ったのは、大根の種からは大根が出来るということだった。その前に白菜の種を採って次の年苗を作って100株ぐらい白菜を作ろうとしたら、白菜とは全く違った小松菜と青梗菜を掛け合わせたような大きな野菜が出来てびっくりした。

実験の結論としては、莢ごと蒔いても特段の障害は起こらないだろうという推論できそうだということだ。
種を普通に蒔いても、子葉の奇形はでるだろうし、畑の中の木や石の障害物に当たって二股が出来たりするのと同じようなレベルであろうと推論できる。自然界では、固い殻に種が守られて、発芽時期をじっと待つ種がたくさんある。大根の莢は乾燥すると固いが、湿気の多い土の中に入れると1週間ぐらいで莢が腐り、発芽してくる。大根の種を蒔いても発芽までは3,4日は普通に掛かる。

ただ。あえて莢ごと蒔く意味はなさそうである。
大根を100本も作らないし、大根の種は寿命が1年と短いようだ。
下の画像の採種した箱の莢をゴロゴロ潰して、下に残った種を拾い集めるだけで200個から300個の種は簡単に採れる。その中から奇麗な種を選別しても、簡単に100粒は採れるだろう。

20190701_083232


参考画像元





大根の種を採種した。
大根の莢は硬い。
種を取り出すのは、結構面倒くさい。


20190622_104429-1620x2160





6月30日の画像である。
種をポットに蒔いてから、6日目に発芽した。

無題3111111111111



6日前に、沢庵大根の種を莢ごとポット蒔きした。

20190625_082313-1620x2160




つまり、こういうことだ。
莢付きのまま大根の種を蒔いたら、6日で発芽したのである。

20190630_150711-1620x2160



どういう実験かというと、種を取り出さないで、莢ごと保管して置いて、種まきの時は1莢ずつ種まきすれば、4,5本発芽するので、調度いい感じだ。

結論  大根の種は、種を採り出さないで莢ごと蒔くことができる。


追加画像 7月2日
20190702_091220-1620x2160
20190702_091225-1620x2160

これは、後で根がどの様に伸びているか確かめる必要がある。


今日もポチッと、投票お願いします


  2練馬大長尻大根 9-1



↑このページのトップヘ