のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:果樹栽培 > ミカンの栽培

ミカンの木が、3本ある。
下の画像は、我が家では一番大きなミカンのである。
去年は、全くならなかった。カイガラムシとスス病で、相当なダメージを受けてしまった。
その後遺症で、今年も花の咲くのが遅れ、古い葉の残っていた上のほうに、パラパラと実がついただけだ。

20200609_083214_copy_2268x3024


下の画像は、2番目に大きな木である。
昨年は、わずかに5,6個生った。同じようにカイガラムシの犠牲になった木である。
20200604_090740_copy_2268x3024


下の画像は、一番小さな木である。
同様に、カイガラムシにやられたので昨年は、全くならなかった。
しかし、スス病が少なかったので、冬に葉は枯れずに残った。そのためか、今年はたくさんの花が咲いた。実は、全体に着いている。
20200609_083312_copy_2268x3024

今年は、少しずつではあるが3本の木とも実は生っている。
20200611_092437_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



 

果物の栽培は、楽しい。家に食べられる果物があるのは嬉しいものである。
家のミカンは酸味があるが、甘みだけのミカンよりも深みがあって美味しい。
昨年は、大不作で3本のミカンの木があるのに、全部で5,6個しか収穫できなかった。


20200523_163431_copy_2268x3024

今年は、ミカンは3本の木とも実がついている。
20200523_163737_copy_2268x3024


ブルーベリーも大きな木が3本ある。
20200523_163453_copy_2268x3024

生食しても美味しいし、ブルーベリーのジャムはさらに美味しい。

20200523_163503_copy_2268x3024

ブドウはピオーネと巨峰がある。
20200523_163554_copy_2268x3024

今年は、自然のままでどのくらい着粒するか試している。
20200523_163530_copy_2268x3024

木がどのくらいのブドウの房を、育てる力があるのか見るためだ。
20200523_163616_copy_2268x3024

柿の木はたくさん管理している。
20200523_163848_copy_2268x3024

画像は百目柿であるが、消毒しないとすべて落下してしまう。変な木だ。

20200523_163856_copy_2268x3024

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


下の画像は、一番大きなみかんの木である。
1昨年前にカイガラムシに遣られ、昨年は、実が1個も生らなかった。また冬に落が落ちてしまった。
そのため僅かしか葉が残っていなかった。
20200507_082330_copy_2268x3024


上の方に残っていた葉の所に、結構たくさんの花芽を持った。
6


木が大きいので、今年は普通に生るかも知れない。
2年前
は200個ぐらい着果して、半分位摘果した。
20200509_085834_copy_2268x3024




下の画像は、2番目に大きな木である。
昨年は、わずか5,6個しか実をつけなかった。
20200509_085716_copy_2268x3024

裏側を見ると、かなりの数の花が咲いている。
20200509_085834_copy_2268x3024


枝の中を見ると、ちらほら花が咲いている。
20200509_085747_copy_2268x3024



一番小さな木は、今年は花が満開である。
20200503_113103_copy_2268x3024

20200503_113123_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



ミカンの木が3本ある。3本ともかなり大きな木になっている。2年前に大豊作だった時にカイガラムシにやられていた。たくさん実っていたので収穫後に退治しようと、そのままにしていた。それが悪かった。ロウカイガラムシという薬では退治できない丈夫なカイガラムシに侵されていた。冬場に手で何日もかけて、木や葉から取り除いた。葉は、カイガラムシのせいですす病にも遣られていた。すす病は殺菌剤で何とかやっつけることができた。しかし、冬になると葉がすべて枯れ落ちてしまった。そのため昨年はほとんど実がならなかった。
今年は、3本のうち1本だけが回復し、綺麗な葉が残った。

以下の画像が、綺麗な葉が残った1本のミカンの木である。

20200503_113103_copy_2268x3024


沢山の花が咲いた。1年ぶりである。
20200503_113114_copy_2268x3024

今年はたくさん実がついてほしい。

 20200503_113123_copy_2268x3024


問題は、残りの2本の木である。冬場に、葉が枯れてしまう病気になった。
葉が枯れたところからは、新芽が出ている。しかし、花芽は少ない。

20200503_113133_copy_2268x3024

よく見ると去年の葉が残っているところにわずかに花芽が見える。期待はできないだろう。
20200503_113216_copy_2268x3024



下の画像は、一番大きな木であるが、一昨年に一番ひどい状態になってしまった木である。葉は一年では回復しなかった。上のほうだけに去年の葉が残っているだけだ。下のほうは新芽だけが出ている。
今年一年間で、葉をしっかり育てることが大事だろう。

20200503_113254_copy_2268x3024

やはり、去年の葉があるところに、ほんの少しだけ花芽がついている。
20200503_113336_copy_2268x3024

本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


昨年度は豊作だった。
しかし、途中でカイガラムシが付いていることがわかった。
豊作だったこともあり、農薬散布は諦めて最後までそのままだった。
収穫後慌てて、葉についたカイガラムシを手で取ったり、すす病になったのを殺菌剤で退治したりした。しかしながらカイガラムシが蔓延してしまったので、葉が全て落ちてしまった。

その結果、今年は花もチラホラとしか咲かない状態だった。
実は余りつかなかったが、カイガラムシもいなくなり綺麗な葉が生い茂った。
来年は、きっと豊作になるだろう。それを期待している。



20191205_083852-2160x1620
 
生き物は、なかなかこちらの思うようには行かないようだ。
20191205_083448-1620x2160


本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)

イメージ 5  イメージ 6

↑このページのトップヘ