のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:果樹栽培 > ミカンの栽培

3本ある中で、1番大きなミカンの木である。
20200913_152044_copy_2268x3024

生ることは、生っているが作は良くない。
20200913_152101_copy_2268x3024

葉の少ない枝に生ったりして、生り方が良くない。
20200913_152104_copy_2268x3024


2番目に、大きな木である。
あまりミカンが生っていない。2年続きの大不作だ。
20200913_152120_copy_2268x3024


1番小さな木である。
20200913_152131_copy_2268x3024

今年は、この木が1番多く生っている。
しかしながら、葉やミカンがソウカ病に遣られている。
20200913_152149_copy_2268x3024



下は、キンカンの木である。
一昨年に、強剪定をしたので作年はあまり生らなかった。
20200913_152202_copy_2268x3024



今年は普通に生ってる。
何度も花が咲くので、そのたびに着果する。そのため実の大きさが、バラバラである。
まだ、花が咲いている枝もある。
20200913_152213_copy_2268x3024




ブルーベリーは、大きな木が3本ある。
この木は、一番小さな木である。今年は、一番実を着けた。
20200913_152221_copy_2268x3024



下は、1番大きな木である。
今年は、強剪定をする予定である。
剪定を一度もしていないので、年々収穫量が少なくなって来たからだ。
20200913_152237_copy_2268x3024




下は、2番目に大きかった木であったが、昨年あまりにも背が高かったので、切り詰めて低くした。
まだ高いので今年も剪定する予定だ。高いと収穫が大変だからだ。
20200913_152246_copy_2268x3024



下は、再生させたサクランボの木である。
数年前は大木だったが、1本しかなかったために実はたくさん生っても、食べておいしくなかった。
それで下のほうから切ってしまった。

毎年、脇芽が出ていたが完全に枯らさなかったので、息を吹き返した。
新しく別の畑に、佐藤錦とナポレオンの木をペアで購入して植えて置いたら、どちらかの1本が一昨年に枯れてしまった。

それで、ここの無名のサクランボを再生したわけである。
20200913_152338_copy_2268x3024


下は、直線で10mぐらいのところに植えたサクランボである。2本植えてあったが1本枯れてしまった。
品種は、佐藤錦かナポレオンのどちらかである。ラベルがどこかに行ってしまって、わからなくなった。
20200913_152404_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

昨年は不作の年であったが、今年はたくさんの花も咲き実も生った。
しかしながら、ミカンの皮がざらざらになるそうか病に罹ってしまったようだ。
20200811_093157_copy_2268x3024

そうか病は実が小さいうちからわかるので、どんどん摘果した。
葉もそうか病になっているようだ。前にも罹ったときには春作に消毒した。
20200811_093202_copy_2268x3024

果樹の栽培は、野菜の栽培よりも色々な病気に罹ることが多い。
一昨年はカイガラムシの被害でスス病も併発し、昨年は全く実が生らなかった。
20200811_093211_copy_2268x3024


下の画像は、隣にあるキンカンの木である。
キンカンは、今頃から何度も花を咲かせる。
20200813_095757_copy_2268x3024



花が咲くたびに受粉して着果するので、大きさがバラバラに育つ。
20200813_095746_copy_2268x3024


20200813_095738_copy_2268x3024





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

ミカンの木が、3本ある。
下の画像は、我が家では一番大きなミカンのである。
去年は、全くならなかった。カイガラムシとスス病で、相当なダメージを受けてしまった。
その後遺症で、今年も花の咲くのが遅れ、古い葉の残っていた上のほうに、パラパラと実がついただけだ。

20200609_083214_copy_2268x3024


下の画像は、2番目に大きな木である。
昨年は、わずかに5,6個生った。同じようにカイガラムシの犠牲になった木である。
20200604_090740_copy_2268x3024


下の画像は、一番小さな木である。
同様に、カイガラムシにやられたので昨年は、全くならなかった。
しかし、スス病が少なかったので、冬に葉は枯れずに残った。そのためか、今年はたくさんの花が咲いた。実は、全体に着いている。
20200609_083312_copy_2268x3024

今年は、少しずつではあるが3本の木とも実は生っている。
20200611_092437_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



 

果物の栽培は、楽しい。家に食べられる果物があるのは嬉しいものである。
家のミカンは酸味があるが、甘みだけのミカンよりも深みがあって美味しい。
昨年は、大不作で3本のミカンの木があるのに、全部で5,6個しか収穫できなかった。


20200523_163431_copy_2268x3024

今年は、ミカンは3本の木とも実がついている。
20200523_163737_copy_2268x3024


ブルーベリーも大きな木が3本ある。
20200523_163453_copy_2268x3024

生食しても美味しいし、ブルーベリーのジャムはさらに美味しい。

20200523_163503_copy_2268x3024

ブドウはピオーネと巨峰がある。
20200523_163554_copy_2268x3024

今年は、自然のままでどのくらい着粒するか試している。
20200523_163530_copy_2268x3024

木がどのくらいのブドウの房を、育てる力があるのか見るためだ。
20200523_163616_copy_2268x3024

柿の木はたくさん管理している。
20200523_163848_copy_2268x3024

画像は百目柿であるが、消毒しないとすべて落下してしまう。変な木だ。

20200523_163856_copy_2268x3024

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


下の画像は、一番大きなみかんの木である。
1昨年前にカイガラムシに遣られ、昨年は、実が1個も生らなかった。また冬に落が落ちてしまった。
そのため僅かしか葉が残っていなかった。
20200507_082330_copy_2268x3024


上の方に残っていた葉の所に、結構たくさんの花芽を持った。
6


木が大きいので、今年は普通に生るかも知れない。
2年前
は200個ぐらい着果して、半分位摘果した。
20200509_085834_copy_2268x3024




下の画像は、2番目に大きな木である。
昨年は、わずか5,6個しか実をつけなかった。
20200509_085716_copy_2268x3024

裏側を見ると、かなりの数の花が咲いている。
20200509_085834_copy_2268x3024


枝の中を見ると、ちらほら花が咲いている。
20200509_085747_copy_2268x3024



一番小さな木は、今年は花が満開である。
20200503_113103_copy_2268x3024

20200503_113123_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



↑このページのトップヘ