のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:家庭菜園 果菜類の栽培 > メロン

早くに種を蒔き、苗を育てておいた。しかし、作る畝が決まらず苗のまましばらく放って置かれた。
ミニハウスの奥の大根の種採りが終わったころに、小さな場所が空いたので、そこに3本だけ定植した。
そのまま肥料も何もやらないで、これまた放って置かれた。
伸びだして、雄花が咲き、やがて子蔓が出て雌花が咲いたころに、3本の子蔓の雌花に人工授粉させた。
その中で、一番元気なメロンを残して他は摘果した。
20200714_074328_copy_2268x3024


育ち始まると大きくなるスピードは速いもので、日に日に膨らんでいく。
20200714_073856_copy_2268x3024


このままでは、地べたについてしまうので、紐でぶら下げることにした。
20200714_073900_copy_2268x1701


パンナメロンF2である。
20200714_073910_copy_2268x3024


メロンをミカンネットに包んで、2か所を縛って天井から吊るした。
20200714_074109_copy_2268x3024


3本目の株は、現在3個着果している。ここから1個残すことになる。
20200714_074134_copy_2268x3024


1本の株に1個のメロンを育てている。2年続けて失敗しているので、期待はしないことにしている。
20200714_074304_copy_2268x1701


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >

覚え書き
◎ネット型ハウスメロンの立作りでは、1本仕立ての1果どり
にします。
◎着果枝節位は12~14節で、この3花で人工授粉します。※着果枝は子づるとなる。
◎着果枝以外のつるは早めに摘除します。
◎着果枝は授粉時に2葉残して摘芯します。
◎親づるは25節目で摘芯しますが、遊びづるを3本ほどつけます。
20200626_080739_copy_2268x3024

品種は、パンナメロンの食べ蒔きである。
20200626_080930_copy_2268x3024

下の画像は子づるにでた雌花 これに人工授粉させた。
20200626_080824_copy_2268x3024


本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1



’<div align="center"> <div align="left" >


ブロ友さんの、鳥被害の記事が見られる時期となった。
私の画像の後ろは、カラスの縄張りの杉林である。いつも私の行動と畑の獲物を狙っている。
20200602_084446_copy_2268x3024

下の画像はアロイトマトである。
20200604_090300_copy_2268x3024

アロイトマトの棚の左隣は、ミニトマト棚である。そちらにも防鳥ネットを掛けた。

20200604_090303_copy_2268x3024

アロイトマト
20200604_090330_copy_2268x3024

ミニトマトに1粒色が着いた。
20200604_090345_copy_2268x3024




本日も、ぽちっと応援よろしくお願いします。

 

2練馬大長尻大根 9-1




食べ蒔き夕張メロンのベトビョウをもらってしまったパンナメロン。
ベトビョウは厄介な病気で、一度罹るとなかなか完治させられない。
アミスター20で2度ほど殺菌したが、止まらない。
さらに、ここのところの天候不順で雨が降ったりやんだりと太陽が出ない。

20190707_094553-1620x2160


かなり大きく育って、網目も見えてきたがどこまで糖分を蓄えられるか?
1株1個に絞って、残った葉による光合成に期待したが、残念ながらもう10日近くもまともな太陽光を浴びていない。

20190707_094543-1620x2160



葉がほとんど黄色くなっている。
消毒でもっている感じだ。
これだけ葉緑素が少ない葉では、期待薄である。

20190707_094608-1620x2160


以下の食べ蒔き夕張メロンは、葉はすっかり枯れてしまって、茎だけが生きている。

img_3_m3



今日もポチッと、投票お願いします

  2練馬大長尻大根 9-1







ベトビョウに罹ったメロンのビニトンを剥がして、傷んだ葉を切り取った。
そして、木の健康度によって残すメロンの個数を決めた。

20190627_074615-831x1108



手前の画像はほとんど病気に罹っていない。

20190627_074624-831x1108



しかし、残念ながらメロンでは無く、間違えて植えたハグラウリの葉である。

20190627_083700-831x1108




畝の真ん中辺に植えた食べ蒔き夕張メロンが病気を広めた犯人である。パンナメロンよりも生長が早く、勢いも強かった。葉に点々が出ていたのは気付いていたが、大丈夫だろうと何も施さなかった。

20190627_074633-831x1108


もう、メロンの網目模様が出始まっている。
3株植えたが、すでに1株1個にしてある。

20190627_083723-831x623



畝の奥の3分の1ほどはパンナメロンである。
ベトビョウには罹っているが、殺菌消毒が効いたようで軽いダメージで止まっている。

20190627_074645-831x1108


パンナメロンは、4本仕立てだったので2個ずつ残すことにした。

20190627_083758-831x623


夕張メロンほどではないが、かなり育ってきている。
様子を見ながら殺菌消毒で、収穫まで葉を持たせていこうと考えている。

20190627_083753-831x623



今日もポチッと、投票お願いします

 2練馬大長尻大根 9-1




↑このページのトップヘ