のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:果樹栽培のコーナー > ブドウ栽培

👇は、ピオーネである。現在、摘粒を時々行っている。
今年は、1房30粒を目指して、小さい粒からどんどん落としている。
IMG_20240607_2233


👇は、5,6年ぶりで復活した巨峰である。太い枝をテッポウムシにやられてしまった。
その後、新梢を伸ばしてようやく去年から実がなるようになった。
IMG_20240607_21582


👇は、ピオーネで30粒前後になっている。
このぐらいの房を標準にして、摘粒を進めている。
IMG_20240607_21177



👇は、グランドペチカである。
長崎こがねよりも1週間以上萌芽が遅れた。
IMG_20240607_3549


👇は、収穫した物を洗った画像である。
まだ、木はしっかりしているので枯れるまで育てれば、まあまあの感じに育つだろうと思っている。
IMG_20240607_35445


👇は、試し掘りをした長崎こがねである。
この場所は、3年ぐらい前に豊作となった畑である。
IMG_20240607_34248


良い感じで育っているようだ。
IMG_20240607_36347


👇は、5月31日に植えつけた紅はるかの畝である。
植え付けてから1週間が経っているので、活着しているようだ。
IMG_20240607_55175


植えつけたサツマイモの葉を枯らさないように、藁を被せて水を掛けて、湿度を保ちながら育てた。
その甲斐あってか、結構な数の葉が枯れないで残っている。
IMG_20240607_58294


全ての葉が枯れなかったわけではなく、虫に食われたり乾燥して枯れた葉も出た。
2,3枚の葉が残れば、計算上は5,6本の芋がなるので問題はなさそうである。
IMG_20240607_57931



👇は、久しぶりのキュウリの露地栽培の初収穫の1本である。
IMG_20240607_26747


👇は、ミニキュウリと普通のキュウリの比較画像である。
普通のキュウリは、収穫がちょっと早すぎたようだ。
IMG_20240607_48395




👇は、防獣・防鳥対策のネットハウスが、完成に近づいている画像である。
防鳥網は、20坪用の3.6m×18mである。
畝は3m×11mで約10坪なので、長さは余ったが幅は調度であった。
IMG_20240607_51705

IMG_20240607_51416



👇は、妻の絵手紙である。題材はジャンボニンニクである。
IMG_20240607_27628




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、秋ナス用の苗を育てている画像である。
ナスは半身萎凋病に掛かってしまうことが多いので、毎年春に苗を育てた物を何本か老化苗にして置いて、梅雨時に植え付けていた。
そうすると梅雨が明けた頃に気温は30℃を超えるようになるので、半身萎凋病は発症しないで、霜が降りる頃まで秋ナスが収穫できる。
今年は、苗が残らなかったので、今種を蒔いて秋ナスを育てている。
IMG_20240531_16620


👇は、現在収穫している、どかなり千成キュウリの第2弾の浸種発芽を行っている。
IMG_20240531_165


👇は、同じく第2弾のラリーノホワイトである。
IMG_20240531_15711


👇は、第3弾のトウモロコシの浸種発根を行っている画像である。
今頃の気温だとタッパにキッチンペーパーを濡らして、種を湿らせて蓋をした状態で常温下でも3,4日で発根する。
下、は5月29日に浸種した種で、5月31日の画像である。
3、4個発根が始まっている。

IMG_20240531_15405



👇は、ブドウハウスの全体画像である。
IMG_20240531_1534



👇は、2回目のジベレリン処理が終わったピオーネの画像である。
IMG_20240531_14431


👇は、摘粒する前の画像である。
これから何日か掛けて、30粒から35粒に摘粒していく。
IMG_20240531_14718


👇は、一番早く花が咲いた房であるが、すでに30粒前後に摘粒が終わっている画像である。
IMG_20240531_1472


👇は、巨峰である。今年は20房ぐらい生っている。
IMG_20240531_13471


巨峰は、復活して実がなって2年目なので、まだ木に力が無いようである。
昨年は、ハクビシンが入り込んで、端に低く垂れ下がっていた巨峰だけ食べられてしまった。
房数も10房以下であったが。
今年は、適度に摘房して1房20粒~30粒で仕上げようと思っている。
IMG_20240531_16296



