のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 果樹栽培

ミカンの新葉は、春先と夏から秋に掛けて出る。一般的には、秋葉は邪魔になるので、根元から剪定しまうほうが良いと言われている。
しかし我が家のミカンは、3、4年前からソウカビョウに罹ってしまって、葉がまともに育っていない。そこで、秋葉を伸ばすことにした。

すると坊っちゃんかぼちゃさんから『残すのなら、ハモグリバエの防除
をしたほうが良い。』とのアドバイスを貰った。

最初は、何を言っているのか理解できなかった。ハモグリバエは、知っていたが、他の野菜では、さほど気にするような被害にはならないので、ほとんど無視してきた。また、ミカンの秋葉は、今まですべてカットしていたので、ハモグリバエが入ることは知らなかった。

しかし、気になって次の朝、新葉を見て驚いた。
全ての新葉に、ハモグリバエが浸入していた。こんなことがあるのだろうかと、これでは葉が全滅してしまう。

慌てて、ハモグリバエに効くダントツ水溶剤を散布した。浸透性なので、潜りこんだ幼虫も退治できる。

👇の画像の葉で、ハモグリバエに入られた葉が何枚かある。
1


下の画像は、消毒後に出た葉でハモグリバエに入られた様子は見られない。葉の形が左右対称でないのは、ソウカビョウの後遺症かもしれない。これは、前から出ているので酷い葉だけカットしている。
20210830_075253_copy_2268x3024



2


👇の葉も、ハモグリバエにも入られていない感じで、綺麗な葉である。ソウカビョウに罹っている葉と罹って無い葉が混在している。
春に出た新葉は、ほとんどの葉がソウカビョウに罹っていて、左右非対称の奇形葉であった。
20210830_075302_copy_2268x3024


最初に出た葉は、ハモグリバエに入られてしまったが、その後、消毒してから出てきた葉は、綺麗な葉になっている
このまま、来春まで綺麗な葉で生き残ってくれれば、来年はたくさんの実が着くはずである。
20210830_075310_copy_2268x3024



20210830_075314_copy_2268x3024



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 

3回目の収穫をした。
我が家のぶどうは、ばらばらに色付いている。
なので、全体としてはゆっくりと熟している、という感じである。
これは、家庭菜園にとっては、とてもラッキーなことだと思っている。
長い期間収穫を楽しむことが、出来るからだ。
20210819_085001_copy_2268x3024


👇は、入り口の所に生っている、ぶどうの房である。
環境的に条件が良かったのか、大粒で形の良い房である。
20210819_084327_copy_2268x3024


👇は、ハウス内で比較的に熟成が進んでいる箇所の、ブドウの房である。
20210819_084339_copy_2268x3024


👇は、まだ青いのが残るブドウの房である。
20210819_084351_copy_2268x3024


👇は、半々というところか。
20210819_084404_copy_2268x3024



👇は、ハウスサイドの空気を取り入れる場所である。冬にハクビシン対策で、巻き上げが錆びて壊れていたので、閉じてしまったものだ。その結果、熱がこもり天井に近い所の、枝と葉がかなり枯れてしまった。
20210819_084458_copy_2268x3024


👇が、入り口の妻面の上部の画像である。
反対の西側の妻面は、すでに4角形の赤線の部分に防虫ネットを張って、ビニールを外して熱を逃がしている。
そのため、上部の葉の枯れこみは止まった。

今年の冬場には、上記のハウスサイドの巻き上げを設置したり、👇の入口の妻面の上部を西側同様に、防虫ネットを張って、夏場はビニールを外せるように作る計画である。

2


ハクビシンにブドウを食べれるまでは、夏になるとハウスは、左右のハウス側面や西側の妻面は、ビニールを外して風通しを良くしたので、ブドウの枝や葉が枯れる事は無かった。しかし、その年の冬にハウス内に、ハクビシンが入り込めないように、ガチガチに補修してしまった。

