のじさんの徒然草

200坪の畑に100種類の野菜を育てています。 都会の近くで田舎風の暮らしを求めて、余暇時間を楽しむ、そんなライフスタイルの情報を発信しています。

Category: 畑作業

インゲンの種を畑に蒔いた。
20190617_090747-1620x2160
綺麗に発芽していた。
20190617_090833-1620x2160
ちょっと気難しいモロッコインゲンも頭を擡げた。
ポット蒔きでは、必ず何個か腐らせてしまう。
まめ科は、水撒き加減が難しい。
20190617_090910-1620x2160
自然の畑の土は素晴らしい。
梅雨の雨も畑の土壌によって、適度な水捌けと通風により、最適な発芽環境を作り上げてくれる。

改めて自然の営みと力を感じさせてくれる。

今日もポチッと、投票お願いします

 2練馬大長尻大根 9-1

サツマイモと落花生を植える場所である。
今回の雨は調度よいお湿りとなったようだ。
左側の畝に落花生を作り、右側にはサツマイモを作る。
左側は石隣のブコック塀と廃屋が南側からの日照を遮ってしまい、土は凍ってしまう。
年内いっぱいは大丈夫なので、サツマイモにはぴったりの場所である。
そして、この畑の地主は土を、畑用にと盛り土したので、いい土である。

20190529_072111-2160x1620



下の画像は、倒伏した晩成種の『平安球型黄玉葱』である。
うまく乾燥させれば2月ぐらいまで保存が可能だと言う。

20190529_072443-1620x2160



そして、下は中晩成の泉州玉葱と奥州玉葱である。
まだ倒伏が始まったばかりである。
泉州は10月位までしか持たない。奥州は12月まで保存可能である。

20190529_072451-1620x2160




下は茹で落花生用のオオマサリの苗である。
20株から30株ぐらい出来そうである。

20190529_084653-1620x2160





本日もランキングに、ポチお願いします。(*^。^*) 

イメージ 5 イメージ 6




↑このページのトップヘ