のじさんの徒然草

200坪の畑に美味しい野菜を育てています。 都会の近くの山に囲まれた菜園の横に秘密基地を建て、田舎暮らしを楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 果樹栽培

👇は、ブルーベリーである。ブルーベリーは、大きな木が3本ある。
こちらは一番若い、大粒の実のなるブルーベリーである。

20220513_081256_copy_2268x3024

👇は、一部の着果の様子を、撮った画像だ。
20220513_081308_copy_2268x3024


👇は、一番古く大きなブルーベリーで、実の大きさは標準である。
今まで、常に一番の収穫量を誇っていた。しかし、一昨年より様子が一変した。剪定を一度もやっていなかったので、木が老化していた。それで2年かけて、剪定をした。
20220513_081322_copy_2268x3024


👇は、着果の様子であるが、以前の勢いを取り戻した感じの、実の着き方である。
20220513_081335_copy_2268x3024




👇は、一番背丈が高くなった木である。2年掛けて、手の届く高さに剪定をした。大粒で生食用である。
20220513_081353_copy_2268x3024


👇は、着果の様子であるが、今年は、今までで最高に実が生っている感じである。
20220513_081408_copy_2268x3024




我が家には、3本のミカンの木がある。

👇は、
通路側の一番若い木である。
20220513_081430_copy_2268x3024


先日蕾だったものが、ここに来て満開に咲いた。この咲き方を見て、今までの最高の賑わいである。
いったいどのくらいの実が、着果するのだろうか。今から、ワクワクしている。
20220513_081437_copy_2268x3024



👇は、2番目に大きな木である。昨年は、4、5個しか実を付けなかった。病気で、冬に葉が全部落ちてしまったためだった。
20220513_081450_copy_2268x3024


今年は、恐ろしいしほど、花が咲いている。花だけ見ると、大豊作の様な感じだ。
20220513_081458_copy_2268x3024



そして、👇が我が家で、1番大きなミカンの木である。過去には、100個以上収穫した事がある。
しかしながら、昨年は、7、8個しか生らなかった。3本のミカンの木のすべての葉が、冬の間に落ちてしまったからだった。
20220513_081518_copy_2268x3024


こちらも、凄い勢いで花が咲いている。
我が家の果物で、自慢出来るのがここにあるブルーベリーとミカンと、ブドウハウスの葡萄である。後は、8本ある柿の木である。
20220513_081552_copy_2268x3024

本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

にほんブログ村   



 

👇は、ミカンの木である。3本ある中で通路に面した1番小さな木である。
20220509_073612_copy_2268x3024


花が、咲き出した。去年も沢山の花は咲いたが、着果はゼロだった。理由は、害虫の影響で冬の間に、葉が全部落ちてしまったからだ。
今年は、努力の甲斐があって、画像のようにたくさんの葉が残っている。
20220509_073620_copy_2268x3024

👇は、今年の新葉である。1度、ハモグリガの殺虫消毒をした。  油断せず良く観察して、新葉が硬くなるまで注意が必要だ。
20220509_073653_copy_2268x3024


👇は、まだ小さい幼葉である。綺麗な葉である。葉の形が、左右対称で無いものが見られる。これは、ソウカビョウに罹っているためだ。こちらの消毒もやっているが、中々効果が見られ無い。
20220509_073815_copy_2268x3024



👇は、2番目に大きな木である。毎年100個位のミカンが生った。しかし去年は、4個だった。他の木同様に、葉が全部落ちてしまったからだ。
20220509_073827_copy_2268x3024

たくさんの蕾が着いて、今まさに開花が始まっている。
この画像見る限りでは、今年も4、5個しか生らないなんて想像も出来ないはずだ。
去年は、現実を知って悲しい思いをした。
20220509_073834_copy_2268x3024

👇は、ハウス前の1番大きなミカンの木である。此方の木には、毎年沢山の実が生って、100個以上も摘果していた。それなのに、去年は7個ぐらいしか生らなかった。信じられない現実だった。
20220509_073915_copy_2268x3024

今年は、どの木を見ても、沢山の葉と沢山の花が咲いている。
20220509_073925_copy_2268x3024

本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 

にほんブログ村   

 

👇は、芽欠き作業が終わった後に、ブドウの房の花切り作業を行う前の画像である。

👇before
1


👇は、上記の赤丸のブドウの房の花切りをした後の画像である。房の残した花蕾の数は、約60粒ぐらいあるだろう。品種はピオーネであるが、最終的には、1房に30粒ぐらい残すようになる。
👇 after
2



👇before
20220501_134846_copy_1512x2016
👇 after
 20220501_134953_copy_1512x2016



👇は、新梢に2房着いた内いらない方を、カットした物である。この房を使って、花切りの実際を画像にした。
20220501_140832_copy_2016x1512
👇after

花切りは、房の付けねの方からカットしていく。
最終的には、1房に30粒ぐらい残すようにする。花切りが遅れてしまうと先端のほうの実が小さくなってしまう。画像の中に1塊をバラしたものがある。16粒が固まっている。画像中央の左側は、カットした塊である。相当な数の花蕾が着いているようだ。
20220501_141128_copy_2016x1512



👇は、実際の花切りの作業が終わった画像である。
1640418934757


本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村 
 

👇は、現在のブドウハウスの全体画像である。かなり新梢が伸びて来ている。ブドウの房もわかるようになってきている。

20220425_080547_copy_3024x2268

芽かきの時期と方法 ➡転載元ブドウの栽培管理|NOSAI山梨 (nosai-yamanashi.or.jp)

