のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 果樹栽培

踏み込み式温床のあるハウスの前には、ミニ果樹園がある。
温州ミカンが3本、種なしのキンカンが1本、ブルーベリーの大きな木が3本ある。

👇は、一番大きなミカンの木である。
昨年は、そうか病に罹ってしまって、ミカンの皮がざらざらのものがたくさんできてしまった。
20210209_085955_copy_3024x4032

👇は、2番目に大きな木であるが、昨年は10個ぐらいしか実が付かなかった。
2年続けて大不作だった。3年前にカイガラムシとそうか病でガタガタになってしまったからだ。
2年かけてようやく葉の数も増えて、木に勢いがついてきた。
20210209_090002_copy_3024x4032



👇は、一番小さな木であるが、今年は、実が一番たくさん生った。しかし、残念ながらそうか病で皮にざらざらが出てしまったものが、たくさん出た。
今年は、そうか病対策の殺菌消毒を予定している。
20210209_090023_copy_3024x4032


👇は、種なしのキンカンである。実はなるのだが、完熟する前に冬の寒さでダメになってしまう。
場所的に、日照不足なのかもしれない。
20210209_090014_copy_3024x4032


👇は、ブルーベリーの木である。大きな木が3本ある。今まで一度も剪定をしていなかった。それで、昨秋に3本とも剪定をした。重なっていた枝を、整えただけの木や、強剪定を施した木もある。

👇は、一番小さな木であるが、昨年は一番実が生った。
20210209_090033_copy_3024x4032


👇は、一番古くて大きな木であったが、老化が激しく一番実が生らなかった。それで、やや強剪定をした。今年はどうなるのか、期待できるのかできないのか。
20210209_090040_copy_3024x4032


👇は、2年続けて強剪定をしている木である。とにかく大きくなって背が届かないので、低くなるように剪定をした。
20210209_090049_copy_3024x4032


よく見ると、今年の花芽が育っていた。
20210209_090106_copy_3024x4032


全部の木に花芽がついていた。
20210209_090117_copy_3024x4032



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

ブドウの剪定を行った。
ブドウの剪定には二通りのやり方がある。一つは短梢剪定であり、もう一つは長梢剪定である。
簡単に説明すれば、今年延びた枝を剪定するときの長さのちがいである。
短梢剪定では、根元から2芽を残して短く切る方法であり、長梢剪定は、5芽から10芽ぐらいを残して剪定する方法である。


右側の剪定 Before  
20201230_093253_copy_2268x1701


右側の剪定 After
20201230_110113_copy_2268x1701



左側の剪定 Before
20201230_093258_copy_2268x1701


左側の剪定 After
20201230_134441_copy_3024x2268_1


剪定後の全体画像
20201230_134448_copy_3024x2268_1



👇の画像は、短梢剪定の例
20201230_110230_copy_2268x1701


👇の画像は、長梢剪定の例
6d70b1e3-s

今までずっと太い主枝を2本伸ばして、その枝から伸びたものを毎年、短梢剪定をしてきた。
毎年たくさんの花が咲いたが、4年ほど花ぶるいと言って、実が落ちてしまう現象が続いた。
2年前に、長梢剪定を取り入れて、葉の数を増やしてきた。昨年は、ジベレリン処理で強制的に着果させた。たくさん実ったがハクビシンに、ことごとく食べられてしまった。
その年の冬の剪定も長梢を多く残した。その結果、今年はジベ処理もしなかったが、かなりの数のブドウが収穫できた。

長梢剪定を多くすることで、葉の数を増やし、結果として光合成によってブドウの実を育て、甘くできることが分かってきた。
今年の結果から、我が家のブドウの木は、全体で70房ぐらいに抑えれば、花ぶるいをせずに立派なブドウになるのではないかと思った。

今年は、粒を摘粒しないで自然のままに育てたが、来年は、30粒残しぐらいに摘粒して、房を整えようと思っている。また、半分ぐらいジベ処理をして、種無し葡萄を作りたいとも思っている。

初めて、我が家でブドウが生った2014年8月の画像
今から6年前の事である。
blog_import_5c7de667b6b44





本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1





’<div align="center"> <div align="left" >

我が家のミカンが、だんだん甘くなってきている。
毎年、霜が降りた頃から収穫が始まる。品種は温州ミカンである。昔は、この地域では酸っぱくてミカンは食べられなかった。それが20年ぐらい前から品種改良された温州ミカンが、こちらの地域にも出回ったのではないかと思う。
10年ぐらい前に勤めた学校の用務員さんから、自宅で生ったというミカンを頂いて食べたら、とても甘かった。それが、我が家の3本のミカンと同じ品種の温州ミカンであった。
20201210_075109_copy_2268x3024

ジョイフル本田で、2年目の苗木を1980円で購入したものである。
最初に購入した、記念のミカンでもある。
20201210_075125_copy_2268x3024


今年は、11個しかならなかったミカンである。上のミカンは、何個か実が付いた状態で買った苗だったので、次の年は生らなかった。そこで3年目の苗木を実付きで2980円で購入した。
20201210_075144_copy_2268x3024


今年は、11個しかならなかったために、実が大きなミカンである。
20201210_075211_copy_2268x3024


2番目に買った苗木を買った年の秋に、4年目のやや大きな苗木を購入した。苗木が大きかったためか、次の年からずっと生っているミカンの木である。値段は4980円という値段であった。2年間で3本のミカンを買ったわけである。
20201210_075231_copy_2268x3024


ミカンも裏年があるので、毎年食べたいと思って3本にまで増えてしまった。柿にいたっては、8本も育てている。
ミカンは、現在毎日5個ずつ収穫して、家に持ち帰っている。収穫したミカンは、1週間ぐらいすると水分が飛んでしまって美味しくなくなってしまう。木に生らせておけばいつまでも瑞々しく美味しい。
20201210_075241_copy_2268x3024


ミカンのある畑のモミジが、紅葉を始めた。ビニールハウスの入り口にある鉢植えのもみじだ。
20201210_075256_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

野菜を絵手紙にしたいと頼まれたので、少し器量の良いものを収穫した。
👇は、飛鳥あかね蕪である。奈良の伝統野菜である。自家採種が上手く行った。
20201126_080447_copy_2268x3024

👇は、金町蕪である。少し大きくなってしまった。
20201126_080531_copy_2268x3024



レタスとハーフムーンレタスである。
20201126_082048_copy_2268x1701


ミカンは、食べる分だけ収穫している。
20201126_080323_copy_2268x3024



本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

そろそろ我が家のミカンが食べごろになってきた。
品種は温州ミカンであるが、この辺の地域では一霜降りた頃が、甘みが濃くなって美味しくなると聞いた。
20201116_083145_copy_2268x3024


3本ある中で一番小さな木である。

20201116_083258_copy_2268x3024



一番大きな木。
20201116_083206_copy_2268x3024



どういうわけか一番色づくのは早かった、一番大きなミカンの木。
10個ぐらい収穫して持ち帰った。
20201116_083226_copy_2268x3024


2番目に大きな木は、数個しかなっていない。
来年は、きっとたくさん生るだろう。
20201116_083240_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1

↑このページのトップヘ