👇は、ミニハウスで育てているトウモロコシである。
すでに受粉は終わり、あとは収穫を待つばかりである。
IMG_20240531_19655


昨年は、土中に潜んでいたコガネムシの幼虫が孵化して、雌花の髭を食べられてしまった。
またヨトウムシも入り込んでいた。
今年は、土を耕す段階で、ダイアノジン粒剤5を撒いて、コガネムシ対策をした。
👇の画像からもわかるように、今年は雌花の髭も健全であるし、トウモロコシの育ちも良い感じである。
IMG_20240531_18899


👇は、脇芽のトウモロコシの画像である。脇芽欠きをしなかったので、雌花が受粉して肥大している。脇芽にできたトウモロコシを、今までに収穫したことは無い。
果たして脇芽に着いたものに、実が出来ているのだろうか。
IMG_20240531_18239


👇は、第2弾のトウモロコシである。
苗作りに失敗して数が少ない。
IMG_20240531_19254


👇は、ミニキュウリを作っているミニハウスの隣に、普通サイズの節成りキュウリを露地際している画像である。
IMG_20240531_18558


👇は、花の状態を拡大した画像である。
雄花も見られるが、節成りキュウリと名をうってあるだけあって、節ごとに雌花が着いているのが確認できる。
IMG_20240531_22837


👇は、四季成りイチゴの「めちゃデカ!いちご」である。
ランナーを出させて苗採りを行っている画像である。
IMG_20240531_2281


四季成りや二季成りイチゴは、ランナーが出難いと言う事だがこの品種は普通に出る感じある。
現在、1株から3本から5本のランナーが出ている。
IMG_20240531_22478


👇は、手前の小さい株は、まだランナーを伸ばしていないが、後ろの大株からは5本のランナーが出ている。
IMG_20240531_21287


👇は、露地栽培用の章姫である。
10株ぐらい親株を残した。たくさんの苗を採る計画である。
IMG_20240531_21689


👇は、プレゼント苗で頂いたものである。
こちらも10株ぐらいの苗を採って、「めちゃデカ!いちご」と一緒に、冬栽培に再度挑戦しようと思っている。
IMG_20240531_2061


👇は、昨日植え付けた紅はるかの畝である。
今日の雨は、恵みの雨になったようである。
IMG_20240601_54497




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、第3菜園のブドウハウスである。
5月10日頃からジベレリン処理を始め、16日頃ほぼ終わった。
IMG_20240518_8438


最初に花が満開になった房から、一番最後に満開になった花までの期間が約1週間の差が出てしまった。
一斉に花を咲かせるようにブドウの木を仕立てるのは、結構難しいだろう。
IMG_20240518_8165


👇は、最初に満開になった房である。
5月10日頃にジベ処理したものである。第1回目のジベ処理は、満開から3、4日ぐらいまでに行えばよいので、多少の日にちのずれは問題無いだろう。
2回目のジベ処理は、満開から10日から15日ぐらいに行えば良いようだ。
最初の物から13日後の5月23日頃に、第2回目のジベ処理を計画している。
できるだけ3日間で終わられようと思っている。
IMG_20240517_44549


👇は、6日遅れの5月16日頃にジベレリン処理した房である。
IMG_20240517_43891



👇は、第2回目の房数を数えた表である。
2回目のジベ処理が終わった頃から、様子を見て全体の房数を80房ぐらいに減らしていく予定である。
1





👇は、第2菜園で促成栽培をしているトウモロコシである。
雌花がの髭が見え始めると、雄花が咲き始めて花粉が零れる。
IMG_20240518_35462


👇は、雌花が咲いている株の雄花の画像である。
一番上の葉が黄色くなっているのは、花粉が落ちて溜まった画像である。
トウモロコシの人工授粉は午前中が良いとのことなので、雌花の髭が出ていることを確認して、茎を手で持って軽く揺らすと、ものすごい量の花粉が下の方に落ちていくことがわかる。
IMG_20240518_34379



