のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 葉菜類の栽培 > レタス

この時期のレタスの栽培は初めてである。
露地のレタスは寒さで凍みてしまって枯れてしまっている。
ハウス内でのトンネル栽培なら凍みるほどの低温にはならないだろう。
そこで実験してみた。
20200108_075715-2268x3024

ハウス内のトンネルである。
20200108_075745-2268x3024

ハウス奥に玉レタスとミックス野菜を植えてある。
ハウス内の温度は、午前8時の段階で約5度である。
20200108_075857-2268x3024

12月に定植したので、すでに活着し少しずつ育っている。
20200108_075943-2268x3024

同時に、比較的寒さに強い「ちょい辛ミックス4」も育てている。
20200108_080014-2268x3024
 
併せて、露地のトンネル栽培では、育つのかどうかを実験している。
20200108_075413-2268x3024

トンネル内の画像である。手前はレタスで奥にはミックス野菜を植えてある。
20200108_075547-2268x3024

下の画像は、温床のあるハウスで、温床で育苗した苗を常温栽培で寒さに慣らす目的で育てている。
20200108_075326-3024x2268

余った苗をハウス内でプランター栽培をしている。
20200108_075314-2268x3024

ポット栽培の実験
20200108_075319-2268x3024

余っているちょい辛ミックス4
20200108_075332-2268x3024

余ったサラダミックス
20200108_075336-2268x3024

レタスの1~2月どり無加温ハウス栽培における適品種 ... - 茨城県

2

3

本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)

イメージ 5  イメージ 6



  





大先輩がレタスの種を蒔きすぎて、植える所が無かったので、頂いた。

20191113_084431-1620x2160
培養土は、カミサンが花に一度使った物を再生して使っている。篩に掛けてゴロ土をとり出し、根やゴミをすてる。そして残った土に籾殻燻炭を20%ぐらい混ぜてPH調整を兼ねる。さすがに市販された培養土なので水捌けは非常に良い。

20191113_084443-1620x2160
今回から小さな苗の移植用にトングを導入した。
100均で購入したシャレた物だ。

20191113_084601-2160x1620
根が絡んでいて手で分けようとすると苗や根を傷めてしまう。トングを使って苗の耳を引っ張り上げると、綺麗に解れる。根は意外と丈夫である。


20191113_085859-1620x2160
穴を空けた所に1本ずつ落としていって、最後に指で根を穴に押し込み、土を掛けてお仕舞いだ。

20191113_090321-2160x1620
水を掛けたあと、始動した温床にベタ置きして、生長を促進させる。表面温度は30度位になるので、生長は早いと思う。

 

本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)
イメージ 5  イメージ 6

虫食いのキャベツは、第2弾のものである。第1弾は早々と8月の猛暑で溶けてしまっていた。その後植え足したが青虫に食われてしまった。

20190911_083222-1620x2160

第1弾のサニーレタスは、2株ぐらいしか生き残っていない。第2弾は台風でちぎれてしまった。現在は第3弾を植えたばかりである。
20190911_083234-1620x2160

そして、第3弾のキャベツと第2弾の茎ブロッコリーを定植した。
20190911_083244-1620x2160


当方のブログ記事は、リンクフリーにしております。
必要な画像で、引用画像以外はご自由にお持ち帰りください。
ご報告等は、特に必要ありません。(*^。^*)

  2練馬大長尻大根 9-1

↑このページのトップヘ