のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: のじさんと愉快な仲間たち

人生100年時代、ひとり老後を楽しむには?

ひとり老後を楽しむ本』の作者の保坂隆さんは、『ひとり』に拘っている。

いずれは、ひとりになる。

その自覚が必要だとは、思う。

「子はかすがい」と云う言葉がある。

 

子どもがいてもいなくとも、夫婦の在り方や人生の生き方は、あまり関係ないと思う。子どもがいても別れてしまう夫婦は、子どもに気持ちが行きすぎて、夫婦間での思いやりや我慢が出来なかったためかもしれない。

 

いずれは、夫婦だけになり、やがて一人となる。

 

私たち夫婦は、子どもが出来なかったので、いつも話し合ってきたことがある。

 

それは『「人」と云う字のように、お互いが支え合って生きていこう。』と云うことの反対の生き方である。

 

お互いが支え合っていて、片方が倒れたら、つっかいぼうが無くなって、共倒れしてしまう。

  

二本のまっすぐな棒が、平行に立っているような生き方をしよう。』

 

これが、私たち夫婦のたどり着いた生き方である。

 

お互いが、ひとりでも、楽しく生きて行けるように、普段からそれぞれが自立した生き方をしようということだ。

 

互いの趣味や楽しみを大事にして、邪魔をしない。

 

それでいて、いつでも互いに関心を示すことは忘れない。

ホーム画面エクスブローラー141111


妻の趣味の一つの花壇つくり


 

それが、人生を楽しく生きる秘訣かも知れないと。

 

保坂隆さんの『一人暮らしを楽しむためのポイント』をヒントに、自分たちに当てはまることを考えてみた。

 

◎金持ちではなく、友達持ちになる

 

これは大事だと思う。私も妻も友達を大事にしている。

 

いざという時の準備をする(遺言書、葬式など)

 

これは、すでに済ませてある。互いに遺言書を書いてしまってある。

 

日常生活の時間割を作る

 

時間割はないが、やることは決まっている。

 

生活にメリハリを付ける

 

考えるまでもない。毎日を生きていることで、そのままメリハリになっている。

 

家事をやる(料理、掃除、洗濯など)

 

これは、妻しかできない。一人になってからでも覚えられそうだと考えている。

 

運動と食事を大事にして健康に注意をする

 

運動が好きではないので、労働でそれを補っている。

 

生きがいを持つ(趣味、仕事、スポーツなど)

 

毎日のやることは、生きがいしかない。

  

ホーム画面


野菜作りは生きがいになっている。一番の相棒がこの耕耘機である。


学ぶ(大学や資格など)

 

常に新しいこと、やってみたいことを勉強している。

そして、そく実践している。

 

人を助ける(ボランティア活動など)

 

余った野菜を、そこらじゅうにおすそ分けしている。

 

SNSで世界を広げる

 

ブログを毎日、欠かさず書いている。

しかも記事は3つ以上書くことにしている。

  

地域デビューをする

 

早期退職して、最初に取り組んだのが地域との交流であった。

 

頑張り過ぎず、頼み上手になる

 

これは、妻には勝てない。

しかし、秘密基地では相棒と友人を頼りにしている。

 

やりたいことをリストにして実行する

 

やりたいことが山ほどあって、順位を付ける余裕が無い。

行き当たりばったりで、忙しい毎日を送っている。

 

脳トレをする

 

特にトレーニングしなくとも、常に課題にぶつかり、ブログで直接教えてもらったりして、頭を酷使している。

大概のことはグーグルに聞いて理解している。

ホーム画面エクスブローラー14


妻の学習塾 66歳未だ現役だ。


 

他人と会話をする

 

会話をするために、賃金の安い会社でパートの仕事をしている。

友達は、多くは現役の労働者で、休日しか遊んでもらえない。

ホーム画面エクスブローラー1411
秘密基地では、金魚飼育の会を開いている。



 

民生委員とよい関係を築く

 

民生委員は知らない。

 

だけど、民生委員にお世話になっている人が、隣に住んでいる。

 

毎週、彼に食べきれないほどの野菜を届けている。

 

かかりつけの病院をつくる

 