👇は、先日植え付けた第2弾のトウモロコシである。
ハウス内は乾きが早いので、水を掛けるときは掘りを掘って
たっぷりと水を溜めるようにしている。
IMG_20240518_39362



👇は、昨日キュウリ畝の部分のそら豆を収穫した。
今日は、畝の残り分のそら豆を全部収穫した。
そして、豆を取り出してジップロックに小分けして冷凍保存した。今回は2㎏分ぐらいであった。
IMG_20240518_33986


👇は、豆を外した残渣である。
こちらの残渣は、第4畑のサトイモの畝の防草に利用した。
IMG_20240518_34785



👇は、残渣を処理した後に管理機で耕耘して置いた。
落花生やオクラを植える予定である。
IMG_20240518_39783



👇は、ミニハウス内で促成栽培しているミニキュウリである。
ミニキュウリは、どかなり千成F4とラリーノホワイトF2である。
IMG_20240518_40552


👇は、どかなり千成F4であるが、F3とはちょっと形が変わってきている感じがする。
F3は緑が濃くてすべすべしている肌であったが、F4の今年は、スリムな感じでごつごつ肌のようである。
どうやらどかなり千成キュウリは、固定種ではなさそうである。
しかし、房成りの遺伝子はしっかり受け継いでいるようだ。
IMG_20240518_38160




👇も、次々と大きくなっている。この時期のキュウリは、大変貴重品である。
IMG_20240518_38932


👇は、ラリーノホワイトF2である。ラリーノは、過去に一度育てたことがある。
雄花が咲かなかったが、同じ場所で作っていた地這いキュウリと交配して、ミディーのキュウリが出来た。
形は、今回のどかなり千成F4の形に似て、15㎝ぐらいの長さに育っていた。
ラリーノホワイトF2も、少しずつ木に勢いが着いている感じである。
IMG_20240518_36235



👇は、我が家の花壇の3色のマツバギクである。
IMG_20240518_37776
IMG_20240518_3716
IMG_20240518_38534
IMG_20240518_35859



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 


👇は、第2菜園にあるブドウハウスである。
冬場は、温床での育苗がメインの利用になるが、現在ではブドウの葉で日照が遮られ、秋までは野菜苗の育苗は出来なくなる。
IMG_20240513_48765

作っているブドウはピオーネと巨峰である。
ブドウの房作りのための花きりは終わって、花が満開になった物からジベ処理を始めている。
IMG_20240513_48482


ジベ処理の目的は、2つある。
一つは花ぶるいを防ぐために、受粉させないで着果させることである。
もう一つは、種無しブドウにすることである。
巨峰やピオーネなどの大粒のブドウは、普通栽培では花ぶるいが起こり着果させることが難しい。
IMG_20240513_1137



👇は、第1回目のジベ処理が終わった房である。ジベ処理は、2回行う。
1回目の処理で着果させ種無し化を図る。2回目のジベ処理は、粒の肥大を促すためである。
ジベ処理は、色んな方法があるが、私の場合は、1,2回ともジベレリンは25ppmで行い、1回目は満開から3日目迄、2回目は10日から14日に行っている。
満開から20日~30日以後に、果実の急速な成長段階に入るようだ。
ここで3回目のジベ処理をすると、肥大化はさらに進むが、細胞壁を弱体化させ破裂させるリスクもあるようだ。
IMG_20240513_9235




👇は、ミニキュウリのどかなり千成F3である。5株植えてある。
IMG_20240513_4918


昨日は、2本で今日は3本の収穫であった。
IMG_20240513_7516



👇は、ラリーノホワイトF2である。3株植えてある。
IMG_20240513_11410


👇は、ラリーノホワイトとどかなり千成との葉色の比較画像である。
画像手前の黄色い感じの葉が、ラリーノホワイトである。
ラリーノホワイトは、実も黄色いが葉も同じように黄色で柔らかそうな葉である。
木に勢いが着けば、収穫量も増えていくだろう。
IMG_20240513_9919