芽かきは新梢の伸び具合を見ながら3回くらいに分けて行う。

1回目:展葉2~3枚を目安に不定芽、副芽、結果母枝基部の芽を中心に整理。

2回目:展葉6~8枚を目安に、花穂を持たない新梢、極端に弱い新梢や強い新梢を中心に整理し、新梢の勢力を揃える。

3回目:開花直前~結実後を中心に、新梢の混み具合や実止まり具合を考慮して行う。最終的に残す新梢は、出来るだけ多くする。



新梢が伸びて来て、芽欠き作業があるが、全部が終わるのは連休明けになりそうだ。

Before 
20220425_080559_copy_3024x2268


👇は、上記の二回目の方法を参考にした。
新梢の勢力を揃えるために、
花穂を持たない新梢、極端に弱い新梢や強い新梢を中心に整理した。
見た目も、すっきりした。
After
20220427_074245_copy_2016x1512



👇も、残した新梢の勢力を揃えるように、余分な新梢を整理した。
Before 
20220427_074401_copy_2016x1512


👇の画像も上と比べて、すっきりとした。
After
20220427_074857_copy_2016x1512



蕾も大きくなってしまっているものもある。まだまだ、たくさんの新梢がある。ぼやぼやしていると花が咲きそうだ。



ここから👇は、復活した巨峰の枝の画像である。
3,4年前に太い枝が虫に食われて、先の枝が枯れてしまった。
主枝から出た、細い枝が3年経って太くなり、新梢から蕾が着くようになった。
1641034157808


👇は、太い主枝から、何本か細い枝が伸びている。その1本に蕾が着き始めた。
巨峰の主枝。まだ生きている。
1641034157891


巨峰の主枝から何本かの細い枝が伸びて、蕾が着いている。
1641034158498




👇は、芽が出なかった畝を掘り起こした画像である。予想通り種芋は腐っていた。
20220426_083329_copy_1512x2016_1


👇は、別の畝に予備苗を作って置いた所から、掘り出して運んだ苗である。同時期に、余った種芋を畑の端に植え付けて置いたものだ。スコップで土ごと掘り起こして、土が崩れないようにボールに入れて運んできた。
20220427_071642_copy_1512x2016


土をできるだけ崩さないように、穴を開けて置いてすっぽりと埋め込んだ。ジャガイモの髭根は、最大でも60㎝ぐらいしか伸びないようである。そのため、施肥は種芋の近くに置き肥をすることが、理にかなっているようだ。萌芽してから2週間ぐらいなので、根はあまり伸びていないので、上記画像ぐらいの大きさに掘れば、全部の根がそっくりと取れるので、活着は早い。
20220427_071854_copy_1512x2016


今回のグランドペチカの種芋の越冬は、失敗したようだ。全部で、10株以上の欠株が見られた。
20220427_073041_copy_1512x2016



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村    

昨年は、ミカンが超不作だった。冬の間に葉が全部枯れ落ちてしまった。
そのため、今頃たくさんの花蕾が出たが、着果しないで落ちてしまった。原因は、病気と害虫に依るものだった。
今年は、葉を春で残すことに全力を尽くした。
その甲斐あってか、沢山の葉が越冬した。

そして、👇の画像のように、花蕾がたくさん着いている。
20220424_104730_copy_2268x3024

👇は、2番目に大きな木である。こちらも、びっしりと花蕾が着いている。
20220424_104807_copy_2268x3024


👇は、我が家で1番大きくて、古いミカンの木である。こちらも他の2本の木同様に、たくさんの花蕾を着けた。この後、新葉が展開してくるので、ハモグリバエがやってくる。これを退治しないと、全部の葉に幼虫が潜って葉を枯らしてしまう。
私が持っているもので、
ハモグリバエに効く殺虫剤は、ダントツ水溶剤である。浸透性なので、潜りこんだ幼虫も退治できる。『ミカンハモグリバエ 2000~4000倍 散布 収穫前日まで 3回以内 )』他には、スミチオン乳剤やマラソン乳剤も効くという事である。
20220425_080453_copy_2268x3024




ここからは、ブルーベリーの現在の様子である。大きな木が3本ある。3年前から収穫し易くするために、芯を切り詰めて低くしている。同時に、古い枝を剪定してきた。そのためか、昨年は不作であった。
今年は、以前のように沢山の花が咲いている。

👇は、3本の内一番新しい木である。やや大粒のブルーベリーだ。真っ白花が、たわわに咲いている。
20220425_080302_copy_2268x3024

👇は、一番古い木である。一度も剪定をしなかったので、枝はかなり老朽化してしまっていた。それで、3年前から古い枝を、少しずつ剪定してきた。今年は新枝も増え、花もたくさん咲いた。やや小粒であるが、とても甘くて美味しいブルーベリーである。過去には、この1本の木で5㎏の量が収穫できたこともある。
20220425_080311_copy_2268x3024



👇は、2番目に古い木である。生長が早く、大きく育ってしまって収穫が大変になっていた。そこで、2年続けて芯を切り詰めた。新枝がたくさんあったので、収穫量は変わらなかった。こちらも大粒のブルーベリーである。ジャムにして食べるよりも、生食で食べることが多い。
20220425_080336_copy_2268x3024


👇は、3本の木の全体画像である。前から1番新しい木で、次が一番古い木である。そして、奥が2番目に古い木である。
20220424_104835_copy_2268x3024



本日も、いいね!応援よろしくお願いします。

にほんブログ村だけの参加にしました。 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ 
にほんブログ村     

↑このページのトップヘ