のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:ハウス内の温床と貯蔵穴 > 温床での播種・育苗

👇は、間違えて1月22日に種まきをしてしまったアロイトマトである。
ナスや唐辛子と一緒に浸種発根して、苗作りを始めてしまった。
トマトは、播種後に定植までに育つのは60日から70日ぐらいである。
接ぎ木苗をやっていた時の感じで、早めに苗作りをしてしまった。
👇は、植え替えをしないまま密植状態で、低温環境に置いてゆっくり生長させてきた。
何とか、背丈が15㎝ぐらいで止まっている。
あと10日ぐらいは、植え替えなしで引っ張る予定である。
20240406_085422_copy_2268x3024


👇は、ミニハウスで栽培予定の中玉トマトのシンディースウィートである。
こちらはハウス栽培なので、いつでも植え付けられる。背丈も25㎝に育っている。
20240406_085630_copy_2268x3024


👇は、露地栽培用のミニトマトである。
大きく育ってしまったものもあるが、こちらもアロイトマトと同じように、低温環境でゆっくり育てている。
20240406_085719_copy_2268x3024



👇は、1月22日に浸種発根させて、育苗してきたナスやシシトウである。
ナスやシシトウは、植え付けサイズになるまでに結構な時間が掛かる。
ナスは、播種後60日から80日で植え付けサイズに育つようだ。
1月22日に蒔いて、80日後は5月12日である。ちょうど良い時期である。
20240406_085858_copy_2268x3024


👇は、ピーマンのとんがりパワーである。
ピーマンも苗作りに時間が掛かるので、ちょうど良い具合に育っているようだ。
20240406_085903_copy_2268x3024


👇は、3月18日に播種したスイカである。
紅小玉、シュガーベイビー、嘉宝西瓜である。2株ぐらいずつ混植栽培する計画である。
小玉スイカは、播種後30日から40日で植え付けサイズになるようだ。
20240406_090111_copy_2268x3024


👇は、アップルゴーヤと普通のゴーヤである。
苗は、2,3株ずつ植える予定である。
20240406_090132_copy_2268x3024



👇は、カボチャである。12㎝ポットに植え替えた。
カボチャは、播種後30日から40日で植え付けサイズになるようだ。
20240406_090452_copy_2268x3024


👇は、温床を利用して1月26日に挿し木したものである。
葉も大きくなり、根もたくさん出てきたので、硬質鹿沼土から普通の培養土に植え替えた。
20240406_090250_copy_2268x3024


👇は、近所の知り合いの所の無花果の枝を頂き、挿し木したものである。品種はわからない。
20240406_090258_copy_2268x3024



👇は、3月26日に上部2節を残してカットして、再度挿し木した「ビオレ・ソリエス」である。
画像から芽が動き出したのが確認できる、芽が伸びれば、発根もするので期待大である。
フランス原産の黒いイチジクで、栽培が非常に難しく収穫量が少ないことから「黒いダイヤ」とも呼ばれているようである。
20240406_101932_copy_2268x3024_2




👇は3月26日の画像である。
切り口がコルク化してしまったため、上部2節を残しカットして芽出しを継続した。
ここまでに1月26日に挿し木してから2か月が経っていた。

20240326_093233_copy_831x1107


👇は、家の花壇用に育てている混合百日草、絞り咲き百日草、ミニ咲きひまわりである。
ダイソーの種である。昔からある大きな花の百日草である。
20240406_090415_copy_3024x2268



👇は、我が家の花壇に咲いている花である。

20240406_071003_copy_2268x3024



20240406_071317_copy_2268x3024


👇は、ニワウメかユスラウメである。
花はどちらも似ているが、葉の形が違うようである。
下の画像の葉はつるりとしているので、ニワウメかもしれない。
ユスラウメの葉は、表面が葉脈に沿ってでこぼこしているように見えるようだ。
20240406_071346_copy_2268x3024


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、温床の全体画像である。
ハウス内の温度は、35℃を上回っている。
20240331_082055_copy_2268x3024



👇は、Aブロックである。
ここでは高温(25℃~30℃)で、タッパーで浸種発根や、セルトレイに種を蒔いて発芽させたりしている。
20240331_082100_copy_2268x3024


👇では、無花果を発芽発根させ、育苗している。
20240331_082105_copy_2268x3024


👇は、Cブロックである。ここではナス科を中心に育苗している。
ナス、ピーマン、シシトウ、唐辛子である。
20240331_082110_copy_2268x3024


👇は、Dブロックである。ここではウリ科を中心に育苗している。
カボチャ、スイカ、マクワウリ、ハグラウリ、シロウリ、ゴーヤ、ヘチマなどを育苗中である。
20240331_082116_copy_2268x3024


👇は、Eブロックである。
ここでは、生姜やつくね芋、紫ダイジョ等の芽出しを行っている。
20240331_082126_copy_2268x3024


👇は、ハウス中央に設置してある糠の保管槽の上を利用して、サトイモ、紫ダイジョ、つくね芋等の発芽をさせている。
日中は温度が上がり過ぎるので、段ボールで全体を覆っている。
それでも、30℃近くまで温度が上がってしまっている。
20240331_082152_copy_2268x3024


