のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category:果樹栽培 > ブドウ栽培

今年のブドウハウスのブドウは、ハクビシンとの戦いに始まり、猛暑の攻撃に敗れた。
以下は、ハクビシンの攻撃から逃げのびた3房の貴重なブドウの房である。


20190818_102908-1620x2160



上の枝から下過ぎて、ハクビシンの手が届かなかったようだ。

20190818_102900-1620x2160



枝が細くて、ハクビシンが乗れなかったようだ。

20190818_102918-1620x2160




ハクビシンが入れないように横袖を閉めきってしまったため、天井の温度が上がった模様。
葉が枯れてきてしまった。

20190818_102930-2160x1620




慌てて、寒冷紗を3枚ほどハウスの上に掛けた。
横袖も全開にし、後ろと前も空気が通れるようにした。

20190818_103015-1620x2160



寒冷紗を屋根に張った。
20190818_102956-2160x1620



来年度の課題は、ハクビシンをいかにしてハウス内に入れないかである。
対策
ハウスの周りにネットを張り巡らす。1m以上の高さ
ハウスの足回りのネットの修理
ブドウの木の周りに、波板で囲って木に登らせないようにする。
ハウス内で、木に登れないように棚等を整理する。



ポチッと、投票お願いします

  2練馬大長尻大根 9-1

 

隣人のブドウハウスを見に行った。
私のブドウの木と同じぐらいの時期に苗木を購入したようだ。
1昨年、木の太さを見た時に、そのあまりの太さに愕然とした。

20190528_081914-1620x2160





ブドウの木は2本植わっているが、どちらも凄い太さだ。
500mlのペットボトルと比較してみると、その太さが実感できる。

20190528_081833-1620x2160





もう1本の木も同じぐらい太い幹だ。

20190528_081900-1620x2160




隣人は、私の教え子で兼業農家である。
主にコメを作っている。
凄いねと云ったら『うちは肥やしを一杯やったから』と笑っていた。

私のブドウの幹の太さである。
1昨年前から、私も今まで無肥料に近い状態で育ててきたブドウの木に、たっぷり施肥することにした。
現在は、木を大きくすることに力を入れている。
また、葉や枝を多く残すように、長梢剪定も取り入れている。

20190528_082512-1620x2160




剪定の仕方は、短梢剪定であった。

20190528_081949-1620x2160




どの房を見ても、摘房や整粒もやっていない。
もちろんジベレリン処理もやっていないようだ。
冬場の剪定だけやって、後は自然任せのようだ。
木が太く大きくなっていれば、自然任せでも食べるには不自由しないぐらいの収穫が出来るだろうと思う。

20190528_081939-1620x2160





去年はハウスのビニールが破れてしまって、そのままだったので病気が入ってしまってダメだった。
まだ、秋の状態を見たことが無い。
今年は、秋の状態を見させてもらおうと思っている。

20190528_082040-1620x2160


同僚のハウスブドウの見学のブログ 2017年

以前、メダカの飼育環境を見に同僚の家に遊びに行った。
その時、庭のビニールハウスに大きなブドウの木があった。
父親が生前に栽培していたようで、ずっと剪定されていなかった。
恐ろしいぐらいに実をつけていた。

イメージ 1
全く手が入っていなかった。

今朝(2017年10月2日)、彼は袋に一杯のブドウを持ってきてくれた。
案の定、色は薄く、酸味が強かった。
葉が枯れ落ちたら、剪定に行ってあげると約束した。

イメージ 2

 
以下は5年前の我が家のブドウの記事  
この記事を最後に、次の年から花ぶるいが起こり、まともに収穫できなくなった。

こちらは巨峰である。
 
イメージ 2
 
 そしてこちらがピオーネである。
 
 
イメージ 1
 
 
 
イメージ 3


本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*) 

イメージ 5 イメージ 6





↑このページのトップヘ