私たち夫婦が行くと、喜んで高い薬を出してくれる妻の教え子の先生がいる。

内科と皮膚科と歯科のかかりつけの個人病院がある。

 

いざという時、頼める人を作る

もう30年以上も、家庭菜園を一緒にやっている6つ年下の友人がいる。
頼もしい友人である。

プリンター


冬場に、友人とその教え子が秘密基地に、子供連れで遊びに来た。


ホーム画面エクスブローラー14111


3つ先輩の相棒は、小屋作りの達人だ。



高齢者のための公的制度を知る

 

これから勉強して理解していくつもりである。 

 

頼める人がいない時は後見人制度(役所、民間)などを利用

 

必要なら利用しようと思っている。 

 

困ったら、市役所などに相談

 

困ったときは、近所の市議会議員に相談している。

良く働く議員である。

 

マイナス思考にならずプラス思考になる

 

生まれた時から、済んでしまったことを後悔したためしがない。

失敗したことは、全部忘れることにしている。

失くしたものは、すぐに諦め、新しいものを買ってすぐに穴埋めしている。

 

そのためのお金をバイトして稼いでいる。

 エクスブロラーエラー
私の会社での愛車 フォークリフト

 

定年してから、定年後のことを考えては、遅すぎる。

 

自覚をしたその時から考えて、そのためのスキルを身に着けることが大事だと思う。

 

10年後に、元気で動けているかどうかを想像し、不安があればその対処を実践することだと考える。

 

 

 

 

66歳で亡くなった大杉さん。

急性心不全だったという。

血圧やコレステロール値は、どうだっただろうか?

仕事に忙しくて、健康第一の生活をしていなかったのだろうと思う。

もっともっといい仕事が出来たと思う。

 

92歳まで、忙しく生きた森光子さんのように、健康でいてほしかった。

日本は、人生100歳の時代になっている。


 当方のブログ記事は、リンクフリーにしております。

必要な画像で、引用画像以外はご自由にお持ち帰りください。
ご報告等は、特に必要ありません。(*^。^*)

  2練馬大長尻大根 

 カミサンが『塾生から天気の子を観た?って何度も聞かれるので、観に行こう』と誘われて、付き合った。
ここ2,3年は、映画を見ていない。前は2か月に1回ぐらいの割合で、観に行っていた。
ジブリのアニメはほとんど観た。
子どもでもわかるぐらいの映画が良い。


20190813_204116


「あの光の中に、行ってみたかった」 高1の夏。
離島から家出し、東京にやってきた帆高。
しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。
彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。
そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。
ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らす少女・陽菜。…

20190813_204133




20190813_204156




20190813_204204



20190813_204242


 
『天気の子』の深すぎる「10」の盲点

もくじ

1:帆高の家出の理由が描かれていない理由とは?そのキャラクター性を肯定したい理由とは?
2:小学生なのにモテモテの凪はとっても良い子!“紹介の仕方”を姉から学んでいた?
3:陽菜が実は“わかっていたこと”とは?ラブホテルでの食事が示していたこととは?
4:須賀はなぜ泣いた?水浸しになってしまうのに窓を開けた理由とは?
5:陽菜と帆高それぞれの“年齢”へのこだわりでわかることとは?“呼び捨て”にも重要な意味があった?
6:テッシー、さやちん、四葉はどこにいた?
7:陽菜のチョーカーと、誕生日プレゼントの指輪が意味していたものとは?
8:天気と人間の関係性の変化が“お花見”の話題で示されていた!
9:帆高が卒業式で歌うのをやめた理由とは?
10:ラストシーンは解釈が分かれる?


ポチッと、投票お願いします

  2練馬大長尻大根 9-1

年に1、2度の飲み会が、昨晩開かれた。

現役の教員時代は、何かにつけて飲み会に参加していた。

10年ぐらい前に退職してからは、飲み会に参加することは無くなった。

唯一、この会だけは、参加している。

それは、この会が部活動大好き人間の指導者の会だからである。

20190622_192424-2160x1620


 

