のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 果菜類の栽培 > トウモロコシ

👇は、トウモロコシハウスである。
ハクビシン対策で防虫ネットハウスにした。ハクビシンは、高い所に登ったりするのは得意であるが、穴を掘ったりはしない。また防虫ネットの近くにトウモロコシがあれば、ネットの上から齧ることはある。昨年、隣の大先輩のトウモロコシを防獣ネットで両側から挟みつけて置いたら、その防獣ネット越しにトウモロコシを齧ってあった。
トウモロコシとネットの間は空けてある。

20220501_082913_copy_2016x1512

第1弾が大きくなってきたので、トンネルを外した。そして両袖を閉じる作業に取り掛かった。
20220501_083802_copy_2016x1512


防虫ネットを取り付けやすくするために、ビニペットを設置して置いたので、さほどの時間がかからずに取り付けることが出来た。
20220501_092339_copy_2016x1512


ネットの裾はピンで何か所も止めた後に、土を掛けた。
20220501_091950_copy_1512x2016

👇は、反対側からの全体画像である。台風の時期になったら、ミニハウスのように竹で内側に筋交いを何本か準備する予定である。まだ、出入り口を準備していない。さてどうしようか。
20220501_100622_copy_2016x1512

本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村 
 

トウモロコシの第2弾を定植した。
20220422_143417_copy_2268x3024


まだ、気温が安定しないのでビニトンに切り替えた。
20220422_143427_copy_2268x3024


防寒キャップは20個しか無いので取り外した。
20220422_143440_copy_2268x3024


第3弾を植える頃には、卜ンネルを外せるだろう。
20220422_145628_copy_2268x3024




本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村    

トウモロコシのハクビシン対策に、キュウリパイプを利用してミニハウスを作った。全体を防虫ネットで囲ってしまえば、ハクビシンは入り込めないはずだ。ブドウハウスもハクビシンが侵入できないようにして、栽培したらうまく行った。
20220410_140316_copy_3024x2268

防虫ネットは、幅2100㎜を使った。妻面はパッカーで止めた。
20220410_134630_copy_2268x3024

袖を採寸して切って、イメージを確認した。第1弾のトウモロコシに花が咲いた頃に、袖を取り付ける予定である。それまでは、天井のネットだけを張っておくことにした。
20220410_134611_copy_3024x2268



👇は、第1菜園のミニハウスである。ここではトマトの水ストレス栽培を行う予定である。1年目は、疫病が入って全滅させてしまった。2年目は垂直仕立て栽培を行ったが、量は採れたが葉でハウスがいっぱいになってしまった。昨年は、うまく行ったが最初から水を辛くしすぎて、実が小さかった。
20220410_144020_copy_2268x3024


昨年の夏から一度も水を掛けていないため、土がカラカラになっていたので、水をたっぷりと掛けた。トマトの定植は4月下旬からになるので、それまでに土づくりをして置くことにした。
20220410_144029_copy_2268x3024


👇は、市販されているアンジェレである。糖度は、冬場でも10度以上あるとても甘いミニトマトである。種を採って育てたら、固定種のようで親と同じものが出来た。しかし、普通栽培では、糖度は普通のミニトマトと同じである。昨年、このミニハウスで水ストレス栽培をしたら同度が14度を記録した。食べてみたら、苦くて美味しくなかった。水を切りすぎて、水分がほとんどないトマトだったので、苦みが出てしまったのかもしれない。
1640418934757



ここからは、昨年度の画像となります。
👇は、水ストレス栽培をするために、外からの水の浸水を防ぐために、厚めのビニールでトマトの根域を制限することにした。
1641034157808

👇は、ビニールハウスで使った厚めのビニールである。ミニハウスの3分の2をトマト栽培に使った。
1641034157838

溝を掘り出した土をビニールの上に埋め戻した。
1641034157891


👇が、トマトの水ストレス栽培をする圃場である。
1641034158498


👇は、昨年度の栽培の画像である。
1641034159324

👇は、中玉トマトのフルティカである。やや小さめであったが糖度は10度を記録し、味もとても甘くて美味しかった。すこぶる評判が良かった。
1641034158817


👇は、フルティカとピッコラルージュを収穫して、家に持ち帰ってカミさんにプレゼントしたものだった。ピッコラルージュは糖度が12度あったが、マイクロトマトのようだったので食べなかった。
今年のポイントは、初期栽培は普通の水遣りをして、健康な実を育てるようにする。そして、ある程度実の大きさが確定してから、徐々に水ストレス栽培にしていこうと考えている。
1641034159116



