のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 秘密基地の箱庭の新緑と紅葉

今年の紅葉は今までと明らかに違う。
今までは、紅葉する手前で葉がほとんど散ってしまっていた。
そして赤く紅葉するのではなく茶色になって枯れてしまう。
20191125_082909-1620x2160

今年の紅葉の仕方は、 
緑色→黄緑色→黄色→橙色→紅色
と変化している。通常の紅葉である。
20191125_082926-1620x2160

下の画像はハウチワカエデである。
紅葉すると紅色が綺麗な楓の木である。
今まさに黄緑色→黄色→橙色→紅色と変化している。
20191125_082945-1620x2160

下の画像は同じくハウチワカエデである。
濃黄色、橙色、紅色の混合である。
やがて全部が紅色となって散って行くだろう。
20191125_082939-1620x2160

下の画像はもみじである。
こちらは銘品では無いので紅色がそんなに濃くならない。しかしながら、今ままででは、一番赤く色付いている。

20191125_082956-1620x2160

下はイロハモミジである。
真赤になる品種であるが、今年はたくさんの葉が残っているので楽しみである。
20191125_083000-1620x2160

下はメグスリノキである。
こちらも赤く紅葉する木である。
20191125_083015-1620x2160

こちらはナナカマドである。
北海道や高い山の上のほうでは真赤に紅葉する。
しかしここでは、既に葉は枯れ落ちて一枚も残っていない。
気温が高いせいかもしれない。
20191125_083022-1620x2160

毎年今頃から赤く色づいてくる。
今までは、このハゼの木だけが紅葉していた。
千葉県のどこでも真っ赤に色付く。同じように真っ赤になるものではドウダンツツジがある。
20191125_083042-1620x2160

ニシキギも色づき始めた。
20191125_083034-1620x2160

下の画像は、菜園の隣りにある空き家である。
蔦が絡まって伸びている。
20191125_083116-1620x2160

今年始めて紅葉する蔦を見た。
20191125_083120-1620x2160



 

本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)
イメージ 5  イメージ 6

秘密基地の駐車場の紅葉する箱庭
20191123_152422-2160x1620
今年は比較的葉が落ちないで残っている。問題は、赤く紅葉していくか?



20191123_152431-1620x2160
イロハモミジ


20191123_152442-1620x2160
もみじ

PA261962
一足先に紅葉したハウチワカエデ 現在は散ってしまっている。

20191123_152536-1620x2160
ハウチワカエデ

20191123_152544-1620x2160
カエデ



20191123_152531-1620x2160
ハウチワカエデ

20191123_152549-1620x2160
白木

20191123_152558-1620x2160
ニシキギカマヅミ


20191123_152603-1620x2160
カマヅミ


20191123_152623-1620x2160
白木 大小2本



以下の記事は2012年のものである。7年前の画像だ。秋の紅葉を楽しもうと、真っ赤に色づくもみじを中心に苗木を買い求めた。

秋に紅葉を楽しみたいと思い、畑の駐車場の一角に「紅葉する木」を集めた坪庭風の花壇を作った。
 
 
夏ハゼ シラキ メグスリノキ カエデ もみじ ナナカマド
 
 

 
 下右画像はナナカマド

 
ナナカマドの紅葉
 

 
 
 
 下手前の画像の木は夏ハゼの木
 

 
夏ハゼの紅葉
 
 
 
 


ナナカマド
 
カマド(竃)に7回くべても燃え残る ほど材が堅いことが名前の由来と言われている。
 
備長炭の材料として火力も強く火持ちも良いので作られた炭は極上品とされている。
 
秋にはあざやかに紅葉し、赤い実を成らせる。実は鳥類の食用となる。果実酒にも利用できる。
 

 
ジョイフル本田で購入した。
さほどの大きさではないが4000円ほどの値段であった。
高木になる木であるが成長は遅いと言うことで、小さな苗木では育ちにくいようだ。
 
もみじ
銘品である。

 
こちらは1480円の値段である。
 
もみじは昨年は通販でまとめて10本ほど購入したが、成長過程で草と虫にやられて、葉がほとんど枯れてしまって、紅葉しなかった。
 

 
このような状態である。
イロハモミジであるが、これが一番良い状態である。
大失敗の1年であった。
 
シラキ

 昨年度購入したシラキ
残念ながら葉っぱの数が少ない。
色はうまく紅葉したようだ。
 
 
ハゼ
 

 
こちらは実生のハゼの木である。
一鉢450円でお花屋さんにあった。
二鉢買った。

本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)
イメージ 5  イメージ 6

朝の収穫
ジャンボピーマン、万願寺、バナナペッパー、紫とうがらし、伏見甘長唐辛子

explorer


カボチャ冬瓜、ヘチマ、十角ヘチマ、ゴーヤ
20191009_074843-2160x1620


秋の長なす
プリンター






本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)
イメージ 5  イメージ 6

秋の紅葉を楽しむ『ハゼの木』を選定した。 BEFOUR
20190808_082719-2160x1620




風通し良くさっぱりと剪定した。 AFTER

20190808_083420-2160x1620



秘密基地の駐車場に、秋に紅葉を楽しもうと真っ赤に紅葉する木を植えた。
画像のハゼの木は毎年真っ赤に紅葉してくれる。
しかしながら、成長の勢いが良くて毎年周りに迷惑を掛けるぐらいに広がって、日照をさえぎってしまう。
そのため毎年、剪定している感じである、


今日もポチッと、投票お願いします

  2練馬大長尻大根 9-1

秘密基地の駐車場に小さな庭園を造った。
それは、秋に紅葉を楽しむ箱庭だった。

しかし、一向に紅葉する様子は無かった。
葉が虫に食われたり、紅葉する前に枯れて落ちてしまった。

しかし、春になると奇麗な淡い緑色の葉が展開する。
こちらは、毎年期待を裏切ることは無い。



20190430_154858






下の画像の大きなほうの木は、メグスリノ木である。
そして左側は、シラキと云う秋に真っ赤に紅葉する木である。


20190430_154907







下の2本の木は、どちらもハウチワカエデある。
この葉が秋に全部真っ赤に紅葉したら、どんなにか奇麗であろう。
しかし、残念ながら毎年期待しては、裏切られてしまっている。


20190430_154917





下の3本の木は、すべてモミジである。
どれかはイロカモミジであるが、忘れてしまった。
イロハモミジの紅葉は、京都の嵐山が有名である。


20190430_154931







20190430_154943





真ん中の背の高い木は、ナナカマドであるが一度も紅葉したことは無い。
東北地方や北海道では、秋に真っ赤に紅葉する木である。


20190430_155021







本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*)


イメージ 5  イメージ 6




↑このページのトップヘ