👇は、紫ダイジョの雁首に、紫色の芽当たりが出始めている画像である。。
3


👇は、ハウス中央の貯蔵穴の上で、トマトの苗をゆっくり育てている画像である。
20240331_083010_copy_2268x3024



👇は、ジャンボニンニクである。
葉先が黄色くなってかれてしまう。そのため生育が思わしくない。
アミスター20で殺菌消毒をしたが、果たして効くだろうか。
しばらく様子を見て、ダメなようなら廃棄処分する予定である。
20240331_083104_copy_2268x3024


👇は、健康なジャンボニンニクである。
葉の勢いが全く違う。
20240331_083116_copy_2268x3024



👇は、秘密基地の入り口にある無名のサクランボの木である。
葉はたくさん出ているが、花はまだのようである。
古い木であったが、あまり美味しくないサクランボだったので、強剪定をしてしまったため花が咲けなくなってしまっているようだ。
20240331_085340_copy_2268x3024



👇は、サクランボの佐藤錦である。
苗木を購入してから、2年目の春を迎えたばかりである。
20240331_085143_copy_2268x3024


👇葉は、芽がようやく動き出した画像である。
関東地方では、佐藤錦の芽吹きは3月下旬から4月上旬のようである。
という事は、今頃芽が出始めるのは標準的であるという事だ。
ナポレオンは、4月上旬から中旬ごろになるようだ。
IMG_20240331_183624


👇は、植え付け後2年目のナポレオンである。
20240331_085221_copy_2268x3024


こちらも、芽が出始めている。
3




👇は、我が家の花壇に咲いている花である。

可愛らしい椿の花が咲いた。紅乙女と言う銘品である。
まん丸で可愛らしい花で、どうやら江戸時代に関東に広まった椿のようである。
20240331_102031_copy_2268x3024



👇は、スーパーチュニア(ミニペチニア)である。
20240330_062232_copy_2268x3024



👇は、ジュリアンである。
塾の教室の空きスペースに小さな花壇を作ってある。
通路と花壇の縁取りに、ジュリアンを植えている。
20240330_062034_copy_2268x3024


👇は、自宅の花壇の正面横のひな壇の最上段に咲いている、オレンジ色のマツバギクである。
1711871947155_copy_831x1107


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、前回浸種して発根させた百日草2品種3ポットとミニ咲きひまわりを温床に置いて、発芽を待っている画像である。
IMG_20240322_162355




👇は、カボチャの浸種発根を行っている画像である。
品種は、東京カボチャ、ロロンかぼゃ、ミニカボチャ、栗カボチャである。
カボチャは、自宅から20km離れた茨城県の女化の畑で、毎年作付けている。
40坪の畑で、カボチャだけを栽培している。
20240320_150227




👇は、浸種して発根した種をポットに植え付けた画像である。
発根させた品種は、アップルゴーヤ、マクワウリ、嘉宝西瓜、ハグラウリ、ヘチマである。
IMG_20240322_162421





👇は、育苗中のどかなり千成、ラリーノホワイトである。
キュウリ苗は、本場が3~4枚で定植するのが適期であるようだ。
葉が少ないと苗が弱く、活着が難しく、多くなりすぎると根鉢が傷む可能性がありそうだ。
キュウリは、第2菜園の改良ミニハウス内で、栽培予定である。
IMG_20240322_162820






👇は、トウモロコシの苗である。
トウモロコシの苗の定植の大きさは、草丈が15~20cm程度、本葉が3~4枚が目安のようだ。
小さい苗だと活着が難しく、本葉が多くなりすぎると根鉢が傷んでしまうようだ。トウモロコシは、第2菜園の改良ミニハウスで20株ぐらいの数で、何度か栽培する予定である。
昨年は、4回ぐらい作付けした。
トウモロコシは、連作障害が出にくい野菜という事だが、連続して栽培すると、土壌の養分バランスが偏ったり、病害虫が発生しやすくなったりするため、注意が必要なようである。
IMG_20240322_162849




👇は、トマト苗を温床から出して、ハウス内での常温栽培に切り替えた。
理由は、やや低温でゆっくり育てることと、ウリ科の育苗で、温床がいっぱいになるので、追い出されたわけである。
赤いポットに大量に植えてある苗は、大玉トマトのアロイトマトである。
苗は、50本近く作る予定である。
IMG_20240322_163024




トマトの育苗場所は、ハウスの真ん中の日当たりの良い場所で、貯蔵穴の蓋の上である。
IMG_20240322_163050





本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 


👇は、第3菜園である。
ニンジンとほうれん草を撤去した。
ここに春作のニンジンを作付ける計画である。当初は、葉物野菜を作る予定であったが。
20240318_105237

👇は、ダイソーの種である。ここ2,3年続きで百日草やヒマワリの種を蒔いて、苗にして相方にプレゼントしている。
百日草の発芽適温は、20~25℃。
ひまわりの発芽温度は、20~30℃。
20240318_152512