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
 

👇は、ビニペットをジョイントで止めて、いつでも防虫ネットを張る準備が完成した。
後は、トウモロコシの花が咲くころに、ハクビシン対策の防虫ネットを全面に取り付ける作業を行う。トウモロコシの苗を定植するために、マルチをした。

20220402_131429_copy_2268x3024


暴風対策で、アンカーとマイカ線で防虫ネットを抑えるために、天井を直管パイプで補強した。幅2100の防虫ネット3枚をビニペットで止める予定である。
20220402_131443_copy_2268x3024


👇は、購入した資材 ビニペット、ジョイント、スプリング
1641034157808





トウモロコシ苗の定植 ➡転載元 やまむファーム
『植え付け ポットまきから3〜4週間、草丈15cm程度で畑に定植します。 (根を切らないように注意しながら、)ポットをはずして1本ずつに分けたら、株間30cmで2列植えにし、たっぷりと水をやります。 トウモロコシは風媒花で、雄花の花粉が風によって運ばれ、雌花について受粉します。』



👇は、トレペ芯を使って育苗したトウモロコシの苗である。品種は、ゴールドラッシュ。ゴールドラッシュは、サカタのタネが品種改良したスイートコーンである。皮が薄くてやわらかく、粒が大きくとても甘いとうもろこしという事である。
20220402_131805_copy_2268x3024


根がたくさん出ている。トレペ芯での育苗は、そのまま植え付けることができるので、根を痛めないで定植が出来ることである。
 20220402_131913_copy_2268x3024

👇が植え付けの済んだ苗である。
20220402_132857_copy_2268x3024


👇は、第1弾の定植苗である。約20株植え付けた。時期をずらして第3段まで作付けする予定である。
20220402_132906_copy_2268x3024


まだ、寒い日があるので、防寒キャップで保温した。
20220402_135558_copy_2268x3024


👇は、斜め横から見た畝全体の画像である。
20220402_144155_copy_2268x3024

今年度のズラシ栽培のタイムテーブル
第1弾 播種 3月13日(温床)
     発芽 3月17日
     定植 4月2日
  収穫予定日 6月5日(播種後84日で計算)

第2弾 播種 4月3日(温床)
収穫予定日 6月26日(播種後84日で計算)
第3弾 播種  4月18日~23日(直播)収穫予定日   7月11日~(播種後84日で計算)



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 


👇は、前日ハクビシン対策のために準備した支柱である。防虫ネットを張るのは、トウモロコシを定植して、ある程度大きくなったころである。現在は、作業しやすく支柱だけ準備してある。
20220325_084622_copy_2268x3024



👇は、何時も参考にしている「畑の倉庫」の野菜の施肥量である。この施肥量を参考にして、硫安、過リン酸石灰、硫酸カリを計算して、施肥している。

IMG_20220325_084120


👇は、基肥と追肥の施肥量を記入して、圃場の広さを打ち込めば、施肥量が計算できるようにエクセルで作った表である。今回は、N1200g+P1300g+K500gを基肥に蒔いた。
追肥は、5月にN400g+K150gを施肥する予定である。
IMG_20220325_084400


👇は、N1200g+P1300g+K500gの施肥が終わった画像である。
20220326_145320_copy_2268x3024


👇は、3種類の単肥を別々に撒いた拡大画像である。最初に粒の小さな硫安を撒いて、次に粒の大きなリンとカリ肥料を混ぜて撒いた。
20220326_145329_copy_2268x3024


畝の幅が140㎝なので、管理機で往復するとちょうど均すことができる。
20220326_145742_copy_2268x3024


管理機で2往復、耕した。
20220326_150257_copy_2268x3024


👇は、温床で育苗しているスイートコーンである。
3月13日に播種して、約2週間目の現在5㎝ぐらいである。あと10日ぐらい経った時が定植日である。
20220326_150509_copy_2268x3024

トウモロコシ苗の定植 ➡転載元 やまむファーム
『植え付け ポットまきから3〜4週間、草丈15cm程度で畑に定植します。 (根を切らないように注意しながら、)ポットをはずして1本ずつに分けたら、株間30cmで2列植えにし、たっぷりと水をやります。 トウモロコシは風媒花で、雄花の花粉が風によって運ばれ、雌花について受粉します。』

 

本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村    

↑このページのトップヘ