👇は、メインの第2菜園のそら豆である。強風の時にバッタリと倒伏してしまった。
次の日に19mパイプを利用して起こした。倒伏したことで生育が2段階になってしまった感じである。
IMG_20240513_9591



👇のようにソラマメは、3〜4回の収穫を行っているが、生育にばらつきがあり、少しずつしか収穫できない状況だ。
家庭菜園では、一度にまとめて収穫できるよりも、毎日少しずつ食べられる量を収穫できる方が都合が良い場合も少なくない。
IMG_20240513_8888


👇は、自宅隣の花壇に、鉢事植えてあるバラの花である。
IMG_20240513_12671


1





本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

👇は、花きりの終わったハウスブドウの全体画像である。
かなり葉が茂って来て、ビニールハウスでの苗作りは、終わりに近づいている。
IMG_20240430_26910


👇は、花切りしながら摘房をして、終わった後に枝ごとに房数を記録したものである。

ピオーネの第8枝と第12枝は、古枝から出た長梢を2年かけて育てたので、房数が増えた。
また、巨峰の第1枝と第3枝は、伸ばした長梢が充実してきたため房数が増えた。

1


👇は、ピオーネの花切りが終わった画像である。
3



👇は、巨峰の花切りが終わった画像である。
次は、花が満開になったときにジベ処理を行う予定である。
0109



昨日のユンボさんのコメント
『きのう従兄弟もハウスで、紅アズマの伏せこみ、頂芽を
ハサミで切っていました。
このコメントで、困っていたことが解決できた。

昨年は、芋から直接伸びた蔓をそのまま苗木にした。
その後で3,4節残した蔓から出た脇芽を2番苗、3番苗とした。
そのため、次の苗ができるまで
2,3週間掛かってしまった。
今回は、2,3節残して頂芽をカットすることで、1番苗、2番苗と数日の差で苗が採れることになる。

サツマイモの苗は、頂芽優性の性質があり、脇芽の生長を抑える性質がある。
脇芽を早く成長させるためには、頂芽をカットしてやれば2番苗、3番苗が早く育つ。

👇は、紅はるかの苗床である。
早く苗の欲しい予約者がいるので、そのまま蔓を伸ばしたものと、私が使う分は頂芽カットした。
芋から出た蔓を、半々に育てることにしたわけである。
IMG_20240430_25686


👇は、頂芽をカットしたのと、節から脇芽が出ている画像を撮ったものである。
頂芽をカットすれば、脇芽が早く育ち、茎が太く立派な苗が採れるという事である。
814


👇は、30本ぐらいの蔓が伸びているので、半分の頂芽をカットして、脇芽を早く増やすようにした。
IMG_20240430_25338


👇は、アップルゴーヤ、ゴーヤ、ヘチマを鉢栽培するため植え替えた。この鉢植えの物は、条件の悪い場所に、鉢植えのまま植え付ける予定である。
IMG_20240430_33179


👇は、秘密基地の周りのフェンス際である。
ここには茗荷がたくさん植え付けてある。
このフェンスを利用してヘチマ栽培をしてきた。
ここにヘチマとアップルゴーヤを半分ずつ住み分けて栽培しようと計画した。
茗荷の生長はとても速いので、ヘチマやゴーヤがミョウガにやられないように、場所を確保するためである。
IMG_20240430_33585


手前のフェンスに2か所からヘチマを絡ませ、奥にはアップルゴーヤの棚を作ってある。
IMG_20240430_32805


👇は、昨年も作った場所で、普通のゴーヤを鉢植えにして植え付ける予定である。
連作対策を兼ねている。
IMG_20240430_32379


👇は、土手で篠竹が生えている。
土の状態が悪いので鉢植えにして、ハヤトウリを植え付ける予定である。
IMG_20240430_31994




家の玄関前のタツナミソウ
IMG_20240430_12823



私が育苗したダイソーのミニひまわりが、プランターに移植された。
IMG_20240430_12142



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

↑このページのトップヘ