のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 果菜類の栽培 > 女化の畑のカボチャ

自宅から20㎞離れた場所にある女化のカボチャ畑。
畑の広さは、40坪である。
カボチャだけを作付けしてある。植えたカボチャは、全部で30株である。
例年の収穫量は、20個から30個である。

20210821_102426_copy_3024x2268


👇は、畑の奥から通路側を撮った画像である。
一番勢いのあったカボチャの畝である。ほとんど枯れている。
20210821_102520_copy_3024x2268


👇は、ロロンカボチャとくじゅうくりEX2である。
ロロンカボチャは、日焼けしている。
20210821_102532_copy_2268x3024


葉が枯れて、蔓だけになっている。ほとんどのカボチャが収穫時期になっている。
20210821_102541_copy_2268x3024


👇は、畑の真ん中の画像である。雑草が伸びてきている。
20210821_102556_copy_3024x2268


👇は収穫したカボチャである。割れたり腐ったりしているカボチャもあった。
画像のもので、40個ぐらいある。
さらに、10個ぐらい後から見つけたので、今年は50個ぐらいの収穫である。
20210821_103614_copy_3024x2268


まだ、畑に何個か残っているので、来週にまた来て雑草の処理と収穫をする予定である。
20210821_103620_copy_2268x3024


👇の画像で、玉になっているのは大きくなる雑草である。
種がたくさんできるので切り倒すことにした。
2



👇は、大きな雑草だけ切り倒した。
来週は、カボチャの根元を切って、土のある畝に纏めて置く作業をする予定である。
カボチャの畝は、5畝ある。その部分以外は分厚いシートを被せてある。
20210821_104521_copy_3024x2268



2年前に、雑草防止のため厚めのシートで、40坪の畑を覆った様子。
5畝分の切れ目がある。畝幅は80㎝ぐらいである。
この部分に、カボチャを植えてある。雑草もこの部分だけに生えている。
3


収穫と大きな雑草の整理が終わった段階の、畑の全体像である。
20210821_105208_copy_3024x2268


今年は、大収穫であった。
カボチャは、50個ぐらい収穫できた。
20210821_105241_copy_3024x2268



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 

女化のカボチャの様子を見にやってきた。
目的は、通路に伸びてきた雑草の除草と、カボチャの着果の様子を確認するためである。

👇は、通路側から見たカボチャ畑の全貌である。

20210718_095508_copy_3024x2268


👇は、5畝ある中の通路から1番目の畝である。青い棒が立っているのは、カボチャを植えた場所である。やや雑草のほうが多くなっているようだ。
20210718_095530_copy_2268x3024


👇は、2番目の畝である。この畝が、5畝中一番生育が悪いようである。
20210718_095537_copy_2268x3024


👇は、3番目の畝である。この畝も枯れたものはないが生育が悪かった。
20210718_095544_copy_2268x3024


👇は4番目の畝である。この畝は隣の畝と同じぐらい、元気に育ていた。
20210718_095552_copy_2268x3024


👇は一番奥の5番目の畝である。ここの畝は6株全部が元気に育っていた。
20210718_095600_copy_2268x3024


👇の画像は、通路の一番奥側から全体を撮ったものである。
右側には、民家の畑がありできるだけ迷惑を掛けないように、シートで防草して隙間を空けてある。
20210718_095609_copy_3024x2268


ここからは、今回着果を確認できたカボチャを、全部記録画像に残したものである。
1、2、3 ロロンカボチャ くじゅうくりEX3
20210718_095650_copy_2268x3024


