のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:妻の部屋 > 藍染作品


絞り染めとは?

『模様染めの一種で、必要な部分の布帛(ふはく)をつまんだり畳んだりしてこれを縛り、縫い締めまたは木片などで挟み締めて、染液がそこへ浸透しないようにして染める方法。』


この時期、妻の塾は春休み。
4月の初めは、始業式や入学式で授業が進まないこともあって、1週間ほど有給休暇を取る。

時間があるので、好きな藍染をする。
得意なのは『絞り染め』である。
けっこう人気があって、絵手紙教室の仲間からリクエストがある。

20190405_134311-1200x1600





20190405_134324-1200x1600




絞る方法は、輪ゴムを使ってやる事が多い。
色々な方法があるが、輪ゴムをうまく使ってイメージをふくらまして作る。
どの形がどのようになるかは、感とセンスであるようだ。



20190404_210816-1200x1600






20190404_210803-1200x1600






20190404_210725-1200x1600



乾燥し終わった作品

P4061711



P4061710




P4061709




P4061708




P4061707



P4061704




P4061706



P4061705










次の日に染めた藍染の作品である。

P4061696


P4061697


P4061700



P4061701




P4061694


P4061695



ニューヨークに行った時に、お揃いで着させられて撮った画像である。
12






にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村





ずっと前に、妻の趣味である藍染の作品の記事を書いた。

夏のことである。
即売品の置いてある「花季」でもう一つの趣味である「絵手紙教室」がひらかれた。
教室の生徒さんは10人ぐらいである。
月謝は1回1000円である。月に2回開催される。
その他に御茶代として500円。
これは、軽食喫茶である「花季」(はなごよみ)で出していただく紅茶と茶菓子代である。

マスターからリクエストの合ったTシャツの作品を持って行った。
すると、さっそく生徒さんが3枚ほど買ってくれた。
一人は2枚、もう一人は妻が一番気に入っているものの1枚であった。


首周りのビーズが可愛らしいTシャツである

イメージ 1




イメージ 2





こちらのTシャツもビーズが綺麗である

イメージ 3




イメージ 4








こちらは全体にラメの入っているもの

イメージ 5



こちらの3点は、日本製の生地で作られていた。
手触りが外国産のものとは違っていた。
趣味家のご婦人方は、さすがにお目が高い。

「1200円にしようか?」なんて、妻が悩んでいた良いものである。
「きりがないので、全部同じ1000円でいいんじゃない。」と私。

「きりがない」と言ったのは、売るつもりで始めたわけではないので、その原点を忘れないようにすると言う意味であった。

最初は、藍の苗を知り合いからもらい、それを育てて夏に「生葉の藍を使っての藍染」を教えてもらった。
種を採り、春に苗を作り、畑の一画に藍を育てた。
今では、より濃い藍色を出すために「紺屋藍」の染料も使っている。

毎年作成しているので、作品がたくさんたまった。
友達や知り合いにプレゼントしていたが、同じようなものが多いので、バザーなどで販売したらどうかと勧められた。
しかし、バザーなどでは客層が違う。
値段も一桁違うので、あまり売れないだろう。
お店の一画を借りれば、お金がかかる。

現在の場所は、場所代は無料である。
人が気軽に集まる憩いの場所のような軽食喫茶である。

帰ってきたら「前に置いていたものが売れたと8000円頂いた。」と妻が言った。
500円~1500円程度なので、8品が売れたことになる。
売り上げは、次の作品つくりのために、原材料の資金となる。
サンキやしまむらやショッピングモールの中にあるお店に行く楽しみが増えた。

イメージ 6

趣味と言うものは、好きで始めた自己満足の世界である。
それがきっかけで、「花季」のマスターと出会い、そこで開催されている絵手紙の先生と出会い、その生徒さんたちと出会った。

あと何年かしたら、塾で子どもたちを教えているのではなく、大人相手に「藍染教室」や「絵手紙教室」を開いているかもしれない。

妻の趣味人生は、ますます磨きがかかっていくようだ。


≪ここから前の記事≫

妻は絵手紙教室に参加している。

「花季」(はなごよみ)と言う軽食喫茶で月に2回開催されている。
70代の老夫婦が老後の楽しみとして、経営しているお店である。
絵手紙教室だけでなく、陶芸の作品展、パッチワーク、切り絵、彫像等々。


イメージ 1


趣味の仲間が集う場を提供しているのが「花季」である。
妻の趣味は「藍染」である。
ストールやランチョンマット、ハンカチなどを藍で染めて楽しんでいる。
その作品がたまってしまった。

友達に無料で展示販売してくれるお店があると紹介されたのが、「花季」であった。

お店の一画にある展示販売コーナー
イメージ 2



イメージ 3

イメージ 4

奥の一画にある妻の藍染の作品
イメージ 5

妻の藍染の作品は評判がいい。
何と言っても安い。
500円から1500円ぐらいである。
安いのは、材料費だけを頂いているからである。
ストールは市販されているものでバーゲンで安くなったものを見つけて購入する。そして、それを藍色に染めるのである。
藍染の専門店だと安い物でも3000円以上はする。
「花季」に集まってくる客層は、ご年配の方が多い。
しかも何か習い事をしようとするご婦人方が多い。
シルクのストールなんかは、あっという間に売れてしまった。
1000円から1500円であった。

「花季」のマスターからTシャツなんかできないかとリクエストがあった。
さっそくサンキに行って「綿100パーセントのTシャツ」を見つけてきた。


どれでも1000円である。
大きさはMとLサイズ。
元の色は白である。
首のところにビーズがあったり、生地にラメが入っているものを選んだ。

イメージ 6  イメージ 7


イメージ 8  イメージ 9


イメージ 10  イメージ 11

   

  



 

イメージ 12

  イメージ 13

  





↑このページのトップヘ