陸上競技でたくさんのこども達を関東大会や全国大会に出場させた先生の会である。

そして、この会には約束事がある。

自分の地位がどんなであっても、唯一褒められるのは、自分の教え子を大きな大会で優勝させたりした場合である。 

20190622_182939-1620x2160


だから、私のように退職してしまった者や校長のように出世してしまった者は、褒められることはない。

昨晩は、唯一今年定年になった男の慰労の言葉が開式言葉の時にあった。『○○先生、長い間のご勤務大変お疲れ様でした。』と。

それだけである。 

20190622_183004-2160x1620


最近は、現役の指導者が少なくなってしまった。

みんな年をとって偉くなってしまったからだ。

そこで、仲間の教え子で先生になった者や将来有望な若い指導者を仲間に誘うと言うことになった。もちろん、何か実績を残したものであることが条件である。

 

20190622_182946-1620x2160


しかし、この会は実績を残した者が自慢して威張る会ではない。

むしろその逆で、少しぐらいの実績で天狗になってはいけないというのを戒める会でもある。 

20190622_182942-1620x2160


若い時は、優秀な子供と出会っていい成績を残した時など、さも自分が優秀な指導者だと勘違いして、陰で悪口を言われていることに気が付かないことが多々ある。

20190622_195554-1620x2160



よくテレビなどで、どこぞの監督が体罰をしたとか、選手たちに無理難題を押し付けているような批判を見聞きすることがある。 

20190622_183544-1620x2160


そのような監督は往々にして、大した指導者でもないのに勘違いしている場合がほとんどだ。

将来性のある優秀な若い指導者を、大事にすることとはほめて甘やかすことではない。先輩として後姿を見せながら、謙虚な姿勢を育てることでもある。

 

20190622_192148-1620x2160


そうすれば、若い指導者は職場でも大事にされ、ちゃんと重要な立場に抜擢され成長していくものである。

とにかく、楽しい会になっているようだ。 

20190622_192803-1620x2160


とかく現実の学校現場では、様々な問題が起こり、ストレスの多い毎日であるだろう。

学校現場から委員会などに転勤して、議会などの答弁で神経をすり減らしている者もいる。

そのような日常のストレスを発散できる雰囲気を大事している。 

20190622_193052-1620x2160


指導者のメンバーは、小学校の先生から中学校、高校までいる。

女性も2人参加している。

 

20190622_192603-1620x2160


飲み会に参加しているメンバーは156人ほどいるが、全員が参加できるとは限らない。休日と云えども仕事があれば遅れて参加したり、欠席したりする。今回も4人ほど仕事の都合で欠席していた。

20190622_183025-1620x2160



今日もポチッと、投票お願いします

 2練馬大長尻大根 9-1



以下は、過去の記事である。

『ただいまダイエット中 厳しい。

2019/02/0918:58


一日の運動量が少ないようだ。
万歩計で、1日平均5000歩ぐらい。それも朝、畑で3000歩。会社ではフォークに乗っているだけで、2000歩にもならない。
かろうじて休日に畑で9000歩ぐらいだが、今回は雪でダメだろう。
イメージ 1

≪ある日の一日のメニュー≫
朝食(納豆1パック+キムチ、ウインナ5個、目玉焼き、沢庵3切れ、白菜漬物少々、お茶)

主食の納豆 1パック
イメージ 2

ウインナと目玉焼き
イメージ 3

白菜漬物と沢庵
イメージ 4 イメージ 5 

緑茶
イメージ 6


昼食(おにぎりの半分の量のご飯、から揚げ2個、ミニハンバーグ2個、シシトウ、インスタントみそ汁)
梅干しの大きさから、ご飯の量の少なさがわかる。
イメージ 7


味噌汁はインスタント。
イメージ 8

夕食(カツ200g、キャベツ、ほうれん草お浸し、沢庵3切れ、白菜漬物少々、お茶)
カツとキャベツ
イメージ 9

白菜漬物           ほうれん草 
 イメージ 10   イメージ 11
                

緑茶
イメージ 12


2018年の9月には、77㎏になってしまった。
身長は172㎝なので、お医者さんには、65㎏ぐらいに落としなさいと指導された。
自分でも、人生の新記録を更新していたので、さすがに80㎏が見えてしまって、落ち込んだ。
それで、炭水化物ダイエットに挑戦した。
10月と11月の2か月で、72.5㎏まで落とせた。約5㎏の減量成功だった。