4,5 くじゅうくりEX3 orロロン
20210718_095720_copy_2268x3024



6 くじゅうくりEX3
20210718_095735_copy_2268x3024



7,8 ロロンカボチャ 
20210718_095823_copy_2268x3024


9 東京カボチャ
20210718_095838_copy_2268x3024



11  くじゅうくりEX3 orロロン
20210718_095927_copy_2268x3024


12  くじゅうくりEX3
20210718_095941_copy_3024x2268


13.14  くじゅうくりEX3 or ロロン
20210718_100016_copy_2268x3024


15 東京カボチャ
20210718_100028_copy_2268x3024


16 くじゅうくりEX3  or  ロロン
20210718_100049_copy_2268x3024


17  ロロンカボチャ
20210718_100057_copy_2268x3024



18  くじゅうくりEX3
20210718_100137_copy_2268x3024


19  くじゅうくりEX3
20210718_100229_copy_2268x3024

20  くじゅうくりEX3
20210718_100309_copy_2268x3024


21  東京カボチャ
20210718_100331_copy_2268x3024


22 東京カボチャ
20210718_100342_copy_2268x3024

23、24  くじゅうくりEX3  or  ロロン
20210718_100421_copy_2268x3024


25  くじゅうくりEX3  or ロロン
20210718_100444_copy_3024x2268


26  くじゅうくりEX3 or  ロロン
20210718_100436_copy_2268x3024

今の所、ベトビョウもうどん粉病も出ていないようである。このまま一気にカボチャが生長していくことを期待している。この地域は、梅雨の長雨もあまりなく最後の頃の3,4日の激しい雨がちょうどよい恵みの雨となったようである。次回は、2週間後の8月1日頃になるだろう。








本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1 

土曜日の朝、気になっていた女化の畑のカボチャの生育の様子を画像に撮ってきた。
目的は、カボチャの生長と草の状態を知ることであった。
結果、あと1週間は大丈夫なようなので、来週に除草をやりに二人で来ることにした。

下の画像は、空き通路の奥から道路側を撮った画像である。

20210710_090223_copy_3024x2268



👇の画像は、一番奥から撮った全体像である。
20210710_090401_copy_3024x2268



👇の画像は、隣の畑から道路側を撮った画像である。
奥から順繰りに畝ごとを撮った画像である。

1畝目 ロロン くじゅうくりEX2
20210710_090426_copy_2268x3024


2畝目 くじゅうくりEX2
20210710_090721_copy_2268x3024


3畝目 東京カボチャ
20210710_090730_copy_2268x3024


4畝目 東京カボチャ
20210710_090738_copy_2268x3024



5畝目 くじゅうくりEX

20210710_090746_copy_2268x3024


貯水桶が3分の1の雨水量。 期待したほどの雨量ではなかったようだ。
20210710_091051_copy_2268x3024


奥の1畝目と2畝目の通路側からの画像
20210710_091158_copy_3024x2268


中央の3畝目と4畝目
の通路側からの画像
20210710_091209_copy_3024x2268


5畝目を通路側から撮った画像
20210710_091224_copy_3024x2268


通路側から撮ったいつもの全体画像
20210710_091720_copy_3024x2268


通路側の草の状態

20210710_091728_copy_2268x3024


その隣の空き通路側の草の状態。

20210710_091732_copy_2268x3024




ここからは、生っているカボチャの生長具合を撮ってきた。
2週間前に来た時には、雨不足で育ちが悪かったので最近受粉して育ち始めたものが多かった。



第1畝のロロンカボチャの様子。
20210710_090501_copy_2268x3024



くじゅうくりEX
20210710_090504_copy_2268x3024




くじゅうくりEX
20210710_091123_copy_2268x3024



木が小さい時に着果していたくじゅうくりEX。

20210710_091350_copy_2268x3024




くじゅうくりEX。
20210710_091358_copy_2268x3024


こちらも気が小さい時に着果していたくじゅうくりEX。

20210710_091404_copy_2268x3024


人工授粉したもの。
20210710_091524_copy_2268x3024


こちらも人工授粉したもの。
20210710_091643_copy_2268x3024








本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1




 

早朝に鶏糞を積んで、20㎞の道のりを急いでやってきた。7時に家を出て7時40分ごろについた。
1週間前に、除草をしにやって来ていた。化成肥料しかやっていなかったので、土の部分がカチカチに硬くなっていた。雨があまり降っていないので育ちが悪い。
今回は、鶏糞堆肥を株間に撒こうと思ってやってきた。
20210618_073036_copy_3024x2268

1週間前より、若干育ってはいた。ただ勢いがついているわけではない。
20210618_073050_copy_2268x3024



前回、芯を止めたので、葉は若干大きくなっている感じだ。
20210618_073121_copy_2268x3024




👇の画像は、5畝ある中で、一番育ちが良い畝である。
この畝のカボチャが元気が良いのには、理由がある。
昨年草を刈ったときに、この畝の隣に、全部固めて踏みしめて置いて、その上から分厚いシートを敷いた。そのため、画像の左側の土が腐葉土のようになって、柔らかい。そのため根を伸ばしやすかったため、この畝だけ元気が良いのではないだろうか。
20210618_073200_copy_2268x3024