👇は、マクワウリ、シロウリ、ハグラウリの浸種発根を促している。
発芽適温は、25℃~30℃である。
20240319_080319

👇は、ハウス内で芋類の芽出しを行っている。
貯蔵穴で越冬させていた種芋類を3月5日に取り出した。
ほとんど問題なく越冬できた。  ➡貯蔵穴から掘りだした時の記事

貯蔵穴から取り出した芋類は、直ぐに芽出しをしないで、10℃以上の比較的低温で温床内で保管していた。
露地栽培で防寒対策をしないでも植え付けが出来るまでは、休眠させておきたかった。
気温が上がってきたので、芽出しをスタートさせた。

0109

👇は、ハウス内の糠の保管槽の上を利用して、並べた。
夜間は、上からビニールシートを掛けて、放射冷却を防ぐ計画である。
20240319_085543_copy_2268x3024



👇は、低温発酵の温床で保管している芋類である。
20240319_085549_copy_2268x3024


👇は、本日切り返しを行ったAブロックである。
高温発酵をさせて置いたのは、2ブロックであったが、昨日からウリ科の種の浸種発根を始めたので、1ブロック増やした。
20240319_085615_copy_2268x3024


👇は、何度か切り返して堆肥化した籾殻堆肥を肥料袋に入れて、畑に運ぶことにした。
20240319_093427_copy_2268x3024


温床から、各畑までは20mから30mぐらい離れているので、一輪車で運んでいる。
20240319_093745_copy_2268x3024

👇は、第2菜園の改良ミニハウスである。
これからトウモロコシを植え付けるので、籾殻堆肥を3袋撒いた。
既に、鶏糞2袋(30㎏)分は、畝に漉き込んである。
20240319_094428_copy_2268x3024

20240319_094436_copy_2268x3024

本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、ブドウハウスの中の温床の現在の利用状況の画像である。
20240318_083413_copy_2268x3024




👇は、中玉トマトを鉢増しした画像である。
数が多いので、1本ずつに分けないで、3,4本まとめて1ポットで育苗している。
今まで7.5㎝ポットだったので10.5㎝に鉢増しした。
品種は、フルティカ(ピンク)、シンディースウィート(白)、ミディアムルビー(オレンジ)である。
中玉トマトは、すべて第1菜園のミニハウスで、水ストレス栽培を行う計画である。
➡水ストレス栽培の実際(7月28日)
20240318_082322_copy_3024x2268


👇は、ミニトマトである。
ミニトマトの苗も同様に、10.5㎝のポリポットに鉢増しした。
こちらは最終的には、2本ずつ作付ける予定である。
20240318_083036_copy_3024x2268


👇も同じくミニトマトである。
➡昨年度のトマトの棚の記事(4月24日)
大玉トマトを2畝、ミニトマトは1畝作付ける予定である。
昨年同様、竹と足場丸太材を使ってがっちりとした棚を作る計画である。
昨年は、ネギとのコンプラで作付けたが、今年はどうするか決めていない。
20240318_082610_copy_3024x2268



👇は、普通のゴーヤ、ヘチマ、そしてアップルゴーヤ浸種発根の画像である。
蓋を締めてあるのは、スイカである。
品種は、黄色の小玉スイカ、嘉宝西瓜(固定種のオレンジ掛った黄色で楕円の小玉スイカで薄皮)、シュガーベイビー(固定種の赤丸型で黒皮の小玉スイカで甘い。皮が厚いのが難点)そして、まる八紅小玉F4である。

20240318_102527_copy_3024x2268



ウリ科の浸種発根は、黒のシートを被せ暗い環境で発根させている。
温度は、25℃~30℃ぐらいで行っている。
20240318_083842_copy_3024x2268
3



ブドウハウス前のミニ果樹園のブルーベリーである。
大きなブルーベリーの木が3本ある。

👇は、一番背の高かった木であったが、高くなりすぎたので2年前に背の高に強剪定をした。
中途半端な高さに切ってしまったので、次の年に徒長枝がたくさん出てしまった。
仕方がなかったので、細い枝を何本か残して、全部カットした。
20240318_102911_copy_2268x3024


👇は、2年前にカットした所から出た結果枝から花芽がたくさん出てきた。
この木は、今年も豊作は期待できそうにない。
20240318_102919_copy_2268x3024


👇は、一番大きな木であったが数年前から、古くなった枝を切ったり、下から出た枝を残したりして、勢いをつけてきた。
数年前は、この木一本で5㎏ぐらいのブルーベリーを収穫できたこともあった。
それが、いつの間にか枝が老化して、収穫量が減ってしまった。
それで、若い枝を残して、古い枝を根元から切って更新剪定を少しずつ進めてきた。
20240318_102930_copy_2268x3024



昨年あたりから、花蕾が増えてきた。
今年も全体的に花蕾の数が増えているようなので、豊作が期待できそうである。
20240318_102947_copy_2268x3024




👇は、3本の中では一番若い木である。
こちらは植えた時から、剪定を定期的にやって来たので、徐々に収穫量が増えてきた。
昨年は一番収穫量が多かった感じである。
20240318_102959_copy_2268x3024


全体的に花蕾がたくさん着いている。今年の収穫が楽しみである。
20240318_103010_copy_2268x3024



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

↑このページのトップヘ