しかし、12月は変化なし。1月には73㎏に戻ってしまった。
それで、2月に入ってさらに、3食とも限界まで量とカロリーを落とした。
体重は、現在71.5㎏に減量成功し、維持している。
目標は、69.0㎏である。』

3月は69.9㎏の数字が1日だけ見られた。
しかし70,5㎏ぐらいが平均だった。

4月は69,8kgを1日だけ記録した。
しかし、平均はやはり70,5㎏ぐらいであった。
しかしながら、体重は変わらなかったが腹が凹んできた。
体脂肪が減ってきたのだろう。
3月の時は、体形は全く変わらなかった感じだった。

そして、5月に入ると69㎏台が3,4日記録した。
しかし、平均すると70㎏台がほとんどだった。
ただ、お腹がすくようになってきた。
前までは、蓄えた内臓脂肪で持っていたのかもしれない。

6月に入って、今日の体重は70,4㎏である。

本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*) 



イメージ 5 イメージ 6

本日は、私の住む街で教え子たちとの楽しいひと時を過ごした。
中学時代の女子陸上部員たちとの5年ぶりの会であった。
場所は『
魚菜|瀬がわ』であった。

彼女たちが中学を卒業して30年以上が経つ。
私が彼女たちに出会った時の親たちの年齢を上回っているはずだ。

しかしながら、私の中にある彼女たちの姿は、中学生時代のまま残っている。
結婚して、子どもを産み、育て、すでに社会人となっている子を持つ者もいる。

字の得意な教え子が、みんなに昔の名前のサインを求めていた。

私が、みなの名前を思い出すようにとの思いやりかも知れない。



img_0_m


忘れるはずのない、彼女たちの中学時代の記憶である。

全国大会記録と彼女たちのベスト記録
 
①染谷早苗 女 湖北中 1984  三年百米 全国1位 12"19  二百米 全国3位 25"4  
②大野香織 女 湖北中 1984  ハードル 全国準決 15"33  
③田中真理子 女 湖北中 1984  ハードル 全国5位 14"83  
④川越靖子 女 湖北中 1984  二年百米 全国出場 12"5  
⑤江川由紀 女 湖北中 1984  三種A 全国出場 2821点  
⑥小嶋かえで 女 湖北中 1984  三種B 全国8位 3078点 全日通1位 
⑦村上敦子 女 湖北中 1984  砲丸投 全国5位 14m35 全日通5位 
⑧藤掛直子 女 湖北中 1984  三年百米 全国出場 12"4  
⑨茂木祐子 女 湖北中 1984  三種B 全国出場 2852点
⑩花島 孝 男 湖北中 1984  二年百米 全国出場 11"6
 




8


7


6


5


4


3


2


524 10:42 ·
  📺526()晩9時~テレビ東京
    所さんのそこんトコロ
に、下記の看板で放映が決まりした。

イメージ 1

 印西のジョイフル本田で、看板のための○○を大量に買っておりましたところ手描きの看板は珍しいということになり、取材が決まりました。

イメージ 2

ですが、そこからが大変っっっ💦
実在するお店で天然木を使ったお店を探すことから始めました☺💦
そして、地元の我孫子市湖北にあります「瀬がわ」さんに、直に伺い、想いを伝えたところ🆗とのこと


3年前に、親方と息子さんの若大将で営むこのお店が偉く大好きになり、現在は若大将お一人でお店を切り盛り、、、
なんとか、お力になれないか?
こう言うお店にこそ、続いて戴けたら!
シャッターストリートの多いなか、とっても頑張っているお店さん。
想いとは裏腹に
ハプニングにも見舞われ、眠れない一週間。
一生で初めての経験ばかりでした。
ですが、周囲のご協力や助言のお陰さまで無事、🌿我孫子で初の木製看板🌿をお届け出来ました☺✨✨
イメージ 6

取材にきて下さったロケ班の方々、一日がかりでお世話になりました。
皆さんのお陰さまで出来ました取材ロケ。
宜しかったら観てください。
書道十段手描きイラストレーター ゆり』


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 7


イメージ 8




本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*) 

イメージ 5 イメージ 6



↑このページのトップヘ