👇の画像のように、普通に育っている。
20210618_073207_copy_2268x3024



鶏糞を5畝分、5袋持って行った。1畝に15㎏をばらまく予定である。
1



👇は、雨水を溜めるための水槽だ。前回からほとんど雨は降っていないようだ。
20210618_073251_copy_2268x3024



最初に、4本万能鍬で株間の土を掘った。
20210618_074225_copy_2268x3024


掘ったところに、発酵鶏糞を、1株の周りに3㎏ぐらい投入した。目的は、追肥と鶏糞の有機物で、土を柔らかくすることにある。
20210618_074442_copy_2268x3024




計画では、鶏糞に土を戻して、今日の作業は終わりであった。
20210618_075810_copy_2268x3024


👇の画像は、鶏糞を1畝に1袋使って撒いて、土を戻したところである。
あとは、鶏糞堆肥を微生物に分解してもらって、土を柔らかくしてもらおうとの計画である。
20210618_075856_copy_2268x3024


所が、寒冷紗を外してみると、春先に枯草を防草シートに集めて、踏みつぶしたあと風で飛ばないように寒冷紗を掛けて置いたものが、良い感じで腐葉土の材料になっていた。
20210618_075919_copy_2268x3024



これを、土の出ている所に掛けて踏みつければ、より効果的に分解して腐葉土になり、やがて微生物が分解し団粒化した土になるだろう。
20210618_080236_copy_2268x3024


窪みになって湿っていた所には、すでにミミズが住み着いていて、腐葉土を餌にしていた。既に腐葉土化して団粒化した土を作っていた。
20210618_081530_copy_2268x3024


ミミズも一緒に、カボチャの周りに敷き詰めた。
20210618_081801_copy_2268x3024



今回の作業は、4本万能鍬で、株間を掘り起こし、鶏糞を撒き、土を戻す。
さらには、寒冷紗の下から枯れ草をカボチャの周りに敷く。
除草してしまったために、雑草の根っこで土を耕してもらうことが出来くなってしまっていた。
それを、有機肥料である鶏糞堆肥を撒いて、微生物の餌を増やし、さらには枯草をミミズに分解してもらうことまで可能となった。来年度からは、カボチャの残渣を固めて置こうと考えている。

ここまでの作業時間は、1時間半とかなりのスピードでこなした。
20210618_083221_copy_3024x2268


9時半ごろ、女化の畑を出発して秘密基地に戻った。
20210618_084324_copy_3024x2268



井原本に、面白い記事があった。

<不耕起の硬い土では、ねじ込むような強い根が出る>
1

<カボチャは不耕起でも耕起でも、どんな土地でも育つ>

2

2年前に除草のため厚めのシートで、40坪の畑を覆った様子。
3





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

前回は、除草作業と窒素とリンの配合肥料を撒いた。
定植したときに、苗から50㎝ぐらい開けて待ち肥にしたら、2週間後に行ったら、葉が黄色くなっていた。
苗の近くに肥料分が無かったためだと思った。

20210613_111126_copy_3024x2268_1

今回は、新しく出た葉に緑が乗ってきた感じである。
20210613_111142_copy_3024x2268_1

どの苗も伸びすぎていたので、摘芯した。画像は、摘芯前のものである。
20210613_111155_copy_2268x3024_1



寒冷紗の下には、昨年度の枯れ枝が敷いてある。その下は、分厚い防草シートが敷いてある。
20210613_111201_copy_2268x3024_1


株の周り30㎝は、手作業での除草をしたがその他は除草剤を撒いた。
 20210613_111207_copy_2268x3024_1

👇の畝が、一番元気がない。
NOJI2



👇のロロンカボチャの畝が、一番元気に育っている。
NOJI1



ロロンカボチャの畝の拡大画像
20210613_111228_copy_2268x3024_1

奥から見た画像
20210613_111242_copy_3024x2268_1




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

↑このページのトップヘ