去年の夏から、だんだん上部の枝が増えてきたこともあって、枯れる枝や葉が出た。それで屋根に寒冷紗を3枚ほど掛けて防いでいた。
今年は、さらに枝を伸ばしたこともあって、天井付近に枝が伸びていた。それらが一度に枯れてしまった。



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1


 

ミカンは春先と今頃に新葉が出て来る。
来年の花芽は春に出た枝に出るので、秋の新葉は根本から切りとるのが良いとある。

しかし私の所のみかんは特殊事情で、秋の新葉を全部残すことにした。

👇の画像は、花が咲いた時の画像である。満開である。今年は豊作だろうと喜んだ。
しかし、それはぬか喜びだったことがやがて分かった。受粉することなくすべての花が落ちてしまった。

画像をよく見てみると、大きな葉が無いことに気が付くだろう。去年の葉が無いのである。
2月ごろまでは、葉がたくさん着いていたが何らかの原因で、葉がすべて枯れ落ちてしまった。

1


花の後から新葉がでて、伸びてきた葉を見て驚いた。
ほとんど全部が、ソウカビョウの特徴の変形した葉の形だった。さらには、葉の裏側が茶色になって枯れていく葉があった。仕方がないので、異常な葉は、ほとんど切り落とした。

そして、今回の記事は、最近伸びてきた秋の新葉について、どうするかというものである。
20210818_085158_copy_2268x3024


👇の葉が、今出ている新葉である。形が正常で綺麗な葉である。普通の状態であれば、春の新葉をのこして、秋の新葉は根元から切り下すか、半分ぐらいで切り落とす方が良いとされている。
しかし、今年はとにかく綺麗な葉をできるだけ残すようにしたい。
20210818_085209_copy_2268x3024


みかんの木は3本あるが、今年はみかんが生っていない。
👇の木は、2番目に大きな木であるが、同じように秋の新葉が伸びている。
20210818_085222_copy_2268x3024


新葉を見ても大きくて形が正常である。春先の消毒が効いたのか、葉にソウカビョウの特徴が出ていない。ソウカビョウに罹っている葉は、凸凹だったり左右対称ではない。下の葉の形は正常な形がほとんどである。何枚かは左右対称ではないものもある。
20210818_085230_copy_2268x3024



👇は、一番大きなミカンの木である。もちろんこの木にもミカンはなっていない。
20210818_085239_copy_2268x3024

新葉は、やはり大きな葉で、綺麗な正常な葉の形である。来年たとえミカンが生らなくとも、この綺麗な葉を全部切り落としてしまうことはできない。
20210818_085248_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 

2回目のブドウの収穫をした。
収穫できるものが5房だけであった。後は、何日か経たないと熟さない感じだ。

20210812_104747_copy_2268x3024



👇のように、まだ真っ青な房もある。
20210812_104927_copy_2268x3024


👇は、ようやく色づきが始まった感じだ。
20210812_104937_copy_2268x3024


👇は、半分以上が色づいた房である。
20210812_104959_copy_2268x3024


👇が、次に収穫できる房のブドウである。4,5日かかるだろう。
20210812_105024_copy_2268x3024


👇が、全体の感じである。専門農家のブドウ畑のように、一斉には同じように色づかない。
ブドウの木の全体の力が、全部の房を一斉に熟すことのできる能力では無いということだろう。
つまり、残す房数が多すぎているということだろう。
20210812_105036_copy_2268x3024
 

前回の記事へ 


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

ブドウは、収穫まではもう少し紫色が濃くなってからのほうが甘いのであるが、待ちきれず試し採りをした。色が乗っている4房の収穫である。

20210807_151908_copy_2268x3024


左側の房は紫色になっているので、右側の房よりも甘いはずである。
1


一番甘そうなブドウの粒の糖度を測った。16度ぐらいであった。
これからがさらに糖度が上がってくるだろうから、もう少しの我慢である。
IMG_20210807_182827



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1
 

↑このページのトップヘ