のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 果樹栽培

👇は、ブドウハウス前のミニ菜園のミカンである。
ミカンの木は、全部で3本ある。こちらは、2番目に大きなミカンの木である
20220921_155524_copy_2268x3024


昨年は、全部で10個ぐらいしか生らなかったが、今年はその何倍も生っている。
20220921_155529_copy_2268x3024


ただ一度も摘果作業をしていないので、本調子ではなさそうである。
3年前に豊作だった時は、小さいうちに半分ぐらい摘果した。
20220921_155537_copy_2268x3024


👇は、反対側から撮った画像である。
摘果をしなかったのに、バランスよく実が生っている感じだ。
20220921_155602_copy_2268x3024


👇は、ハウス前の一番大きなミカンの木である。
こちらも、摘果作業はしなかった。
木が大きいので、たくさん生っているがバランスよく実が付いている感じだ。
20220921_155622_copy_3024x2268


他のミカンの木の実と比べて、最初は一回り小さかった。
ここに来て、他の木のミカンに追いついてきたようだ。
20220921_155640_copy_2268x3024



👇の画像は、ブドウハウスのすぐ前の枝である。
ブルーの箱は、道具入れのために置いてある冷蔵庫の壊れたものである。
白色は、目立つのでブルーに塗った。
20220921_155711_copy_2268x3024


今年のミカンは、ソウカビョウにも余り罹って無くて、綺麗な肌である。
20220921_155716_copy_2268x3024


春先に新葉が展開した時に、ミカンハモグリガを退治するために、2回ほどダントツ水溶剤で消毒をした。
20220921_155751_copy_2268x3024



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村

天気が良かったので、気になっていたブドウハウスの前のミニ果樹園とミョウガの畝の除草作業を行った。
👇は、通路から正面のブドウハウスに入っていく通り道である。
両側には、ミカンやブルーベリーがあるミニ果樹園である。
20220910_104753_copy_2268x3024


今年は、ミカンが豊作である。
20220910_104805_copy_2268x3024


👇は、種無し金冠である。こちらは、今日剪定をして2年目なので実の生りが少ない。
20220910_104815_copy_2268x3024


👇は、ブルーベリーのコーナーである。大きな木が3本ある。
今年は3.4㎏の収穫があり、ジャムを作った。
20220910_104826_copy_2268x3024


👇は、ブドウハウスの中である。中がごちゃごちゃに散らかっているので、近々片づける予定である。
20220910_104838_copy_2268x3024

👇は、秘密基地との境のフェンス横の生姜畝である。
通路の除草を行った。
20220909_113612_copy_1512x2016




茗荷は、すでに採り終えていたが、いくつか出ていたので収穫した。
20220909_113621_copy_1512x2016


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村

👇は、ブドウハウスの現在の、ブドウの色づきの様子である。
20220807_073937_copy_2016x1512


緑色から赤紫色に色づき、徐々に濃い紫色になっていく。
黒紫色に近い色に成っていくほど、甘くなる。
20220807_073955_copy_2016x1512


👇は、緑色から薄い赤紫色になったばかりである。
この色でも食べられないことも無いが、やや酸味が強い。
20220807_074045_copy_1512x2016


👇の画像も色変わりが、始まったばかりである。
20220807_074013_copy_1512x2016


1房のブドウの粒数が多いほど、粒は小さく色変わりも遅い。
ブドウは房の生っている枝の葉の数によって、大きさや色が決定される感じである。
なので、枝の葉の数が多いほうが粒も大きく育ち、粒の色もより黒紫色に成って甘さが増していく感じである。
20220807_074111_copy_1512x2016


👇のように、まだ緑色のままの房もあちこちにみられる。
20220807_074133_copy_1512x2016


比較的に色の濃い房を選んで、初物を頂いた。
 01


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村   

👇は、3本の内の2番目に大きな、ミカンの木である。
品種は、温州ミカンである。
こちらでは(千葉県北西部)温州ミカンは、一霜が降りた頃から収穫すると、酸味は強いが甘いミカンとなる。
昨年度は、3本のミカンの木で全体になった数が15,6個であった。
初めての経験で、嘆きのブログを書いたら、温暖な渥美半島の近くに住むまる八さんから、支援物資が届いた。
こちらでは味わったことの無い、甘くて美味しいミカンだった。

20220729_074938_copy_1512x2016



昨年、必死になって春から秋とハモグリ(エカキムシ)との戦いで、葉を残した。
その甲斐あって、今年の春はたくさんの葉が残っていたので、たくさんの花が咲いた。
そして、たくさんの実が生った。
しかしながら、ミカンの木が本調子ではないためか、自然に落下して適度な実付きとなっている。
もっとも去年は、5,6個しか生らなかった木であるため、今年は、嬉しくなるほど生っている。
20220729_074946_copy_1512x2016



葉にはまだソウカビョウが残っているのもあるが、ミカンの実にはソウカビョウの病状はあまり見られない。比較的に綺麗な肌をしている感じだ。
20220729_074953_copy_1512x2016


上の方の木にも、実が付いている。
20220729_075002_copy_1512x2016

👇は、中段の木であるが、こちらも実付きは上々である。
20220729_075024_copy_1512x2016



👇は、一番大きな木で、たくさん生ったときは100個以上の実が生ったことがある。
20220729_075115_copy_1512x2016

今年も、豊作の感じである。
20220729_075125_copy_1512x2016



👇の葉に、すす病が出ているようだ。
20220729_075130_copy_1512x2016


20220729_075147_copy_1512x2016


20220729_075244_copy_1512x2016


20220729_075254_copy_1512x2016


20220729_075258_copy_1512x2016


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村  

👇は、我が家のハウスブドウである。
大部分はピオーネであるが、昨年から少しだけ巨峰が復活している。

ハクビシンがいなかった4,5年前までは、ハウスの入り口は開けっ放しであったため、カミキリムシが入り込んでしまったのかもしれない。
巨峰のかなり太い部分の主枝が、テッポウムシに入られてしまって、枯れてしまった。

👇は、地面から見上げるように撮った画像である。少しずつ色が乗ってきている。
20220729_074444_copy_1512x2016



まだ収穫はできないが、8月の中旬ごろには、ぼちぼちと収穫ができるだろう。
20220729_074455_copy_2016x1512


岡山県・津山地方のピオーネ・画像元・
01



我が家のブドウは、特徴として熟成しても黒っぽい色までにはならない。
上記画像の満開後53日後の赤紫色が、最高である。
木の年齢や葉の数と全体の粒数などが、関係しているのかもしれない。
20220729_074504_copy_1512x2016


👇の1房は、早々と色変わりしたものである。
20220729_074519_copy_1512x2016


👇は、ハウスの奥の方の房の様子である。ピオーネは、入り口付近の右側に植えてあり、ハウス奥に向かって枝を伸ばしている。
そして、奥から左側に曲がって入り口に向かって伸びている。
画像は、奥から入り口に向かっている所のブドウの房である。
20220729_074537_copy_1512x2016


👇は、復活した巨峰の房である。巨峰は、同じ年にハウスの奥に苗木を定植した。
太い枝が枯れてしまったので、3,4年目の枝に実が着いている。
巨峰全体では、10房から15房ぐらいは実を着けている。➡2014年の巨峰の画像
20220729_142254_copy_1512x2016




👇は、摘粒を忘れていて、そのままになってしまっていた房である。
観察のために残してある。粒の大きさや色の変化等を見ていく予定である。
20220729_142027_copy_1512x2016



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村  

↑このページのトップヘ